家売るオンナの逆襲

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第3話』可愛すぎる女装男子たち!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年1月23日(水)よる10時から放送された、『家売るオンナの逆襲 第3話』はご覧になりましたか?

前話の終わり、なぜか万智の過去を知っているかのような留守堂の発言に、居合わせた全員が固まりましたが、やはり過去に何かあったようですね。

 

今回の第3話は、予告から女性同士のキスシーンがありびっくりしましたが、LGBTを大きなテーマとして取り上げた回です。

留守堂と足立の恋の行方も進展あり波乱ありで見逃せませんよ!

 

*ドラマ『家売るオンナの逆襲 第2話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

家売るオンナの逆襲 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『家売るオンナの逆襲 第2話』泉ピン子の名演技に共感の声が続出!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『家売るオンナの逆襲 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

家売るオンナの逆襲 ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】家売るオンナの逆襲2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『家売るオンナの逆襲』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第3話』のあらすじ!

家のないインターネットカフェの客に家を売るという奇想天外な発想で万智(北川景子)と通じ合い、その天才ぶりを披露した留守堂(松田翔太)。
さらに屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は、かつてホームレスをしていたことがある万智の過去をなぜか留守堂が知っていることに心を乱される。

そんな中、新宿営業所では現地販売ウィークを開催し、売りにくい3つの物件を分担して売ることに。
足立(千葉雄大)と布施(梶原善)は公道から奥まった場所にある竿についた旗のような形をした“旗竿地”の物件を担当するが、突然現れた万智が「この家はわたしが売ります!」と宣言!
万智にライバル心を燃やす足立に近づいた留守堂は「三軒家さんから何かされたら、僕に言ってね」と話す…。

公式サイトから引用

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第3話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

かつてホームレス生活を送っていた過去を持つ三軒家万智(北川景子)。

夫である矢代(仲村トオル)は留守堂がなぜその過去知っているのかが気になって仕方がないが、仕事に没頭し帰宅しないことも多い万智とゆっくり話す機会もなくモヤモヤだけが募る。

 

テイコー不動産新宿営業所では、なかなか売れない問題物件を3つ抱えていた。

その家を売るため、それぞれの物件に担当を割り振り販売強化を図ることになった。

 

1件目は「旗竿地」と呼ばれる地形に建つ家。

建て替えができないうえ日当たりも悪い家である。

足立(千葉雄大)と布施(梶原善)が担当することになり、現地見学会を開くも内見はおろか問い合わせもない。

留守堂とのたわいもないラインに顔をほころばせる足立の前に突然万智が現れ、「この家は私が売ります!!」と宣言、足立の顔が曇る。

 

万智が去って後、足立のもとに偶然通りがかったと留守堂が来る。

「三軒家さんにいじめられたら僕に言ってね」と言われ嬉しそうな足立であった。

 

 

2件目は、元力士が所有していた家。

全てにおいて規格外の作りで一般人へのウケは悪い。

宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥)が担当することになり、早速力士が見学に来て反応は良かったものの、元の持ち主がスキャンダルによって各界を去った力士だと知るとゲン(縁起)が悪い、と帰ってしまった。

 

3件目の家は画家がアトリエとして使用していた家。

早速内見希望があり、担当する庭野(工藤阿須加)と八戸(鈴木裕樹)が案内する。

内見にきたのは広告代理店に勤務するマッチョな男性。

身体を鍛えており、トレーニング機材を置くのにちょうど良いと反応は良い。

内見中ゲイだと告白され、あからさまに動揺して態度に出してしまう庭野に対し、無礼で無知で最低だと気分を害しながらも、この家は気に入ったと即決し、家が売れた。

 

 

それぞれが持ち場から戻り、LGBTの話題で盛り上がる新宿営業所。

そこへキャリアウーマンの木村真奈美(佐藤ひとみ)が、家族で住む家を探してほしいと訪れる。

高収入の夫・剛史(池田鉄洋)と私立中学に通う娘との三人家族。

夫の要望はあるかと尋ねると、家の選定は真奈美に一任されているという。

 

一方、足立は旗竿地の現地案内を布施に任せ、問い合わせのあった物件に担当客の真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)を案内していた。

二人はいとこ同士を装っていたが、レズビアンのカップルであった。

 

家を気に入った様子の二人に、決まりそうだと喜んでいた売主だが、風呂場でキスをする二人を目撃。

「亡くなった妻との思い出がつまったこの家を同性愛者になんか売らない!」と激怒し、話は決裂してしまう。

足立と共に営業所に戻ったカップル二人は口論になるが、足立はオロオロしてどうすることもできない。

そこへ万智が現れ、「私が家を売ります!」と宣言する。

 

続けて横取りされたことでイライラがマックスに達した足立は、留守堂に連絡する。

足立は留守堂とともに、智代の勤務先である帽子屋を訪れる。

智代に、留守道と足立がカップルだ勘違いされ足立は嬉しそう。

突然の万智の無礼を詫び、引き続き自分が担当して家を探すと伝える。

 

万智は庭野を伴い、真奈美の夫・剛史(池田鉄洋)の会社を訪れ、仕事が終わった夫のあとを尾行する。

剛史が入った家には女性ものの下着が干してあり、浮気相手の家だと焦る庭野。

万智は迷わず玄関の呼び鈴を鳴らすと、中から出てきたのは和服姿の女性・・・に扮した剛史であった。

剛史は自身がトランスジェンダーだと告げ、ここでは剛史ではなく京子と呼んでほしいという。

万智と庭野は剛史が作ったスイーツを食べながら話を聞く。

剛史は真奈美が家を買おうとしていることを知らなった。

 

「恐らく家を買うことで夫を引きとめ、家族の形を保ちたいという気持ちがあるのだろう。」そう伝える万智に対し、

「その気持ちはわかるし、自分にとっても家族は大切だが、自分が女だという気持ちは日に日に強くなるばかりで男物のスーツで過ごすのも苦痛。」

「家に帰っても責任感から強い父親を演じねばならず、仕事帰りにこの家で女性として過ごすことが唯一の癒し。この数時間が本当の自分として過ごせる唯一の時間だ。」
と苦しい胸のうちを明かす。

自分が女性として過ごせる家なら買ってもいいという。

 

 

癒しの時間を終え、自宅に戻った剛史は、真奈美に呼び止められる。

明らかに大きなサイズのストッキングが洗濯物に紛れており、娘への影響を懸念する真奈美は、「家にオンナを持ち込まないで!家では絶対にパパでいて!!」と要求するが、一生隠し通せることではないし苦しい・・・と苦悩を漏らす。

 

新宿営業所にそれぞれが持ち場から戻り、終業の時間を迎える。

矢代はまだまだ帰る気配のない万智との夕食を諦め、肩を落とし帰っていく。

そそくさと帰宅の準備をする男性社員4人を万智が呼び止め、全員のスリーサイズをはかるという。

何のためにそんなことをするのかと問われ「家を売るためです!」万智は力強く言い放った。

終業後、フェンシングで汗を流した足立は、留守堂と一緒に帰宅の途につく。

二人は下の名前で呼び合い、だいぶ距離が縮まった様子である。

サンチーは冷たい人間だという足立に対し、一瞬そうだろうかと考えながら「・・・そうかもね」意味深に笑う留守堂であった。

 

 

翌日、万智は木村夫妻を元力士の物件に案内する。

広い畳間があり、真由美が日本式のホームパーティを開くのに適している。

剛史の着物の収納スペースもあり、高さのある広い調理台は大柄な剛史が調理をするのに良い。

元力士の家であるこの物件は、真由美と剛史、それぞれのニーズを満たすぴったりの家であった。

各部屋の特徴を説明をするのは、なぜか女装した男性社員4人であった。

 

「夫を馬鹿にして、一体なんの真似なの!?あなたたちはこの人や私たち家族の苦しさをわかっていない!!」真由美は激怒する。

「私にはあなたたちの気持ちはわかりません。でもあなたたちはわかり合っている。夫と妻としては難しいかもしれないが、人間同士として助け合ってここで暮らすのが良いと思います。」そう告げる万智。

 

真由美は、自分だけなら人間同士としてわかり合えるが、問題は思春期を迎えた娘であるという。

剛史は、娘から否定されたら姿を消すほかないが、一度娘と腹を割って話してみたいというのが本音だという。

そこへ、娘が現れ困惑する木村夫妻だが、父親がトランスジェンダーであることには気づいていたと娘はいう。

「パパは自分の髪型の変化にすぐ気づいてくれる。クラスにもパパみたいな子はいるし、パパとママがいるのも、ママとママがいるのも、あまり変わらないよ。」

社会は多種多様を認める時代になってきており、娘はそんな社会を普通として生きていたのだ。

家族全員一致で、この家を買うことが決まった。

 

 

無事、元力士の家を売ることに成功した万智は、営業所への報告を庭野に任せ、残る旗竿地の家に向かった。

万智が到着すると、庭野がみどり・智代のレズビアンカップルを物件に案内していた。

なぜか留守堂も一緒である。

 

奥まった場所にあり、見送りの時も思う存分イチャイチャできる環境であり、奥ゆかしいみどりと情熱的な智代。

二人の希望を同時にかなえるベストな物件だと説明する足立に、「調子のいいことを言って!あなたなんかに私たちの気持ちの何がわかるの?」と智代は攻撃的である。

 

「人の気持ちなんてわかりあえるなんて当然。わかりあえるなんて傲慢だ。二人は互いに自分の意見を押し付けあっている。愛とは矛盾したものだ。どちらかが意見をまげてもいずれひずみが出る。この隠れ家でひっそり愛し合いたいというみどりの要望を満たし、外では智代が堂々と愛を表現し、両方の要望を満たすのはこの家だ。」

留守堂の話を聞いて、二人はこの家を購入することを決めた。

 

 

「旗竿地、僕が売りました!」足立は嬉々として矢代に報告する。

「三軒家さん、旗竿地、僕が売りました!!」一心不乱にパソコンに向かう万智に対してもしたり顔である。

 

その日の夜、足立は留守堂のおかげだとお礼を言う。

なぜ自分にこんなに親切にしてくれるのかと尋ねる足立に対し、「三軒家さんの気を引きたいから。僕、三軒家万智研究家だから。三軒家さんならどんな売り方をするのかがわかるんだ。」そう言い残し、留守堂は帰っていった。

 

ずっと売れなかった家が売れたことに気をよくした矢代は、皆を飲みに誘うが断られてしまう。

肩を落とす矢代に「課長は、わたしと二人きりで帰ればいいのです!!」と万智に言われ、目尻を下げて喜ぶ。

 

一緒に帰宅する二人。

矢代は、意を決してずっと気になっていた留守堂と万智との関係を尋ねるが、万智は「知りません!!」という。

ますます混乱する矢代であった。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

家売るオンナの逆襲 第4話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『家売るオンナの逆襲 第4話』目を覚ませ足立!!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『家売るオンナの逆襲 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

可愛すぎる女装男子たち!

ぎゃー!

かわいすぎるー!!

SNSが沸きに沸きました!!!

https://twitter.com/ieuru2016/status/1087911571739664384?s=20

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第3話』を見たみんなの感想は?

こういうイメージあるわ
同性愛はいいけど
人前でキスしないでほしい

あんまりLGBTの誤解を与えるような演出はちょっとな…。あんな人目もはばからずチュッチュせんわ。

なんかいろんなドラマでLGBTの話が題材にされて、正直ウザイ…

歳をとってから自分の性の違和感に気付く人は多いらしいよ
だから定年退職後にオカマになるおじさんはたくさんいるって

決めつけてるだけ
案外、娘授業で習ってるから大丈夫だと思う
パパはパパだし

みんなそこらの女子より可愛い!ふざけた女装ってよりかなり本気な女装だ。

ドレスとナース服逆でよかったんじゃね!ww
いや、婦長ぽいからあれで良かったのか

工藤阿須加めちゃくちゃ綺麗!!
やっぱりイケメンは美人

LGBTにとっては生きやすい時代に確実に近づいているよね
かなりの嫌悪感抱いているのは中年からお年寄りが多いし

トランスジェンダーを茶化すふりして奥さんを怒らせてお互いわかり合ってる事を自覚させるためかな

※人物画像はイメージです。

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第3話』可愛すぎる女装男子たち!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

 

はい、同感です!

LGBTという言葉はよく耳にしますが、言葉は知っていてもどう区別していいのかわからなかったので勉強になりましたね。

 

コメディタッチで話題性が大きいテーマを面白おかしく取り上げているかのように見えて、結果的に正しい認識を社会に根付かせたいというような愛を感じました。

やっぱりこのドラマ、テーマもキャラクターも好きだなぁ(^^)

 

レズカップル役で女性同士の衝撃的なキスシーンを熱演した沢井美優さん。

昔セーラームーンで共演していてプライベートでも仲良しらしいですね!

毎回出られるゲスト出演者も話題性があってそこも楽しみです♪

 

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA