ハル~総合商社の女~

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』晴の一人息子・涼はオカッパ頭を卒業した寺田心くん!ネタバレや感想、第2話のあらすじも!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年10月21日(月)テレビ東京ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』がいよいよ放送開始となりましたが、みなさんご覧になりましたか?

働く人たちをテーマにしたテレビ東京独自の経済ドラマ枠『ドラマBiz』。

今回は、プロデューサーを務める栗原美和子さん(共同テレビ)の実体験から生まれたオリジナルの企画で、総合商社のリアルな“仕事”を伝えるドラマです。

栗原さんは『ピュア』『バージンロード』『ムコ殿』『人にやさしく』『美しき罠』、最近では『後妻業』など、数々の名ドラマを手がけた名プロデューサー。

栗原さんプロデュースのもと、中谷美紀さん・藤木直人さんの安定コンビがどう演じてくれるのか楽しみですね!

 

*ドラマの詳細はこちらから↓

ドラマBiz ハル~総合商社の女~ テレビ東京 テレ東 ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
ドラマBiz『ハル~総合商社の女~』の主演は中谷美紀!キャスト・SNS情報・無料視聴の方法まとめ!テレビ東京系の2019年秋クール ドラマBiz『ハル~総合商社の女~』のキャストやSNS情報、無料視聴する方法などについてまとめた記事です。...

*ドラマBiz『ハル~総合商社の女~』のネタバレまとめはこちらです↓

ドラマBiz ハル~総合商社の女~ テレビ東京 テレ東 ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
ドラマBiz『ハル~総合商社の女~』【ネタバレ まとめ】2019年、テレビ東京系の秋クール ドラマ24『ハル~総合商社の女~』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、テレビ東京系秋クールドラマ『ハル~総合商社の女~』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年10月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』のあらすじ!

 第1話

ラーメンからロケットまで多岐にわたる事業を手掛ける大規模な総合商社・五木商事に引き抜かれたアメリカ帰りの海原晴(中谷美紀)。異例の抜擢で経営企画部部長補佐に就任。

そんな晴の前に現れた部長・和田寿史(藤木直人)は久しぶりの再会になる元夫だった…。

そんな中、晴が初めて参加した会議では、売り上げが低下しているラーメンチェーン店「麺一」の撤退が議題に…。

副社長・高山雄一郎(奥田瑛二)の意向に従って経営企画部の藤尾(山中崇)や矢野(渡辺邦斗)ら多くのメンバーが賛同するが、晴はそんな保守的な空気をぶち壊す驚きの提案をする!

晴はさっそく直接の担当者である田村(田口浩正)に相談するが、ラーメン事業にはまったく愛情がない様子…。

しかも、いきなり撤退の方針を聞いた「麺一」の 店主・松岡(田中要次)たちが晴に怒りをぶつける。

晴はどんな方法でピンチを切り抜けていくのか!?

公式サイトから引用

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

主人公・海原晴(中谷美紀)は息子・涼(寺田心)と空港に到着。

多岐にわたる事業を手がける大手総合商社・五木商事に引き抜かれ、アメリカから帰国したのだ。
久しぶりの日本での食事に、二人が選んだのはラーメンと餃子だった。
 
ビールを片手に舌鼓をうつ晴だが、涼は美味しくないと訴える。
 
「この値段なら妥当では?神経質すぎるよ~」
 
涼に反論しながらも楽しそうな晴だった。

晴(中谷美紀)が働くことになった五木商事は、正社員5千人・グループ企業800社、全体で7万人を抱える大手の総合商社だ。

出向や海外勤務は日常茶飯事の世界とはいえ、人事異動の時期はざわめく。

晴(中谷美紀)は外部からの中途採用でいきなり部長補佐に就任した異色の存在だ。

 
 
 
初出社の日を迎え、晴はいきなり副社長室に呼ばれた。
 
副社長・高山雄一郎(奥田瑛二)。
 
高山は副社長でもあるが、晴が所属する経営企画部本部の本部長でもある。
 
皆が突然の晴の大抜擢に首をひねるが、高山もなぜ晴が抜擢されたのかがわからず探りを入れる。
 
晴には、新入社員として五木商事に入社した過去があった。
 
高山は、当時今の社長と繋がりがあったのかと晴に尋ねるが、晴はすぐに系列会社に出向したため、社長との接点はない。
 
「副社長である前に直属の上司でもあるから、遠慮せずに相談するように。
 
そう声をかける高山に、出戻りは色眼鏡で見られることもあるので伏せてほしいとお願いする晴であった。
 
そこへ、経営企画部の社員・青柳悠馬(白洲迅)がやってきた。
 
急な来客があり、晴(中谷美紀)を早急に呼ぶようにという部長からの使いだった。
晴と青柳は互いに自己紹介し合い、社内を案内してもらいながら経営企画部に戻る。

食料・流通・金融・ロケット・・・ありとあらゆるビジネスを取り扱う大企業

活発な雰囲気を感じながら経営企画本部に到着する。

経営企画本部は、商社内の様々な部署が抱える問題を、経営やリーガルの視点でアシストする精鋭部署だ。

現場とは完全に切り離されており、どこか暗い雰囲気が漂っている。

晴(中谷美紀)は皆に明るく挨拶するが、誰も返事を返さない。

唖然とする晴に、部長の和田(藤木直人)が声をかける。

和田の提案で、自己紹介をしながら新しい案件のミーティングをすることになった。

 

五木商事はラーメンチェーンをフランチャイズ形式で経営しているが、ライバル社の出店により4年前から苦戦を強いられている。

今後予想される赤字幅より、各店舗に支払われる解約金の方が少なくて済むのではないかという意見が上層部から上がっている。

だが今ある資料だけでは説得力に欠けるため、データ収集と事業改善計画の立案をするというのが今回の仕事だ。

 
 
絶望的な数字だが、晴(中谷美紀)はどこか嬉しそうだ。
 
部員の大半が撤退が妥当だと発言する中、晴は異議を述べる。
 
「利益はもちろん重要だが、数字の羅列だけではちっとも楽しくない。」
 
「肌で感じて、自分の頭と手足をフル稼働させて仕事しよう。」
 
「あたってくだけた石のひと粒が大きなチャンスをもたらすかも!!」
 
晴の発言に皆面くらい、具体案を示せと反論するが、これから探すのだと晴は引かない。
 
上が撤退の方向で考えている中、下手をうったら部の評価が下がる・・・と皆及び腰だ。
 
双方引かない中、部長・和田(藤木直人)は晴に事業継続の資料作りを命じ、青柳(白洲迅)はフォローにつくよう指示を出した。
 
他のメンバーは撤退した場合のメリットデメリットの洗い出しを行うこととなり会議は終了した。
 
晴(中谷美紀)と青柳(白洲迅)は一緒にランチをとる。
 
社内の派閥・断重視社会・自部署利益優先の社風・・・
 
青柳から会社の現状を聞き、馬鹿らしいと呆れる晴だった。

ランチを終えた2人は、ラーメンチェーンを手がけるリテールビジネス部に行く。

 
責任者・田村(田口 浩正)にチェーン店・麺一の歴史を聞きたいと声をかけるが、撤退が決まっているからと面倒くさがられる。
 
麺一は、松岡氏(田中要次)が個人営業でブームを起こした店を発端にフランチャイズ化したチェーン店である。
 
オーナー達に意見を聞きたいので連絡をとってほしいと頼むが、面倒ことになったらどうするのかと及び腰だが、晴が強引に押し切った。
 
 
 
「いきなり契約解除とはどういうことだ?」
 
「こんな解約金で新しい商売なんかできるはずがない!」
 
「昨日今日来た女の担当をつけた時点で見切ってるんじゃないか?」
 
集まったオーナー達から罵声を浴びせられるが、晴はひるまない。
 
「自分たちの危機なのに親会社におんぶにだっこでよくオーナーだと言えますね。」
 
「今大事なのは、皆さんがラーメンで勝負したいかどうかでしょう!」
 
今までのラーメンを捨てて新しいラーメンを作ろうと必死で呼びかける晴だが、オーナー達は背を向けて帰ってしまった。
 
撤退に向かっているのにオーナーをあおってどうするのかと田村(田口 浩正)は呆れる。
 
「ラーメンを担当して長いんでしょう?ラーメンに愛があるでしょう?一緒に頑張りましょう!」
 
晴は声をかけるが、ラーメンは大っ嫌いだと言い残し田村も帰っていった。
 
絶望的な状況にも見えるが、なぜか青柳(白洲迅)はキラキラした目でやりとりを見つめていた。
 
 
副社長・高山(奥田瑛二)は、パリに駐在していた頃一緒に働いた繋がりがある田村(田口 浩正)を副社長室呼び出す。
 
「元の部署に戻りたいんだって?人事に話してあげよう。」
 
「わかってるな?何としても撤退に持ち込め。」
 
数日がたち、松岡(田中要次)が晴(中谷美紀)のもとを訪れた。
 
今までのラーメンを捨て、新しいラーメンを作る覚悟をしたという。
 
売り上げが少し落ちた4年前、田村はオーナー達にコストダウンを指示した。
 
その時に味が変わったことが契機となり、現在に至っている。
納得していなかったと一旦は蒸し返す松岡だが、過去のことを言ってもしょうがないと切り替え、新しいラーメン作りに取り組むことになった。
 
「オーナーさん達が信じるのは自由だが、粛々と作業をすすめていきます。」
 
そう言って田村は去っていった。
 
社内の立場は大丈夫なのかと松岡は心配するが、どこでも生きていける自信があると晴はどこ拭く風だ。
 
 
 
部長・和田(藤木直人)は高山(奥田瑛二)に呼びだされ、晴を動き回らせるなと釘を刺される。
 
社長のヘッドハンティングなので無下にするわけにはいかず困っていると和田は説明する。
 
確実に失敗させるために、到底無理な期限を設定すればいいだけのこと。
 
今月末日までに新しいラーメンが完成しなければ、すぐに完全撤退だと高山は指示を出す。
 
 
 
帰宅後、晴(中谷美紀)息子・涼(寺田心)と夕食をとっていると、松岡(田中要次)から電話がはいる。
 
昔食べた最高の麺を思い出したという。
 
あの小麦粉を使えば日本一のラーメンが完成できるが、今は生産されていない品種なので同じ原料だった小麦を探して欲しいと晴に頼む。
 
アメリカにいた頃のネットワークを駆使し、晴はウクライナ産の「ウメル」という小麦を突き止めた。
 
価格も手ごろだ。
 
 
 
翌朝、朝一で穀物部に行くが、上から協力するなと言われていることもあってあしらわれる。
 
そもそも「ウメル」は原料に許可されていない農薬が使われていて輸入できないし運べるかもわからない。
 
様々な理由で断ろうとする担当者だが、ウクライナでも規制がかかり農薬は使われていないことを指摘され何も言えない。
 
晴は小麦の運搬を手配すべくそのまま運輸本部に向かったが無理だと即座に断られる。
 
過密スケジュールで動いている中、いきなり来て3日以内に運べと言われても無理なので、最低でも1ヶ月前に言うようにと言い捨て、梶原部長(小松 利昌)は行ってしまった。
 
自部署に戻った晴は、麺の責任者・田村(田口 浩正)と運輸部の梶原が同期だという情報を入手した。
 
同期のよしみで梶原に頼んでほしいと田村に協力をお願いするが、即座に断られる。
 
田村と梶原は、同期で昔は仲が良かったが、出世争いが原因で仲がこじれてしまっていたのだ。
 
同期同志、互いに夢と情熱に溢れていたが、田村ははじめてついた上司との折り合いが合わず失敗。
 
梶原は部長に就任し、自身は1年間は現場だとラーメン屋の店員になった。
 
組織の末端で脂まみれになるみじめさはわからないだろう?と声を荒げる田村だが、晴も同じ経験をしていた。
 
 
晴は、五木商事に新入社員として入社した過去を田村に明かす。
 
すぐに系列会社に配属され、ベトナムの田舎の工場の管理の仕事についた。
 
夢をいだいて入ったのに何故?と惨めな気持ちになったが、現地の人の笑顔に救われた。
 
五木商事の仕事が、彼女たちを笑顔にすることができていることが嬉しかった。
 
多くの気付きを得たが、色々あって、本社に行くことなく五木商事をやめた。
 
「女はいいよな。男はそうはいかない。」
 
どこまでも卑屈な田村。
 
今も寝る間も惜しんで松岡がラーメンを作ってる。
 
他のオーナーも松岡を信じている。
 
麺一復活のために、目の前の売り上げを少しでものばそうと頑張ってくれている。
五木商事が諦めるわけにはいかない。
 
晴は頭を下げるが、
 
「勝手にすればいい。こっちを巻き込むな。」
 
田村は去っていった。
 
 
 
田村は会社帰りに馴染みの店で1人飲んでいる。
 
そこへ、あとから入ってきた和田(藤木直人)が挨拶し、一緒に飲みはじめた。
 
和田が注文したモツ煮込が出てきたが、苦手な唐辛子がかかっていた。
 
それを見た和田は、入社当時辛いものが苦手なことを先輩に知られ、かけられまくった思い出話をする。
 
そして話題は新人研修で行かされたのはコンビニの話になった。
最初は卑屈になったが、やってくうちにフランチャイズオーナーの大変さがわかり、お客さんのありがとうが嬉しくなり・・・
 
最後の日は泣きそうになった。
 
それを聞いて田村はラーメン店での最終日を思い出す。
 
「会社が倒産して路頭に迷いかけていたところを五木商事に救われた。」
 
頑張って恩返ししていくというオーナーの言葉に胸があつくなったことを思い出した。
 
 
 
そして20年前、梶原と飲んだ日のことを思い出す。
 
それぞれ海外出向が決まった日の祝杯。
 
「俺たちの時代の五木商事を作っていこう!」
 
「世界を幸せにするようなでっかい仕事をやっていこう!」
 
 
和田は田村に、晴が作った新生麺一の事業改善計画書を差し出す。
 
和田が晴の上司だということに気付き驚きながらも、田村はゆっくりとページをめくる。
 
 
 
諦めきれない晴は、翌日再び梶原のもとを訪れる。
 
事業計画を差し出し、大きなチャンスを逃したくないから資料を見て一考してもらえないかと頭を下げる。
 
「その必要はない。仕事の邪魔だ、行きなさい。」
 
梶原は取り合ってくれない。
 
「確かにこの数字は見る必要のないものです。修正したものをお持ちしました。」
 
そこへ田村が現れ、晴も梶原も驚く。
 
梶原は晴を遠ざける。
(お前、これやっちゃまずいってわかっているだろう。副社長からストップがかかっているんだ。)
(必要なんだ。五木商事には、今どうしてもクメルが必要なんです。どうか・・・お願いします。)
(五木商事はときたか。お前、もう空輸部には戻れないぞ?)
(あぁ・・・)
(まぁ、同期にそこまでされたらしょうがないか。)
ひそひそ声で話していた2人だが、顔を上げる。
「懐かしいな。お前昔と同じ顔してる。」
「ラーメン、前よりうまくなるんだろうな?だったら至急書類よこせ。」
無事クメルが到着し、ラーメンが完成する。

新装開店の日、田村も松岡の店を手伝う。

晴も息子と一緒に食べに来店する。
麺一の継続が決まり、副社長・高山は憤慨する。
売り上げが目標に達しない時は、今度こそ撤退だと憤るが、売り上はげ倍増。
改造した味の評判が凄く良く、売上目標をはるかに上回り今後も充分に期待ができる。
 

和田は晴を労う。

「さすが俺が引っ張ってきただけのことあるな。」
社長の引き抜きだと思っていたが、社長に晴を引っ張るよう声をかけた張本人は和田だった。
旧態依然としたこの会社に風穴を開け、体質を変えてほしいと晴に期待をかける。

帰宅後、晴は仕事の成功を息子・涼(寺島心)と祝う。

和田は、晴の元夫であり、涼の父親だった。
父親のことをはじめて聞き、涼は興味を示す。
ここで1話が終わる。
 
 
 
 
 
 

ネタバレの続きはコチラから↓

https://dramania.club/haru-02/
 
 

晴の一人息子・涼はオカッパ頭を卒業した寺田心くん!

中谷美紀さん演じる晴の一人息子、涼。

アメリカ育ちの10歳という設定でしたが、英語が流暢なだけでなく、日本語の中に自然に英語が入ってバイリンガルの演技が上手でしたね!

この子誰?と気になっていましたが、3歳から活躍する有名子役・寺田心(てらだ こころ)くんだったんですね!

https://twitter.com/misaverte/status/1186490069814657025?s=20

https://twitter.com/meatball77get/status/1186512610461507584?s=20

そう、寺田心くんと言えばこのオカッパ頭!

心くん=オカッパ頭のイメージが強くて、涼が心くんだと気がつかなかった!という声が多くあがっていました♪

心くんがオカッパ頭を卒業したら、オカッパ界は上杉みちくん(ロバート秋山)の独壇場に・・・(笑)。

 

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』を見たみんなの感想は?

待ってた!
中谷美紀こういうキャラ多い。

わたしもこの枠すきです。
まぁ、水戸黄門か!ってくらいワンパターンなのかもしれないけどいろんな仕事の話が観れて楽しい。
最初の江口洋介のからみてるけど、今回はカッコいい女性でうれしい。

この枠、派手さはないけど丁寧なドラマ作るよね
若い子向けじゃないからそこまで話題にならないけど
でも、ジーンとくるような話もあるし

中谷美紀さんと藤木直人さんのドラマ
私、結婚できないんじゃなくて、しないんです…も大好きでした。

テレビ東京、もともとWBSで商社とタッグ組んでるからビジネスものは強いよね

流暢な英語〜
中谷美紀、語学すごいね

ハルのファッションいいね~
カッコいい

なんかこの会社変わっていく予感

今回のかなり面白そうだね。毎回この枠は1話か2話目で脱落するんだけど、これは期待できそう

これからも基本は1話完結で行くのかな?
テンポも良いし、小気味良いドラマ
次週も楽しみ!

※人物画像はイメージです。

https://twitter.com/h_birz/status/1186629342907908102?s=20

https://twitter.com/hazzyhazzy1234/status/1186593965144805376?s=20

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第1話』晴の一人息子・涼はオカッパ頭を卒業した寺田心くん!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

皆さんいかがでしたか?

地方でゆるゆると働く私からすると、大企業でバリバリ働くリアルが垣間見えて「ひぃ~っ!!」となるシーンが多々ありました。

あんなことされたら心が折れる・・・。

でもだからこそ、しっかり芯を持ってきちんと言うべきことを言い、その分率先して行動を起こす晴が凄いなぁと思いました。

行動を起こすだけじゃなく、結果を残すのもアッパレ!!

さて、今回のラーメンからガラリと変わり、来週は医療ビジネスがテーマだそうです。

会社に変革を起こすことを期待された晴が、どんな風を起こすのか来週も楽しみですね。

元夫だと判明した上司・和田(藤木直人)との過去も気になりますが、今後そこも注目して見守っていきましょう♪

ドラマBiz『ハル~総合商社の女~ 第2話』のあらすじ

第2話 10月28日(月)放送

五木商事・経営企画部の部長補佐に着任早々、ラーメンチェーン店の立て直しに成功した海原晴(中谷美紀)。

経営企画部の新たなミッションは、シンガポールのロングベイ病院グループ買収プロジェクトの精査だった。

これは、シンガポール支社の櫻井保(桐山漣)が提出した買収案である。

しかし、数百億円をかけた大事業であり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は難色を示す。

藤尾勝之(山中崇)ら、他の部員もリスクが大きいと眉をひそめるが、ひとり張り切る晴は部長の和田寿史(藤木直人)に早速、シンガポールへの出張を申し出る。

早速晴は櫻井に「決定打が足りない」と意見すると、櫻井は外国からの患者を招いて医療サービスを提供する“メディカルツーリズム”を提案し、晴は目を輝かす。

晴の報告を聞いた和田は、プロジェクを成功に導くためには日本の医療ビジネスとの連携が必要だと判断し、全国で多数の医療施設を経営する実力者である医療法人「新隆会」の会長・小笠原隆一(寺田農)を紹介する。

早速、晴は小笠原にアポを取ろうとするが、小笠原の秘書・熊澤巧(小林隆)に「新しい方とは一切会わない」の一点張りで面会すら許してもらえない。

果たして、晴は持ち前の“人たらし術”を駆使して小笠原を口説くことができるのか!?

公式サイトより引用

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA