孤独のグルメSeason8

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第9話』インドカレーと日本のカレーの違いって?ネタバレや感想、第10話のあらすじも!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年11月29日 テレビ東京 深夜0時12分【孤独のグルメSeason8 第9話】が放送されました。みなさんご覧になりましたか?

11月22日に放送された【孤独のグルメSeason8 第8話】で鳥取県鳥取市を訪れた井之頭五郎(松重豊)。

五郎が鳥取市で見つけた砂丘のオアシス、鉄板焼き屋 まつやホルモン。

そんなオアシスで五郎の目の前にできるお肉の渋滞。

その渋滞を見て幸せそうにお肉を食べる五郎がなんとも羨ましい…。

 

ドラマ『孤独のグルメSeason8 第8話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです↓

孤独のグルメ Season8 テレビ東京 テレ東 ドラマ24 ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第8話』鳥取市役所のスラーメンが気になる!!ネタバレや感想、第9話のあらすじも!2019年、テレビ東京の秋ドラマである『孤独のグルメ Season8 第8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

孤独のグルメ Season8 テレビ東京 テレ東 ドラマ24 ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ24『孤独のグルメ Season8』【ネタバレ まとめ】2019年、テレビ東京系の秋クール ドラマ24『孤独のグルメ Season8』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ24『孤独のグルメ Season8』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年11月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第9話』のあらすじ!

井之頭五郎(松重豊)は「壊れたバイオリンを修理したい」という得意先の要望で、御茶ノ水にある下倉(近藤公園)のバイオリン店を訪ねる。ところが、工房にあった馬の尾が乾燥春雨に見えてしまい、五郎は空腹に…。
土地勘のない路地でお店を探していると、「南インド料理」と書かれた看板が現れる。メニューに並ぶ「定食・軽食」というワードに惹かれ【三燈舎】に入ることに!
数多あるメニューに悩みながらも「サントウシャミールス」「ガーリックチーズ ドーサ(ハーフ)」「濃厚ラッシー」を注文。
三種類の「チャツネ」が付いてくる「ガーリックチーズ ドーサ」は、付ける「チャツネ」によって味が変わって、楽しくも絶妙な美味しさ!
“南インドの定食”である「サントウシャミールス」は、「肉のカレー」「魚のカレー」「バトゥーラ」「トーレン」「サンバル」「ラッサム」「ライス」「マサラワダ」など盛りだくさんで、最後は全部を混ぜて“南インド定食の最終系”を堪能!知らなかった南インド料理の世界に感動した五郎は「海老カレー バナナの葉包み」を追加注文。その濃厚な美味しさに最後まで大満足の五郎であった。

公式サイトから引用

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第9話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

仕事で千代田区御茶ノ水にある下倉バイオリン社を訪れた井之頭五郎(松重豊)。

五郎の得意先である喫茶店のオーナーがドイツのオークションで落としたバイオリンをリペアしインテリアとして使用したいとの依頼があり相談に来ていた。

バイオリンを確認する下倉(近藤公園)。

「なんとかなります」と下倉。

下倉は依頼を受け、五郎をバイオリン工房へ案内する。

 

工房の見学をする五郎。

下倉の好意で工房の中まで見学させて貰う。

バイオリンに使用する弓毛を見た五郎は、弓毛が乾燥春雨にしか見えなかった。

『そういえば俺、腹が減っている』と考える五郎。

お店を探すため下倉の工房を後にする。

 

 

下倉バイオリン社を出た五郎(松重豊)はお店探しに奮闘する。

坂の多い道を歩き回る五郎。

お店を見つけるも準備中となっていた。

『うーん。神保町まで歩いてカレーにするか』と五郎。

 

 

神保町までは少し距離があるため歩く五郎が通りを抜けると南インド料理の看板を見つけた。

『インドとくればカレーだ』と五郎はその店に入ることを決める。

 

 

お店の名は、SANTOSHAM(三燈舎)

階段を登り2階にあるお店へ入る五郎(松重豊)。

席につきお水を一口飲みメニューを見始める。

カレーの種類も多く、知らないメニューばかりのため悩む五郎。

南インドのカレー定食であるミールスにしようと決めた五郎は店員(石橋けい)に声をかける。

サントウシャミールスとガーリックチーズドーサのハーフ、そして濃厚ラッシーを注文する五郎。

注文した料理を待つ間、周り客の注文した料理が気になる五郎(松重豊)。

その時ラッシーが運ばれてきた。

「いただきます」と五郎。

ラッシーを一口飲みその美味しさに驚く。

 

隣にいたカップルに話に興味を持つ五郎。

そのカップルはインドと日本のカレーの違いについて話していた。

カレーの違いが気になる五郎だが、話の途中で料理が運ばれてきたためその答えを聞くことができなかった。

 

ガーリックチーズドーサが五郎(松重豊)の目の前に置かれる。

こんがり狐色に焼かれたインドクレープのドーサ。

その薄い生地にチーズとガーリックが挟まれている。

ドーサを手でちぎり口へ運ぶ五郎。

『美味い美味い。この店期待できそうだ。』

ドーサについてくる3種類のチャツネをつけて食す五郎。

それぞれ異なった味のチャツネの美味しさに食べる手が止まらない五郎。

カレースープ、サンバル(豆のカレー)を飲む五郎。

大きく切られた野菜に満足の様子の五郎。

あっという間にガーリックチーズのドーサを平らげれしまう。

 

次にサントウシャミールスが運ばれてきた。

サンバル・ラッサム(野菜のスープ)・トーレン(野菜炒め)・魚のカレー(サンマ)・肉のカレー(チキン)・パパド(おせんべい)・パトゥーラ(揚げたナン)・バスマティライス・マサラワダ(豆のコロッケ)がセットになった南インドの定食。

店員の説明を聞くが知らない名前ばかりで頭がついていかない五郎(松重豊)。

しかしカレーの美味しそうな匂いについ笑顔が溢れてしまう。

まずはカレーを食べる五郎。

日本のカレーとは違うスパイスの美味しさに笑顔が溢れる。

バドゥーラを手でちぎりカレーに浸し食べる五郎。

『んー、揚げナンナイス。おーナイスナイス、揚げナン何にでも合う』

 

甘めの味付けのトーレンの味も五郎は気に入った様子。

ナンもいいがライスが恋しくなってしまった五郎は、ライスにカレーをつけ食べる。

『ライスよごめんよ。揚げナンに浮気していたわけじゃない』

と語りかけながら美味しそうに食べ進める五郎。

サンバルとラッサムを飲み比べる五郎(松重豊)。

どちらのスープも美味しく五郎はどっちも好きなようだ。

マサラワダをスープに浸し食べる五郎。

スープとの相性もバッチリのだった。

 

食べている途中でカレーやスープをご飯にかけ、味をどんどん混ぜていくのがオススメとメニューに書かれていたことを思い出した五郎。

残っているカレーとスープを全てご飯にかけ、さらにトーレンとパパド入れ混ぜ食べて行く。

混ぜたことによりこれまでと違った味わいで、食べる手が止まらない五郎。

どんどん食べ進め皿が空になった五郎は、店員(石橋けい)に声をかける。

五郎はライスとラッシーのおかわりとえびカレーバナナの葉包を追加で注文。

運ばれてきたえびカレーをライスにかけて、食べる五郎(松重豊)。

先ほどまでのカレーと違い濃厚で汁気の少ないカレー。

その美味しさに五郎はつい笑顔になる。

『いま俺はカレーとの一対一の勝負を楽しんでいる。』

 

黙々とカレーを食べ進める五郎。

あっという間にカレーを完食しラッシーを飲み干す。

「ごちそうさまでした」と五郎。

満足した五郎は笑顔で空になった皿を見つめる。

 

 

会計後にお店を後にしようとした五郎の目に入ったのはフェンネルというスパイスとザラメだった。

店員に勧められるままそれを口にする五郎(松重豊)。

フェンネルには消化促進効果があると説明を受ける五郎。

 

お店を出て2階から降りてきた五郎。

インド式のお口直しに少し戸惑った様子の五郎、フェンネルの苦味が口に残ってしまったようだ。

『ザラメ多めにしときゃよかった』と考えながらお店を後にする五郎。

インドカレーと日本のカレーの違いって?

SANTOSHAM(三燈舎)の店内で五郎の隣に座っていたカップルが話していた、インドのサラサラカレーと日本にドロドロカレーの違い。

お話の中ではその答えを聞くことができず、気になっている方も大きのではないでしょうか?

私も気になってしまい調べてみました。

まずは日本のカレーですが、日本のルーにはスパイスの他に小麦粉や油などが入っています。

しかしインドカレーはベースとなるトマトや玉ねぎ・ニンニクなどにスパイスを加えて作り小麦粉や油などは使用しないそうです。

小麦粉などを加えていないためとろみがなくサラサラとしたスープのようなカレーになるんですね。

また日本のカレーはインドからではなく、イギリスから伝わったそうです。

インドからイギリスに伝わったカレー。

イギリスで西洋の調理法と合わさり小麦粉でとろみを付けられたルーが開発されてそうです。

それが日本に伝わり今のカレーの形になったようです。 

カレー=インドと思っていたため、インドから伝わった料理だと思っていました。

しかし日本のカレーはインドではなくイギリスから伝わった物なんですね。

 

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第9話』を見たみんなの感想は?

 

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

南インド料理を食べる五郎。

ドーサやパトゥーラを手づかみで食べていて、とても美味しそうでしたね。

南インド料理のお店はなかなか見かけることがないですが、とても興味が湧いてきました。

SANTOSHAM(三燈舎)へは行くことができないため、近くにないか探して行ってみたいと思います。

五郎のようにドーサやパトゥーラを手づかみで食べてみたいな♪

ドラマ24『孤独のグルメ Season8 第10話』のあらすじ

12月6日(金) 第10話
東京都世田谷区豪徳寺のぶりの照焼き定食とクリームコロッケ

ゲスト:きたろう 半海一晃

公式サイトより引用

ABOUT ME
shio
shio
みなさん初めまして、shioです。好きなドラマのジャンルは、医療・刑事・ミステリー・サスペンス系。コメディドラマも好きです!最近のイチオシは「アンナチュナル」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA