家売るオンナの逆襲

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)』仲村トオル・舘ひろしの共演!家売るあぶない刑事?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年3月6日(水)夜10時から放送された、『家売るオンナの逆襲 第9話』はご覧になりましたか?

アラサーアラフォーには懐かしい女優さんのオンパレード!

タミちゃんと仲良しご近所さんの昭和っぽいご近所付き合い。

新宿営業所メンバー・辞めた白洲・バーのママこころちゃん、レギュラーキャスト全員の活躍がちりばめられた愛のある回で、楽しく観られました。

 

唯一の心配は留守堂でしたね。

イケメンに変わってもドジ助である中身は変わらず、ピュアなところが可愛らしくもある留守堂でしたが・・・

万智の近くにいるために整形までしたのに、勘違いと言われたショックはいかほどだったことでしょう。

 

純粋なだけに尚更ですね。

今回の10話はいよいよ最終回ですが、留守堂が万智への執着から解き放たれ、留守堂自身の幸せを見つけてほしいなぁ。

 

すっかり登場人物に愛着が沸き、お母さん目線で最終回を見届けます(^^)

さあ、DAIGOと一緒に、最終回GO!!

 

 

*ドラマ『家売るオンナの逆襲 第9話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

家売るオンナの逆襲 第9話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『家売るオンナの逆襲 第9話』こころのべちゃっとした焼きそばのレシピが知りたい!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『家売るオンナの逆襲 第9話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはこちら↓

家売るオンナの逆襲 ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】家売るオンナの逆襲2019年、日本テレビの冬ドラマであるドラマ『家売るオンナの逆襲』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)』のあらすじ!

留守堂(松田翔太)が万智(北川景子)たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。

そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群『新宿ガーデンハイツ』の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。しかし、そこで立ち退きに抵抗する住人の老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)の姿を見た万智は突然しゃっくりが止まらなくなり…!?

公式サイトから引用

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

万智(北川景子)に近づくために全てを変えて生きてきた留守堂(松田翔太)は、思い出の君が万智ではなかったと聞かされ、万智への復讐を誓う。

 

それから1年経過。

テイコー不動産新宿営業所の担当エリアで、リッチブラストという新鋭の不動産屋が急激にシェアを伸ばしていた。

「新宿ガーデンハイツ」周辺は権利関係が複雑で手つかずの地域である。

新宿エリアの最後の聖域と言われていたがリッチブラストによる買い占めが進んでいる。

 

リッチブラストは上海の外資企業が資金を出す会社で資金が豊富にある。

新宿ガーデンハイツの住民に法外な値段を提示し、次々と買収していたのだ。

 

あおりを受けた新宿営業所の売り上げは低迷。

このままでは渋谷営業所に合併され、その場合はリストラもあり得る・・・。

 

 

万智は庭野(工藤阿須加)を伴い、新宿ガーデンハイツ周辺の視察に訪れた。

人の気配はほとんどなく、敷地内の閉園となった保育園周辺もシーンとしている。

近くのベンチに高齢の男性二人が座っているのを見つけ、万智が不動産屋だと名乗り挨拶する。

不動産屋だと聞いて二人は警戒する。

 

「この窓1つ1つにそれぞれの家族の歴史がある。不動産屋はそれを全てなぎ倒すつもりだろう。」

「リッチブラストではなくテイコー不動産です。ここを買いに来たわけではなく私の仕事は家を売ることです。」

万智は説明するが、リッチブラストからの買収交渉に疲弊する二人の警戒心は強い。

 

そこで万智は突然しゃっくりが止まらなくなる。

どうしたのかと庭野が尋ねると、緊張しているというが、緊張の理由は明かされなかった。

 

 

ちょうどその頃、足立(千葉雄大)はとある夫婦を内見に案内していた。

気に入った様子の夫婦だが、物件概要書の『告知事項あり』という文言が気になり足立に尋ねる。

5年前、この部屋で自殺した人がいると足立が説明すると、夫婦は申込みを断った。

そこへ入れ替わりでリッチブラスト不動産の営業マンがお客さんを連れて内見に現れた。

連れてきた顧客は葬儀屋で、自殺があった部屋でも全然気にならないと購入を即決。

 

リッチブラストの営業を目の当たりにした足立は、万智と手法が似ていると屋代(仲村トオル)に報告。

その報告をしている横から、宅間(本多力)・八戸(鈴木裕樹)もリッチブラストにしてやられたと報告に駆け込む。

その手法はいずれも万智の手法に似ている。

足立と庭野は、家の購入を考えるゲイのカップルを装い、リッチブラスト本社に偵察に出かける。

リッチブラストに到着し、二人で住む家を購入したいと相談すると、担当者はタブレット端末を差し出す。

端末の質問事項に答えれば、AI(人工知能)を使って顧客に最適な家を提案するという。

 

二人の関係は?
→恋人

人は他人の心を理解できると思いますか?
→思います

 

世の中には吹きだまりが必要だと思いますか?

輝くことを常に求められているのは男性でしょうか、女性でしょうか?

 

どれも万智が言いそうなセリフだった。

全ての項目に回答し終わると、該当する物件が5件あったと担当者が戻る。

そこへ担当者に電話が入り、何やら話している。

 

電話はリッチトラストの経営責任者(COO)からだった。

COOが二人に会いたいそうだといわれ、不思議がりながらも会ってみると、COOは留守堂であった。

驚く二人に対し「AI三軒家が三軒家さんをつぶします。僕はあの頃の僕じゃない。三軒家さんに気持ちはない。」そう宣言し二人を帰した。

 

 

支店に戻った二人からの報告を聞き、皆が驚く中万智が戻るが、万智は反応しない。

「課長、愛媛県に出張に行って参ります。私の仕事は家を売ることです。」

あくまでもいつものペースだ。

万智はそのまま出張に出かけた。

 

残されたメンバーは困惑するが、「今まで通りお客様と誠実に向き合い、1つでも多く家を売買するほかないよ。」

足立の言葉を合図に、支店総出の人海戦術作戦に動き出した。

 

 

宅間は看板を背負い、チラシを配るが必死さが足りず誰も受毛取らず素通りされる。

そんな宅間の目の前に白洲美加(イモトアヤコ)が現れる。

 

「サンドイッチマンを舐めるなー!!」美加が猛烈な勢いでチラシを配りはじめた。

足立は1軒1軒近所を回り、声をかける。

 

 

八戸と布施は、外国人ファミリーに声をかけまくる。

鍵村(草川拓弥)と床嶋(長井短)はスーモ君に扮して街中でPRに励む。

足立も精力的に営業に動き、マダムに家を売ることに成功。

家を買ってくれたお礼にハグをプレゼントすると大盤振る舞いである。

愛媛に到着した万智は漁港で鳩にえさをやる男性に声をかける。

「ポッポ鳩次郎さんですね?」そう言って胸元から白い鳩を取り出す。

驚いて見上げる男性に「お会いできて光栄です」と伝える。

 

 

場面は変わり、万智が新宿ガーデンハイツで声をかけた高齢男性二人が、リッチブラストに対峙している。

二人は603号室に住むアキラ(笹野高史)と602号室に住む譲(本田博太郎)である。

家は売らないという二人に対し、リッチブラストの営業マン(竹財輝之助)は500万上乗せして5,500万で買うという好条件なのになぜ売らないんだと不思議がる。

130戸あった部屋は残りこの2部屋だけであり、このままだと朽ち果てていくだけだから見切りをつけた方がいいというが、二人はここで朽ち果てたいと譲らない。

 

ここがルーツって・・・あなた達は一体何者なんですか?

営業マンが呆れたように尋ねる。

 

そこへ万智が登場

「この方たちは、マジックセブンです!」

 

営業マン
「突然現れて何の用ですか?」

万智
「マジックセブンは1980年から90代を一世風靡したマジシャングループ!メンバーの不死身の明、仮面の貴公子サーベルの譲、兄弟マジックはダントツ人気でした!」

 

メンバーは全部で7名いた。

レギュラー番組14本を抱え、冠番組は平均資料率40パーセント超え。

大ファンだったという万智の熱弁を聞き、二人は喜ぶ。

 

二人に見せたい場所があるのでついて来てほしいと万智がいい、案内しば場所は廃園になった保育園だった。

万智は保育園を復活させ、ハイツごと生まれ変わるプランを考えたという。

 

子育て世代にとって1階に保育園があるというのは魅力である。

8時から18時は保育園に預け、それ以外の朝や夕方はシニア世代が預かる。

 

これぞまだに全参加型の保育環境!

子育て世代にはこの上なく恵まれた環境!!

リタイア世代にも新たな生きがいをもたらす理想郷が実現します!!!

熱く語る万智だが、子供がいなくなって廃園になったのに何を言うんだと営業マンの反応は冷たい。

 

万智はマジックセブンを復活させれば、リニューアルの起爆剤になると言うが、誰も覚えていないし、覚えていたとしても体力も才能も気力も残っていないと二人は及び腰である。

 

「残りかすに火をつけるのです!その炎で輝くのです!!」

「それは無理でしょう」

そこに突然留守堂が現れる。

 

留守堂は新宿ガーデンハイツの再開発責任者だと名乗り、過去にあったあの事件のことは覚えているでしょう?と二人に語りかける。

過去に脱出マジックでアイドルが事故にあった事件があった。

指先を怪我しただけだったが、それをきっかけに番組が打ち切られマジックセブンは消えてしまったのであった。

 

「ここにしがみつかなくてもいいのでは?5,500万、いや、6,000万でいかがでしょうか?」

留守堂がもちかけると、ここらが潮時だ・・・と譲は部屋を売ることを決めた。

 

ここにいるとあの事件から永遠におさらばできないというのが理由である。

「それでもマジックセブンが生まれた場所だから。俺は残る」と明は譲らない。

明の言葉を背に、譲は契約のためこの場を去った。

 

留守堂
「602号を以外はリッチブラストの所有です。いくら壮大なプランをうたっても無駄です。」

万智
「私に売れない家はありません!」

留守堂
「そうでしょうか・・・」

 

新宿営業所に戻った万智は、屋代に新宿ガーデンハイツの買い取りを提案。

そのためには最低100億かかるが、会社に損はさせない、ビジョンはあると力強く言い放つ。

プランを読んだ営業所のメンバーはいいプランだと納得。

万智を信じてみましょう、と屋代に駆け寄る。

ひよる屋代だが、課員に背中を押され社長に直接掛け合うことになった。

 

屋代はすぐに社長(舘ひろし)に会いに行ったが、秘書に門前払いをくらい帰ってきてしまう。

さすが1代で築いた伝説の不動産屋、手強い・・・と肩を落とすが、社長が伝説の不動産屋なら私がいく!

そう言い万智が社長に会いに行った。

 

 

万智は社長に会うことに成功。

「新宿営業所を救うために100億出してほしいのです。私に売れない家はありません!!」と直接頼む。

それは良いが、その代わり条件があるという。

 

 

場面は新宿ガーデンハイツに変わる。

譲と明が引っ越しのトラックを待っていると、「もうすぐはじまるぜ!行こう行こう!!」子供たちが駆け出す。

 

つられて二人がついていくと、そこでマジックショーがはじまった。

緊急脱出ショーのボックスに入るのは白洲。

サーベルの庭野が、5本のサーベルを突き刺していく。

4本刺したところで箱が割れ、茶番がばれてしまう。

 

「俺たちを馬鹿にしているのか?」

そういう譲に対し、マジックセブンの復活だと万智が告げる。

 

7人いないとマジックセブンじゃないと反論する譲だが、他の5人も全国から集まっていた。

マジックセブンが全員揃った。

 

「残りかすを燃やしたくなった!」

譲と明もやる気になった。

場面は変わり、リッチブラスト不動産本社。

外出先から戻った留守堂の前に万智が現れる。

「新宿ガーデンハイツはテイコー不動産が100億で買い取りました。契約も済ませました。新宿は渡しません!」

 

そんなわけはないという留守堂だが、この取引が成立すればリッチブラスト側に45億の利益が見込める。

個人的な感情を持ち込むなと同僚に釘を刺される。

新宿営業所ではチラシの増刷とイベントの準備に追われていた。

 

 

SNS上では新宿ガーデンハイツに関するデマが流れ、拡散される。

このデマはリッチブラストが流したものであった。

疑問を感じた留守堂は、このやり方は違うんじゃないかと上層部に意見する。

だが、テイコー不動産の弱体化が目的でありこれが当社のやり方なはず、と返され電話を切られてしまう。

 

万智はデマにもひるまない。

チャンスととらえ、デマに便乗してイベントを拡散しようという。

総出で情報を流した結果、マジックセブンがトレンド入りするほど話題となった。

 

 

万智は留守堂のもとを訪れる。

「あなたに負けない。あなたはドジスケと呼ばれていた自分を変えたいと顔と名前を変えたが、中身は変わらなかった。心優しいさんぺいよしおちゃんだった。だから家が売れた。しかし今のあなたは違います。話は以上です。」

そう伝え、万智は去った。

 

 

イベント当日。

たくさんの人が集まり、ショーの開始を今か今かと待っている。

直前までリハーサルしていたマジックセブンのメンバーだが、ジョーが転んで骨折。

6人で頑張るというが、ジョーがサーベルを刺す緊急脱出ショーは最大の目玉である。

ジョーは庭野に代役を頼むという。

ひよる庭野。

 

「私にさせないサーベルはない!私がやります!!」

万智が代役をつとめることになった。

 

いよいよ迎えた緊急脱出ショー。

緊張のあまりシャックリが止まらなくなった万智。

その万智の肩をたたく人物がいた。

脱出ショーがはじまる。

マントと仮面に身を包み、軽やかにサーベルを突き刺すのは万智ではなかった。

その姿を見て、足立は何かに気付く。

 

ラスト5本目が刺さり、箱の中のアキラはうなだれている。

アキラコールがはじまると、煙が上がりアキラが空高く舞い上がって着地を決めた。

大盛り上がりでショーは幕を閉じた。

 

サーベルのジョーをつとめたのは留守堂だった。

先に会場を去る留守堂を見つけ、足立は叫ぶ。

 

「けんじー!駅こっち!!」

留守堂は駅とは反対の方向に歩いていた。

1年前のドジスケな留守堂に戻っていた。

 

マジックショーを終えた新宿ガーデンハイツは、内見希望者でごったがえしていた。

テレビの取材も来ている。

内見に来ているファミリーとして取材を受ける中に、美加と宅間の姿もある。

復縁予定なようだ。

 

社長室では社長と万智がその様子をテレビで観ていた。

「100億回収できそうだね。」

 

 

迎えた朝礼。

屋代は部長に、足立が課長に昇進していた。

 

そして万智は社長になった。

チーフとの兼任である。

社長が100億と引き替えに提示した条件は万智が社長になることだったのだ。

 

万智のもとに留守堂から葉書が届く。

山田和子ちゃんと結婚し、海辺の街で『サンペー不動産』という不動産屋を立ち上げたという。

写真に写る留守堂は幸せそうでさる。

葉書の差出人は留守堂という名前ではなく、『さんぺいよしお』になっていた。

 

ちちんぷいぷいではテイコー不動産の皆が集まり、雑談している。

チーフ・社長・妻、色んな役割を完璧にこなす万智だが、もう1つ母親としての役割が加わるという。

社長になっても母親になっても家を売る万智であった。

仲村トオル・舘ひろしの共演!家売るあぶない刑事?

仲村トオル・舘ひろしの危ない刑事コンビの共演という夢のような回でしたね!

「テイコー不動産の社長という雲の上の役は、舘さん以外絶対ありえない」とインタビューに答えていますが、仲村トオルの熱望で実現した共演なのでしょうね(^^)

アラサーアラフォー世代には嬉しすぎる共演でしたが、それは北川景子さんも同じ気持ちだったようです♪

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)』を見たみんなの感想は?

マジックセブン、バスロマンのオヤジだね、かわいい〜
生田斗真と混浴してるおじ様だよね笑
あの おじさまは本田博太郎さんといいますっ!!

バスローブじゃないのにバスローブに見える舘

舘ひろし♡
仲村トオル。
あぶない刑事ー!!

前回の課長の長電話でサンチ―が屋代課長に負けた理由が少し解った気がした。

サンチ―は狙ったターゲットを徹底的に研究し、攻めて納得させて仕留める売り方。
屋代課長は日常的に長くお付き合いする事で自分が顧客の身内になってしまう売り方。
ただ同じ条件の物件なら普通は信用度の高い身内から買う。
しかも人脈の多い客ならそこから芋ずる式に別の客が寄ってきて更に縁が広がっていく。
この夫婦が揃ったら最強だわ。

サンチーのしゃっくりの演技が上手かった。

サンチーの出産の仕方想像したら面白いかも(笑)
庭野に来い!って言う時みたいに鬼の形相で一気にフン!っていきんで産んじゃいそう。
産んだあとはいつもの何事も無かったようにケロッとしてそう(笑)

これ見ると、一生懸命なサンチーや庭野見て、仕事頑張ろうって思える。
単純かな。
でもこういうドラマ、好きだー
続編もやってほしい!!

最終回、私は面白かったです、そして続編も希望!!
でもそろそろ北川景子さんも実際に出産とか考えてそうかな~と思ったり…
出産、育児とか落ち着いての数年後とかでもいいし続編してくれたらいいなぁ~

私の中ではドクターXと同じ位置付けだから、シーズン5くらいまでは続いてくれると嬉しい作品

※人物画像はイメージです。

ドラマ『家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)』あらすじやネタバレ、感想も仲村トオル・舘ひろしの共演!家売るあぶない刑事?まとめ

留守堂と足立の関係を深め、関係のバロメーターとして度々登場したフェンシングシーン。

今回は物語の冒頭からのフェンシングシーンで、足立の対戦相手が太田選手で驚きましたね!

 

ファンのツイートをきっかけに共演が決まったそうですよ。

最近は炎上や情報だったり、SNSの悪いところが目立つニュースが多いですが、視聴者やファンのアクションでこういうことが実現すると夢が膨らみますね♪

 

毎回楽しく観てきましたが今日が最終回。

個性が強すぎる登場人物たちにハラハラドキドキ、時にはイライラもしましたが(笑)、終わってみるとみんな愛しい♪なドラマでした。

 

続編は絶対にあると思います!

お母さんになった万智の登場を楽しみに待ちましょう(^^)

 

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA