メゾン・ド・ポリス

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』買い物コーディネーターの草介がまさかの盗聴?!あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月22日、よる10時 ドラマ【メゾン・ド・ポリス 第7話】が放送されました。

みなさんご覧になりましたか?

 

2月15日放送の第6話では、高平さんの名刑事ぶりかっこ良かったですね。

そして娘の小梅ちゃんのお父さんを思う気持ちも素敵でした。

ひよりやおじさまたちが高平のために協力して事件を解決していき、少しずつチームとしてまとまって来ましたね。

夏目が起こした事件とは、そしてひよりの家を盗聴していたのは誰なのでしょうか。

 

 

前回の『メゾン・ド・ポリス 第6話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

メゾン・ド・ポリス 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第6話』前髪で顔が見えない中松俊役の俳優さんは誰?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

メゾン・ド・ポリス ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】メゾン・ド・ポリス2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』のあらすじ!

ある日、本郷幸成(井上順)という資産家の邸宅で窃盗事件が発生した。

本郷は内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭ったようだ。

犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見・通報したという。

そして本郷は旅先で体調を崩して入院してしまい、事情聴取は拒否されていた。

公式サイトより引用

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

メゾンドポリスに配達に来た瀬川草介(竜星涼)が夏目総一郎(西島秀俊)がいないことに気づき聞きます。

夏目は休みを取り出かけており、迫田保(角野卓造)が呟きます。

「あいつが休みを取るのはこの日だけだな」

 

お墓の前で手を合わせる夏目、帰ろうとしたところへ池原美沙(荻野友里)がきます。

備えてある花を夏目に投げ美沙が言いました。

「二度と来ないで。人殺し」

 

 

資産家の本郷幸成(井上順)宅で窃盗事件が発生します。

本郷は婚約者の小倉汐里(西丸優子)と看護師の赤井美香(太田美恵)と共に箱根の別荘に行っており留守中に事件は発生。

家政婦の本宮カレン(大西芳)が出勤した際に気づき通報しますが、金庫に入っていた現金500万がなくなっていました。

 

旅先で体調を崩し入院しているため本郷には話しが聞けません。

「雲隠れか」と新木幸司(戸田昌宏)。

資産家の本郷はハデな暮らしをしており世田谷のジゴロと呼ばれていました。

また黒い噂も絶えず政財界や裏社会のフィクサーとして暗躍していると言われていました。

 

 

本郷から伊達有嗣(近藤正臣)に依頼があり藤堂雅人(野口五郎)迫田そして夏目の3人が捜査に来ました。本郷と伊達は幼馴染でした。

現場を確認する3人、こじ開けられた金庫の鍵穴には小さな傷がついていました。

金庫破りのプロは必ず自分の腕で開けるため途中から工具を使うことはないと話します。

また小さな穴が開いておりその穴には鱗粉が付着していたため伝説の金庫破りの「アゲハ」の仕業ではないかと話すと迫田と藤堂。

 

アゲハは昭和時代の有名な金庫破りで、平成の初めアゲハが盗んだ物を売り捌いていたグレイスという女性が香港で逮捕されて以来姿を消していました。

現場からは2人の足跡が発見されるが不自然でわざと足跡を残し偽装されているようでした。

またセキュリティセンサーがない窓を狙って押し入っており身内の犯行ではないかと考えられています。

 

 

本郷の提案でシェアハウスを訪れる汐里と美香、伊達に会いに来るも旅行で不在でした。

本郷には汐里や美香の他にも何人もの相手がいました。

 

他の女性と本郷のことは理解しており、カレンも本郷とそういう仲だと話す汐里。

仕事が終わり本郷宅を後にするカレンですが、帰宅中に襲われてしまいます。

「メゾンドポリスの連中と付き合うな」と間宮朝人(今井朋彦)に言われたと夏目に話すひより。

出て行くよう薦められるが、ひよりは言います。

「いつの間にかこの場所が大事になっているのに気づいた。警察とここの両方のいいとこ取りをすれば最強の刑事になれるかも」

「みんなのことも夏目さんのことも信頼している」

 

 

カレンが襲われたと連絡が入り警察署を訪れるひよりと夏目。

カレンは陸橋を歩いていた時に背中を押され欄干にしがみつき怪我をしただけで済んだのですが、犯人は見ていませんでした。

 

警察の事情聴取に応じると本郷から連絡があり条件が2つ出されます。

一つは押収した金庫の中身を全部持ってくること、そしてもう一つはひよりが1人で来ることでした。

 

本郷の病室を訪れるひより、本郷は金庫の中身を確認しますが遺言書の異変に気づきます。

カレンをメゾンドポリスで預かって欲しい、守って欲しいと話す本郷。

なぜそこまで心配するのか聞くひよりに本郷は言います「それはもちろん彼女を愛しているから」

 

 

藤堂は本郷が常用していた薬を自宅からもらって来ていました。

それを鑑定した結果、中の薬品がすり替えられておりヒ素が入っていました。

本郷は命を狙われており、薬は管理はカレンがしていました。

 

ヒ素の入手ルートを確認すると、カレンではなく美香が入手した物でした。

また事件の夜、本郷宅近くのコンビニの監視カメラには箱根にいるはずの汐里の車が写っていました。

汐里と美香の2人が自首してきます。

 

 

遺産目当てでヒ素入りカプセルを飲ませようとしていたと話す汐里は、遺産が入ったら分け前をもらう約束をしていたと話す美香。

窃盗に入った本当の狙いは遺言書に汐里の名前が書かれているかを確認することでした。

名前が書かれていたことを確認した後、それがバレないように現金を盗んでいました。

また藤堂が薬を調べている事を知り罪を被せるためにカレンを自殺に見せかけ殺そうとしていたのです。

 

ヒ素のことが本郷にバレており交換条件として自首したと話す汐里と美香。

本郷は本当にあなたの事を愛していたのでしょうかと聞くひより。

「本郷に愛なんてあるわけない」と話笑う汐里と美香。

 

 

事件が解決したがそれを不審に思うひより、そこへフィリピンへ行っていた伊達が帰ってきました。

30年前に逮捕されたグレイスの国籍はフィリピンで、カレンもフィリピン出身でした。

カレンがアゲハなんですかと聞く藤堂。

 

「アゲハは私の中に深く残っている事件」と伊達。

今回の事件はアゲハと関係があるんですね、とひよりが話しているとチャイムがなります。

ひよりが出るとそこには本郷が立っていました。

挨拶に来たと話す本郷にひよりが話し出します。

「アゲハの正体はあなたですよね。本郷さん」

 

汐里と美香は本郷との交換条件で自首したと話ていましたが、2人は真実と違うことを話していました。

遺言書を確認するために金庫を強引に開けたが、そこには遺産はカレンに渡すと書かれていたためカレンを殺そうと襲っていたのでした。

 

カレンを本当に愛していた本郷、カレンは愛人ではなく娘だったのです。

それを隠すのを条件にお金を渡し2人に自首させていたのでした。

 

本郷は手元に戻って来た遺言書が開かれている事に気づき、汐里と美香が窃盗の犯人だと気付いたのでした。

本郷は自分の遺産目当てにカレンの命が狙われるのを守るため、そして過去を背負わせたくなかったため、娘という真実を隠し続けていました。

 

30年前逮捕されたグレイスはアゲハの正体を黙秘したまま獄中で亡くなっていました。

カレンはグレイスの娘でそれを確かめるため伊達はフィリピンへ行っていたのでした。

 

昔取り合った大きな黒アゲハを憶えているかと話出す伊達、金庫の中にあるが鍵をなくしたと話します。

「あれは綺麗だったなぁ・・みたいな」と話す本郷は、金庫に穴をあけ鱗粉を使い金庫と会話しながら開けていきます。

金庫を開けると中には、黒アゲハの標本と1枚の写真が入っていました。

 

 

「やっぱり1番綺麗だ」と写真を見て言う本郷。

「どうするの」と伊達に聞きます。

「死ぬまで知られたくない秘密、誰にだってあるさ」と伊達。

 

「最強の刑事になりたいんだろう、お前が決めろ」とひよりに言う夏目。

「窃盗罪の公訴時効は7年、警察にはもう何もできません」とひより。

それを聞き静かに頭を下げる本郷。

 

 

スナック完落ちで楽しそうに歌い踊るおじさまたち。

「気心知れた仲間と余生を過ごす伊達ちゃんが羨ましい」と本郷が言うと伊達が答えます。

「ここだっていろいろある。僕だっていつ毒を盛られるかわからない。これも自業自得だから」

夏目が警察を辞めた理由を聞いたと松岡沙耶(西田尚美)からひよりに電話がきます。

 

ひよりは夏目の元を訪れ話します。

「警察を辞めた理由を聞きに来ました」夏目が警察を辞めた理由。

それは3年前に夏目が事情聴取をした池原慎吾が自殺したことが原因でした。

池原慎吾はひよりの父親と同じ高遠建設の社員で建設現場から転落死していました。

 

「池原慎吾さんも建設現場からの転落死、父と同じ状況です。それも本当に自殺だったんですか」

「夏目さんは何か知っているんですか。私の父や池原さんは誰かに殺されたんじゃないんですか」

 

メゾンドポリス には盗聴器が仕掛けられていました。

話を聞く男性は瀬川草介でした。

 

「俺は何も知らない」と夏目。

ひよりの父の死体検案書を見る伊達。

資料には池原慎吾の死因は自殺と思われる旨の報告が記されていました。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

メゾン・ド・ポリス 第8話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』舘林桃香役の住田萌乃って誰?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

買い物コーディネーターの草介がまさかの盗聴?!

いつもニコニコ元気よく商品の配達にくる、買い物コーディネーターの瀬川草介。

あの笑顔にいつも癒されています。

気づけば一緒にリビングでお酒を飲んだりカラオケをしたりと楽しそうに過ごしていました。

最近ではひよりとお酒を飲みに行ったり、愚痴なども聞いてもらっていたりと仲良くなって来たな~と思っていたのですが…。

 

第7話の最後に、いつもの草介と違う姿が。

メゾンドポリスに仕掛けられていた盗聴器。

それを草介はなぜ聞いていたのでしょうか?!

 

今回のお話では分かりませんでしたが、来週のお話で草介の目的を知ることが出来るのででしょうか。

 

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』を見たみんなの感想は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第話』買い物コーディネーターの草介がまさかの盗聴?!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

回は30年前に自分の事を守ってくれた最愛の人をいつまでも大切に想い、そして娘には自分が父親だという事を隠しながらも愛情を注ぐ父親のお話しでしたね。

財産目当てでいろんな女性から命を狙われるなんて、凄すぎて想像ができませんが…。

本郷と再会した時のカレンがすごく幸せそうでした。

父親だという事実を知らなくても2人の間にはしっかりとした愛情があるんですね。

 

 

今回のラストシーンいろんな事が起こりすぎて驚きましたね。

いつもとは違う雰囲気の草介。

彼は何をしていたのでしょうか。

そして夏目はひよりの父親の死について本当に何も知らないのでしょうか!?

 

 

さて、次回のお話は、藤堂が誘拐され、犯人は1億円を要求。

しかしそれはお金ではなく1億円の価値のある情報だと言う犯人。

それはいったいどんな情報なのでしょうか。

 

そして、メゾンドポリスに住むおじさまたちが知っているひよりの父親の死に関する事とは?

ABOUT ME
shio
shio
みなさん初めまして、shioです。好きなドラマのジャンルは、医療・刑事・ミステリー・サスペンス系。コメディドラマも好きです!最近のイチオシは「アンナチュナル」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA