グッドワイフ

ドラマ『グッドワイフ 第6話』美人秘書役に今泉佑唯?あらすじやネタバレ、感想も!

2月17日(日)夜9時 TBS 放送の「グッドワイフ」第6話はもうご覧になりましたか?

前回の第5話では、東城夫婦に脇坂夫婦の離婚協議が平行して進んでいき、杏子も離婚を迷う…と離婚問題が盛りだくさんでした。

また、壮一郎をハメて逮捕させた黒幕も明らかになりドラマが大きく動きだしました。

最後のシーンでは多田が杏子に「話があると。」と言い、ついに告白?と気になるところで終わりました。

 

今回の回では 、壮一郎が保釈され家に帰宅、ゲスト俳優には春風亭昇太や温水洋一さんなどのゲストが華を添えます。

また今泉佑唯さんが欅坂46卒業後初となるドラマ出演をするのでこちらも楽しみです。

 

今回はどんな裁判となるのでしょうか?

そんな「グットワイフ」第6話をまとめてみました♪

 

 

ちなみにドラマ『グッドワイフ 第5話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

goodwife グッドワイフ 第5話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『グッドワイフ 第5話』松本まりかはまたも愛人役?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『グッドワイフ 第5話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ドラマ『グッドワイフ』ネタバレまとめはコチラから↓

グッドワイフ GoodWife ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】Good Wife(グッドワイフ)2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『Good Wife(グッドワイフ)』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『グッドワイフ 第6話』のあらすじ!

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

公式サイトより引用

ドラマ『グッドワイフ 第6話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

壮一郎(唐沢寿明)の保釈が決まったと杏子(常盤貴子)に報告を受けた多田(小泉孝太郎)は、「話がある。」そう言って杏子を人気のない屋上に呼び出します。

そして、「ご主人が帰ってきたらどうするの?」と尋ねます。

「まずは話し合うかな。」と言う杏子に多田は、話し合って納得を得られたら離婚はしないが、納得できなかった場合は離婚し1人で子供達を守っていく選択肢があると提示します。

そして「他の男との可能性にかけてみるとか…例えば俺とか…。」と遠回しに告白します。

返事に困った杏子と沈黙が続き、「いや、選択肢はいろいろあるってことだよ。だからそういう気持ちでご主人とも話し合ったほうがいいってことだよ。」と話をまとめる多田。

多田は、はっきりと告白できないまま杏子を見送ると、その場でうなだれます。

 

 

事務所には、賠償金15億が見込める集団訴訟の案件が舞い込みます。

マンションの建設現場で働いていた作業員達が、現場で使っていた資材のクロソナイトを吸い込むことで、肺炎や肺線維症などの深刻な健康被害を引き起こすことが発覚し、体調を悪くした被害者達が立ち上がったのです。

多田は、この団体と3年間無料で相談に乗りようやく正式に動きだしたのです。

 

団体に会いに行く多田と杏子でしたが、団体は、他の弁護士の話も聞いて代理人を誰にするか多数決で決めたいと、脳梗塞の後遺症で車椅子の弁護士 三栗谷剛(春風亭昇太)も呼んでいました。

被害者達の多くも車椅子に乗っており、同じように車椅子である三栗谷は自分も弱者だと強調すると自分を支持するよう仕向けていきます。

さらに三栗谷は、多田や杏子が発言中も小さなトラップを仕掛けたりとなかなかやり手の弁護士です。

最強最悪な弁護士が現れたと、多田と杏子は警戒します。

 

 

一方、壮一郎は保釈され自宅に帰ってきました。

一緒に鍋を囲み食事をする最中、壮一郎は杏子や子供達に迷惑をかけてすまないと謝り、賄賂は受け取っていないと弁明します

そして、不倫については「あの人は記者で仕事だけの付き合いだった。でも、一度だけ過ちを犯した。後悔している。」

「人生をかけて償って、もう一度 信頼してもらえるよう努力をしたい。」と言います。

 

隼人(小林喜日)はもういいよね、と席を立ちその場を離れてしまいますが、綾香(安藤美優)は「おかえりなさい。」と一言。

 

杏子は2人きりになると、今回の賄賂を仕組んだ黒幕は誰かと壮一郎に尋ね、家からは盗聴器が見つかり、子供達まで危険に晒されるのではないか不安だと言います。

しかし、壮一郎は杏子に「ごめん。今はまだ話せない。」と言い真相を隠すのでした。

 

 

翌日、林弁護士(博多華丸)が自宅にやってきて、今回の真相について尋ねますが、ここでも壮一郎は真相を隠し続けます。

南原(三遊亭円楽)が絡んでいるとはっきりした以上、誰にも何も話すわけにはいかない壮一郎。

壮一郎は唯一、真相を知る佐々木(滝藤賢一)を呼ぶと今後は、南原の不正をタレこんできた情報提供者を探すと言います。

この情報提供者は、一年前、壮一郎に南原がイーデンスから莫大な裏金を貰ったとタレこみ証拠を渡そうとしていました。

でも、その証拠の受け渡し直前に壮一路は逮捕されてしまい、その後、情報提供者の行方も分からなくなったのです。

 

 

その頃、事務所では円香(水原希子)が三栗谷の経歴を調べ、彼が最近まで業界最大手のG&Y法律事務所に在籍していたことが判明します。

G&Yは企業側専門の代理人であることから、三栗谷が裏で海老塚建設とつながっていて訴訟を有利に進めるため、被害者側の代理人になろうとしているのでは?と多田達は考えます。

 

多田と杏子は代理人の座を獲得するために、被害者の家を回り票集めに奮闘しますが、弱者の味方というイメージをつけた三栗谷が7票多く支持を得ています。

その頃、杏子の自宅では、隼人が壮一郎に

「離婚しなよ、お母さんと。謝ったから浮気も許されると思ってる?」

「お母さんも離婚するって言ってたけど、綾香が泣くから迷ってるんだよ。」と言い、帰宅した壮一郎に冷たい態度をとります。

 

三栗谷との多数決勝負、現時点では多田達は負けていますが、三栗谷が海老塚建設に入っていく動画を円香が手にいれます。

多田は、団体が集まる集会で「三栗谷先生、海老塚建設に行ったことをもう皆さんに話したんですか?先生は海老塚建設と何か関係があるのでは?」と問い詰めます。

すると三栗谷は、「海老塚建設から接触があり、1人につき500万で和解がしたいと言っています。」と被害者達に伝えます。

 

まだ正式な代理人でもないのに、和解交渉をするなんておかしい、しかも3000万からスタートできるケースを500万だなんてありえないと憤慨する多田。

多田達と三栗谷が口論になり、被害者達は多数決をやり直すことにします。

結果は、同数になってしまい共同代理人という形をとることに。

 

その時、杏子は三栗谷が使っているボールペンのTEISHO CORPの文字が気になり、円香に調べてもらうことにします。

 

 

一方の壮一郎は、南原に接触して「例の情報提供者、見つかりましたよ。」とハッタリをかけ反応をみます。

どうやら、南原もまだ情報提供者にはたどりついていない、先に見つけ出せれば勝算はあると壮一郎は佐々木に話します。

そして、脇坂(吉田鋼太郎)と南原が接触するのを目撃し、今回の事件の黒幕が南原であること、脇坂も南原に取り込まれていると確信したと言います。

 

 

その頃、壮一郎の不倫相手の遠山亜紀(相武紗季)が顔も隠さず、週刊誌のインタビューに答えている動画が拡散します。

亜紀は「関係を持ったのは、一度ではない。奥様には申し訳ないが私達は想い合っていたんです。」と発言。

動画を見た杏子が急いで自宅に帰ると、マスコミが押し寄せ、綾香が囲まれていました。

 

 

帰宅した壮一郎は、「すまなかった。あのインタビューは全部、嘘だ。」とすべてを否定します。

しかし杏子は「どうして嘘をつく必要が?何かなければ、あんな嘘はつかない。あなたという人を信用させて。じゃないと私達はもう、前に進めない。」そう言い残し、事務所に戻って行きます。

壮一郎は何も言えず複雑な気持ちで杏子を見送るのでした。

 

 

杏子が事務所に戻ると、円香が「例の三栗谷のボールペンの件、分かりました。」と言います。

ボールペンは総合商社のテイショーコーポレーションのものでした。

テイショーコーポレーションは最近顧問弁護士が大きな案件をしくじったため、新たな弁護士を探しているとの情報を得た多田達はテイショーコーポレーションに話を聞きに行きます。

そして朝飛(北村匠海)が女性秘書(今泉佑唯)から話を聞きだし、後任の候補の1人は三栗谷であることが判明します。

 

 

三栗谷を事務所に呼ぶと、「テイショーコーポレーションと海老塚建設は極めて近い関係にある。今回の集団訴訟を上手く収めてテイショーコーポレーションに自分の能力をアピールしようとしたのでは?」と問い詰めます。

多田と杏子は一切の経緯を公表しない条件で、三栗谷に集団訴訟から手を引かせ、海老塚建設は被害者1人につき2000万の賠償金を払うことを約束させました。

「社会的弱者を売りにする作戦はこれからも続ける気なんですか?」と多田は尋ねます。

「弱者というのは強いですからね。弱者ハラスメントが横行する社会を作っているのはあなた方ですよ。」と言い、立ち去ろうとする三栗谷。

杏子は「そうですよね。弱者に必要なのは同情じゃなく、愛情なんだと思います。私も子供や友達の愛情で救われましたから。」と言い、三栗谷を見送ります。

相場を超える和解金で勝利を収め、事務所のメンバーや被害者達は喜びます。

 

 

杏子が事務所を出てると、三栗谷が待っていました。

彼は、「和解成立おめでとうございます。私もテイショーコーポレーションとの顧問契約が無事に成立しましたよ。」と言います。

 

そして、「海老塚建設がこれから見込める利益は莫大であるため、裁判を避けるためなら1人4000万ぐらいまでは覚悟していました」と言います。

「それを裁判をしないで済み、2000万で早急に片がつき、総額20億の節約になりましたよ、 これ一本でね」と例のボールペンを杏子に見せました。

 

どうやら、三栗谷は裁判にならないために杏子がボールペンに気づくように仕組んでいたようです。

悔やむ杏子に、「人は変われない。決して…。」と言い残し彼は去って行きます。

 

 

その夜、壮一郎は林弁護士にこれ以上マスコミが自宅にこないよう、記者会見を開くので弁護士として同席してほしいと頼みます。

しかし隠し事を続ける壮一郎に、「これ以上お飾りの弁護士ではいられない。あなたの弁護はもうできない。」と言い林弁護士は帰ってしまいます。

 

その様子を見ていた杏子は、「私があなたの弁護をする。」と言い、2人で記者会見に挑みます。

 

 

マスコミの前に立つ直前杏子は、「この会見が終わったら全部話して。あなたが変われないなら、待つのをやめる。中に入って自分で真実を探す。」

「私が決めたの、あなたに選択権はない」と言い切ります。

 

会見が始まり、記者達からは今回の弁護を引き受けたのは不倫に関して、ご主人を許したからなのか?など質問が飛び交いますが、杏子は凛とした態度を崩さず立派に弁護士らしく振る舞います。

壮一郎も、亜紀の話は真実ではないし、収賄容疑についても必ず無実を証明しますと宣言し無事に会見は終了します。

 

 

会見を見ていた多田は、いたたまれなくなって杏子に電話をかけます。

 

しかし、杏子は会見後もマスコミの対応に追われ、電話が鳴っていることに気付きません。

代わりに壮一郎が気付くと杏子の携帯を手にします…

留守電に切り替わり、多田が「もう、誤魔化すのはやめる。この先ずっと自分の気持に嘘をついて生きていくのは、もう嫌だ…。」とメッセージを残したところで、壮一郎は通話ボタンを押します。

そして「ずっと好きだった。司法修習の頃からずっと…。」と杏子に対する多田の告白を聞いてしまいます。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

goodwife グッドワイフ 第7話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『グッドワイフ 第7話』IT社長役の浜野謙太の演技のクセが強い?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『グッドワイフ 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

美人秘書役に今泉佑唯?

今泉佑唯さんは昨年11月に欅坂46を卒業し、今回グッドワイフ第6話で初めてドラマ出演しました。

今回、今泉さんが演じたのは、テイショーコーポレーションという会社の女性秘書で、少ない出番ながら、交渉の行方を左右する重要なシーンで登場しました。

 

欅坂46卒業後初となるドラマ出演に、「ドキドキというか・・・今まではずっと周りにメンバーの誰かがいたのですが、それがなくなったので不安な気持ちもあります。でもお芝居が好きですし、これからどんどん演技をやっていきたいと思っています」と意気込んでいたようです。

 

今泉さんは欅坂46の1期生で、ファッションモデルとしても活躍しているようで、3月には舞台『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46?』で主演を果たすようです♪

 

ドラマ『グッドワイフ 第6話』を見たみんなの感想は?

イユちゃんテレビ出演 やった~

本当におめでとう

これからもずっと応援します

多田先生のなんかもう抑えきれない気持ちが溢れ出しすぎててたまりませんわ。

同期・長年の友達からの大人の告白ってこんなに
軽い感じを装ってしないといけないんだな…
同僚だから余計、関係崩さないようにしないといけないし、
大変だよね…

相武紗季ちゃん、
なにげに不倫相手とかそういう黒い系統の役多くない?…

孝太郎と結ばれて欲しいけど、父親も不倫して母親も新しい男って感じで裏切られたと思っちゃうよね子どもらは

親の不倫の話なんて聞きたくない!
しかも思春期なのに聞かせるなんて嫌な父親だ!

娘めちゃくちゃいい子だよぉ。この年齢だと横領よりも浮気で家族を裏切った方が傷ついてるよ。

薄々感じていたけど、私小泉孝太郎好きだ。
グッドワイフで確信した。
最後勇気を出したのに、唐沢に告白したの切ない(泣)

もう~唐沢さん!怒
やっとの孝太郎のキュン告白、もってかないでよ~

孝太郎の「ずっと好きだった」からの唐沢さんの目ぇカッッと見開いたシーン何故か笑えたー!
ただの嫉妬じゃない気もするのだけど深読みしすぎかなぁ??
裏切り者は華丸弁護士かと思ったけど違うっぽいね
今回は裁判無しだったけど上手くいったと思ってたら一本取られてたって展開も捻りあって良かった
弱者は強いから弱者ハラスメントに言及した台詞も良かった
あー終わって欲しくない!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『グッドワイフ 第6話』あらすじやネタバレ、感想も!まとめ 

「グッドワイフ」第6話はいかがでしたか?

 

春風亭昇太さん演じる三栗谷がかなりの策士で、勝ったつもりが、負けていたのか?と最後に驚きの結末でした。

アメリカ版の原作にも同じように身体にハンディキャップを抱え、策士で手強い敵弁護士(マイケル・J・フォックス)が出てきて面白いのですが、日本版も負けず面白いですね♪

 

また最後に多田がやっと告白したと思ったのに、まさかの電話での告白…しかも電話の相手は壮一郎と面白すぎる展開です(笑)

 

 

次回は多田と壮一郎の直接対決!?

ゲスト俳優にはミュージシャンで俳優の浜野謙太さん、「劇団4ドル50セント」の安倍乙さんや田中要次さん、前野朋哉さんなどが出演予定なのでこちらも楽しみです。

次回もお楽しみに♪

ABOUT ME
ちゅらら
ちゅらら
はじめまして!ちゅららです!ドラマ大好き!! なかでも海外ドラマ、中国ドラマに夢中です☆☆ オススメドラマは「ブラックリスト」「花と将軍〜On My General〜」です!よろしくお願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA