わたし旦那をシェアしてた

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第9話』赤いワンピースの女は誰!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年8月29日(木)に放送されたドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第9話』はご覧になられましたか?

 

赤いワンピースの女の正体は一体だれなんでしょう?

茜の目的はなんだったのでしょう?

事件のすべてが明かされるようです。

 

*ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第8話』はこちらです↓

わたし旦那をシェアしてた わた旦 旦シェア 第8話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第8話』秀明が明かす事件の真相と晴美との禁断の恋の行方は!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビ・読売テレビの夏ドラマである『わたし旦那をシェアしてた 第8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』のネタバレまとめ、チェインストーリーはこちらです↓

わたし旦那をシェアしてた わた旦 旦シェア ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】わたし旦那をシェアしてた2019年、読売テレビ・日本テレビ系の夏ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はHuluで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年8月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第9話』のあらすじ!

茜(岡本玲)は、赤いワンピースを着て出かける。どこかに行こうとしている茜を見かけた晴美(小池栄子)は、声をかける。晴美と茜は、一緒に食事をすることに。
一方、文江(夏木マリ)は美保(渡辺真起子)から、秀明(赤楚衛二)が恭平(平山浩行)の殺害現場で赤いワンピースを着た女を見たと証言したことを聞かされる。

晴美と茜が食事をしていると、文江が来る。文江は茜に「指輪はどこ?」と尋ねる。文江は、茜こそが自分の探していた“恭平の殺害依頼をした女”だと確信していた。
茜が犯人だと思いたくない晴美は、彼女をかばう。文江は、晴美と加奈子(りょう)に対して“茜を許せるかどうか”という課題を出す。

晴美は、加奈子と話し合う。どうすればいいのか、悩む2人。そこに、蒼白になった茜が来て、慎吾(森優理斗)と慎香(池谷美音)がいなくなったと訴える。
慎吾と慎香は、文江に連れ去られてしまったのだった。文江は、行先と思われる住所を残していた。茜は、慎吾と慎香が文江に殺されると思い込み、取り乱すが――!

公式サイトより引用

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第9話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

天谷恭平(平山浩行)が放置された現場で赤いワンピースを着た女をみたと証言した松田秀明(赤楚衛二)。

そして、赤いワンピースを着て恭平のことを思い出す事実婚妻③の藤宮茜(岡本玲)・・・。

 

シェアハウスにいる茜は赤いワンピースを眺めて恭平との想い出を思い出す。

今日はそのワンピースを着て出かけることに。

玄関で事実婚②の森下晴美(小池栄子)と会う。

晴美に誘われ、一緒に夕飯を食べることにした。

 

秀明の証言を塚本から聞いた染谷文江(夏木マリ)は、玄関でみた赤いワンピースを着た茜を思い出す。

指輪を持ち去ったのはおそらくその女だろうと聞くと高笑いする文江。

 

 

食事にきた晴美(小池栄子)と茜(岡本玲)2人。

「このお肉最高!!」と美味しそうに食べる晴美。

食欲がわかないと言う茜は、このレストランに恭平と毎年誕生日にきていたという。

何だかイライラしている茜。

「秀明くんのことがあったのに平気な顔してよく食べられますね」と嫌みっぽく晴美に言う。

「本当にそう思う?普通にしてないと変になりそうなの。味なんてわからないの、それでも食べるの私」と晴美。

茜「いつも受け入れてばっかりで疲れませんか?」

晴美「全然。それが私だから♪そうだ!指輪ってどこにあるんだろうね」

茜の顔が一瞬凍り付く。

 

晴美「何その反応。まさか茜ちゃんが持ってたりして」と冗談ぽく言うと

「珍しくあなたと同じ意見よ」と文江が登場し、晴美の隣に座る。

茜に向かって「いいワンピース着てるじゃない。悪人には映えるもんね、血みたいな真っ赤な色が」と文江が言い、探していた女が茜だってことがわかったと言う。

驚く晴美。

茜が犯人だと思いたくない晴美は「茜ちゃんが犯人なわけありません」と彼女をかばう。

これまでいろんなことを一緒に乗り越えてきたからだという晴美。

茜を疑う文江。

そして、「あなたたち2人の新しい課題は“この女を許せるかどうか”よ」と晴美と加奈子の課題だと言って文江が去って行く。

どうして味方してくれたのか晴美に聞く茜。

「そりぁ今まで一緒にいろんなこと乗り越えてきたわけだし。恭平君が言ってた痛みやいろんなことシェアしてきた仲だから」と晴美。

 

「ははは。あなたのそういうとこ嫌い。でも恭平さんはそういうところが好きだったんですかね。いつも前向きなあなた。自分の気持ちを正直に表現する加奈子さん。二人とも恭平さんが文句言うことなさそうだもんな~私と違って」と言う茜。

茜は小さいころからすごく意志が弱くていつも諦めてばっかりだった。

でも、もっと自信を持って自分の意志を貫いていいと恭平に言われて強くなったと言う。

茜「だから今は味方なんかいりません、味方が必要な人間は弱くて自分を守れない人、私は違います」

晴美「一人で抱えきれないことは一緒にシェアしよう」

茜「私をかわいそうな人間みたいな扱い方しないで!!」

怒って席を離れていく茜なのでした。

 

 

シェアハウスに戻った晴美(小池栄子)は事実婚妻①の小椋加奈子(りょう)にこのことを話す。

赤いワンピースから着替えた茜(岡本玲)が帰ってきた。

慌ててリビングに入ってくる茜。

慎吾(森優理斗)と慎香(池谷美音)がいない。

晴美の娘・沙紀(平澤宏々路)によると文江が連れてっいったらしい。

文江からの手紙には住所がかかれていた。

その住所にみんなで向かうことにした。

タクシーを止めようとする晴美(小池栄子)。

加奈子(りょう)が不安そうに横に立つ茜(岡本玲)に恭平のところへ行ったのか聞くと茜は行ったことを認めた。

救急車を呼ばなかったのも、警察を呼ばなかったのも怖くなって呼ばなかったという。

「自己保身の為に恭平を見捨てたのね!」と加奈子が怒るのを晴美が止めるのでした。

 

 

倉庫らしき場所に到着。

車ごと入っていて、その車の後ろの席でぐっすり寝ている茜の子供2人。

文江(夏木マリ)はドアを閉め、あと5分で酸素中毒の数値に達すると言う。

「この女から本音を聞き出すにはこれぐらいのことしないといけないの。殺人依頼をしたのはあなたね?」と茜(岡本玲)に向かって言う。

文江「時間はない。本当のことだけ話なさい」

茜は震えながら「たしかに!掲示板に書いたのは私です」

「どうしてそんなこと書いたのよ!」と加奈子(りょう)が叫ぶ。

恭平と大ケンカしてて酒を飲んで勢いで書き込みをしたらしい。

タイミングよく殺害現場にいたのは仕事帰りに通ったという茜。

「さすが、犯罪者だけあって大嘘つきね」と文江。

 

文江を止めようとする晴美たちに「あなた達は腹が立たないの?」言う。

加奈子「たってますよ!」

晴美(小池栄子)「私だって!でもこんなやり方間違ってます」

文江「どうして指輪を持ち去ったの?どうしてあんな書き込みをしたの!?」

茜「それは・・・私の他に事実婚している女が・・・2人もいるってわかったからです!!」

と言って晴美と加奈子を見る。

茜(岡本玲)はたまたま家のリビングに置いてあった恭平(平山浩行)の手帳をみて自分の他に妻がいることを知ってしまったそう。

そして恭平のあとをつけ、加奈子(りょう)や晴美(小池栄子)の存在を知った。

自分より年上で、明らかに自分より自立してそうな女性たちをみて捨てられると思ったと言う。

そして、すごくショックでお酒をいっぱい飲んで、気づいたらネットに書き込みしていたそう。

 

「もう2度と自分を傷つけることはしないで。もっと自信をもって自分の意志をつらぬいていいんだよ、君は」と茜に言っていた恭平。

恭平の態度が日に日にかわってきたから不安になり、事件の2日前GPSつきのスマホリングを恭平にプレゼントしたそう。

そして事件当日、連絡がとれないからGPS検索し、恭平の居場所に向かい、倒れていた恭平を発見したそう。

力つきている恭平は茜が渡したリングを川に捨てろと茜に渡す。

リングのGPSのことは気づいていたようだ。

茜の目的は指輪を盗むことじゃなかった。

でも倒れている恭平の横に指輪を発見。

「これを渡す人と一緒になって私のこと捨てるつもりだったんでしょ!」と倒れている恭平に問い詰める。

「もうひとりにしてくれ。君は子供のそばにいればいい」という恭平。

 

茜「何よそれ、あなたなんか殺されて当然よ」

茜「私がこれを隠せばあなたの思い通りにになんかならない」

恭平「それは困る」

茜「じゃあ言って、これは誰に、誰に渡すつもり!?」

恭平「一番心の強い女性に・・・」と恭平が言っていたそう。

 

「まぁ、あなたへのプレゼントじゃないのは確かね」と文江。

「そうです」と泣き崩れる茜。

茜は恭平が一番愛していた女に指輪を渡してほしくなくて指輪を持ち去ったのでした。

だが、まだ真実を話さない茜に子供たちを返さない文江。

茜は落ちていたガラスを拾って文江に向かう。

とがったガラスが文江の腕を切る。

茜「この子たちに何かしたら本当に殺す」

車から降りてきた子供のうしろに立つ文江。

「この子達を離して!!」と茜が叫ぶ。

文江「恭平が愛していたのはこの2人うちどっち?」と晴美と加奈子を見る。

茜「知らないって言ってるでしょ!!」

晴美と加奈子に子供を返すよう言われた文江は子供たちを茜の元へ差し出す。

 

すると、茜の元へ向かう慎吾が倒れた。

心停止している。

救急車を呼んで病院に行くことにした。

検査をすると慎吾(森優理斗)は心臓病だとわかった。

心不全が原因で、心臓移植が必要。

 

 

病院のロビーで茜(岡本玲)がみんなに話す。

文江(夏木マリ)に恭平と一緒に慎吾のことで病院で行ったことがあるか聞かれる。

恭平がついた9つめの嘘は“慎吾が心臓に疾患を持っていることを黙っていた”ことだろうと文江が言う。

茜は気づいていなかったそう。

海外で移植するのに3億円がかかる。

 

恭平はもしかして3億円はこの費用の為に?

文江「治療費に使いたい?」

茜「もちろんです」

文江「無理!私の息子を殺しておいて自分の息子を助けたいなんてよく言えるわね?私は絶対許さない!恭平が許したとしても母親の私が許さない!あなたみたいな自分勝手な女を許すことなんてできるわけないじゃない」

茜に背を向ける文江。

晴美「文江さん、私は彼女を許します。課題の答えです」

晴美「恭平君のお金、慎吾くんの治療費にあてませんか?」

加奈子「私も同意します、彼が望んでいたんなら」

だが、納得できない文江。

 

「息子を治療できないのはあなたのせい。恭平を見殺しにしたこと一生後悔なさい。自分の子供の前であのワンピースきれる?あなたあんな真っ赤な服で死にそうな恭平のこと見おろしてたんでしょ。同じこと、自分の子供にやってみれば?私の気持ちがわかるから」と泣きそうになりながら文江は茜に言う。

茜「もういいです」

加奈子「ダメよ、諦めちゃダメ」

茜「でもこの人に何言ってもダメじゃないですか」

加奈子「何がなんでも慎吾くんを助けたいんじゃないの」

茜「助けたいに決まってるじゃないですか」

加奈子「じゃあそんな簡単に諦めるのおかしい!この人を納得させたいならこの人以上に強い意志を見せなさいよ!」

 

晴美「逃げないで」

文江「あなたは恭平が誰に指輪を渡そうとしていたのか絶対わかっているはず!恭平が誰に指輪を渡そうとしていたのか言いなさい」

茜「恭平さんは・・・指輪をもらった人は・・・」と言いかけると、慎吾の様態が急変したと看護師が呼びに来た。

 

心停止の慎吾と、恭平が病院で心停止なったことが重なる。

文江にかけより「お願いします、お願いします、私を殺していいんで慎吾をたすけてください、お願いします」と頭を下げる茜。

 

無言で茜に背を向けて病室を出て行こうとする文江なのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

わたし旦那をシェアしてた わた旦 旦シェア 第10話 最終回 最終話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第10話(最終回)』衝撃の10個目の嘘とは!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビ・読売テレビの夏ドラマである『わたし旦那をシェアしてた 第10話(最終回)』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。 ...

赤いワンピースの女は誰!?

赤いワンピースの女が茜で、衝撃の真実がわかりましたね!

自分の他にも女がいるとわかった茜の気持ちもわかる気はしますが・・・

それにしても茜役の岡本玲さんの演技がすごかったですね。

 

 

そこで、岡本玲さんについて少し調べてみました。

岡本 玲(おかもと れい)

本名:岡本 玲
別名:Rei(作詞者としての名義)
生年月日:1991年6月18日
出生地: 和歌山県和歌山市
身長:157 cm
血液型:A型
職業:女優・ファッションモデル・タレント
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台・CM
活動期間:2003年 –
事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

Wikipediaより引用

 

岡本玲さんは、2003年ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルオーディションでグランプリを受賞し芸能界入りしました。

また、『ニコラ』の専属モデルで結成されたアイドルユニット「ニコモノ!」のメンバーとしてCDデビュー。

趣味は、ギターとピアノ。

特技は、そろばんや暗算などだそうです。

 

 

岡本玲さんのTwitterはこちら↓↓

 

岡本玲さんのInstagramはこちら↓↓

View this post on Instagram

. #わたし旦那をシェアしてた 昨夜は9話ありがとうございました。 物語は、なんだかすごい事になってます。 6話以降の撮影後半戦はきついシーンが多く、みんなで乗り越えられてほんとに良かったって、改めて、めっちゃ、思います。 ギリギリだった。 カッコいい役者陣、懐の大きいスタッフさんたちのおかげ。 楽しかった! 見逃した方はぜひネット配信で。 10話の最終回も最後まですごい展開です。 予告しか見れてないけれど、 小池さん、りょうさん、夏木さん、みなさんの芝居、凄いです。 早く見たい! 最終回は9月5日、 30分遅れの24時29分からです。 (9月6日の0時29分とも言う😶) . #repost @_danshare_ ・・・ #わたし旦那をシェアしてた 9話はこのあと夜11時59分から放送! 今週の6分割は…緊迫した表情の文江・晴美・茜。 “シェア旦那”の殺害現場で目撃された女は、茜だったー⁉️ “赤いワンピース”を着た茜の衝撃告白に注目‼️✨ #リアタイ待機 #小池栄子 #りょう #岡本玲 #赤楚衛二 #黒木啓司 #渡辺真起子 #平山浩行 #夏木マリ #ヒルクライム #事実愛 #木曜日も夜ふかし #旦シェア

A post shared by 岡本玲 (@rei_okamoto) on

ぜひチェックしてみてください♪

 

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた 第9話』を見たみんなの感想は?

本当に3人の中に犯人がいたのは驚きだよね。でも、茜だけタイプ違うから納得はした

岡本玲に思わず見入ってしまった

ホントにあかねが犯人なのかなぁ。
嫉妬かな。
しかしみんな演技うまいよね

岡本玲?演技うまいね

これは恭平が悪いわ

恭平が三股してたのにどんな理由があったとしても、復讐したいと思ったあかねの気持ちにはすごい共感できる

ま、自分の子を殺した女の息子を助けたいなんて普通思わないわな

毎回必死に見入ってしまうWWW

自分は最初から何もかも知ってて、何も知らない人達と何ヶ月も同じ家に住むとかヤバ過ぎる

マンゴー体操、最後にもう1回見たいなー

※人物画像はイメージです。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

指輪を持ち去った犯人が茜だったことに驚きでしたね~

そしてGPSリング!!

すごい(笑)

 

息子を見殺しにした女を許せない文江さんの気持ちも、自分の他に女がいて捨てられるかもと思ってしまった茜の気持ちも両方わかって切なくなりました。

恭平の遺産の3億円はどうなるのでしょうか?気になります。

そして次回、いよいよ最終回!!

 

指輪を渡そうとしていた相手を茜が証言します。

決着をつける茜と加奈子。

指輪は誰のものなのでしょうか。

茜の子供、慎吾はどうなるのでしょうか。

次回も楽しみです♪

 

チェインストーリーも是非チェックしてみてください↓

わたし旦那をシェアしてた わた旦 旦シェア ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】わたし旦那をシェアしてた2019年、読売テレビ・日本テレビ系の夏ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』のネタバレ記事をまとめた記事です。...
ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA