3年A組ー今から皆さんは、人質ですー

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』3AはSNS社会への警告?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月10日にドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』が放送されました。

前回の第5話では、不治の病である柊一颯(菅田将暉)が命がけでこの立てこもり事件を起こした理由が明らかになりました。

柊先生が倒れるなか逃げ出そうとする生徒もいましたが、最後は全員で学校に留まることに決めましたね。

 

諏訪唯月(今田美桜)が持っていたSDカードから、ベルムズのフェイク動画の顧客リストが見つかり、魁皇高校の教師の誰かが景山澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった犯人だということが判明しました。

 

1話ごとに謎が深まる一方、確実に景山の死の真相に一歩ずつ進んでいて、とてものめり込んでしまうドラマですね^^

展開が読めないので、面白くてはまっている方も多いのではないでしょうか?

 

今回から第2部がスタートしましたね。

黒幕の魁皇高校教師は判明するのでしょうか!?

 

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらをご覧ください♪

3年A組-今から皆さんは、人質です- 第5話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』内通者の生徒は逢沢博己だった?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第5話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラからどうぞ↓

3年A組-今から皆さんは、人質です- ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】3年A組ー今から皆さんは、人質ですー2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』のあらすじ!

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

公式サイトより引用

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

3月5日。

柊一颯(菅田将暉)はSNSに登場し「フェイク動画の犯人が魁皇高校教師の中にいる」という動画を流しました。

 

柊の授業が始まりました。

柊は「信じる信じないゲームをする」と言って、メガネをかけたまま「信じる」メガネを外し「信じない」と言うのでした。

その後、柊は3月5日付の新聞とともに生徒たちと集合写真を撮ります。

 

シャワーを浴びたり、食事をしたり、体操をしたり、生徒たちはリラックスした時を過ごします。

それまで、柊は殺人犯だと盛り上がっていたSNSですが、先ほどの集合写真を添えて「生徒は死んでいない」という投稿をすると、

「もしかして柊一颯はヒーローなのか?」という投稿がされるのでした。

 

「ヒーロー編、開幕」と柊は言うのでした…。

 

 

3月6日、柊の授業が始まりました。

勝手にSNSに画像をアップした結城美咲(箭内夢菜)に対して、「指示があるまではSNSに投稿するな」と柊は注意しました。

体育館には教師が集まっています。

そこへ武智大和(田辺誠一)が「柊先生から着信だ」と現れました。

 

「フェイク動画をベルムズに依頼したハンターは夜8時までに名乗り出てください。名乗り出なければ教室を爆破する」と柊は教師たちに課題を出しました。

「教室を爆破させる」と生徒たちにも伝えるとき、柊はメガネを外しました。

 

手を組んだと思っていた生徒たちですが、柊から「真実を明らかにするために命を差し出してほしいという意味だ」と言われ、スマホを手に取る生徒たち。

それを見て柊はカバンとスマホを回収します。

柊は生徒たちに命の保障はないことを伝えます。

 

そして、柊はメガネをかけ「上辺だけで物を見るな。本質から目を背けるな」と教室から出ていきました。

結城は柊の荷物運びをしつつ、自分のスマホを回収しました。

 

郡司真人(椎名桔平)は相楽文香(土村芳)の家に行き話を聞こうとしますが、父・相楽孝彦(矢島健一)が話をさせませんでした。

教室では生徒たちが教師の誰が犯人なのか話し合っています。

5人の教師の名が挙がりその中でも水泳部の顧問をしている坪井先生が有力候補だと口々に言います。

水越涼音(福原遥)も2年の夏までは水泳部でしたが、坪井先生に中尾蓮と付き合っていることがばれ、写真をばらまかれ辞めさせされたのでした。

 

 

水越の回想シーンです。

坪井先生は水越に厳しく指導していました。

景山澪奈(上白石萌歌)に追いつきたい水越は残って練習をするのでした。

しかし、ある日部活に出ると「明日からは練習に来なくていい」と坪井先生に突然言われ、中尾と一緒にいる写真を叩きつけられたのでした…。

 

トイレいる水越のところに、スマホを持った結城が現れました。

「誰にも言わないで」とスマホのことを黙っていてほしい結城に「なら、私の言うことを聞いて」と水越は言うのでした。

 

 

美術室で柊が監視カメラで女子トイレの洗面所を見ている時に、茅野さくら(永野芽郁)が現れました。

 

水越は結城に動画を撮らせ

「私は坪井先生に執拗なセクハラとパワハラを受けた。付き合っていることがばれると退部に追い込まれた。」

「きっと澪奈も同じ目にあったと思う。フェイク動画を作ったのは坪井先生に違いない」という動画を撮らせ、SNSにアップするように言います。

戸惑う結城に「フォロワーが増えるよ」と水越は言うのでした。

 

そのやりとりを見ていた茅野は「先生の目的は犯人を捕まえることですか?」と聞くと「俺の目的はその先にある」と柊先生は答えました。

そして茅野は柊先生のメガネをかけ「私は先生を信じていますから」と言って出ていきました。

 

 

郡司たちは柊が以前勤めていた特撮の撮影所に聞き込みに来ています。

そこで元同僚・ファイター田中から柊は主役をするはずが、ガンでできなくなってしまい、自分ががすることになったこと、柊の彼女だった文香の父がこの撮影所の社長であることを教えてもらいます。

柊が教室にやってきて、水越の動画でSNSでは坪井先生がバッシングにあっていることを伝えます。

 

体育館にいる教師たちに柊は電話をかけます。

「名乗り出て」と言う柊ですが、教師たちは誰も名乗り出ません。

生徒たちの予想は坪井先生です。

柊は水越に坪井先生を説得するように言います。

 

「たった1日、練習を休んで病院に行っただけなのに何で私から水泳を奪ったの?私が先生になびかなかったからでしょ?澪奈にも同じことをしたんでしょ?」と強く訴える水越ですが、

「それは違います。本当のことを言っては?」と校長先生が間に入ります。

そこで坪井先生が本当のことを話し始めます。

 

水越が病院へ行った日、母親と一緒に医師から話を聞いた坪井先生は水越が致死性不整脈であることを知ります。

お母さんから説得してほしいと言われた坪井先生は、水越のためにああいった行動を起こしたのでした。

 

「今更そんなのないよ」と落ち込む水越。

坪井先生の真実を何も知らなかった水越は、SNSに坪井先生が犯人だと動画投稿したことに対して「どうしよう」と後悔をします。

しかし、実は柊が結城を止めていたので、動画はアップされていないことがわかりました。

 

「良かった」と安心する水越に「何が良かったんだ」と柊は蹴りを入れます。

「これが世間に広まったら坪井先生がどんな目にあっていたのかよく考えたのか。」

「お前の不用意な発言で身に覚えのない汚名を着せられて、本人が家族が友人が傷つけられたかもしれないんだ。」

「お前は取り返しのつかないことをしようとしたんだ」と怒鳴りながら、水越を壁に強く叩きつけます。

「しょうがない」と生徒が次々に水越をかばいますが、

「何を反省しているんだ?いい加減目を覚ませよ。変わってくれよ」と今度は生徒たちに向かって言います。

 

「上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ。目の前で起こっていることを頭に叩き込んで、胸に刻むんだよ。本質から目を背けたらだめだ」とも。

「水越、お前に言ってるんだよ」と柊は水越に近づきます。

 

「感情に任せて過ちを犯せる歳じゃない。考えて答えを出すんだよ。自分の言葉に行動に責任を持てよ」

生徒たちは泣き始めました。

 

「お前のたわいのない一言で誰かを救える一方、お前の言葉一つで簡単に命を奪えるってことを忘れるな!」と水越に強く言うのでした。

 

 

メガネを外した柊は教師たちに向かって、「教室を爆破します」と言い、カウントダウンを始めます。

柊が「残念です」と言うと、爆発音がしました。

 

しかし、「なんちゃって」と柊は校内放送で言い、爆破させたのは3年B組だったことがわかりました。

 

本当に教室を爆破させされると思っていた生徒たちですが、茅野は「先生は本心じゃないときメガネを外してたよ」と先生が信じる信じないゲームを続けていたことに気づいていました。

 

「教えてよ」と言う生徒に、茅野は「先生は自分で気づいてほしかったと思う。上辺だけで物事を見ないように。本質から目を背けないように」と柊の言葉を繰り返しました。

そこで、女子生徒の一人が特撮ヒーローの決め台詞が「レッツ、シンク」だったことを思い出します。

 

郡司は文香の父が柊とグルで、大量の火薬などを手配していたことを調べ上げました。

 

「さあ追い詰められましたよハンターさん、いや武智大和先生」と柊は名指ししました。

「レッツ、シンク」柊は言うのでした…。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

3年A組-今から皆さんは、人質です- 第7話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第7話』真の黒幕は茅野さくら?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』3AはSNS社会への警告?

毎回、柊先生が生徒のことを思い説教するシーンがありますが、今回は水越の回でした。

水越も悪いと思いますが、それにしたって坪井先生や水越のお母さんも本人に病気だということを他の方法で伝えることはできたと思います。

 

そんな水越に対してですが、柊先生は今まで一番厳しい叱り方をしていてとても迫力がありました。

どんな理由があるにせよ、柊先生にとっては水越が起こしたことは許せなかったんでしょうね…。

 

「これが世間に広まったら坪井先生がどんな目にあっていたのかよく考えたのか?」

「お前の不用意な発言で身に覚えのない汚名を着せられて、本人が家族が友人が傷つけられたかもしれないんだ。お前は取り返しのつかないことをしようとしたんだ」と柊先生は熱い言葉を投げかけました。

そして、「上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ。目の前で起こっていることを頭に叩き込んで、胸に刻むんだよ。本質から目を背けたらだめだ」とも話しました。

最後には「お前の言葉一つで簡単に命を奪えるってことを忘れるな!」と締めくくりました。

 

この柊先生の言葉の数々にジーンときた方も多いと思います。

 

Twitterでも・・・

https://twitter.com/lifegoesong/status/1094606950396944385

 

 

という投稿がありました。

 

昨今は現実の世界でもSNSを使った問題がたくさん起こっていますよね。

いつ自分がネット社会で被害者、加害者になってもおかしくありません!

この3年A組というドラマは、そんなネット社会への警告かもしれませんね。

 

とても考えさせられる回になりました。

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』を見たみんなの感想は?

田辺誠一、怪しい

菅田の目がマジだった演技上手いわ

メガネないと急にイケメン度上がってドキッとした。憔悴してるイケメンおいしい。

メガネをかける=本音ってことかな 
茅野は見破ってた?

菅田将暉がメガネをかけているときに話してる内容は本当で、かけていないときの内容は嘘。 
したがって、爆破すると言っていたときはかけていなかったので嘘。
今回の初めに言っていた、信じる信じないゲームのしくみだと推測してます。

繋がってたんか彼女の親父と菅田は

ツボイじゃないな! 
福原遥ちゃんの病気?がわかって辞めさせたと思う!

まいんちゃんかわいそうだけど、
でも先生の言うことも一理ある。
ネットの怖さを考えさせられるシーンでもあるよね

SNSなどで簡単に何でも言えてあっという間に
広がってしまう世の中だからドラマの内容的には
怒りすぎだけど
世間の視聴者に向けてのメッセージも込めてたから
あんなに力入ってたんじゃない?

武智だとしてもまだ裏にありそう!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 第6話』3AはSNS社会への警告?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

第2部、ヒーロー編が開幕しましたね^^

ヒーローといえば、柊先生の前の勤務先である特撮ヒーローの撮影所で、ファイター田中役で前川泰之さんが登場したことに驚いた方もいると思います。

実は、前川さんは特撮ドラマ『仮面ライダービルド』にエボルトという地球外生命体に体を乗っ取られた石動惣一役をしていたんですよね。

 

そんな前川さんが特撮ヒーロー役で出演していたので、ネットでは「エボルト」という言葉が話題になりました(笑)

 

展開としては黒幕教師は分からないままなのかなと思った矢先、最後の最後で武智先生の名前が挙がりましたね。

予想通りでしたが、まだ何か隠されていそうですよねー。

 

次回は、本当に武智先生が黒幕なのか、それとも他に黒幕がいるのか判明するでしょうか。

次回の展開も見逃せません♪

ABOUT ME
ココア
ココア
ジャンル問わずどんなドラマも大好きなココアと申します(^^) ドラマを観ているときが至福のときです♪ お気に入りのドラマは「逃げ恥」です。 よろしくお願いします♪