リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~

ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第5話』ホテルを継ぐ立木健役は誰!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年8月19日(月)に放送されたドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第5話』はご覧になられましたか?

 

今回は米倉先生の技も見れましたね~

再建者が自殺するという切ないスタートとなりましたが、引き継ぐものは一体どうなるのでしょうか。

 

 

*ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~ 第4話』はこちらです↓

リーガル・ハート いのちの再建弁護士 第4話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第4話』マドンナ社員・井上純夏役は誰!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TV東京の夏ドラマである『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~ 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはコチラから↓

リーガル・ハート いのちの再建弁護士 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~2019年、テレビ東京系の夏ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年8月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~第5話』のあらすじ!

米倉正臣(橋爪功)が再建を担当していた、ホテル経営者で同級生・立木義徳(小野寺昭)が自殺したことを知り絶句する。
以前の連絡では、銀行が体のいい貸し剥がしを始めてきたとの相談を受け、立木と明日会う予定だったという。
村越誠一(反町隆史)らと立木家を訪れた米倉は、遺書を村越に見せる。そこには銀行の厳しい条件変更の記録と、息子・健(和田正人)への思いが綴られていた。
亡き父の後を継ぐ事に戸惑う中、役員に就く健の伯父・立木繁(寺田農)が意外な案を持ち出し…

公式サイトより引用

ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第5話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

米倉正臣(橋爪功)がお土産のあんまんを持って村越誠一法律事務所の事務所にやってきた。

すると米倉の携帯に“立木の息子”から電話がかかってきた。

 

「先生、父が亡くなりました・・・」

立木の息子・立木健(和田正人)から聞いた米倉は驚く。

立木の帰りが遅いからあちこち探したら近くの林で自殺していたらしい。

 

八王子でビジネスホテルを経営していた立木義徳(小野寺昭)は米倉の高校時代の同級生でもあった。

車の中から米倉宛に手紙が見つかったと立木健(和田正人)が持ってくる。

 

 

立木(小野寺昭)が米倉(橋爪功)の事務所に相談にきたのは3年前。

真面目すぎる立木は取引先の支払いを後回しにして銀行の返済を優先していた為、資金繰りうまくいっていなかった。

米倉は1に従業員、2に取引先、3に経費・税金・公共料金、4に金融機関の順で支払いをするべきだとアドバイスをしていた。

銀行を後回しにしたら融資してもらえないのかと心配する立木。

「銀行はパートナーだ。銀行だっておんなじ人間だ」だと米倉は言っていた。

 

そして、立木ホテルは金融機関の支払いを一時停止し、取引先の支払いを優先することで信用不安を取り返し10年掛けて6億円を返済する再建案で金融機関の了承を得ていた。

3年が経過し私的再建は順調に進んでいたはずだった。

ところが・・・。

 

銀行の担当がかわり、金利を倍にあげ、毎月の返済額を増やし、息子を保証人に入れろと急に言いだしてきたと困った様子で米倉に連絡があった。

とにかく会おうと米倉と約束をした直後、立木は亡くなった。

 

米倉宛への手紙にはメインバンクから何度も呼び出され、突然金利を上げると厳しい条件変更をつきつけられていたことが日記のように記されていた。

誰も知らなかったが立木は3年前から生命保険に入っていたそうで、手紙と一緒に保険証券が入っていた。

立木は亡くなる寸前までお金の工面に走っていたそう。

それでもメインバンクは、保険を解約して返済に回せと言っていた。

もうすぐ消費者金融から400万円の手形がまわってくることになっていて、そこで心が折れたのかもしれない。

 

「知らないことばかりだ・・・自分がアドバイスしたせいで・・・もっと立木の心に寄り添うべきだった。再建が順調だとばかり思い込んでいた・・・本当に申し訳なかった」と立木の息子・健に頭を下げる米倉なのでした。

 

 

調査の為に村越誠一(反町隆史)と池田伸司(堀井新太)も米倉(橋爪功)と共に立木ホテルに立ち寄る。

ホテルの内装はボロボロで、返済に追われて客が泊まる部屋にまで手をかけられていない様子。

破産か再建かまさにその瀬戸際にあった。

 

今日は一人で泊まってゆっくり考えたいと米倉はいい、ひとり部屋の中で立木のことを思い出す。

“米倉、俺はもう疲れた。息子には俺と同じ苦しみを背負わせたくない”と立木の手紙には書かれていた。

「すまん」と米倉はつぶやくのでした。

 

生命保険免責期間数年が経過していれば自殺でも保険金が支払われる場合がある。

立木はどんな思いで死を選んだのか・・・

 

 

銀行に事実確認しにきた村越誠一(反町隆史)。

生命保険の支払いを銀行に回してと言ったこと、息子を新たに返済保証人に追加しなければ一年ごとの見直しを全額の返済を要求すると言ったのは事実か確認する。

 

「自殺に追い込んだのはあなた方です」と怒る誠一。

「本当にここまで追い込む必要があったのですか?人間にとって命より大切なものなど・・・ないはずです」

誠一(反町隆史)や米倉(橋爪功)が動き、消費者金融の取り立てを一時停止してもらうことになった。

 

立木の保険金をつかって再建の方向に進めることに。

経営者は息子の健になる。

だが不安そうな健なのでした。

立木の生命保険金でこれまでの返済、これからの再建、すべて解決したいと気合いを入れる誠一。

 

 

取締役会。

父の意志を継いで再建したいと言い、どなたかに代表になってほしいと息子・健(和田正人)がいう。

だが、誰も代表にはなりたがらず・・・。

健の叔父の立木繁(寺田農)はそろそろ潮時だと言い、破産してここをマンションにしたいというデベロッパーに売却したいと言う。

父の意志を残したいという健だが「親父にできなかったことがお前にできるのか」と繁に言われるのでした。

従業員は集客の為アイディアを出してがんばっている。

現実問題、再建できるかどうかわからなくなってきた。

立木は少しでも残る負債をなくすことで家族を守ることになる、そう考えて保険金に入った。

その思いのこもったお金を生き金にするのか、我々生けているものの務めです。

立木ホテルには多くの取引先と従業員と家族がいる。

その多くの命を救うのは我々再建弁護士です。

あとは健次第・・・

 

 

健(和田正人)は父・立木義徳(小野寺昭)イベントを提案していたが、「お前は余計なことは考えなくていい」と言われていたことを思い出し、悩んでいた。

立木の突然の死で関係者に混乱や不安を生じさせない為、急ぎバンクミーティングを開くことになった。

 

 

バンクミーティング。

スポンサーありきの再建案だと理解を求めるが、健(和田正人)を社長にしホテルをリニューアルしたいと話をする誠一。

しかし、叔父の立木繁(寺田農)が部屋に入ってきて大手デベロッパーが立木ホテルをマンション化することに興味を持っていると銀行に話していると言う。

どうやら先手を打たれたようだ・・・。

 

「周囲を巻き込み苦しむよりも潔く破産した方が立木の名にも傷がつかない」

「お前はまだ若い、新しい人生を選べばいい」と健に言う繁。

第1回バンクミーティングは完敗を期した。

 

 

立木家で話をする米倉(橋爪功)。

健(和田正人)の叔父・繁(寺田農)は役員報酬をもらって親が残してくれた家に住んで株などを運用して生活している。

繁がくると話しがこじれたり、うまくいかなくなることが多いから実務は任せられないと困っていたと立木は生前言っていたそう。

「僕やっぱり無理です、親父みたいにやっていける自信がないです。再建なんて僕にはとても・・・」と肩を落とす健。

 

米倉は破産ならいつだってできると言い、3年前・再建がうまくいった頃に立木が米倉に書いていた手紙を健に見せる。

そこには“返済が終わったら健にホテルをついでほしいと話す。それまでもうひとがんばりだ”と書いていたのでした。

「これが本当の父の意志なのですね・・・」と手紙を見ながら涙する健なのでした。

健が決意したがスポンサーは見つからず、叔父のマンション案にどう対抗するか考えていた。

「スポンサーもお金もなくてもそれでもなんとかなればいいってことですよね?」と茜(小池栄子)に言うノブと茜(小池栄子)の話を聞いていた誠一はMBOとLBOの合わせ技を思いつく。

 

旧会社から新会社に資産事業を譲渡するMBO。

そこで旧会社の担保を理由に銀行から融資を受けるNBO。

スポンサーがなくて、お金がなくても新会社で自分たちで経営ができるということ。

とにかく保険金を一円もムダにせず、すべてを解決しようと必死だった。

 

 

金銭面はどうにか解決した。

しかし、ビジネスホテルの集客の決め手がなく、何かが足りない。

村越家で茜(小池栄子)とノブ(堀井新太)もご飯することに。

ホテルのマップを開き誠一の妻・祥子(和久井映見)と祥子の母・多喜子(松本留美)も考える。

「手と足をゆっくり伸ばせるお風呂があったらいい」や「近くに神社があるから縁担ぎを売りにするとか」とアイディアを出していく。

縁起を担ぎ勝負に勝つ・・・。

立木健(和田正人)にリニューアルで大浴場を作ることを進める誠一(反町隆史)。

 

 

第2回バンクミーティング。

再建案のリニューアルの目玉は大浴場と話す。

近隣には有名な神社があり、地域を巻き込む再建を考えていると言う。

保険金が入ったのならリニューアルより返済が先ではないのかという銀行側に立木の保険金は将来の為に生き金にしたいと話す。

利息で多額の利益を得たはずだから今こそ立木ホテルに恩返ししてくれと誠一は言う。

 

繁のスマイルホーミングによるマンション案は米倉の手により無理なことがわかった。

「ホテルは必ず再建できます、どうかホテル側と弁護団を信じてもらえませんでようか」と米倉が頭を下げる。

諦めた繁は「ま、社長に任せる」と言い、銀行側も「先生、うちは大浴場に期待したいと思います」と言ってくれた。

「先生方是非とも協力させてください」と他の銀行側も頭を下げる。

 

そして順調に再建することになった立木ホテル・・・。

自分たちでできるところはみんなでリフォームすることに。

大浴場“勝ち湯”も完成した。

 

立木ホテルのBARで飲む誠一(反町隆史)と米倉正臣(橋爪功)。

カウンターで2人の前に立つ健(和田正人)。

 

いつか自分も父のようなホテルマンになって父に認めてもらいたいと思っていた健。

立木義徳(小野寺昭)は「健は我が子ながら気持ちの優しいいい男だ。ホテルの経営もサービスも俺なんかよりも遙かに能力がある」と米倉に言っていたそう。

その笑顔が本当にうれしそうだったと話す米倉。

 

「立木にとって自慢の息子だったんだよ、とっくに認めてたんだよ君のことは」と米倉。

「近い将来、予約でいっぱいのホテルにしてみせます」と誓う健。

 

立木も米倉の隣に座って息子を見守っている。

立木と乾杯するかのようにグラスに手をとり「うまいっ」と言って酒を飲む米倉なのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

リーガル・ハート いのちの再建弁護士 第6話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第6話』仮面ライダーだった2人が出演!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TV東京の夏ドラマである『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~ 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ホテルを継ぐ立木健役は誰!?

無事、息子の健がホテルを継ぐことになって安心しましね~。

不安そうなシーンや父の意志を聞いて決意をするシーンいい感じで応援したくなりました。

そこで立木健を演じた和田正人さんについて少し調べてみました。

和田 正人(わだ まさと)

生年月日:1979年8月25日
出生地:日本の旗 日本・高知県土佐郡土佐町
身長:172 cm
血液型:O型
職業:俳優、タレント
ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画
活動期間:2004年 –
事務所:ワタナベエンターテインメント

-主な作品-
舞台
『ミュージカル・テニスの王子様』

テレビドラマ
『死化粧師 エンバーマー 間宮心十郎』
『非公認戦隊アキバレンジャー』
『ごちそうさん』
『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』
『黒革の手帖』
『陸王』
『ラストチャンス 再生請負人』
『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』

wikipediaより引用

和田正人さんは2004年7月、『第1回D-BOYSオーディション』に出場し、特別賞の受賞により同年10月、D-BOYSに加入。

2005年1月、『ミュージカル テニスの王子様』の千石清純役で本格的に俳優デビューしています。

趣味は、スポーツ全般・ダーツ・カメラ。

特技は、マラソンだそうで、大学では陸上競技部に所属し、第76回箱根駅伝出場(復路9区、区間記録第9位) ・第78回箱根駅伝出場(復路9区、区間記録第5位)の記録を持っています。

2017年11月22日、タレントの吉木りささんと結婚しています。

わたしは『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の光男役の和田正人さんが面白くて好きです。

 

和田正人さんのTwitterはこちら↓↓

 

和田正人さんのInstagramはこちら↓↓

是非チェックしてみてください♪

ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第5話』を見たみんなの感想は?

5話。息子としては、保険金で再建してほしい言うても、再建できるなら自殺しないだろとジレンマがある。
保険金が自殺でもおりる免責があるて、切ないね。

熱弁が届いた

大浴場があるビジネスホテルは確かにいいねー

和久井映見と足を伸ばして風呂入りたい人生だった…

右か左か作戦。人生で使うときがあるかわからないけど、ちょっと覚えとこ

胸筋シャツで腕まくりは最高

自殺は、その家族や親しいものの心までも殺す
泣ける

感動の涙が止まらん…!

両手で握手可愛い

再建についてリアルな描写がかかれていて勉強になるドラマ

※人物画像はイメージです。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

真面目に返済しようとすることはいいことなのに、真面目だからこそうまくいかなくなるなんてなんだか切ない回でしたね~

しかも米倉先生は友人だし・・・

でも、近くに神社があって無事再建できてよかったです。

新たなパワースポットもできたしがんばってほしいです。

 

 

次回は老人介護施設の話です。

経営悪化に加え、創業家とのトラブルに悩んでいる介護施設経営者。

最大最強の敵は弁護士だった!!

弁護士人生最大の危機が誠一を襲う!?

誠一は一体どうなるのでしょうか?

次回も楽しみです♪

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA