刑事ゼロ

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』だいすけお兄さんが脇役で登場!?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年1月10日(木)に放送された
ドラマ『刑事ゼロ 第1話』はご覧になられましたか?

刑事として生きてきた
20年間の記憶を失ってしまう時矢暦彦(沢村一樹)と
新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)、

そして京都府警本部刑事部・捜査一課13係のメンバーとで
あれよあれよと事件を解決していきましたね!

ゲストも豪華でした。

 

時矢刑事としての記憶がないまま
捜査はできるのか、

佐相とのコンビはどうなのか、
失ってしまった20年間の記憶は戻るのか、
展開が楽しみです!

 

ドラマ『刑事ゼロ』のくわしい情報はこちら!

刑事ゼロ 沢村一樹 瀧本美織 あらすじ キャスト 放送開始
ドラマ『刑事ゼロ』のキャストは沢村一樹!瀧本美織!あらすじ・放送開始はいつ?滝本美織ちゃんひさびさです☆☆ エロ男爵沢村さんの相棒!? どんなドラマなんでしょう?? というわけで今回の記事ではドラマ『刑...

ネタバレまとめはコチラから↓

刑事ゼロ ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】刑事ゼロ2019年、テレビ朝日の冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』のあらすじ!

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気づく…! 時矢は見舞いにやって来た元相棒・福知市郎(寺島進)のことを暴力団関係者と誤解するばかりか、新たにコンビを組むよう命じられた新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくり。その遺留品を見せられても、まるでピンとこない。

 記憶喪失のことを周囲に打ち明ける間もないまま、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった時矢。被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙げ句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。このテープが示す図は、犯人からのメッセージなのか!? メッセージといえば、府議会議員殺害現場にもアルファベットなのか記号なのかわからない血文字が残されていたが、有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない…。

 ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は、「同じ匂いがする…!」と、驚愕の一言を発する。実は、失った記憶の代わりに鋭い嗅覚など研ぎ澄まされた五感が備わった時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取ったのだ。

 敏腕刑事と周囲には思われている時矢のつぶやきがきっかけとなって、あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになったが、2つの事件が同一犯による連続殺人であるという根拠はほかに何も見当たらず、捜査は難航。時矢の立場は、本部内で微妙なものに…。

 そんな中、時矢は2つの事件に残された図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に関係しているのではないかと直感。調べを進めるうち、事件の周辺に高名な小説家・鳴島恭三(小林稔侍)の影がちらついてくるが、その矢先、第三の事件が起きて…!?

公式サイトより引用

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

2019年1月。

逃げる容疑者を追い廃工場の中へ入る
時矢暦彦(沢村一樹)は拳銃を奪われ、

屋上から落とされた瞬間に
「俺は、どうして刑事になたんだろう…」
と思うのでした。

 

目覚ましがなりもう朝だと起きる時矢。

飲みすぎて遅刻したかと思いきや、
自分が病院にいることに気づきます。

看護師に容疑者逮捕の様子を聞かされ
「京都府警に時矢刑事あり」
と言われたが、
自分は交番勤務だと思い込んでいる時矢。

 

そこに見舞いにやって来た、
見覚えのない元相棒・福知市郎(寺島進)、
福知の現相棒・内海念也(横山だいすけ)、

そして時矢の相棒となった
新米刑事の佐相智佳(瀧本美織)から、

深夜に女性府議会議員・椎名蒼 (横山美智代)が
刺殺されたことを聞かされます。

 

遺留品を渡され匂いを嗅ぐ時矢は
「いい匂いだ」
と言いますが、

その遺留品が血で書かれた
メッセージだと知り驚き、

3人の話を聞いてもピンとこないまま、
一人になった時矢は
自分の手掛りを慌てて探します。

 

手帳に入っていた写真で
自分が刑事になれたこと、

新聞の2019年という文字を発見。

そして自分が映る鏡を見て大変驚き、
記憶がないことを実感して、
ひとまず退院するのでした。

 

退院した時矢はすぐに医師で時矢の叔父、
生田目守雄(武田鉄矢)の元へ向かい
事情を話し、

記憶喪失であることを隠して経過観察し、
ノートに記録するようアドバイスもらいました。

京都府警警察本部捜査一課13係内で、
「記憶喪失になったら刑事はクビ…」
と知った時矢は戸惑いながらも、

係長の根本留夫(渡辺いっけい)に指示され、
新たに発生した初動捜査に佐相と向かうのでした。

 

 

 

初めての臨場で緊張の佐相でしたが、
記憶がない時矢にとっても
初めての臨場になるので、

血だらけの被害者フリーライター
今宮賢 (國島直希)をみて
時矢の方が吐きそうになります。

 

 

鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが
奇妙な形で貼られていたことを知り、

そこでも遺体に残っていたテープの匂いを嗅ぎ
椎名蒼の遺留品と

「同じ匂いがする…」
と発言した時矢の一言から
合同捜査本部が設置されることになったのですが、

2つの事件に接点が見つからず、
捜査続行になります。

 

今宮賢の話を聞きに父・今宮隆司(大澄賢也)が
経営する今宮リゾートホテルに行く時矢と佐相。

後妻の今宮鈴代(三輪ひとみ)と
弁護士 卯木仁史(松尾英太郎)の仲を疑いながらも
今宮賢が殺された証拠は掴めず帰るのでした。

 

そして、今宮賢の家に行ってみると、
鳴島恭三 (小林稔侍)の最新刊
『郭公の庭』という小説を発見するのでした。

 

椎名蒼殺害現場でも
『香道と日本文化』という本に気づく時矢。

 

椎名蒼・今宮賢の2つのメッセージ
が香道の線に似てることから、

2人の事件に関連があるかもと思い
お香の専門店にいく時矢と佐相。

 

 

源氏香という、5種類に匂いをききわける
図形を使って答える遊戯があることを知った2人は、

源氏香図を見て、
2つの事件に繋がりがあることを発見。

 

一方、福知は今宮と言い争っていた男、
鳴島芳孝(百瀬朔)の防犯映像を発見するのでした。

源氏香の話を香道の師匠、
里中荘(六徳井優)から聞き、

そこで20年前、今宮鈴代が香道サークルで
源氏香をしていたことを教えてもらい、

里中の記録書から、
現場のメッセージと記録書にある
源氏香図が順番も一緒だと気づく2人。

 

 

その源氏香に参加していたのは、
今宮隆司、今宮鈴代、あの頃は医師だった椎名蒼、
そして鳴島桜子(富田靖子) という女性が
参加していたことを知り、

郭公の本と同じ「鳴島」だと気づく時矢は
鳴島桜子の家に行くのですが、

鳴島桜子の家で息子・鳴島芳孝の居場所を聞くと
鳴島恭三と揉めて家出中だと言い、

源氏香の香図を鳴島桜子に見せると
すごい剣幕で拒否し追い帰されるのでした。

 

そして次は今宮隆司が殺害され、
現場で源氏香図のメッセージを探す時矢。

壁にある電球を見て、
源氏香図の3番目の「柏木」だと気づき、

現場にあった血痕から
鳴島芳孝のDNAが一致し捜索。

 

 

20年前の源氏香に関わった
3人が死んでいることを知り、

残り2つは「浮舟」と「幻」だと
わかった時矢と佐相でした。

 

 

ノートを拾ったことで
時矢が記憶喪失という事を知った佐相。

上司に報告するという佐相ですが、
熱い想いで訴え一緒に捜査を続けるのでした。

 

13係では、以前医者だった議員・椎名蒼が
鳴島家の出産に立ち会ったことが判明。

そこに、桜子が姿を消したと
電話が入り皆で探します。

 

そしてあるお寺で、
階段から転げ落ちた桜子を発見。

階段を駆け上がった時矢は
そこで源氏香図「浮舟」のメッセージと、

芳孝の血がついたナイフも発見し、
芳孝の犯行だと知るのでした。

 

5件目の事件を防ぐ為、
弁護士が部屋を空けた隙に
パソコンをさわり今宮隆司の遺言書を発見。

そこにはDNA親子鑑定の報告書があり、
担当した医者は椎名蒼。

 

遺言書の相続人の名に
鳴島芳孝という文字をみつけ、

桜子と今宮隆司が
不倫関係にあったのではと解く時矢。

20年前の源氏香に関わった人たちそれぞれが
源氏物語の人間関係にあてはまるのでした。

 

20年前の源氏香図の順と
殺された順とを照らし合わせていくと、

最後の「幻」にあてはまるのが
鳴島恭三だとわかった13係。

 

 

書店アワードの授賞式に参加する
恭三を保護する為に授賞式に行き、

会場で恭三を守りますが
そこに入院していたはずの桜子から
「助けて」と恭三に電話が入り、

いつの間にか恭三が会場から姿を消します。

 

時矢は再開発地域の路地が
「幻」になっていると気づき
そこへ向かいます。

 

そして恭三を発見。

でもそこにいたのは恭三と桜子だけでした。

 

最初の3件は芳孝の犯行で、
今宮社長を殺害した夜、芳孝は死んだこと。

そして息子の意思を引き継ぎ
自作自演で4件目の事件をおこしたと白状します。

 

芳孝が6歳まで暮らしていたこの家で
芳孝の小説通り恭三を殺し、

自ら命を絶とうとする桜子を説得し、
逮捕して解決するのでした。

 

 

解決後、退職届を書き
封筒を探して引き出しを開けると、
刑事になる前に自分が書いていたノートを発見。

今までなにげなくやっていた行動が
ノート通りにかかれており、

記憶がなくなっても、
刑事である心は生きている時矢なのでした。

 

佐相に、退職を伝えると
「自分が取扱説明書になれる」
と時矢が記憶喪失であることを
2人の秘密にして改めて相棒になるのでした。

 

そして、廊下を歩いていると一人の女性と会い、
記憶がない時矢が女性に話しかけます。

しかしその女性はなんと!
時矢の元妻なのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

刑事ゼロ 第1話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『刑事ゼロ 第2話』時矢と佐相がナイスコンビを発揮!あらすじやネタバレ、感想も!2019年のテレビ朝日冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です...

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』にだいすけお兄さん登場!?

横山だいすけことだいすけお兄さんが
出演していましたね!!

眼鏡や演技が気になりますが、
福知(寺島進)とのコンビとして
今後も時矢に関わって一緒に
事件を解決して行きそうです。

若手刑事として体を張ってる様なので
佐相(瀧本美織)と同様がんばってほしいです!

 

公式ツイッターでは
「うつみお兄さんの京都便り」として
つぶやいているみたいなので
是非チェックしてみてください。

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』を見たみんなの感想は?

期待してなかったけどめっちゃ面白かった!!

2時間サスペンスみたいだった。

だいすけお兄さんが演技してるw

もっとシリアスなドラマかと思ってた
まあ見やすくていいけど
イエモンの主題歌待ちです\(^o^)/

いつのまにか京都枠になったんだね
遺留捜査と科捜研とかも京都地検もそうか

沢村一樹の笑顔がかわいいw

この人見ると本当に男前だなぁと思う。顔小さいし、凄いよね…。

ねぇ、このドラマめっちゃ面白くない?
ここ最近の中で1番好きかも

脇役さんが豪華だね

おもしろかった!脚本が科捜研の女や相棒で描いてる人なんだね。

※人物画像はイメージです。

ドラマ『刑事ゼロ 第1話』だいすけお兄さんが脇役で登場!?あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

ドラマが始まる前は、
「ミステリーだから話が難しそう・・」
と思っていましたが

少しコメディっぽくて笑える場面もあり、
週をまたがず一つの話数で解決まで
見ることができたので面白かったです♪

 

だいすけお兄さんも気になりましたが、
沢村一樹さんと瀧本美織さんのコンビも見所ですね!

 

 

次回は最後に登場した元妻が事件に関わるのでしょうか。

7年前からの挑戦状、真実は記憶の中にあるという男、
依頼人には近づかないでという元奥さん。

別荘で起きた密室トリックも楽しみです!

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA