フルーツ宅配便

ドラマ『フルーツ宅配便 第8話』ブルーベリーはクスリを断ち切れる!?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年3月1日(金)に放送されたドラマ『フルーツ宅配便 8話』はご覧になられましたか?

ブルーベリーがクスリをやっていたことを見抜いたミスジには驚きましたね。

さすがオーナー!

昼も夜も一生懸命働く姿には応援したくなる気持ちになりました♪

 

 

ちなみに、『フルーツ宅配便』第7話のネタバレはこちらからご覧になれます。

フルーツ宅配便 第7話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『フルーツ宅配便 第7話』マシュマロボディにナンバーワンの座を奪われるみかん!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の冬ドラマであるドラマ『フルーツ宅配便 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

フルーツ宅配便 ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】フルーツ宅配便2019年、テレビ東京の冬ドラマであるドラマ『フルーツ宅配便』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『フルーツ宅配便 第8話』のあらすじ!

昼は配送業、夜はデリヘルで働くシングルマザーのブルーベリー(中村ゆり)は覚せい剤で逮捕された過去が。娘の為に立ち直ろうと懸命に働く姿に咲田(濱田岳)は「もう薬物の心配はない」と安心する。そんな時、配送の仕事でトラブルを抱え…。苦境の彼女に再び薬物の誘惑が!果たして断ち切れるのか!?
さらに、えみ(仲里依紗)が働くデリヘル店の異常な実態が…!オーナーの沢田(田中哲司)とミスジ(松尾スズキ)の関係は…?

公式サイトより引用

ドラマ『フルーツ宅配便 第8話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

店の女の子・リナを優しく慰め、仕事に連れ出すえみ(仲里依紗)の店のオーナー(田中哲司)。

咲田(濱田岳)からラインが入るが既読スルーするのでした。

フルーツ宅配便の事務所ではブルーベリー(中村ゆり)が明日から出勤。

店長咲田が写真を撮り、給料を現金にするか話をすると、ミスジが「現金持ってもロクなことに使わないだろ」と振込にするように言い、昔シャブをやってたことを見抜くミスジ。

面接の時には隠していたみたいだが、執行猶予中でここで働かせてくれというブルーベリーなのでした。

母と娘と3人暮らしのブルーベリー。

母にはスナックの仕事と言っているそうで、心配する母ですが、裁判で借金があるから稼がないといけないといいます。

 

 

ホームページに写真を載せると早速指名が入り、初出勤で緊張するのでした。

お客の評判もいいブルーベリーの様子を咲田に聞くミスジ。

娘の為に充実しているからきっと大丈夫だといいます。

 

 

えみの店では、えみとこの前かばったリナが話をします。

元彼がお店の金を持っていった為、自分がここで働くハメになったらしい。

えみは「今すぐやめなよ」「とっとと辞めて幸せになりなよ」と言い女の子を逃がすのでした。

 

 

少し慣れてきたブルーベリーに、常連になった客松島が今日はちょっとかわったことをしたいとクスリを差し出します。

ブルーベリーはもうやめたのでと拒否し、断るのでした。

帰りの送迎車の中でも、松島をNGにしてほしいと咲田に頼むのでした。

 

家に帰ると娘がランドセル姿を見せ喜び、母は入学式に着るワンピースでも買ってと封筒に入ったお金をブルーベリーに渡すのでした。

昼は運送会社で働いているブルーベリーは疲労がたまり、運転席で眠ってしまいます。

声をかけられ、慌てて起きてエンジンをかけてしまい、同僚をひいてしまい、治療費・休業補填代などで200万円を請求されてしまいます。

 

そこに、嫌がっていた松島の指名が入ったが、行くことに。

俺に会いに来たってことはこれが欲しくなったてことだろうとクスリを差し出し、いっぱいいっぱいになったブルーベリーは手を伸ばしてしまうのでした。

 

事務所につくと、「あんたクスリやったな」というミズジ。

やってないと腕をし出すが、ミスジは足の指の間の注射跡を見抜くのでした。

「ごめんなさい」と謝るブルーベリー。

「必死にやってみたけどダメだった」「結局わたしはいい母親になれない」といいます。

 

2回目だから自主して刑務所に入ってクスリを身体から抜くことをすすめるミスジ。

「自首は前進だ」といい「今度こそ命かけてやめてこい」と強くいうのでした。

 

 

母に自首することを話すブルーベリー。

「お仕事でしばらく帰って来れないけど、おばあちゃんとしばらくまっていてね」と娘を抱きしめ家を出るのでした。

「ママー、おばあちゃんが泣いているよー」と家の外で叫ぶ娘。

咲田に車を出してもらい去ることに。

 

「僕はブルーベリーさんはいい母親になると思ってます」という咲田。

「今度こそ、きっちりと辞めて帰ってきてください」と優しく声を掛けるのでした。

 

ホテルでは、クスリを用意してブルーベリーを待っていた松島の元にミスジが現れ、クスリの出処を聞き出します。

出処はえみの店のオーナーの沢田ということがわかりました。

 

沢田の店では、えみがリナに辞めろと言ったことが沢田にバレてしまいます。

せっかく逃がしたのに捕まってしまったみたいで、沢田はリナを島流ししたといいます。

「今すぐ辞めてやる」というえみに紙を出す沢田。

えみの母の借金が2000万もあり、その返済の為にえみは働いているのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

フルーツ宅配便 第9話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『フルーツ宅配便 第9話』超特急がフラッシュモブで登場!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の冬ドラマであるドラマ『フルーツ宅配便 第9話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ブルーベリーはクスリを断ち切れる!?

借金を背負い、昼も夜も働くことになったブルーベリー。

自主しに行くと家を出るブルーベリーを追いかけ「おばあちゃんが泣いているよー」と叫ぶ娘の姿と車で号泣するブルーベリーの姿には涙でした!

ブルーベリー役の中村ゆりさん。美人ですよね~

ってことで、少し調べてみました。

 

中村 ゆり(なかむら ゆり)

生年月日:1982年3月15日(36歳)
出身地:大阪府寝屋川市
国籍:韓国
身長:164 cm
血液型:AB型
職業:女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
事務所:アルファエージェンシー

Wikipediaより引用

『ASAYAN』(テレビ東京)で1996年に開催された歌手オーディションに合格して、友人の伊澤真理とデュオYURIMARIを結成していたこともあるみたいです。

 

父親が在日3世・母親が韓国生まれで、韓国籍。

映画『パッチギ! LOVE&PEACE』公開翌日の朝日新聞紙上において自身も在日であることを明かし、「出身を隠すつもりはないけど、わざわざ『在日です』と主張することもない」と語っているという中村ゆりさん。

スッとした綺麗な顔は韓国よりだからなのでしょうか。

 

個人的に中村ゆりさんの笑顔が好きで、脇役で中村ゆりさんを見かけると少し嬉しくなります。

今回は、クスリを辞めることができなかったブルーベリー役でしたが、今後幸せになれたことを想像して応援しておきます♪

ドラマ『フルーツ宅配便 第8話』を見たみんなの感想は?

ブルーベリーちゃん可愛かった

めっちゃ昨日の中村ゆりさん良かった

昨日のブルーベリーさん切なかったな。幸せになってほしい

これ見てると松尾スズキって味のある役者さんだなぁと思う。すごいいい人にもすごい悪人にも見える

ブルーベリーと娘のシーンで涙止まらないと思ったら沢田のシーンでピタっと止まった

すごく良くできた人間ドラマですよね!
私も昨日のは悲しくなりました。娘さんが可哀想で……
みんな幸せになって欲しいけど、難しい

ミスジさんって懐の深い義理人情に篤い人なんだなあと毎回感心する
そして、いやでも風俗経営者だし、と我にかえる

ミスジさんみたいな上司ほしい。濱田岳が優しい店長役で和む

次のマサカネの恋の話も気になるけど早くえみを助けて欲しい!ミスジさん助けてあげて!!

オープニングの曲とか映像がオシャレだよね

※人物画像はイメージです。

ドラマ『フルーツ宅配便 第8話』ブルーベリーはクスリを断ち切れる!?あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

今回はブルーベリーがクスリを断ち切ることができず、なんだか悲しくなりました。

難しい問題ですね(涙)

 

ミスジの成敗の仕方と沢田の島流ししたと笑顔でいうシーンは本物のオーナーみたいで迫力がありましたね!

咲田のLINEを無視するえみの心境も気になりますが、母親の借金が2000万あることに驚きです。

 

 

次回はデリヘル運転手の恋の話。

どこか遠いところに連れて行ってというカボスにマサカネはどうするのでしょうか。

そして、咲田とえみの同級生・小田もえみのデリヘル用のプロフィール写真を発見し、咲田に報告してきます。

えみと咲田もどうなるのか…次回も楽しみです♪

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA