グッドワイフ

ドラマ『グッドワイフ 第2話』証人?商人?徹底的にリアリティーを追求!あらすじやネタバレ、感想も!

2019.1.20 (日) に放送があったドラマ『グットワイフ 第2話』はもうご覧になりましたか♪

 

前回の話では、久々の連ドラ主演の常盤貴子さんが「変わらず綺麗」「美しい」など話題になりました。

また豪華キャストやゲストの演技も見応えあり☆好スタートを切ったグットワイフ!

スカッとする事件解決に、壮一郎(唐沢寿明)は無罪か有罪か?など気になる要素を残して終わった第1話。

第2話では20分拡大してのスペシャル放送☆

 

また、フィギアスケーター・村上佳菜子さん、TKO・大木武宏さん、松たか子さんの姉・松本紀保さんなど今回も豪華ゲスト登場!

どんな役で、どこで登場するのか…ご注目を♪

 

 

ドラマ『グッドワイフ 第1話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

goodwife グッドワイフ 第1話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『グッドワイフ 第1話』豪華キャスト!帰って来た常盤貴子!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『グッドワイフ 第1話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

グッドワイフ GoodWife ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】Good Wife(グッドワイフ)2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『Good Wife(グッドワイフ)』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『グッドワイフ 第2話』のあらすじ!

事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。
大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。
その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。自由奔放な大輔に翻弄される。しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。脇坂から聞かされる話から、壮一郎(唐沢寿明)の疑惑がますます深まっていく。杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見して、壮一郎に核心の部分を問う。そこで衝撃の告白をされる。杏子は壮一郎とのことも、そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。絶体絶命な状況の中、杏子は大輔の事件での些細な異変に気づき…

公式サイトより引用

ドラマ『グッドワイフ 第2話』ネタバレ解説!

朝のキッチン。

蓮見杏子(常盤貴子)は出勤前に、子供達のお弁当を作っています。

 

 

杏子が出社すると弁護士事務所に、新たに依頼が舞い込んできます。

 

依頼者は、多田征大(小泉孝太郎)と神山佳恵(賀来千香子)の事務所の名誉顧問であり、神山弁護士の父親、神山大輔(橋爪功)。

 

2ヵ月前に酒酔い運転をし、街の掲示板に車をぶつけ、駆けつけた警官に抵抗。

器物損壊罪と公務執行妨害で起訴されていました。

 

大輔は「それで、誰が俺の弁護をするんだい?」と言う。

さらに「器物損壊は認める。だが、ほかは冤罪だな。」と。

実際には飲酒後に運転したのではなく、事故後に飲んだから、酒酔い運転はしていないと主張します。

 

そしてなぜか杏子に、弁護してほしいと頼みます。

多田は、新人には無理だと反対しますが、杏子が引き受けることになります。

 

 

公判前、杏子は特捜部長に就任した脇坂博道(吉田鋼太郎)と遭遇。

 

脇坂は「ご主人、罪を認めさえすれば、勾留は解かれるのに。お子さんを巻き添えにするのは、かわいそうだ。」と杏子に嫌味を言う。

 

杏子は「女を本気で怒らせたことがないんですね。子供だけは駆け引きに使わせません。」と怒りをあらわにしました。

 

 

裁判が始まりました。

公務執行妨害を認めようと発言する蓮見に対し、大輔は「公務執行妨害についても否認する」と発言。

杏子には「映像に証拠が残っている。」と耳打ちしていました。

 

杏子はその言葉をもとに映像を見直し、違法逮捕と連行であったことを見抜きます。

よって検察側の立証不十分となり、公務執行妨害は取り消されます。

 

しかし、酒酔い運転の件がまだ残っています。

しかも新たな証言者 三浦が「事故を起こす前に大輔が飲酒していたのを見た」と証言。

三浦はミウラフーズの社長で3年前、大輔が担当した裁判によって賠償金を支払わされていました。

そのため、大輔を逆恨みしており偽証した可能性が…。

 

 

仕事を終え杏子が自宅に戻ると、息子が夕飯準備をしていました。

「俺ご飯作るから、お母さんもっと残業していいよ。離婚しないの?離婚なんて珍しくないし。僕達のことは気にしなくていいよ」と言います。

 

突然、杏子は蓮見壮一郎(唐沢寿明)から15年目の結婚祝いにネックレスをもらったことを思い出していました。

それと同時に脇坂と会った際、「ご主人からネックレスや指輪、もらいませんでしたか?トミオカ製鋼が賄賂として贈ったと言ってるんです。」その言葉も頭に浮かんでいました。

杏子は拘置所の壮一郎に会いに行き、そして、壮一郎を問いただします。

壮一郎は「母の誕生日に真珠のブローチが送られてきた。しかしすぐに送り返し、他には一切受け取ってない」と言い切ります。

杏子は「魔が差して賄賂は受け取ったけど、浮気はしてない。そう言われた方がまだ信じられた。」と言った。

すると壮一郎は「嘘はついていない。それでも信じられないなら、もうしょうがない。」そう言うと立ち去った。

 

 

その後、壮一郎は取り調べ中、部下だった佐々木達也(滝藤賢一)からトミオカ製鋼が倒産したこと、脇坂が杏子に会っていろいろ吹き込んでいることを聞く。

とそこに、急に脇坂がドリンクをもってやってきて、「今は信頼していた部下にも裏切られる時代だからな…。」そう言って佐々木を目をやりました。

 

 

杏子と円香みちる(水原希子)は事故当日の大輔の動きを調べています。

事故の前、大輔はパーティに出席するも、10分で退席。

その短い時間に飲酒した可能性は低いと考え、「その後の空白の1時間以上は何をしていたのか?」大輔に聞いてもはぐらかされてしまう。

 

 

杏子は大輔の自宅を訪れる。

そして、認知症の薬「ドルコミン」を飲んでいることを指摘。

 

薬には、意識がもうろうとしたり、吐き気などの副作用があり、

薬の影響だと言えば弁護できると提案。

 

しかし大輔は「公表して無罪になったところで、弁護士としては死刑宣告だ。」と拒否します。

そして誰にもこの事を言わないようにと、口止めをされます。

 

 

杏子は事務所に戻り、多田と円香に今回の裁判の件で相談をしています。

多田に「勝訴できるかもしれない情報があるなら、教えてくれ」と言われますが、杏子は「弁護士の仕事は依頼人の誇りを守ること」そう言って大輔との約束を守ります。

 

 

 

佐々木はカフェで杏子に会い、壮一郎の味方であること、脇坂から何かあれば連絡をくれと伝えた。

 

その頃、拘置所の壮一郎は弁護士と会っていました。

弁護士は「トミオカ製鋼の社長自ら、賄賂贈ったと告発し倒産。今回のケース、裏に政治が絡んでいるのでは。」と壮一郎に言います。

 

 

その後、事務所に戻った杏子は多田から、大輔の過去の話を聞きます。

大輔は裁判で医療ミスをした医者を勝訴させた事がありました。

世間は騒ぎその際、心労で体を壊した奥さんが亡くなってしまった。

そのこともあり、娘である神山弁護士と父・大輔は上手くいっていないと。

事故当日、大輔の空白の時間の動きも、杏子達の調べで明らかになっっていきます。

事故当日、その日は亡くなった大輔の妻の月命日。

 

生前に妻が行きたがっていた甘味屋を大輔はまわっていた事がわかります。

そこの鯛焼き屋の店主・高井明(木本武宏)が証言してくれることに。

 

 

裁判当日。

鯛焼き屋の店主が証言します。

 

大輔は事故を起こす前、お店で鯛焼きを買い、車で食べていました。

すると、警察が来て大輔を職務質問していました。

 

その時に飲酒検査もしたが、数値はゼロの反応。

アルコールは検知されませんでした。

 

その後に大輔は車を発車し、事故を起こしていました。

検察は、数値データを提出していませんでした。

 

 

杏子は証拠を検察がわざと外したと強く非難します。

そして、裁判は弁護側の勝訴で終わります。

 

 

その夜、神山弁護士は、父・大輔のもとを訪れると「お母さんの孤独は、私にも責任がある。お父さんを責めて自分の後悔をごまかしていた。」と話します。

その場で、大輔は自分が認知症であることを告白します。

 

その後、弁護士事務所を自ら辞めると、独立して新しい事務所を立ち上げると宣言し、神山弁護士は呆れ返ります。

 

 

その頃、拘置所の壮一郎は脇坂に「お前の奥さんには、もう守ってくれる男ができたみたいだぞ。早く帰らないと、取られるよ。」と嫌味を言われていました。

 

 

杏子は宝石店に向かいます。

店員(村上佳菜子)に、記念日に貰ったネックレスの領収書の再発行を頼むが、個人情報は教えられないと断られる。

そして、「購入者はトミオカ製鋼ですか?」と尋ねます…。

 

自宅に帰った杏子は、ネックレスを床に叩きつけ、頭を抱えてしまいます。

 

拘置所の壮一郎は弁護士を呼ぶと、「やってもらいたいことがあります」と言う…。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

goodwife グッドワイフ 第3話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『グッドワイフ 第3話』最強妊婦弁護士は誰!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『グッドワイフ 第3話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

証人が商人!?イントネーション、リアリティーを追求!?

ドラマ内で「証人」「商人」の発音に違和感を感じ、気になった人も多いようですね。

https://twitter.com/lovelovelove88/status/1087114233148465152

 

実はこれ、常盤貴子さんは意外な趣味が関係していたようです。

 

5年前にドラマの役のために見に行った、裁判傍聴にハマり、今では月1ペースで行くほどに。

さらに裁判所の地下の食堂で食事をしながら、弁護士や検事の会話を聞くのが大好きだそうです。

 

実際に、いろんな弁護士が使っているイントネーションを、あえて取り入れているそうです。

法廷ではそれが普通なため、リアリティーを出すためドラマでも、そう発音しているようです。

 

傍聴の趣味を活かしたリアルな演技は見応えありです♪

ドラマ『グッドワイフ 第2話』を見たみんなの感想は?

1話のときも思ったけど、常盤貴子の「証人」のイントネーションおかしくない!?

証人、公判のイントネーションは、常盤貴子がプライベートでも裁判ウオッチャーなのでドラマに取り入れてるらしい。

商人発音で正しいんだよ

孝太郎が素敵!BUMPの曲も超イイ! ストーリーもなかなか面白い 今期一番の楽しみ

あら?裁判長 松たか子のお姉さん?

村上佳菜子、めっちゃナチュラルな演技だった!

wikiで見たら常盤貴子46歳!!? しばらく出てなかったのに保ってるー。 わざとらしいリフトアップやツッパリとかも感じないし!自然に若い。また人気でるなぁこれは。

橋爪功さんは77歳だって。 長めのセリフもまだまだスラスラ出てくるしすごいよね

孝太郎のこの役ずるいよね。 惚れてまうやろ〜

海外ドラマのリメイクは色々文句言いつつ1話だけは見るんだけどこれは2話目も見てる! ちゃんと日本風にアレンジされてて面白い〜!!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『グッドワイフ 第2話』証人?商人?徹底的にリアリティーを追求!あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

第2話も面白かったですね♪

 

事件内容や解決までの流れは、原作のアメリカ版よりも分かりやすい!と感じるほど見やすく、またテンポもいいので見ていて飽きません♪

豪華ゲストも見ていて楽しいです。

 

また今回、杏子(常盤貴子)が最後まで守秘義務を守り、依頼人を守りました。

そんなキャラなのでますます応援したくなりました!!

 

次回からは常盤貴子さん自身の傍聴を活かした演技にも注目したいと思います♪

 

第3話は回送列車脱線事故発生!?

1月27日(日) 夜9時スタートです。

お見逃しなく♪

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...

ABOUT ME
ちゅらら
ちゅらら
はじめまして!ちゅららです!ドラマ大好き!! なかでも海外ドラマ、中国ドラマに夢中です☆☆ オススメドラマは「ブラックリスト」「花と将軍〜On My General〜」です!よろしくお願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA