刑事ゼロ

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』時矢の記憶が戻った…!?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年3月14日(木)に放送されたドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』はご覧になられましたか?

最終回となった最後の事件、まさかの犯人はあの人でしたね!

最後の最後まで面白かったです。

 

ちなみに『刑事ゼロ』第9話のネタバレはこちらからご覧になれます。

刑事ゼロ 第9話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『刑事ゼロ 第9話』記憶喪失の原因となった犯人が登場!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年のテレビ朝日冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ 第9話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です...

ネタバレまとめはコチラから↓

刑事ゼロ ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】刑事ゼロ2019年、テレビ朝日の冬ドラマであるドラマ『刑事ゼロ』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』のあらすじ!

3件の猟奇殺人で世間を震撼させた能見冬馬(高橋光臣)と同じく、タロットカードの図柄を再現する手口で2件の殺人に走ったネットニュース記者・外山直澄(粟島瑞丸)が、自殺――。時矢暦彦(沢村一樹)らが家宅捜索を行ったところ、外山は「これまでの5件の殺人はすべて自分ひとりの犯行で、能見に罪を着せた」とする遺書を自宅のパソコンに残していたことが発覚する。もし遺書の内容どおり、5件の猟奇殺人が外山の単独犯行だとすれば、時矢が逮捕した能見は無実ということになってしまう…。13係に動揺が走る…。 そんな13係に追い打ちをかけるように、衝撃の事態が発生。なんと外山の遺書がネットニュースに晒されたのだ! その直前、13係長の根本留夫(渡辺いっけい)が記者会見で遺書の存在を否定していたため、京都府警には非難が集中。能見は処分保留で釈放されることになってしまう。時矢は記憶を失う直前、能見が自分に告げた言葉を思い出せば、彼が何をしようとしているかわかるはずだと考えるが、なかなか記憶はよみがえらず、焦るばかりだ…。

 そんな中、能見を勾留していた留置場の看守・草場友喜(今野浩喜)からの連絡をきっかけに、時矢は能見が6件目の殺人を予告していることを察知。いったいタロットになぞらえた一連の殺人はいつまで続くのか…!? しかも、13係の無期限謹慎、時矢に殺人容疑が降りかかるなど次々と危機が襲いかかるが…!?

 ついに最終話! 記憶ゼロの刑事・時矢は失われた20年を取り戻し、一連の事件の謎を解明することができるのか…!?  タロット連続殺人の真の黒幕とは、はたして…!?

公式サイトより引用

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

京都府警に時矢ありと言われていた時矢暦彦(沢村一樹)は連続殺人事件の容疑者能見冬馬(高橋光臣)を逮捕する直前の事故で刑事である20年の記憶を失ってしまうが、どうにかこうにか刑事を続ける時矢の前に、逮捕したはずの能見とまるで同じ手口で4件目の殺人が発生。

能見が残したリストから次の犠牲者を見つけるが、急行した福知(寺島進)と内海(横山だいすけ)の目の前で5件目の殺人が起きてしまう。

そして犯人であるネットニュース記者・外山直澄(粟島瑞丸)が時矢の目の前で自殺してしまったのでした。

 

外山の家からは今までの被害者の写真と、パソコンからは「タロットの啓示」というタイトルで「5件の殺人はすべて僕ひとりの犯行です」という文がでてき、

「僕が正義の鉄槌を下す」

「3件の犯行を写したインスタント写真を能見冬馬の部屋に残し能見に罪を着せることに成功した」という文章が書かれており、これが事実ならば能見は無実ということになる…

被疑者死亡で事件は解決ということになったのですが、能見と外山がどこかで繋がっていたのではないかと時矢は考えるのでした。

 

そして、外山の文章がマスコミに漏れて大騒ぎになり、京都府警で根本係長(渡辺いっけい)が記者会見をひらきます。

能見は誤認逮捕で処分保留ということになり釈放されることになりました。

時矢は記憶を失しなった場所へ行ってみるが、あの時能見が自分に言った言葉が思い出せない…。

相棒の佐相智佳(瀧本美織)が探しに来てくれて、能見が一連の殺人に関する重要な何かを告げたはずだが、それさえ思い出せば能見が何をしようとしてるかわかるはずだという時矢。

 

その時電話がなり、能見を勾留していた留置場の看守・草場友喜(今野浩喜)が、能見が壁に彫っている文字があると画像を送ってくれたのでした。

佐相が持っていたタロットカードで照らし合わせてみると、事件の犯行と同じ順番で彫られている。

並べたカードの絵を見て、1件目の犯行のスフィンクスがタロットカードでは馬になっていることに気づきます。

タロットカードにはフランス製のマルセイユ版とイギリス製のライダー版の2種類あるらしく、事件の1件目~3件目はライダー版、4件目はマルセイユ版…。

 

「秩序にこだわってルールに厳格な能見が途中でタロットカードのバージョンを変えるなんてありえない」と時矢がいい、もう一度壁に掘られた文字を見てみるとⅩⅢ(13)の文字を発見。

タロットカードでは「DEATH 死神」を示し、6件目の殺人を予告しているのではないかと考え、釈放された能見のもとへいくのでした。

 

 

急いで能見の自宅へ行きますが、能見は死んでおり、頭の上にはDEATHと書かれ、タロットカードが再現されていました。

みんなで能見を殺したのは誰か考えていると、京都府警の12係がこの事件を担当すると現場にやってきて、藤倉刑事部長命令で13係には無期限の謹慎処分が下ったらしいと13係のメンバーが追い出されるのでした。

 

13係に戻ってみると、今回の事件は被疑者の自殺・誤認逮捕・釈放した被疑者が殺害されるという府警本部始まって以来の不祥事らしく、誰かが責任をとらなくてはいけないらしのですが、13係は捜査を続けます。

時矢と佐相は、時矢の元妻で弁護士の奥畑(財前直見)に能見が持っていた逮捕者リストを見せ、能見に関して気づいたことがないか聞くと、精神鑑定の結果が意外だったという。

 

精神鑑定書をみせてもらうと、「能見は犯行時、心神喪失であった可能性が高く、刑事責任能力を問うことは不可能である」と書かれていたのでした。

精神鑑定のエキスパート・犯罪心理学の権威・藤林経子教授(南果歩)は心神喪失の可能性は低いと言っていたのに…

 

もし仮に、警察が外山に辿り着けず、外山の遺書を見つけることができなかったとしたら、5件の殺人が外山の犯行だと断定することもできないし、能見を釈放することもなかった。

もしそうだとしてもこの鑑定書を京都地検が採用したら能見は釈放されることになる。

この鑑定書は能見を確実に釈放させる為の保険だったのです。

こっそり13係で捜査をする時矢と佐相と根本係長。

リストの逮捕者をあらいなおしてみると、全員が藤林の精神鑑定を受けているか、釈放後聞き取り調査を受けており、藤林に全員が会っていたのでした。

そこに、能見と外山の共通点が見つかったと福知と内海が入ってき、2人とも犯罪被害者の遺族であったことがわかります。

 

さらに佐相が藤林の過去を調べてみると、藤林も20年まえの通り魔事件で夫が死亡していたのでした。

犯人が路上で鎌を振り回し、藤林の夫を殺害され、駆けつけた警察官により犯人は射殺。

藤林も、夫の命を奪われたのにその加害者が罪を償うことなく死んでしまっていたのでした。

 

そこに背川(猫背椿)が、時矢の元相棒で現サイバー犯罪対策室の主任・但馬正樹警部補(野間口徹)に頼んで、パソコンの解析が成功したと入ってきます。

能見と外山の復元したパソコンからは「The Revelation of TAROT(タロットの啓示)」というサイトを発見。

パスワードがアルファベットなので、今までの事件ででたカードのアルファベット入れてみるが開けず…

 

時矢がタロットの1番最初のカードで「ゼロからのスタート」という意味がある「THE FOOL」という文字を入れてみる。

すると、サイトに入ることに成功。

表示されたタロットカードの女教皇からメッセージがでて「大切な人を奪われた者は、その相手に罪を下すことが許される」「相手は誰でもいい、数こそが秩序であるのだから」と書かれていたのでした。

 

立法の書を持っている女教皇。

文章の最後のListという文字をクリックすると、能見からのメールにあったリストと同じものが表示されます。

リストと立法の書を載せたサイトを作って、自らと同じ境遇の能見と外山を導き、彼らに一連の殺人を行わせ、最後に自分の権利を行使しようとしている黒幕は藤林であったようです。

ですが、藤林の周辺を捜査してるが証拠は見つからず…。

 

時矢が記憶を失ったきっかけになった現場にいって考えていると、能見が起こした3件の捜査資料の中に、時矢が昔書いた「郵便配達には気をつけろ!」というメモが入っていたと佐相が見せます。

何も思い出せない時矢でしたが、自分が落ちて記憶を失った場所に立ってみると、だんだん記憶が戻ってきます。

 

その日、屋上で落ちそうになり壁にぶら下がっている時矢に銃を突きつけながら

「俺達をうんだのはあんたたち刑事の罪なんだよ」「その罪は軽くない、だからこんな目にあう」といい

「あんたが刑事だからだよ」大声で言われ蹴落とされたのでした。

 

 

刑事の罪…

思い出した時矢…

佐相が、かかってきた電話に出ている間に時矢がいなくなってしまいました。

やっと時矢と連絡がとれ、佐相が時矢の元へ行ってみると、藤林が死んでおり、壁には「THE HIGH PRIESTESS」という文字が書かれています。

何があったか聞くと「わからない、覚えてない」という時矢。

左手には血のついたナイフを持っていたのです。

 

凶器を手にしていた為、藤林殺害の容疑で逮捕される時矢。

混乱する13係のメンバーに留置所にいるはずの時矢から手紙が届きました。

 

その中にはペン型の隠しカメラが入っており、確認してみると・・・

事件の直前の映像が写っており、時矢が藤林教授の研究室に到着した時にはすでに殺された藤林が写っており、うしろから何者かに殴られ、凶器を握らされている映像が写っていたのでした。

 

 

この映像が証拠となり、烏丸署から釈放された時矢。

でてきてマスコミに囲まれます。

警察官たちが時矢の周りを囲んで警護してくれますが、1人の警察官が「あちらの駐車場に車が」と時矢に近づき、いきなり時矢の腹部をナイフで刺します。

 

福知や内海たちがその男を取り押さえ確保。

その男は…草場だったのです。

時矢は防弾ベストを着ていて無事でした。

 

能見が残しておいた「郵便配達に気をつけろ!」のメッセージで犯人が草場だとわかったと時矢がいいます。

てっきり藤林が女教皇だと思っていたが、リストをあらいなおしたら全員が烏丸署の留置所にはいっていたことがわかったのです。

 

 

草場は12年前、奥さんと娘をストーカーに刺殺され、その犯人もその後死亡している。

だから、2つの権利があることになり、1つめは藤林。2つめは時矢を殺そうとしたのです。

何も犯してない時矢を狙ったのは、立法の書を拡大解釈した「刑事の罪」。

 

 

刑事は被疑者を逮捕できなかったことで犯罪者を生むことがある…

「刑事の罪は誰かに裁かれるものでもなければ、それを裁いてくれる人間がいるわけでもない。自分で心に刻む込むしかない。そして、そこに罪がある限り俺達は刑事で居続けるしかないんだ」と時矢は草場にいうのでした。

 

 

事件が解決し、無期限謹慎が解けた13係。

時矢にもお咎めナシで喜ぶ佐相が報告しに行きます!

 

しかし、記憶が戻ったと思っていて報告しにいった佐相ですが、時矢の記憶は戻っていない…

このままだと奥畑の言うとおり刑事をやめなきゃいけなくなるからどうにかならないかと時矢が叔父の生田目守雄(武田鉄矢)に焦って頼むが、そこにいた奥畑に、能見の精神鑑定書を見せてしまったことを黙っていてくれたら、記憶喪失であることを黙っていてくれると言われます。

もしかしてまだ俺のことが好きなのか…とか、マンションの家賃の支払いが…とか言い合っていると

「とりあえず刑事をやめなくてよくなったのでお祝いしよう」と佐相がいい一件落着するのでした。

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』時矢の記憶が戻った…!?

時矢の記憶が戻ったかのように思えましたが、能見の言葉を思い出しただけで、20年間すべてを思い出した訳ではなさそうですね。

 

「20年間の刑事の経験と知識すべてを失うことは刑事としての死を意味する悲劇だ。歴史は繰り返される。1度目は悲劇として、2度目は喜劇として…」

というナレーションで、なんだか続きがあるような終わり方でしたね。

 

 

無事事件を解決した時矢刑事と相棒の佐相刑事。

皆さんは佐相が時矢の呼び方を毎回変えていたことを知っていましたか?

 

記憶を失う前の時矢のことを「旧時矢刑事」「ビフォー時矢刑事」「元祖時矢刑事」「モダン時矢刑事」

現在の時矢のことは「新時矢刑事」「アフター時矢刑事」「クラシック時矢刑事」「ネオ時矢刑事」といった感じで毎回違う呼び方で名前がでてきていましたね。

 

最終回は9話からお話が続いていたので時矢の呼び方は9話の時と同じ「パレオ時矢」でした!

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』を見たみんなの感想は?

終わっちゃった~
テンポよくて面白いドラマだったし、沢村さんの演技の上手さとカッコよさにまた惚れた

このドラマで瀧本美織が好きになった

藤倉刑事部長!?
やはり科捜研の女と繋がってましたね!

たった記憶は戻らなかったけど、刑事は続けられるという続編ありそうな終わり方でしたね!
面白かったので、是非続編やって欲しいです!

記憶喪失になってからと最終回でそれを思い出すところが、点と点が線に繋がったようで面白い。
しかもまさかここから被疑者に?!

記憶戻らなくて良かった~!アフター時矢刑事にまた会える!!

最後に「二度目は喜劇として」ってナレ。 続編あるってこと?期待してしまう。
始まる前は期待してなかったけど、見始めたら面白かった。
佐相さんと時矢警部のコンビ良かった。

記憶が戻らなかった時矢刑事…続編ありとみた!
知らんけど…I don’t know

刑事ゼロ、続編あるよね
そんな気がしてならない終わり方だ・・・

続編期待!i祝・DVD発売!!ありがとうございました!!続編期待!!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『刑事ゼロ 第10話(最終回)』時矢の記憶が戻った…!?あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

最終回!

まさかの犯人は留置場の看守・草場(今野浩喜)ということに驚きました。

タロットカードの意味や種類、13係の団結力が見れて、最後まで面白かったです♪

時矢の記憶はすべては戻らなかったので、もしかしたら続編があるのではないのかと期待してしまいますね^^

新米佐相刑事が成長する姿や、福知と内海コンビの今後、根本係長の出世、そして時矢の記憶がどうなるのか…

ここまでネタバレ記事を書いてきた私としては続編希望です♪

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA