初めて恋をした日に読む話

ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第5話』横浜流星は有段者?!あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月12日、よる10時 【初めて恋をした日に読む話 第5話】が放送されました。みなさんご覧になりましたか?

2月5日放送の第4話では、八雲雅志(永山絢斗)が春見順子(深田恭子)に告白するも、鈍感すぎる順子は気づきませんでした。

雅志の気持ちを知った由利匡平(横浜流星)は雅志に負けないように勉強、そして順子へ気持ちを少しずつ伝えようと頑張ります。

そして一真の自宅のテーブルには奥さんの署名が書かれた離婚届が置かれていました。

 

 

ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第4話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

初めて恋をした日に読む話 はじこい 第4話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第4話』順子がブルゾンちえみに?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『初めて恋をした日に読む話 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

初めて恋をした日に読む話 ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】初めて恋をした日に読む話2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『初めて恋をした日に読む話』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第5話』のあらすじ!

ドラマ『初めて恋をした日に読む話し 第5話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

2018年6月4日、寝ている山下一真(中村倫也)をガムテープでグルグル巻きにする春見順子(深田恭子)がいました。

一真は何でこんなことになってるんだと考えます。

 

遡って2018年4月19日、バーで幸せってなんなんだろうと話す順子に一真は言います。

「幸せが何かなんて幸せの時は考えないからな」と言い、「あの時はまだ気づいてなかった。1つしかない答えに」と心の中でつぶやきます。

 

それからしばらくしての2018年5月5日、一真は自宅に一人居ます。

テーブルには奥さんの署名がされた離婚届が置いてあり、それを仕舞おうと引出しを開けるとそこにはたくさんの離婚届が入っていました。

 

その後、2018年6月4日に戻ります。

グルグル巻きにした一真をベットから落とし引っ張る順子。

「落ち込んでるそこの俺。近い将来好きな女に簀巻きにされんぞ。そんでそん時、俺結構元気だぞ」

そう、心の中でつぶやいていました。

 

 

1ヶ月前。

インフルエンザから復活した順子は、イタズラで王子様キャラになった由利匡平(横浜流星)に告白されたと話します。

本当にゲームだと思ってるのかと、もんちゃん(真凛)が聞こうとするが松岡美和(安達祐実)に止められます。

匡平からの師弟愛を痛いほどに感じていると話す順子。

 

 

登校してきた匡平の様子を見ながら何かを考える一真。

手にはスマホが握られており、奥さんに送ったメッセージが表示されています。

「離婚届、今朝区役所に提出してきました」

 

 

問題が解けず落ち込む匡平は美和から合宿の時のお詫びにと貰った順子の写真を見ています。

それを一真に見つかり匡平は「写真を見ると元気が出る」と話します。

担任だからなんかあったら頼れと、差し入れを渡し図書室を出て行く一真。

 

 

現代文講師の順子は「現代文は暗記よりも過去問や模試を行うといい、試験の空気に慣れることが大事」と匡平と江藤美香(吉川愛)話し匡平に模試を受けるよう薦めます。

 

 

順子が自宅に来ることになり「流れがよくなりますように」とトイレ掃除をする八雲雅志(永山絢斗)。

玄関を開けると順子と一緒に匡平もいました。

匡平がいることに驚きながらも2人を招き入れる雅志。

 

順子は文系のため数学が弱く、理系科目でなんでも聞ける先輩が必要と雅志にお願いしにきたのでした。

「東大は効率と要領が良くて、応用力、思考力があるやつを取りたがっている。」と雅志は自分がやっていた勉強方法を匡平に教えます。

「ただ頑張るんじゃなくて、効率よく頑張れ」と雅志。

 

 

匡平が落ちた時のことを考えているのかと雅志に聞かれ「落ちない。落とさない。」と話す順子。

困ったことがあったら連絡しろと話す雅志ですが、順子は匡平の勉強に協力してくれると勘違いして喜びます。

雅志の勉強方法を聞き、夜の自宅学習をやめて朝学校で勉強すると匡平。

参考書を取るついでに順子を家まで送ると話す匡平は順子と共に家に向かいます。

 

家の前で春見しのぶ(壇ふみ)と遭遇し、匡平が東大を受験する塾生と知ったしのぶは順子に言います。

「現実逃避してないで自分の人生立て直しなさい」

「あなたが落ちたのに、あんな子が東大なんて受かるわけないじゃない」

その言葉に対して「あの子は私じゃない。あの子の挑戦なの。私の生徒を否定することは許さない」と順子。

 

 

受験に失敗した順子を叩いたことを思い出すしのぶ。

春見正(石丸謙二郎)に「どうしたらあの子にあんな顔をさせずに済んだのかしら。あの時の私の気持ちを味わうことなんかないのに」と話します。

 

お母さんはお前が傷つくのを見たくないんだと言う正に順子は、お母さんの気持ちは理解していると話します。

 

 

知らない番号からの電話に出ると匡平からでした。

わからないところでもあったと話す順子に「元気?」と聞く匡平。

 

「母親の前で初めてあんな大きな声出した」

「でも俺は嬉しかった。元気?」

「うん、いま元気になった。」おやすみと電話を切り、微笑む順子と匡平。

 

各教科の講師へ授業の協力を依頼する順子に、学力の差に匡平がショックを受けると話す勅使河原勉(高橋洋)。

頼み込む順子を見て、梅岡道真(生瀬勝久)も自分の力不足に気づくのも勉強だからと賛成します。

 

 

毎朝順子の家の前を通り登校し、授業の前には図書室で自習をする匡平。

匡平へ差し入れを持って来た一真は、匡平が順子の写真を毎日見ていることを知ります。

 

今まで解らなかった英語が理解できるようになったと喜ぶ匡平、その様子を見て微笑む梅岡に順子が声をかけると「いい顔してますね。遊園地にでも行ったような」と話し立ち去る梅岡。

 

電話で匡平の様子を聞く一真、楽しそうに話す順子の声に「遊園地でも行ったみたいな声だな。お前と話してると元気でるよ」と話し電話を切ります。

困ったことがあったら連絡くださいと奥さんにメッセージを送る一真に奥さんからは「お構いなく、むしろここ数年で一番元気」と返事が来ました。

 

 

模試当日いつも通り落ち着いて頑張れと匡平を送り出す順子ですが、

「匡平が東大を落ちたら自分が傷つくよりも辛い」

「合格させられなかった自分を許せなくなる、でも辞める気はない」と考えます。

 

模試の自己採点するもダメだと落ち込む匡平。

順子は落ち込んだ匡平の手を握り、切り替えよう息抜きも大事と話し「元気?」と聞きます。

「元気」と答える匡平。

 

E判定だとしても落ち込まなくていいと話す順子に匡平は「無理して笑わなくていい。他の先生じゃなくてよかった。」「東大合格して先生みたいな大人になりたい」と話します。

匡平が塾講師になりたいと勘違いした順子は、いろいろ考えなさいと言います。

順子に連絡しようとするが留まる一真。

コンビニで買物をしていると順子を見かけ、付き合って欲しいと頼み、飲みに誘います。

 

「なんだその転落人生っぷりは。学年トップの高嶺の花だったのに」と嘆く一真。

「学年最下位の元ヤンがうるさい」と話す順子に一真は「卒業認定と教員免許を取った頑張り屋さんだぞ。」と言います。

 

現代文が嫌いと話す一真に順子は「現代文は作者の意図・心情を理解できるかを見ている」と話します。

「だから俺はダメなんだな、全然理解できなかった。嫁さんの心情。」

「元ヤンの頑張り屋さんにバツイチって付け足しといて」と落ち込む一真の背中を撫でる順子。

 

理由もわからないまま離婚したと笑う一真に順子は言います。

「無理して笑わなくていいよ。元ヤンバツイチの頑張り屋さん」

 

酔っ払った順子を家まで送る一真。

歩けない順子をお姫様抱っこして部屋まで運びベットに寝かせます。

 

1人の生徒に入れ込みすぎるのもいい先生とは言えないと話す一真に順子言います。

「私いい先生じゃない。幸せな先生かも」

 

 

目が覚めると順子の目の前には一真が寝ており、一真に手が洋服に中に。

親に見られたらかすかに残った信頼も吹っ飛ぶと慌てた順子は、一真を毛布で包みガムテープでグルグル巻きにします。

目覚めた一真は笑いながら「人を死体みたいに運ぶな」と話します。

 

「こうして欲望に突っ走った結果、俺は今、朝っぱらから好きな女に簀巻きにされている。」と心でつぶやく一真。

 

一真を見送る順子は、昨日のことを覚えてないと話します。

泥酔しててできなかった、おっぱいを触ってたら朝になったと一真。

なんでと順子に聞かれ、「そこにぱいがあったから」と真顔で答える一真。

 

「気が強くて、でも隙だらけで。高校の頃俺が好きだった頃のまんまだ」と順子の頬に触れる一真。

そこへ匡平が通りかかり、順子と一真を見て驚き走り去って行きます。

追いかけ誤解を解こうとする順子を止める一真。

一真が言います。

 

「問題です。高3男子が毎日女性担当講師の写真を持ち歩いて勉強していました。この時の高3男子の心情を説明しなさい。」

「極めて信頼関係のある教師と生徒の関係。愛情とも解釈できるが本文においては師弟愛と呼ぶものである。」と順子。

 

「回答者の主観は要らない、作者の意図は一つだ。お前の家の前を通るために来た。俺も高校の頃そうだったからわかる。」

「笑っている顔が見られれば、声が聞こえればそれだけで元気でるんだよ。好きだから」

 

それが正解だとしたら、今までのこと、全部おばさんがまるで高校生を…と呟き順子は叫びます。

「じゃあ私、全部0点じゃん」

 

 

「ちくしょう」と悔しがる匡平。

悩みながらウロウロする順子、一真の姿は目に入りません。

「俺の回答は聞く気は無いのか、なんで現代文の先生やってんだ。このガリ勉鈍感女。」と思いながら一真は笑って歩いて行きます。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

初めて恋をした日に読む話 はじこい 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第6話』美和の運命の人?雅志の後輩西大井を演じているのは?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『初めて恋をした日に読む話 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

横浜流星は有段者?!

匡平のお風呂上がりのシーンの時、SNSは盛り上がってましたね。

匡平が順子に「元気?」と電話をしていたシーンなのですが。

腹筋がヤバい!!肩からかけてるタオルを取ってほしいとのコメントもありました(笑)

 

由利匡平を演じる横浜流星さん、実は極真空手の有段者なんです。

2011年中学3年生の時に、国際青少年空手道選手権大会で優勝したこともあるようです。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第5話』を見たみんなの感想は?

ハイスペなのに、ずんこのこととなるとポンコツまさし可愛い

毎朝順子の部屋見てから通学してるのか…可愛いのう

順子の心の中にはゆりゆりしかいないって事がよくわかった

最後10分間が怒涛のおもしろさだった 前回予告がナイスミスリードすぎる

医者だの弁護士だのの職業もののドラマもおもしろいけど、やっぱりこういうキュンキュン系ドラマが好き。

元気??の一言でこんなにドキドキできるの!?人って!!!!!!!

こんな倫也見たら母性本能が溢れるわwww

もう終わりーー やだやだーー
なんかキュンとするのにコントみたいに終わる感じにツボるwwww

だからさー 1クール3か月だけとかじゃ 全然足りないんです!
毎週のイケメン安定補給のために明日への活力キュンキュン補給のためにどうか1年放送しておくんなさいまし!

だれか分析してー!なぜ、このドラマはアラフォー独身を元気にするの?なぜー!? 『こんなこと現実にねーわ』とチベスナにならずに楽しく観れるのはなぜじゃー! 友達もみんな元気が出るってはまってるんだけどー! だれか分析してー!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話 第5話』横浜流星は有段者?!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか!

匡平は東大受験に向けて、いろいろな人に協力してもらいながら勉強を頑張っていましたね。

なんだかんだ言いながら協力してくれる雅志は優しいですよね。

 

そして奥さんと離婚した一真は、順子に対する気持ちに気づき欲望のままに行動し簀巻きにされていました(笑)

順子と一真が一緒にいるところを見た匡平はかなりショックを受けており、とても辛そうでしたね。

 

 

さて、来週のお話は

「春見がいい」「好きで好きで嫌いになりそうなくらい好きです」

「取られるつもりねぇから、引っ込んでろ。俺のだよ」

という匡平。

順子と一真が一緒にいるところを見てしまった匡平の気持ちは爆発しちゃうようです?!

 

そして、雅志に順子の部屋に泊まったこと を話した一真が雅志に殴られる?

順子と匡平、雅志、そして一真の関係がどのように展開していくのか次回も楽しみですね。

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...

 

ABOUT ME
shio
shio
みなさん初めまして、shioです。好きなドラマのジャンルは、医療・刑事・ミステリー・サスペンス系。コメディドラマも好きです!最近のイチオシは「アンナチュナル」です。