3年A組ー今から皆さんは、人質ですー

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』内通者の生徒は逢沢博己だった?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月3日にドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』が放送されました。

第1部のクライマックスということで気になってご覧になった方も多いと思います。

第4話では、景山澪奈(上白石萌歌)のドーピングのフェイク動画を撮影するように指示した生徒が判明しましたね。

 

まさか、あのクラス一の不良の甲斐隼人(片寄涼太)がその生徒だとは思いませんでした。

またその甲斐も半グレ集団・ベルムズのリーダーに言われてやったことがわかりました。

そして、ラストでは柊一颯(菅田将暉)が病気のせいなのか倒れ込んでしまいました。

今回はその続きから始まります。

 

 

柊先生は無事なのでしょうか?

また、人質の生徒たちはこの状況でどのような行動を起こすのでしょうか?

 

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第4話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらをご覧ください♪

3年A組-今から皆さんは、人質です- 第4話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第4話』柊一颯の病気は骨肉腫?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

3年A組-今から皆さんは、人質です- ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】3年A組ー今から皆さんは、人質ですー2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』のあらすじ!

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。

しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。その真意とは。
たった55分間の激動の物語。争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。
―――この1時間が、「3年A組」の大きな岐路となる。

公式サイトより引用

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

3月4日22時30分、立てこもり事件4日目のニュースがリアルタイムで流れています。

教室では柊一颯(菅田将暉)が倒れています。

その間に、美術準備室では男子たちが体当たりでドアを開けようとします。

すると、「私に任せて」と魚住華(富田望生)が現れドアを体当たりで開けました。

 

柊のスマホに「I」から着信がありました。

電話に出た茅野さくら(永野芽郁)は「郡司(椎名桔平)がフェイク動画について探っている。これもお前の計画のうちか?」という五十嵐徹(大友康平)の言葉を聞きます。

これにより生徒たちは生徒以外にも柊の協力者がいることを知ります。

 

 

開いた美術準備室に生徒たちが突入し、犠牲者の生徒6人を探します。

ロッカーを強引に開けようとしていると、「強引に開けない方がいい。爆弾が仕掛けられている」と逢沢博己(萩原利久)が言うのでした。

 

何で知っているのか不思議がる生徒たちに、逢沢は「ここから出ようか。さもないと爆破する」と手首に付けた爆破装置を見せました。

逢沢は柊の内通者だったのです。

 

柊の代わりにその場を仕切ろうとする逢沢を男子たちが抑え込み、「解除方法を教えろ」と脅しました。

 

 

準備室の地下室から犠牲者と思われていた生徒たちを見つけました。

兵頭新(若林時英)が体育館で待機している父親に電話をし「みんな無事だ。警察に助けてくれるよう頼んでくれ」と伝えるのでした。

柊に没収されていたスマホを手にした生徒たちはSNSに一斉に投稿します。

そのことで五十嵐は柊が倒れたことを知ります。

 

地下室に助けに来た生徒ですが、地下室にいた生徒たちは浮かない顔をして、その一人里見海斗(鈴木仁)は「俺たちは学校から出るつもりはない」と言いました。

 

里見は「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」とお願いをするのです。

里見たちは先生から「景山澪奈(上白石萌歌)が殺された真実を知りたい」という立てこもり事件を起こした目的を聞いていました。

 

柊は景山以外がターゲットになっていたかもしれないこと、景山の事件はまだ終わっておらず、他にも犠牲者が出るかもしれないこと。

そして警察では加害者を特定できないため、SNSで拡散して世間に知ってもらおうとしていることなどを話していました。

 

また、柊は不治の病であることも伝えていました。

「お前たちに何が大切で、何を守らないといけないか学んでもらおうと思った」と生徒のために最後の授業をしていたのでした。

 

それを聞いた犠牲者として地下室にいた中尾蓮(三船海斗)は「ここで向き合わないと一生変わらない」と言うのでした。

しかしフェイク動画を依頼した犯人はベルムズのリーダーだったので「手の打ちようがない」と諦める兵頭に、「先生は諏訪さんがカギを握っていると言っていた」と諏訪唯月(今田美桜)が関係していることを指摘しました。

諏訪は「関係ないから」とその場から去り、手に持ったネックレスを見つめました。

諏訪の回想です。

諏訪はモデルの仕事がしたくて芸能事務所に入るために、ベルムズのリーダー岸と付き合うようになります。

 

デート中にランニングをしている景山を見た諏訪は「嫌いだからいなくなればいいのに」と岸に言います。

後日、「景山澪奈自殺したんだって?あれって実は…」と岸は諏訪に意味深な発言をし、ネックレスをプレゼントするのでした。

 

 

甲斐隼人(片寄涼太)や宇佐美香帆(川栄李奈)は景山のフェイク動画に関わった責任として学校に残ることにします。

他にも景山の死の真相を知るために残ろうとする生徒がいる中、「帰りたい」と言う生徒たちも出てきました。

出ていこうとする生徒を甲斐は引き止めます。

 

 

寝込んでいる柊とそれを見守る茅野がいる教室に諏訪がやってきました。

「澪奈が死んでから時が止まってたから、先生に救われた」と言う茅野に、「あの女が嫌いだった、ブレずに生きてて目障りだった」と諏訪は言います。

 

それから「本当にモデルになりたかったかわかんない。いろんなもの犠牲にして、前に進むしかない」と言い、

出ていこうとする諏訪に「無理して進む必要ないと思う」と茅野は言うのでした。

 

 

武智大和(田辺誠一)先生の番組中に警察が突入するという速報が流れ、警察が突入しようとしています。

警察が来ないように爆破させようと提案する生徒がいる中、「共犯になってしまう」と反対する生徒もいます。

 

兵頭が諏訪に「警察にたてついてまでここに残る理由を知っているのか」と質問するも「何も知らない」と答えるのでした。

警察が突入しそうになりパニックの中、甲斐が爆破のボタンを押そうとしました。

その瞬間、茅野に支えられた柊がやってきました。

柊は諏訪に話を聞こうとしますが話してくれません。

 

「岸が怖いか?岸のおかげで手に入れた名声を失うのが怖いのか?」と図星をつかれ、

「そうだよ。岸を裏切って今の地位を失いたくない」と岸といることで手に入れたモデルの仕事などについて諏訪は話し始めました。

 

「偽りの力にすがって、みっともないって笑えば?」と生徒に怒りをぶつける諏訪に「笑えるわけないよ」と茅野はかばいました。

 

「お前は間違ってない。迷ってもがいて、それでも正解を求めて前を向く」

「ダメなら引き返す。恥を繰り返して強くなるんだよ。だからお前のこれまでは絶対に間違ってない」と柊は諏訪に言い聞かせます。

 

それを聞いて涙が止まらない諏訪。

諏訪は「岸からは何も聞かされていないけど、重要な何かだと思う」と言って持っていたネックレスを投げつけると、中からSDカードが出てきました。

それはフェイク動画の顧客リストで、その中から茅野が何かを見つけます。

 

 

「景山のような犠牲者を出さないためにも俺に協力してくれないか」と柊はもう一度生徒たちに頼みます。

犯罪に手を貸すことで人生が台無しになるかもしれないと恐れる生徒に「そんなことはさせない。これから証明する」と柊は強く言いました。

 

警察がドアを開けようとしたとき、柊が現れました。

「僕が倒れたとSNSに流したのは僕の指示だ」と痛みをこらえ話します。

 

そして、爆破させ警察を威嚇しました。

警察は武器を置いて退散することになりました。

 

この警察との一連のやりとりで柊はすべての責任を負い、生徒のことを守ったのでした。

 

 

これですべての生徒が学校に残ることを決意するのでした。

柊はSNSにフェイク動画の顧客リストとともに「景山澪奈を陥れた犯人は魁皇高校の教師です」と投稿しました。

「第2部の開幕」と柊は言うのでした…。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

3年A組-今から皆さんは、人質です- 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』3AはSNS社会への警告?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』内通者の生徒は逢沢博己だった?

今回で今まで明かされていなかった柊先生の内通者が発覚しましたね。

男子生徒ということしかわかっていませんでしたが、

柊先生が倒れたことで柊先生の意志を継ぐべく立ち上がりました!

 

ということで、その生徒とは萩原利久さん演じる逢沢博己でした。

Twitterでは・・・

 

と予想が当たった方もいますねー。

 

ちなみに私は「一番最初に犠牲者になった三船海斗さん演じる中尾蓮なのでは?」と予想していたので驚きました。

生徒がたくさん出ているので、この逢沢博己のこれまでの役どころがわからない方もいると思うのでまとめてみました。

 

一言でいうと、景山澪奈のドキュメンタリーを作るということで、景山のことをビデオで撮り続けていたあの男子生徒です^^

逢沢は景山の水泳の大会からプライベートまで追い続けて撮影していたので「そんなとこまで撮影してたの!?」と実はちょっと引いていました(笑)

でも逢沢の動画によって明らかになった事実もあるので重要な役どころだったんですね。

 

これからも逢沢の動画によって明かされる内容があるのでしょうか?

目が離せないですね♪

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』を見たみんなの感想は?

望月歩くんキターーー

逢沢くん内通者ー!

「俺達は帰らない」よっしゃ!!いいぞ!

先生は「こいつらなら大丈夫」って子を選定してたのね

逢沢やっぱりか

武智先生って、このキャラのままずっと行くの?
意外なキーマンだったりしないのかな。

望月くん! やはり演技うまい!

今田美桜ちゃんこういう役合うな

お芝居はやっぱり上手いね今田美桜ちゃん

毎週毎週無駄に感動的なBGM何なんだよ…。 こっちの涙腺はカラッカラだよ。

※人物画像はイメージです。

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』〜〜〜!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は諏訪唯月が重要なカギを握っていましたね。

そして景山澪奈を陥れたのが、教師の誰かであるということが判明しました。

 

私はこれまでおちゃらけたシーンばかりの登場の武智大和先生が「怪しいのでは?」と予想しています(笑)

それにしても今回メインだった諏訪唯月役の今田美桜さんの熱い演技素晴らしかったですね^^

涙を流す場面ではジーンときました!

 

次回、黒幕の教師が判明するのでしょうか?

いよいよ第2部の開幕です。

今後の行方が気になりますね♪

ABOUT ME
ココア
ココア
ジャンル問わずどんなドラマも大好きなココアと申します(^^) ドラマを観ているときが至福のときです♪ お気に入りのドラマは「逃げ恥」です。 よろしくお願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA