刑事ゼロ

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』いじめっこ役はあの小太郎!?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月14日(木)に放送されたドラマ『刑事ゼロ 第6話』はご覧になられましたか?

今回は、記憶喪失刑事が記憶喪失の容疑者の謎を解く斬新なミステリーでしたね。

母の息子を想う気持ちがとても切なかったです(涙)

 

 

ちなみに、『刑事ゼロ』第5話のネタバレはこちらからご覧になれます。

刑事ゼロ 第5話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『刑事ゼロ 第5話』伝説の鳥居ってどこ!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年のテレビ朝日冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ 第5話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です...

ネタバレまとめはコチラから↓

刑事ゼロ ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】刑事ゼロ2019年、テレビ朝日の冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』のあらすじ!

進学校として有名な私立中学の校長・須藤公彦(阪田マサノブ)の刺殺体が、雑居ビルの屋上で発見された。

事件直後、犯人と思われる女(森口瑤子)が屋上から飛び降り自殺を図ったが、植栽がクッションとなったため奇跡的に軽傷だった。

遺体に突き刺さったままのナイフにはその女の指紋が付着しており、傷痕の状態から被害者に強い恨みを抱いていたことがうかがわれた。

ところが、取り調べを受ける彼女の様子を見た時矢暦彦(沢村一樹)は、衝撃を受ける――。

公式サイトより引用

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

ある晩、包丁を持つ赤い服を着た女(森口瑤子)が、眼鏡の男の腹部を刺したあと、屋上から飛び降り事件発生。

被害者は私立中学の校長・須藤公彦(阪田マサノブ)46歳。

腹部に刺さった刃物には女の指紋がべったりついていたので、被害者に強い恨みをもっていると思われるのでした。

 

屋上から飛び降りた女は、下に積まれていたダンボールがクッションとなり、奇跡的に軽傷ですんでいたのですが、取り調べをしてみると、女は放心状態で黙る。

どうやら記憶喪失で自分の名前もわからないそう。

時矢(沢村一樹)が質問をしてみると、歴史や思い出は言えるが、自分の名前が言えない。

福知(寺島進)たちは女が嘘をついていると疑うが、時矢は自分のことのように彼女が記憶喪失であることを主張。

 

「目撃証言も物証もあるが、彼女の記憶が戻らない限り真相はわからない。失われた記憶の中に何が隠されているのか、この事件は俺が解くべき事件のような気がするんです」と時矢が言うのでした。

 

殺された須藤は1年前に学校法人城光学園京都瑛成中学校の校長になり、教育熱心で、生徒からも保護者からも慕われており、誰からの恨みもかっていないそう。

教師たちに女の写真を見せるが、皆、見覚えはないと首をかしげるのでした。

 

 

佐相(瀧本美織)と時矢が女を取り調べすることになり、気分転換でもしようと事件現場に連れ出し、須藤の殺害様子を再現して女に見せてみると「腹部大動脈損傷…」とつぶやく女。

いったい何者なのか…

 

早く女を送検しようとする福知を「彼女が何者かわかれば、彼女の記憶だって取り戻してあげられる」と言って止める時矢ですが、

「何で俺らがあの女の記憶を取り戻す手助けをしなきゃいけないんだ」という福知。

 

何で被疑者のかたをもつんだと内海(横山だいすけ)にまでせめられた時矢は「記憶喪失ってのは、本当にこわくて辛いものなんだよ。みんなにはわからないんだよそれは」と叫ぶのでした。

女がなぜ記憶喪失になったのか気になる時矢と佐相は、診療所の所長で時矢の叔父・生田目守雄(武田鉄矢)に記憶喪失になる原因を聞いてみる。

突発的な出来事によって心意的な外傷と外的外傷を同時に受けることによって記憶をなくすタイプがあり、前後の記憶がすっぽりなくなることがあるらしい。

時矢同様、女もこのこのタイプのようです。

幸いに、あることをきっかけに記憶を戻ることがあるというので、取り調べで彼女に地図を見せてみると、知っている地名をどんどん言っていき、地図には載っていない新しい道まで言うのでした。

 

 

地理にくわしいのでドライバーかと思い、運送会社などを調べるが手掛りを掴めずにいましたが、ふと、移動販売の車を見つけ、女の写真をみせてみると知っていると言う。

女の正体は杉田陽子といい、移動販売を1ヶ月前からしていたそう。

ですが、戸籍を調べると、杉田陽子という女性は存在せず、履歴書に書かれている住所へ行くと、部屋には生活感が一切なく、殺風景。

ふすまをあけてみると、壁にたくさんの須藤の写真とメモが貼られており、どうやら須藤を狙っていた様子。

道具が入った箱も見つけ、その中には封筒に入った札束と名刺を発見。

記者・萩野翔子と弁護士・菅原真紀と書かれた名刺があり、謎が深まるのでした。

 

 

履歴書と名刺とアパートの写真を女にみせて須藤を追っていたと思うと伝えるのですが、須藤の写真を手にした女の表情はかわらず思い出せないようです。

自分が人を殺したかもという時ににあんな顔をするなんてなんかへんだなと思う時矢なのでした。

 

福知たちの聞き込みにより、女が学校に出入りしていたことがわかり、証拠は十分なので送検しようと根本(渡辺いっけい)が電話を手にするが慌てて止める時矢。

彼女がいくつもの顔を使い分けていた理由は必ずあるはずだからもう少し捜査させてくれと頼み、あと1日の猶予をもらうのでした。

 

須藤が1年前まで勤めていた瑛成高の系列高校で大阪学校法人城光学園に来てみた時矢と佐相は、1年半前に、生徒が投身自殺をしたというネットニュースを見つます。

大阪府豊北警察署で事件のことを聞いてみと、自殺の原因は当時学校からは進路に悩んでいて心の問題と説明を受けていたのですが、半年経った頃、その自殺した男子生徒の母親がいじめがあったから捜査してくれといってきたそう。

母親が学校前でいじめを訴えちょっとした騒ぎになったので警察が動くことになったという。

結局、いじめの実態はつかめず、捜査は終了。

 

母親の名前は、真崎薫。

広島の病院で医者をやっていたと聞き、女が「腹部大動脈損傷…」とつぶやいたことを思いだす2人ですが、ネットに載っている真崎薫の写真には全く違う女性が写っていたのでした。

 

佐相と歩いていると何かひらめいた時矢。

女の首元にあったほくろを思いだし、真崎薫の写真をアップしてみると同じところにあるのを発見。

彼女は顔をかえて自殺のことを調べていたことがわかり、時矢たちがいじめの首謀者に話を聞いてみると、女が弁護士だといって近づいてきたので、本当のこと全部話したというのです。

家に帰った時矢は叔父と記憶喪失について話をしていると、自分が記憶を失う直前の記憶がいきなりフラッシュバックするのでした。

夜、息子の写真から記憶を取り戻した真崎は、全部思い出し、須藤を殺したのは自分だと話します。

 

すべてはいじめられて自殺した息子の無念を晴らす為だったそう。

今まで息子に何もしてあげられなかったので、せめて本当の理由を突き止めることが唯一自分のできることだと思ったと言います。

 

真崎はいじめのことを調べていたが、誰も口を開かず…

母親の自分の顔が学校や生徒たちに割れていたので、顔を変えて生徒たちに話を聞いて回り、そしていじめの首謀者にたどり着き話を聞くと、クラスのみんなでいじめていたことを告白する。

 

母親に全部話して謝罪したいと言っていたが、須藤に学園の名に傷がつくから黙っていろと言われたのだという。

真崎は須藤にいじめの実態はなかったとシラをきられ、名誉毀損で訴えるとまでいわれたのでした。

 

そして、須藤の化けの皮をはいで社会的に抹殺することが息子の供養になると思って須藤のことをつけていたそう。

真崎の話を聞いて「たしかに記憶の一部は戻ったみたいですね。でも、あなたは犯人じゃないです」という時矢。

強い殺意を抱いていたのは確かだが、矛盾を生じるという。

 

記憶喪失というのは精神的ショックと肉体的ショックが合わさってできるので、心から須藤の殺害を願っていたのなら転落で肉体的ショックをうけてもそれだけでは記憶喪失にはならない。

ほかに精神的ショックを受けたからであって、それは自分の望みがかなえられなかったからじゃないのかと解くのでした。

 

 

福知と内海と背川(猫背椿)が学園主任の関口成海に話を聞く。

去年の暮れに須藤の家に空き巣被害があったという情報を得て、防犯カメラがあるのに警察には届けていないことを不思議に思い捜査した結果、昨年、須藤の自宅前の防犯カメラには勉強会のあとにやってきた2人が写っていたのです。

 

この直前、空き巣に入られていたのに、そのことを警察に届けなかったのは、防犯カメラが解析され2人が写っていることが明るみにでることを恐れたから。

須藤が殺された日の現場近くの防犯カメラにも2人がに映っていたことがわかり、犯行時刻も一緒にいたことを問い詰めると関口が自供するのでした。

 

 

関口成海という言葉でだんだん思い出す真崎。

須藤のあとをつけていた真崎は、ビルの屋上で、関係を終わらせたいと揉める2人を影からのぞいていました。

そして、関口が包丁を取り出し須藤を刺し逃げ出したあと、影から出て包丁を強く握りしめたことが事件の真実なのでした。

 

思い出した真崎は「わたしがやったことにして、わたしがこの手で無念をはらした、わたしが殺した」と泣きながら訴えるのでした。

時矢と佐相が「母のような医者になりたい」と書かれていた息子の卒業文集の手書きの原稿を真崎に渡します。

「子供ってのはがんばっている親の背中をちゃんとみている」と時矢が言うと嬉しそうにお礼を言って去るのでした。

 

 

いい記憶も悪い記憶も全部ひっくるめて思い出だからうらやましい俺も早く思い出したいという時矢。

佐相に「わたしも早く京都府警に時矢ありと言われていた時矢と仕事がしてみたい」と言われ微妙に傷つくのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

刑事ゼロ 第7話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『刑事ゼロ 第7話』真犯人はVTuber?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年のテレビ朝日冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です...

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』いじめっこ役はあの小太郎!?

いじめっこ役でやけに逃げ足が早い子がいましたが宇宙戦隊キュウレンジャー 佐久間小太郎役で出ていた田口翔大くんのようです!

 

なんだか少しお兄さんになったような感じがしましたね^^

 

ということで、田口翔大くんいついて少し調べてみました。

名前:田口 翔大 (たぐち しょうた)
生年月日:2004年6月16日(14歳)
出生地:日本・埼玉県
職業:子役
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
事務所:アミューズ

Wikipediaより引用

特技はフリーラインで、スケートボードのような車輪の付いた左右一組の乗り物みたいです。

趣味はサッカーカード収集だそうで男の子感がでていますね♪

翔大くんは2017年2月スタートの『宇宙戦隊キュウレンジャー』において、佐久間小太郎 / コグマスカイブルー役でレギュラー出演しており、子どもと一緒に見ていたママ世代も知っていることでしょう。

『天空の蜂』で監督を務めた堤幸彦は「『こういうふうにして』と言ったら、その通りにやってくれる」と、高く評価しているそうで、翔大くんのこれからの演技も楽しみです♪

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』を見たみんなの感想は?

今週も面白かったけど、切なくて辛かった…

本当毎回面白いな…テンポも良い

こたろうやないかーー!

キュウレンジャー出てた田口翔大くんがドラマ出てる
あぁ~やっぱり声変わりしてる~成長してる~

コグマスカイブルーが出てる!!Blue sky boy!!声でわかった!背が伸びてた気がする・・・

若いのにアクション手慣れてるなーと思ったら!しっかり声変わりしちゃって小太郎!アニキもびっくりしょ!

今回ばかりは犯人を予想できなかった
ずっと記憶喪失の容疑者に焦点を当てられていたから、、しかし本当に悲しい事実でした、、ある意味、学びも多かったです

森口さんが泣き叫ぶ演技、上手すぎて鳥肌が立った

森口さんいつも優しい笑顔の印象だけど、鬼気迫る表情こそスゴイのよね

主題歌の入るタイミング絶妙

※人物画像はイメージです。

ドラマ『刑事ゼロ 第6話』いじめっこ役はあの小太郎!?あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

今回の記憶喪失の主人公と記憶喪失のゲストなストーリーは新鮮でしたね。

亡くなった息子の為、顔まで変え真実を突き止め、自分が無念をはらしたいという母心には切なくなりました。

田口翔太くんはお兄さんになってるし、叔父役の武田鉄矢さんが「人」と黒板に書いたシーンなども、釘付けでした♪

時矢が少し記憶を取り戻したようなシーンがありましたが、これからどうなるのか気になるところです。

 

次回は、〈過去〉と〈現在〉全国で同時発生する連続自殺事件

警視庁との合同捜査が始まる!

京都~東京~仙台〈模倣犯〉かそれともー!?

〈真犯人=セブン〉は一体誰なのか!?

次回も楽しみです♪

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA