いだてん~東京オリムピック噺~

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』髭と肋木と天狗倶楽部!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年1月6日!

ついにNHK冬ドラマの『いだてん~東京オリムピック噺~』の放送がスタートしました♪

第1話はご覧になりましたか?

 

2020年の東京オリンピックを目の前にして、宮藤官九郎さんが脚本のオリンピックドラマです。

戦国時代や幕末の作品が多い大河ドラマの中でも『いだてん~東京オリムピック噺~』は近現代にフォーカスを当てた、めずらしいといえばめずらしい作品です。

ちなみになんですが『いだてん~東京オリムピック噺~』は史実を基にしたフィクションなんだそうで、事実に基づくノンフィクションではないようです。

 

 

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のキャストやネットの反応などのくわしい情報はこちらです。

いだてん 東京オリムピック噺 中村勘九郎 阿部サダヲ 役所広司 綾瀬はるか あらすじ キャスト 放送開始
ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のキャストは中村勘九郎!阿部サダヲ!役所広司!綾瀬はるか!あらすじ・放送開始はいつ? 東京オリンピックが近づいてきてますね☆☆ 東京オリンピックが始まる前にこちらのドラマを見てもっとオリンピックについて詳しくなりまし...

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』のあらすじ!

1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。スポーツという言葉すら知られていない時代。初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。

公式サイトより引用

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます※

時は昭和34年(1959年)、東京日本橋。

落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)は
娘・美津子(小泉今日子)と一緒に乗る
タクシーの中でうとうとしています。

高速道路建設で渋滞している中、
そのタクシーのそばを足袋で走る
若者を見た志ん生は、

「富久(とみきゅう)みたいだな」
と落語の演目を思い出しています。

そして、実際に志ん生は落語・富久
(火事が起きて、浅草から芝を走り回る、たいこ持ちの噺)を
お客さんの前で披露するのです。

東京都庁では田畑政治(阿部サダオ)と
東京都知事・東龍太郎(松重豊)、
JOC常任委員・岩田幸彰(松坂桃李)が集まっています。

オリンピック開催地選考会最終スピーチまで
残り2週間という大事な時に、

スピーチをするはずだった外務省の職員が
運動会でケガをしてしまったため
田畑は焦りいらだっているのです。

 

代役として平沢和重(星野源)が
ミュンヘンで行われている
オリンピック開催地選考会の
舞台に立つことになりました。

「オリンピックをアジアに
導くべきではないでしょうか」
と素晴らしいスピーチを行い、

見事1964年の
東京オリンピック招致が決定しました。

 

 

時は昭和35年(1960年)、
志ん生が落語をしています。

「日本人が初めてオリンピックに出たのは…」
と話す志ん生の声をさえぎり、

1人のお客さんが手をあげ
「マラソン」と答えました。

「私もオリンピックを少しかじっている」
と話す志ん生は、若かりし頃の話を始めます。

 

時は明治42年(1909年)に
さかのぼります。

嘉納治五郎(役所広司)は
車夫・清さん(峯田和伸)の人力車に乗り
フランス大使館へ向かいます。

※ここからは、のちの古今亭志ん生こと
美濃部孝蔵(森山未来)の案内役で
話が展開します。

 

柔道創始者で、
日本スポーツの父である嘉納は

フランス駐日大使・ジェラールに
日本のオリンピック参加への
協力をお願いします。

嘉納はオリンピックは
平和の祭典であるという説明を聞きます。

そして、
日本を動かす人=ライトマン(適任者)として
嘉納が選ばれたのでした。

ライトマンと言われ上機嫌の嘉納は
清さんに「君、オリンピックに出るか?」と
声をかけるのでした。

東京高等師範学校の校長でもある嘉納は、
助教授の可児徳(古館寛治)に楽しそうに
オリンピックの話をしていますが、

オリンピック参加のためには
費用の問題がありました。

各国は自費で
参加しなくてはならないからです。

 

教授・永井道明(杉本哲太)が文部省の派遣で
ちょうど第5回オリンピックの開催地である
スウェーデンに滞在していました。

そこで嘉納は永井にオリンピック参加について
意見を求めましたが、

日本人は欧米人に比べ
身体ができていないと反対されます。

永井は肋木にぶら下がり、
肋木を使ったスウェーデン体操について語ります。

 

また第4回ロンドンオリンピックでの
マラソン競技で

フラフラになりながらも走らされる
選手の姿を目の当たりにした永井は

「愉快な話ではない」
と悲観的に話します。

身体の小さな日本人が走れば
死人が出るとも…。

 

そこで、嘉納は小笠原文部大臣(晴海四方)や
日本体育会会長・加納久宜(辻萬長)に
掛け合ってみるも

「スポーツはくだらない」
と取りあってもらえません。

嘉納は、三島弥太郎(小澤征悦)邸に
来ています。

早稲田大学学長・大隈重信(平泉成)にも
「嘉納の意見に賛同する者は少ないだろう」
と言われてしまします。

嘉納は平和の祭典であるオリンピック精神に
共鳴する者がいないことを残念がります。

また、嘉納は銀行の副頭取である
弥太郎とも話をするが
「スポーツが嫌いだ」と言われてしまいます。

 

そこへ、弥太郎の弟・三島弥彦(生田斗真)が
野球をしながら乱入しました。

その後も天狗倶楽部(TNG)のメンバーが、
ぞくぞくと登場しビールを飲みながら
騒ぎ始めたのです。

 

スポーツを愛する若者で作られたという
天狗倶楽部にオリンピックの話をすると好意的でした。

また弥彦は100mを12秒で走るという逸材です。

テンションの上がった天狗倶楽部の若者たちは
一緒に盛り上がろうとお酒が飲めない嘉納に
胴上げを始めるのでした。

 

 

後日、弥太郎から
融資を断るという連絡がきました。

可児が嘉納に運動会の覇王という
弥彦の話をするも

スポーツの楽しみ方を
はき違えているとお怒りのようでした。

 

時期尚早だったと考えた嘉納は
正式にオリンピック参加の辞退を告げようと
フランス大使館を訪れました。

そこでフランス駐日大使は
今朝ストックホルムから届いたという、

2万2千人が収容できる
競技場の設計図を嘉納に見せました。

それから、オリンピックのポスターには
日の丸が描かれていました。

それらを見た嘉納は再び奮起し、
「お受けいたします」と
オリンピック参加の表明をするのでした。

昭和35年(1960年)、東京日暮里。

志ん生の自宅に五りん(神木隆之介)と
その彼女・知恵(川栄李奈)が訪ねてきます。

五りんは以前、
寄席で「マラソン」と答えたあの若者で、
弟子の志願をしに来たのでした。

五りんは死んだ母の遺品整理で
父が母に宛てたハガキを見つけたと言うのです。

そのハガキには
「志ん生の「富久」は絶品」
と書かれていたのでした。

 

 

場面は明治43年10月。

校長の嘉納は、校長室に勝手に
「大日本体育協会」を設立したのでした。

反対する加納、永井でしたが
嘉納はお構いなしです。

 

弥彦を呼んでいた嘉納は
「やってみないか」と声をかけると、
弥彦は乗り気です。

まだ反対する加納、永井に対し
「世界に通用する韋駄天はいる」
と嘉納は強く言います。

 

嘉納は天狗倶楽部のメンバーと
ビールを飲みながら

「予選会をしよう」
と提案したのに対し、弥彦が

「東京のオリンピックを目指しましょう」
と意気込んだのです。

そして、嘉納はオリンピック選考のための
大運動会を開催すると記者会見をしました。

競技には陸上短距離走、
そしてマラソンもあります。

25マイルを走るのは無理だと
反対する永井ですが、

嘉納は救護や伝令といった
準備をきちんとすること、

世界記録を更新する選手が現れなかった場合は
オリンピック出場を辞退ことを伝えました。

 

嘉納は日本初の400mトラックを
有するスタジアムの建設予定地である
羽田を視察します。

なんと建設費用は弥彦が兄の弥太郎に
掛け合ってくれるというのです。

 

そして、無事に大運動会当日を迎え、
マラソン競技には19名が参加しました。

そこには車夫の清さんの姿もありました。

持病のある嘉納はお酒の飲みすぎで
無理がたたって寝込んでおりましたが、
この運動会は見に来たのです。

 

雨が降り続ける中でのマラソンで、
伝令が次々に落伍者の情報を伝えに来ました。

「羽田の悲劇だ」と怒る永井の姿を見て、
嘉納はロンドンオリンピックを見た
永井の言葉を思い出すのでした…。

誰もが諦めていたその時、
頭が血まみれで走ってくる
金栗四三(中村勘九郎)の姿がありました。

血まみれだと思っていたのは頭は
雨で塗料が溶けていただけでした。

 

「彼こそが韋駄天だ」
と嘉納は喜びます。

そして、金栗は歓声の中、
世界記録でゴールをし、
嘉納の胸に倒れ込みました。

 

 

「嘉納はきっと言ったであろう」
と志ん生が話します。

「金栗くんこそ世界に通用する韋駄天だ。
いや、不可能を可能(嘉納)にする男だ」
と落ちをつけ志ん生の落語が終わります…。

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』は髭と肋木と天狗倶楽部!?

いやー、第1話にして展開の早いコト早いコト!

あまりの展開の早さに追い付いていくのがやっと(汗)

登場人物も多くて「今のダレだった!?」なんてことも。

 

しかし、登場人物の
髭率の高さには驚きました(笑)

明治時代ってやっぱり髭を生やすのが
ファッションの一部だったんでしょうか?

 

肋木(ろくぼく)とか出てきて
「懐かしい!小学校にあったなー」
なんてコトを思い出したりしていました

 

で、第1話で一番の問題(?)なのが、
三島家のパーティーに突然現れた
筋骨隆々の天狗倶楽部。

三島弥彦(生田斗真)、吉岡信敬(満島真之介)、
押川春浪(武井壮)らが演じる
天狗倶楽部のメンバーが
突然パーティーに乱入してきて、

大隈重信、嘉納治五郎を
目の前にしてバカ騒ぎ。

ノリが良すぎるというか
無礼が過ぎるというか・・

普通の人の感覚だったら
絶対にできないですよね。

実在する日本最初のスポーツ同好会というんだから・・
ぶっ飛んでますね(汗)

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』を見たみんなの感想は?

新しい感じの大河だね
朝ドラの男バージョン的な

ついに大河ドラマもこういった日本史にまで来たか。

クドカンすきだから一年みるよ! 
来年オリンピックだしね。

当時の映像が! 
斬新なオープニング!

髭好きにはありがたい

肋木懐かしいw 
小学校の体育館にあったw

スポーツの神髄は楽しさだよね

ここまで知らない俳優さんがいないってすごい 
キャスティング豪華だなー

オリンピックに対して 
こんなに反対意見があったとはね。 
知らなかった。

脱ぎたがり天狗倶楽部

※人物画像はイメージです。

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』髭と肋木と天狗倶楽部!あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~ 第1話』では
W主人公であるはずの中村勘九郎と
阿部サダヲがちょこっとしか登場しませんでした。

第1話は
「嘉納治五郎(役所広司)さんが主人公?」
と勘違いしてしまいそうになるぐらい
嘉納治五郎さんにフォーカスされていました。

 

第2話では主人公 金栗四三(中村勘九郎)さんに
フォーカスを当てて、
生い立ちなどに触れられるようです。

W主人公の一人の生い立ちなので、
全話を通してもとても重要な話数となりそうです^^

ABOUT ME
レオ
レオ
こんにちは!サイト運営者&編集長のレオと申します!ドラマニア倶楽部は「ドラマ好きのドラマ好きによるドラマ好きのためのサイト」です。訪れたついでにコメントを残して頂けたら嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA