よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第1話』個性豊かなキャスト陣!!あらすじやネタバレ、感想も!

2019年1月21日(月)より、ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の放送が始まりました!

「働く」をテーマにしているテレビ東京のドラマBiz枠での放送です。

 

原作は読んでいませんが、銀行で働く主人公の女性が業績の悪い支店を立て直し、上り詰める様子を描いた作品で、

1993年~1997年にかけて「モーニング」で連載されていた人気マンガを実写化したドラマだということで面白そうです♪

 

*ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』のキャストやあらすじはこちらです。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! この女に賭けろ 真木よう子 あらすじ キャスト 放送開始
ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』のキャストは真木よう子!あらすじ・放送開始はいつ? 2019年の冬ドラマの情報がチラホラと解禁されてきていますね。 というワケで今回の記事ではその中でもドラマ『よつば銀行 原島浩美が...

ネタバレまとめはコチラから↓

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! この女に賭けろ ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~2019年、テレビ東京の冬ドラマであるドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第1話』のあらすじ!

よつば銀行の頭取・鳩山英雄(古谷一行)は女性行員の積極的な登用を推進する『輝く女性プロジェクト』を発表。

業績不振の台東支店・営業課長に大抜擢された原島浩美(真木よう子)もその一環だ。

だがこの抜擢には頭取の座を虎視眈々と狙う副頭取・島津雅彦(柳葉敏郎)のあるもくろみが…。

一方女性が課長に着任したことに対し営業課の反応は冷ややかで、特に次期課長と目されていた加東亜希彦(丸山隆平)は冷たい視線を送る。

公式サイトから引用

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

女性役員がゼロのよつば銀行。

頭取の鳩山英雄(古谷一行)は、2期目の頭取就任を狙い、女性行員を積極的に管理職に登用する『輝く女性プロジェクト』の推進を宣言した。

 

一方、副頭取の島津雅彦(柳葉敏郎)は、起用された女性が問題を起こすことを期待する。

鳩山に責任を迫る形で退陣させ、自らが頭取の座につくことを狙っているのだ。

 

開店前のよつば銀行台東支店では、副支店長・奈良(三宅博)が行員にげきを飛ばしている。

そんなピリピリとした空気の中、配属初日の営業課長・原島浩美(真木よう子)は遅刻をするが、悠々とした態度で焦りを見せない。

支店長・山田太平(寺脇康文)は、今期融資額目標30億円・収益目標2億円の達成を支店目標に掲げた。

浩美は、支店業績の回復を目指すべく、法人営業を強化する目的で配属されたというが、ここ数年は配属された支店で事務作業ばかりで営業力があるとは思えない。

「実力もないのに女性というだけで特別扱いされるなんて・・・」と浩美に対する男性行員の風当りは強い。

 

支店メンバーは各々営業に出かけていく。

浩美は勉強のため、支店営業成績トップの加東亜希彦(丸山隆平)の営業に同行することになった。

向かった先は老舗の食品問屋・紳話商事。

法人所得が区内屈指の会社で、加東が何度も通っているが既に取引している銀行があるから通っても無駄だ、とあしらわれ続けている。

紳話商事を出た浩美は、偶然帰社した社長の神谷房弘(山田明郷)に挨拶し声をかける。

 

「青磁の壺と西洋画が一緒に飾られているが随分趣が違う」と伝えると、神谷は気分を害し去ってしまう。

社長・房弘に同行していた息子で副社長の隆彦(平岡祐太)は、「口が裂けても言えないが同感だ。美術品に興味があるならお見せするので連絡ください。」と浩美に言う。

 

台東支店には、日報とは別に仕入れた営業先の情報を自分ノートにまとめるというルールがある。

参考のために見たいという浩美だが、書いた内容はそれぞれの努力の結晶なので見せるものではないと断られてしまう。

 

着任1週間後に開かれた営業会議で、浩美は重点新規開拓先として本社から指定された5社のうち、紳和商事を担当することになった。

加東が2年通っても獲れなかった紳和商事だが、2ヶ月で獲ると宣言する。

失敗したら支店の周りを逆立ちで一週するが、達成したらお願いをきいてほしいという浩美。

支店長・山田は、「加東の営業ノートを渡すので1ヶ月で獲れ」と指示を出す。

 

紳和商事は、後継問題を抱えていた。

息子の隆彦を社長に据えたいが、実力不足を補うためフーピングループとM&Aを進めるという。

自身を外し、実力者の専務を社長に据えてはどうかと提案する隆彦に対し、「そんなみっともない真似はできない!」と社長であり父親である房弘は一蹴する。

 

浩美は神谷家の美術品を見せてもらうことになったが力を貸してほしい、と加東に同行を頼む。

神谷家に代々伝わる美術品を見ていたが、やはり統一感がなくチグハグである。

話が盛り上がる隆彦と浩美だが、夫の意向を尊重する隆彦の母・神谷尚江(萩尾みどり)によって帰らされてしまう。

週末、浩美は隆彦と美術展に行くことになった。

浩美が隆彦に、コレクションに統一感がないと伝えたことを発端に会話が膨らむ。

大学院で美術史を専攻し、将来は美術館の学芸員になりたかったが、父親に呼び戻され今に至る。

美術品のことなら父親に負けないが、経営の才能はない。

「M&Aせずに専務の小島勇平(樋渡真司)が社長になればいいのに。」

父もそれがわかっているはずだが・・・隆彦は苦しい胸のうちを浩美に打ち明ける。

神谷社長と隆彦、両方にとって良い方法はないものかと浩美は考えをめぐらす。

 

 

浩美は、会社の前で隆彦の母・尚江に呼び止められ、息子と交際して欲しいと迫られる。

隆彦は以前父の反対で破談になって以来ずっと独身で心配しているが、浩美と嬉しそうに話す息子を見て可能性を感じたという。

 

「仕事が第一なので隆彦と交際することはできないが、隆彦の良い生き方にとってなら協力できるかもしれない。」

そう伝え、尚江の協力を得て社長・神谷に提案の場を設けてもらうことに成功した。

 

 

浩美は社長・神谷に会い2つの提案をする。

 

(1)神谷家の美術資産を分離し美術館を作る。

そこの館長を隆彦にする。

そうすることで節税対策になる。

 

(2)隆彦は神谷家当主として美術品を受け継ぎ、小島専務が社長になり会社を伸ばすことに専念する。

M&Aを選択せずとも、紳和商事はその地力があると浩美はいう。

 

神谷社長は、前向きな提案に感謝するといいながらも、身内を裏切るような真似をする者の提案は受け入れられないという。

副頭取・島津陣営の入れ知恵で、浩美がかつて内部告発未遂をした過去を知っていたのだ。

浩美の提案は拒否される形で終わった。

台東支店では、浩美の過去に関する噂でもちきりだが、事実だからと浩美は気にしない様子である。

自身の上司の偽装請負を把握し、銀行の名誉を守るためにも公にすべきだと告発しようとしたが、体裁を気にする島津(柳葉敏郎)に土下座して頼まれ、やむなく降格人事で手を打っていたのだ。

今後も問題をほじくり返しかねない、と危惧した島津の意向で浩美は出向にまわされていた。

 

日本食を販売するだけでは、大幅な業績アップは見込めないのではないか・・・

違和感を感じた浩美は、フーピングループの業績を調べるが、違和感の正体が何なのかはわからない。

そして迎えた調印式当日。

 

浩美は、紳和商事本社の住所でホテル建設は可能か問い合わせがあったことを突きとめていた。

合併して土地を安く手に入れて、本社のある場所にホテルを建設するのがフーピングループの狙いだったのだ。

M&Aは調印直前で中止となった。

 

「恐れながら申し上げます。社長は、隆彦さんが不向きだとわかりながら専務の小島さんを社長に据える決断ができないのはなぜですか。」

「それは小島さんがご自身のお子さんではないからでは?会社は家族と言いつつ、本心ではそう思っていないのでは?」

「社員は家族だというなら、会社にとって一番よい決断をすべきではないでしょうか。」

 

美術品がそれぞれが素晴らしいものなのに無理やり並べることで良さを打ち消しあっているとも伝えた。

社長室の絵は、購入したものの中で一番豪華だから飾ったものの、世間からの見方ばかり気にして調和を気にしていなかったと社長は認めた。

 

 

紳和商事新社長には小島が就任、隆彦は美術館の館長となった。

神話商事・美術館ともに、メインバンクはよつば銀行に任されることになった。

 

台東支店の窓口には隆彦の母・尚江が訪れていた。

「神谷隆彦をどうぞよろしく。」と伝言を残し、口座を開設し大金を預けて去っていった。

 

「よくも悪くも人を巻き込む力がありそうだ。」加東は支店長に報告する。

無事ノルマを達成した浩美は、各自のノートを公開しあうことを要望する。

支店の業績アップに大切なことは、個人間で競うことではなく、あらゆる情報を共有して助け合うことだという。

 

浩美が紳和商事との取引開始に成功したという報告を受け、悔しがる島津。

 

「何としてもあの女の足を引っ張れ!」

そう指示を出す場面で第1話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! この女に賭けろ 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第2話』「恐れながら申し上げます」に称賛の声!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の冬ドラマであるドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

個性豊かなキャスト陣!!

主演のキャスト陣が豪華!

出演者に名俳優と言われる方が多いばかりでなく、人気アイドルも出演するとうことで放送前から話題になっていましたね。

 

夜10時と遅い放送時間ですが、「関ジャニ∞」の丸山隆平乃木坂46の西野七瀬も出ているので、眠い目をこすりながら見た若者も多かったのではないでしょうか♪

 

オープニング曲はNEWSの「トップガン」、そして第3話ではNEWSの加藤シゲアキもゲスト出演するようなので、今後もネットでの反響が大きそうですね!

 

個人的には片桐はいりさんが今後良いアクセントになりそうだなと楽しみにしています。

(年齢がばれる~w)

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第1話』を見たみんなの感想は?

このマンガ大好きで全巻持ってて、ドラマ化してほしいなぁと思ってたんだ。
おっとりしてる原島が、どんどん活躍していくんだよね、ホント通快だよ。
ただ、この役のイメージは天海祐希だったの。
副頭取も面白いキャラクターなんだけど、まさかのぎばちゃんとは。
とりあえず、どうなるか楽しみにして観てる。

話し方のクセは気になったけどキャラクターと真木よう子の個性とあってて当たり役になりそう。

面白いじゃん!真木よう子の喋り方もその内慣れそう。ってか原作読んでみたい〜

男の敵ばかりの中でどう渡っていくのか
ストーリーもわかりやすくてテンポも良くて中々良かった
真木よう子のキャラも悪くないと思う
来週以降も楽しみ

なんか、あちゃちゃーって感じしたけどまあまあいい俳優さんが出てるし、見てみるか

結構これ面白いね
丸ちゃんの足の長さに驚いた!スーツかっこよい~♥

ギバちゃんは宝くじのCMを思い出す

はいりさん中国語上手いですね

片桐はいりいい味出しすぎ笑笑

はいりがメイド服

※人物画像はイメージです。

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 第1話』個性豊かなキャスト陣!!あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

おっとりしているように見えて実は敏腕!だなんて、たまらない展開でしたね!

最終的には全員ハッピーな終わり方で幸せな気持ちになりました。

 

原作が人気漫画だけに、開始直後は違和感があるという声が多かったようですが、後半になるにつれて肯定の声が増えたように感じます。

 

出演者のアイドルをきっかけに見始めた方も多いと思いますが、加藤役の「関ジャニ∞」の丸山隆平君はこう言います。

「このドラマはすべての働く人へのエールになると思います。」

「週の始まりの月曜の夜にこのドラマをご覧になって少しでも明日明後日、次の月曜日まで世間という戦場で戦ってみようという活力を補給できるドラマになればと思っています。」

「ぼくもこの厳しい世の中を生きる一人の人間です!一緒にこのドラマの登場人物とともに戦いながら泣いたり笑ったりの3か月間を過ごしてみませんか?」

 

若い人が、働くっていいなぁと希望を持ってもらえたらいいなぁと個人的には思いました!

 

来週は暴力団が絡むような予告がなされていましたが、浩美がどう解決していくのか楽しみです!!

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA