孤独のグルメSeason8

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第5話』焼肉屋の店員を演じていた俳優はだれ?!ネタバレや感想、第6話のあらすじも!

一通り食べた五郎はタレにコチジャンとニンニクを入れる。

タレの美味しさも相まってご飯がどんどん進む。

スーツのジャケットを脱ぎ、ワイシャツの袖をまくり上げる五郎(松重豊)。

『一人焼肉は自分との戦いだ。この勢い疾走感、己のリズムに乗ってきたぞ』

と箸が止まらない。

肉を食べご飯をかきこむ五郎。

間に食べるキムチやスープもそれぞれ力を発揮し五郎の勢いは止まらない。

 

半ライスを追加で注文した五郎は、焼いた肉をご飯の上に乗せる。

さらにその上にキムチを乗せコチジャンとニンニクを混ぜたタレをかけ、豚キムチ丼を作り上げる。

最強最高の豚キムチ丼をかき込む吾郎。

『俺は今、腹がいっぱいになるのが切ないほどに幸せだ』

と最後に肉スープを飲み干す五郎。

『美味しいというのは今俺が生きているという証だ。心は1本の名作を見たように満ち足りている。』

1 2 3