メゾン・ド・ポリス

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』舘林桃香役の住田萌乃って誰?!あらすじやネタバレ、感想も!

2019年3月1日、よる10時 ドラマ【メゾン・ド・ポリス 第8話】が放送されました。

みなさんご覧になりましたか?

 

2月22日放送の第7話の最後は、牧野ひより(高畑充希)が夏目惣一郎(西島秀俊)へ父親や池原慎吾の死の真相を知っているのかと問い詰めていました。

夏目は何も知らないと言っていましたがひよりは疑っているようでした。

 

メゾン・ド・ポリスに盗聴器を仕掛けていた瀬川草介(竜星涼)。

何のために盗聴しているのか、そして草介の正体が気になりますが今回のお話で真実はわかるのでしょうか。

 

 

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

メゾン・ド・ポリス 第7話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』買い物コーディネーターの草介がまさかの盗聴?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

メゾン・ド・ポリス ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】メゾン・ド・ポリス2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』のあらすじ!

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。中にはスマホが2台入っていた。電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。

公式サイトより引用

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

池原慎吾(関幸治)の妻の美砂(萩野友里)に声を掛ける牧野ひより(高畑充希)。

父親が慎吾と同じように亡くなったこと、そして警察には事故か自殺と言われていることを話します。

 

ひよりが夏目惣一郎(西島秀俊)と父親のつながりに気づいたこと、そして美砂と接触していたことを鴨下篤(ヨシダ朝)へ報告する瀬川草介(竜星涼)。

「これ以上首を突っ込まれるのは面倒だ。組織を守るためだ、手段を選ぶな」と鴨下。

 

 

メゾン・ド・ポリスには、母親がフリージャーナリストをしている館林桃香(住田萌乃)が来ていました。

母親から話を聞きオレオレ詐欺にあった祖父のために犯人を捕まえて欲しいと依頼に来ていました。

チャイムが鳴り夏目が玄関へ行くと宛先など一切書かれていない小包が置かれており誰もいませんでした。

突然電話が鳴ったため小包を開け夏目が出ると相手は話します。

 

「藤堂雅人を誘拐した。1億円用意しろ」箱の中には2つのスマホがあり、もう一つのスマホに送られてきた画像を見ると血を流す藤堂が写っていました。

受渡し時刻は17時、約束の時間まで30分しかありません。

「お前何者だ」と夏目。

「とある組織に属している人間だ。俺だよ俺。あんたらならわかるだろう」

 

犯人はスマホのカメラで監視し、携帯や電話などを使用できないようにするよう指示します。

カメラの前から動かないこと、止む終えず離れる場合は1分以内に戻ってくること、そして外では仲間が見張っている、警察に通報すれば藤堂を殺すと話します。

 

1億は現金でなく、1億の価値のあるものを準備しろと話す犯人。

箱の中身が不審なものでは困ると高平厚彦(小日向文世)が桃香をキッチンに避難させており、桃香の存在を犯人は知りません。

おじさまたちが話しかけるが何も答えない犯人。

その時玄関のチャイムが鳴りドアが叩かれます。

 

しつこくドアが叩かれ、余計なことをされたら困ると中に入れるよう指示する犯人。

犯人の指示で夏目が玄関へ向かうと、そこにはひよりと美砂がいました。

3年前の捜査資料を見て会いに行き、ひよりは美砂と一緒に高遠建設の事件を調査していました。

 

犯人の指示で携帯の電源を切るひよりと美砂。

高平が経緯をひよりに話していると犯人が言います。

「ものでなく1億の価値のある情報だ。」

ひよりは桃香が携帯を持っていることを知り、犯人を騙しキッチンへ向かいます。

桃香の持つ携帯は母親と祖父と祖母にしか掛けられない携帯でした。

母親に連絡して警察へ届けてもらうことにしたひより、迫田が犯人から届いた写真から監禁場所を割り出していました。

それを桃香の母の真琴(東風万智子)に伝え警察に通報するよう依頼します。

 

藤堂が講演の後に拉致されたこと、そして参加者名簿が藤堂の部屋にあることを知った夏目。

カメラの前に戻るとボヤ騒ぎを起こします。

消火器の消化剤をわざとスマホのカメラにまでかけレンズを塞ぎ、その隙に藤堂の部屋で名簿を確認する夏目。

 

桃香の携帯へ犯人から電話が掛かってきました。

警察に通報した後心配になり近くをうろついてい真琴は犯人見つかり捕まっていました。

「藤堂の代わりになってもらう」と話した後銃声が鳴り響きます。

すると射殺された藤堂の写真が送られてきました。

 

「資料を出せ。高遠建設に関する資料だ」と犯人。

犯人の目的は高遠建設の事件の真相が載っている資料でした。

「高遠建設の事件について知ってるんじゃないですか」とひよりは話し、部屋の中を探しだします。

棚の中を探していくひより、その中の1つの扉が開きません。

「そこはダメ」と高平に言われ必死で開けようとするが開きません。

その時伊達が言います。「私です。高遠建設と関わっていたのは」

 

伊達が持ってきた資料は、警察資料と雑誌の切り抜きだけでした。

他にも持っている情報を出さなければ真琴を殺すと犯人。

「本当にもう持ってません。疑うなら探しに来たらいかがですか、館林真琴さん」と伊達。

 

これが狂言誘拐だということにおじさまたちは気づいていました。

真琴は高遠建設の記事を書いたジャーナリストで、講習会の参加者名簿に真琴の名前があることがわかり犯人だと気づいたのでした。

 

脅迫や監禁罪になると話す迫田、ひよりが言います。

「館林真琴さんは犯人ではありません」

 

犯人が家の構造を知っており、また藤堂が知らない人と協力して死んだふりをするわけもない、俺たちのことをよく知っている奴が首謀者だと話し夏目は言います。

「お前が犯人なんだろう。牧野」

ひよりは美砂の紹介で真琴と出会い、真琴が調べ上げた高遠建設の情報を聞き伊達が天下りで高遠建設にいたことを知ります。

「真相を聞き出すため、刺し違える覚悟でここにきた」とひより。

医師より余命宣告を受けていた美砂の希望を叶えようと、高遠建設の闇、そして父親や慎吾の死の真相を伊達が知っているのではとひよりが事件を企てたのでした。

ひよりは狂言誘拐のため藤堂も騙し写真を撮っていました。

 

「知ってるんですよね。教えてください」とひより。

高遠建設の建設現場で不審死があり亡くなったのはひよりの父の牧野直人(水橋研二)でした。

十分な証拠がなく事故で処理されたが気になっていた伊達は事件の真相を探るために高遠建設へ天下りしていたのですが2年で退職し真相は分からないままでした。

 

「なぜ戸棚を見せてくれなかったのか。本当は全員で何か隠してるんじゃないですか」とひより。

夏目が戸棚の鍵を開け戸を開くと、雛人形が入っていました。

小遣いを出し合い、ひよりのために買ったと話す高平。

 

伊達が夏目とひよりをメゾン・ド・ポリスへ呼んだのは、事件の真相を見つけられるかもしれないと考えたからでした。

「このチームなら、いつか高遠建設の闇を暴くことができる。一緒に真相を追ってくれませんか」と伊達がひよりに言いますが、

「わかりません、どうしたらいいのか。人を疑えって言ったのはみなさんじゃないですか」

 

 

カバンから退職願を出し見つめるひより、その時突然車に押し込められます。

騒ぐひよりですが聞き覚えのある声に顔をあげると、それは草介でした。

 

草介に連れられ港に着くと鴨下が待っていました。

鴨下は警察組織の内部調査をする、警視庁人事第一課の監察官でした。

そして草介も警察官で高遠建設と警察の癒着を探るため潜入捜査をしていました。

 

メゾン・ド・ポリスへ2年潜入しており、監視・盗聴を行なってきた草介は伊達と夏目を疑っていると話します。

これ以上関わらないようにとひよりの退職願を破く鴨下。

 

 

自宅に戻り仏壇の父親と母親も前に座るひより。

これまでのメゾン・ド・ポリスでのこと、おじさまたちの言葉そして教えてくれたことを思い返します。

 

部屋中を探し回るひより、盗聴器を見つけ草介に話しかけます。

「あなたたちのことは秘密にします。でも私はメゾン・ド・ポリスのリーダーでもあるから仲間を信じます。一緒に事件の真相を突き止めます」

「宣戦布告かよ」と草介。

 

メゾン・ド・ポリスへ向かい、おじさまたちに謝り頭を下げるひより。

ひなあられを出し捜査会議をしながら一緒に食べてもらえませんかと話すひより。

「このチームで高遠建設の事件を追うことにしました。異論はありませんか?異論は?」とひより。

「なし!」とおじさまたち。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

メゾン・ド・ポリス 第9話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第9話』事件の黒幕 野間仁を演じるのは佐野史郎!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、TBSの冬ドラマであるドラマ『メゾン・ド・ポリス 第9話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

舘林桃香役の住田萌乃って誰?!

今回のお話でメゾン・ド・ポリスへオレオレ詐偽の犯人を捕まえて欲しいと依頼に来ていた館林桃香ですが、ジャーナリストである母親に頼まれおじさまたちを巻き込む芝居をしていましたね。

そんな舘林桃香役をしていた、住田萌乃ちゃんを紹介したいと思います。

 

2008年生まれの萌乃ちゃんは現在10歳。

周りの大人たちにも劣らない演技でしたね。

 

2013年5歳にドラマデビューした萌乃ちゃん、翌年にはNHK連続小説「マッサン」に出演し表情や仕草など感情表現が豊かと話題になったようです。

憧れの女優さんは芦田愛菜さんで、演技に感銘を受け女優を目指したそうです。

そんな芦田愛菜さんとはデビューした年に共演を果たしているようです。

 

芦田愛菜さんの演技に感銘を受けたのが3歳の時らしく、その年齢で演技を見て感動する感受性を持っていること驚きです。

萌乃ちゃんの感受性はすごいですね、今後の活躍が楽しみです。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』を見たみんなの感想は?

https://twitter.com/0419ybjo15711/status/1101484424510599169

https://twitter.com/harumitsuki1214/status/1101481115821330433

ドラマ『メゾン・ド・ポリス 第8話』館林桃香役の住田萌乃って誰?!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

父親の事件の真相を探るためにひよりは、狂言誘拐を企ておじさまたちを脅迫して真相を確かめようとしてしまっていましたね。

こんな事件を起こすほどひよりは追い詰められていたのかと思うと切なくなってしまいました。

 

「人を疑え」と言われおじさまたちのことも信じられなくなった様子のひよりですが、一緒に事件を解決し色々なことを教わったことを思い出し、またおじさまたちを信じることができたようでしたね。

おじさまたちのことを信じ協力し父親の死の真相を確かめることができるのでしょうか。

また草介が警察官だということに驚いた方もいたと思いますが、感づいていた方も多いのではないのでしょうか。

 

草介に宣戦布告したひより、2人の今後の関係も気になります。

 

 

さて、次回ついに最終章に突入します。

おじさまたちと高遠建設について調べることにしたひより。

ひよりの父親や池原の死の真相に近づいていきますがそれを邪魔する人たちが現れます。

ひよりそしておじさまたちは、彼らとどう戦っていくのでしょうか。

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
shio
shio
みなさん初めまして、shioです。好きなドラマのジャンルは、医療・刑事・ミステリー・サスペンス系。コメディドラマも好きです!最近のイチオシは「アンナチュナル」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA