孤独のグルメSeason8

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第6話』浅草の雷5656会館って?!ネタバレや感想、第7話のあらすじも!

2019年11月9日 テレビ東京 深夜0時52分【孤独のグルメSeason8 第6話】が放送されました。みなさんご覧になりましたか?

11月1日に放送された【孤独のグルメSeason8 第5話】で群馬県藤岡市に仕事で訪れていた井之頭五郎(松重豊)が出会ったお店は宝来軒。

ロースターで一人焼肉ができるお店でした。

五郎が注文したのは豚のロースとカルビ・牛の上カルビとご飯と肉スープ、それに白菜キムチでした。

お肉を食べては嬉しそうに微笑む五郎、その表情にこちらまでお腹がすいてきます!

 

ドラマ『孤独のグルメSeason8 第5話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです↓

孤独のグルメ Season8 テレビ東京 テレ東 ドラマ24 ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第5話』焼肉屋の店員を演じていた俳優はだれ?!ネタバレや感想、第6話のあらすじも!2019年、テレビ東京の秋ドラマである『孤独のグルメ Season8 第5話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

孤独のグルメ Season8 テレビ東京 テレ東 ドラマ24 ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ24『孤独のグルメ Season8』【ネタバレ まとめ】2019年、テレビ東京系の秋クール ドラマ24『孤独のグルメ Season8』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ24『孤独のグルメ Season8』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年11月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第6話』のあらすじ!

井之頭五郎(松重豊)は、イベント会社・鳴海社長(青空球児)との打ち合わせで浅草5656会館へ。打ち合わせを終え、何か食べて帰ろうとさまよっていると、ディープな雰囲気が漂う焼肉横丁を見つけ、突き進むことに!しかし、数多あるお店に圧倒され悩む五郎…。そんな中、浅草の風景からは浮いた異国情緒あふれる【タイレストラン イサーン】を発見!自由な店主(村松利史)に出迎えられ、「チムチュム(イサーン風ハーブ鍋)」「ナムトックムー(ローストポークのサラダ/ハーフサイズ)」「ジャスミンライス」を注文。 “サラダ”だがしっかり肉感、スパイスとパクチーが効いた「ナムトックムー」を「ジャスミンライス」のお供にし、空腹を満たす五郎。
そして、待ちに待った「チムチュム」が登場!「豚肩ロース」「鶏肉」「牛肉」「豚トロ」の、お肉の三社祭感に高揚しながら、初めての「チムチュム」を堪能する。ハーブたっぷりの爽やかなスープに、酸っぱ辛い辛ダレで食欲は加速していき、〆に「米麺セット」を追加注文!イサーンの知恵に感動しながら、「チムチュム」と出会えた幸福を噛み締める五郎であった。

公式サイトから引用

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第6話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

東京都台東区浅草へ仕事で訪れた井之頭五郎(松重豊)。

イベント会社の鳴海社長(青空球児)との打ち合わせ場所である雷5656会館へ向かう。

雷5656会館へ向かい歩き出す五郎にを人力車の俥夫が声をかける。

人力車への乗車を勧めらる五郎、断りきれず結局人力車に乗り打ち合わせ場所へ向かう。

 

 

少し恥ずかしい思いをしながら人力車で雷5656会館へ到着した五郎。

早速鳴海社長と打ち合わせを始めるが、鳴海社長の電話が何度も鳴り話がなかなか進まない。

ようやく打ち合わせが終わり雷5656会館を出た五郎は、浅草まで来たのでお参りでもして帰ろうかと浅草寺へ向かい歩き出す。

 

 

浅草寺へ向かう途中でいくつも焼肉店が並ぶ道を発見する。

ディープな焼肉横丁を見つけ腹が減ってきた五郎(松重豊)。

『よし、最高の1件を探し当てよう』と店を探し出す。

いくつものお店を見て回る五郎。『ダメだ。脳がゲシュタルト崩壊して食欲が暴発しそうだ』

そう考えながらさらにお店を探し続ける。

 

その時、1店舗だけ周りの風景から浮いているタイレストラン イサーンを見つける。

気になり店内の様子を伺う五郎。

肉料理があることを確認する五郎。

『胃袋よ待たせた。もう大丈夫、じきによき肉を入れてやる』

頷き店内に入って行く五郎。

店内も異国の雰囲気が漂っていた。

席の座りメニュー見る五郎は、別のお客さんが食べている鍋が気になり店主(村松利史)に声をかける。

チムチュムというイサーン地方のハーブの鍋だと教えられて五郎(松重豊)。

「うちね3/1くらいしかメニューに載せてないんだよ。大体のものは作れるから食べたいものがあれば言って」と店主。

それを聞き考え込む五郎。

注文をしようと顔を上げると店主の姿は無くなっていた。

 

 

「あの、イサーン地方のハーブの鍋をお願いします」と五郎。

食材を魚介か肉どちらかにするか聞かれた五郎は、迷うことなく肉を選択。

牛・豚・鶏肉と全て入れて欲しいとお願いする五郎。

それを快く承諾する店主。

 

 

『そういえば待つってどのぐらいだろう』と考える五郎。

店主に時間がかかることを言われており、どれくらいかかるのか気になった五郎は店主聞く。

30分くらいかかることを知った五郎は、ナムトックムーというイサーン地方のローストポークのサラダを追加で注文する。

『このままだと胃袋がキレる。宥めすかさないと』

 

 

店主の計らいでハーフサイズにしてもらったナムトックムーが運ばれてきた。

「いただきます」と手を合わせる五郎(松重豊)。

一口食べ、ナムトックムーの美味しさについ笑顔がこぼれる五郎。

サラダだがしっかり肉感があり、パクチーとの相性に感激する。

『これは美味しい、限界を超えた空腹がとりあえずゼロ地点に戻るぞ』と食べ進める五郎。

ローストポークのスパイシーさにそそられ鍋と共に頼んでいたジャスミンライスを先にもらう。

スパイスの効いたお肉とご飯を口へ運んで行く五郎。

美味しいナムトックムーのおかげで少しお腹がおちつく。

『さ、一気に食べ終えてイサーン鍋を迎え入れとよう』

「はい、お待たせ」と鍋を運んできた店主(村松利史)。

テーブルの上に鍋と野菜、そしてお肉の乗った皿が並べられて行く。

『きたきた、牛・豚・鶏大集結。肉の三社祭状態』と五郎(松重豊)。

「肉に載っている卵はフォークでよく混ぜて」と言い去って行く店主。

店主に言われた通り肉と卵を混ぜる五郎。ハーブのたっぷり入った出汁に野菜と肉を入れ煮て行く。

 

『お、そろそろか』と鍋から具材を皿へ取って行く五郎(松重豊)。

熱々の具材を口へ運ぶ。

『おー爽やか。この鍋爽やか美味い。』『スープがひたすら美味い。肉も野菜も普通の鍋とは全然違う表情の美味しさだ。イサーン人やるな』

辛ダレをかけて食べる五郎。辛いがこの酸っぱさがたまらないと食べる箸が止まらない。

じんわり汗をかき、ジャケットを脱ぎシャツの袖をまくり上げる。

 

鍋にお肉を入れようとすると店主に声をかけられる。

「ハーブを先に入れると香りが立つよ。春雨はサッと潜らせるだけでいいから」と言い去って行く店主(村松利史)。

『そういうの最初に言ってよ』と思いながら険しい表情をする五郎(松重豊)。

少しイラつきながらも言われた通りにして食べると美味しさが増し、つい笑顔になる五郎。

熱々の鍋を食べ終えた五郎は締めの麺を注文する。

 

米の麺を追加注文した五郎(松重豊)は早速締めの麺を作って行く。

米の麺を鍋に入れ、ニンニクオイルと卵、そしてネギを入れて煮る。

米麺を皿に取り入れ食べる五郎。

ニンニクオイルが効いて美味しいようだ。

『これ最高、たまらない。浅草でとんでもない鍋に出会えた』

麺を食べ終え満足した様子に吾郎だったが、

『締めの一次会終了。ふふふ』と鍋を見つめる。

 

 

残しておいたご飯を鍋にいて最後の締めである雑炊を作り上げ食べる五郎。

『なんて素晴らしいイサーンの知恵、祭。俺の胃袋が魂が今清められて行く』

雑炊を綺麗に食べ終え、空になった鍋を見つめ笑顔になる五郎。

『あーうまかった、大満速』と烏龍茶を飲み干す。

「ごちそうさまでした」と五郎。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

孤独のグルメ Season8 テレビ東京 テレ東 ドラマ24 ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第7話』五郎が食べてたザワークラウトって何?!ネタバレや感想、第8話のあらすじも!2019年、テレビ東京の秋ドラマである『孤独のグルメ Season8 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

浅草の雷5656会館って?!

台東区浅草にある雷5656会館。

お座敷遊びのできるお食事・宴会会場やときわホール(貸しホール)などが入っている建物です。

2階にはおみやげ売店があり、雷おこし製造体験などもできるそうです。

浅草へ行った際には雷5656会館で雷おこし作りに挑戦するものいいですね♪

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第6話』を見たみんなの感想は?

結局、人力車に乗るんだね。
ちんまり乗ってるゴローさん、可愛い。

じきに良き肉を入れてやるなんて人生を送りたい

自由に選べすぎて困るパターンw

とうとう、そんな食べるの?って心配されてる

マヂでそんなに食べるの?ってぐらいお肉を注文してたよねw
しかも、ハーフでもデカいし!!!肉を多いし!

にんにくオイルー!シメでこのパンチあるやつはやばい。 

食後のシーンなしでのエンドロールは珍しい

いつものゴロ~ゴロ~♪が流れないで終わると変な感じw

※人物画像はイメージです。

https://twitter.com/xexim/status/1192834098143752192

https://twitter.com/_tb_z/status/1193370426321162240

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

今回五郎が訪れたのは、タイレストラン イサーン。

聞き慣れない料理の名前がたくさんありましたね。

五郎が食べていた料理チムチュムの音に響きが可愛くて気になってしまいました。

チムチュムと言い切れない五郎が可愛かったですよね。

メニューも豊富にあり、メニューの載っておる料理が3/1程度と言う事にも驚きです。

お店を訪れる前にタイ料理を調べて、メニューに載ってない料理を注文してみるのもいいかもしれませんね♪

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第7話』のあらすじ

11月15日(金) 第7話
神奈川県鎌倉市由比ガ浜のドイツ風サバの燻製とスペアリブ

ゲスト:かたせ梨乃 パパイヤ鈴木

公式サイトより引用