ミラー・ツインズ

ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』細かいシーンにも注目!!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

ドラマ『ミラー・ツインズ』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

最新のくわしい情報は下記からご確認ください。

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

 

2019年4月6日(土)に放送されたドラマ『ミラー・ツインズ 1話』はご覧になられましたか?

双子の片方が誘拐され20年が経ち、片方は刑事、片方は犯罪者として登場しドキドキしましたね~。

どちらの藤ヶ谷太輔さんもカッコイイ!!

 

というわけで今回の記事ではドラマ『ミラー・ツインズ 1話』のネタバレを書いていきたいと思います♪

 

 

ちなみにドラマ『ミラー・ツインズ』のくわしい情報はこちらです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』の主演は藤ヶ谷太輔!キャスト・あらすじ・放送開始はいつ?東海テレビ・WOWOWの2019年春ドラマ『ミラー・ツインズ』のあらすじやキャスト、放送開始日などの情報をまとめた記事です。...

ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』のあらすじ!

資産家の息子・ケイゴとユウゴは双子の弟と兄。真面目なケイゴとは反対にユウゴは奔放な性格だった。その日、公園で遊んでいた時も、ケイゴは時計を見て「もう帰ろう」と言った。ユウゴは聞かず「勝手にしろ」と公園の奥に向かう。ユウゴを置き、ひとり家路を急ぐケイゴ。まさかその直後に、ユウゴが誘拐犯に拉致されるとは思いもせずに――20年後、30歳になった葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)は警視庁捜査一課の刑事になっていた。兄・勇吾の誘拐事件は未解決のまま捜査は打ち切り…行方どころか生死さえ分かっていない。自分の手で真相を明らかにしようと刑事になった圭吾だったが、そんな圭吾を捜査一課の同僚・赤城(渡辺大)は疎ましく思っていた。警察官でありながら誰よりも警察を信用していないのが圭吾だと――

そんな中、圭吾の父・栄一(佐戸井けん太)がテレビ番組で20年前の事件の情報提供を呼びかける。有力な情報には私的に懸賞金を支払うと言う栄一。
その額、1億円。
「私たち家族は諦めません。必ずどこかで勇吾が生きていると信じています」
圭吾も父と同じ気持ちだった。勇吾の遺体は見つかっていない。遺体がない以上、生きていると信じる。圭吾にとって唯一心を許せる恋人・里美(倉科カナ)との仲がなかなか進展しないのも、勇吾を見つけるまでは、という思いが強かったからだった。
「私……いつまで待てばいい? 圭吾はいつまで苦しめばいいの?」
里美の言葉に、20年前の悔恨を思い出す圭吾。あの時、なぜ勇吾をひとりにしてしまったのか。なぜ自分は助かってしまったのか――
圭吾と同じように、20年前の事件のことを引きずり続けているのが、当時捜査に当たった所轄刑事の皆川(高橋克典)と、現・捜査一課長の久能(石黒賢)だった。忘れられぬ未解決という悔恨。20年前の事件に縛り付けられている男たち。皆川は圭吾に苦しくもらす。「俺たちは一生解けない呪いにかかってる」と――

そんな中、一件の殺人未遂事件が起こる。
刺されたのは番組を見て情報提供をしようとした無職の男・田島(濱津隆之)。たまたま近くにいたことで第一発見者となった圭吾だったが、現場に残されていた犯人の毛髪のDNA鑑定によって驚くべき事実が浮かび上がる――

公式サイトより引用

ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

「20年前、僕たちはいつも一緒だった。同じ食事、同じ勉強、同じ遊び、そう、鏡のように…」

「同じ人生がこれからも続くと思っていた…あの日までは」

葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)はテレビで放送されている特番を見ている。

それは、20年前行方不明になった当時10歳の双子の兄・葛城勇吾のことだった。

 

公園でキャッチボールをする葛城圭吾(浅川大治)と葛城勇吾(浅川大治)。双子の兄弟である。

まだ遊びたがる勇吾だが、門限を気にして先に帰る圭吾。

その圭吾の横を怪しいワンボックスカーが通りすぎるのでした…

 

誘拐された勇吾の身代金の受け渡しは、圭吾に持たすよう犯人から指示があった。

身代金を持って受け渡しの場所に行く圭吾。

電話ボックスにかかった来た電話を取り、犯人の指示通り圭吾は歩道橋の上で鞄の中を確認でもさせるように鞄を持ち上げ回転。

そのあと歩道橋の上からバッグを落とすと、走ってきた黒ずくめのバイクが拾って去って行くのでした。

 

警察はバイクの手掛りもつかめず、身代金を奪われたまま犯人からの連絡が途絶え、誘拐された勇吾の安否もわからないまま20年が経つのです…

身代金目的の誘拐の場合、公訴時効は15年だが、父・葛城栄一(佐戸井けん太)は勇吾を諦めておらず特番に出演する。

 

母・葛城春江(中村久美)があと半年の余命宣告をうけており、最後に勇吾に一目合わせたい気持ちでいるのでした。

栄一は勇吾の発見に繋がる有力な情報提供者には私的懸賞金最大1億円を出すとテレビで公開するのでした。

 

現在の圭吾は刑事になっており、そのテレビを見ていた同僚の赤城克彦(渡辺大)が圭吾に嫌味をいう。

赤城は、圭吾から警察を信用していないオーラが出ているらしく、圭吾のことを気に入らないといいます。

その夜、圭吾が仕事の帰り道、誘拐現場だった公園を通りすぎると叫び声がします。

急いで公園に戻ると血まみれの男(濱津隆之)がで倒れています。

男は「もしもし、田島です。葛城勇吾について情報が…」と言ったあと、何者かに襲われたのでした。

 

緑坂警察署の捜査会議では、田島の事件は通り魔的な犯行だと断定されていた。

被害者田島は鋭利な刃もので胸部を刺され重症。

一命を取り留めたが意識は戻らず…

田島の右手に毛髪がにぎられており、DNA鑑定を依頼しているとのこと。

捜査報告をする圭吾に「気がきかねーな、お前があそこで捕まえてくれりゃこっちまで所轄まででばらなくてよかったのによ」と赤城が言うのでした。

 

 

捜査会議が終わり、皆川耕作(高橋克典)と久能詩織(武田梨奈)に挨拶をして家に帰る圭吾。

恋人の白石里美(倉科カナ)とちょうど会い、一緒に家に行く。

 

「昨日みたよ、特番…」という里美。

 

「勇吾くん本当に生きてるのかな…」という里美に

「遺体は見つかってない」と顔が強ばり

「勇吾のこと…忘れるわけにはいかないんだ」と圭吾。

 

「そういい聞かせてるのよ」という里美に

「これは俺達家族の問題だから」という圭吾。

 

里美は「わたし、いつまで待てばいい?圭吾はいつまで苦しみ続ければいいの?」と圭吾を見つめる。

「あのとき、勇吾を一人にしなければ…俺だけ先に帰ったりしなければ…」という圭吾に

「圭吾のせいじゃない、自分を責めないで」という里美なのでした。

意識不明の田島の調査をする皆川と詩織。

田島はお金に困っていたらしく、特番でやっていた誘拐事件の懸賞金目当てで情報提供したという情報を手に入れました。

目を覚ました田島に犯人のことを覚えているか声を掛ける赤城。

そこに圭吾が駆けつけ、田島は20年前の情報提供者だと赤城に話すと、田島が圭吾をみて目を見開き、指をさす。

不思議に思う圭吾と赤城。

 

「彼はあなたを助けた刑事です」と赤城がいうと田島は首を横に振る。

ずっと指を刺す田島に「あなたを襲った犯人が彼だと言いたいんですか?」というと縦に首を振る。

驚く圭吾は、勇吾のことを思いだし、病室から飛び出していくのでした。

そして、鑑識課に行き、坪井不二子(富山えり子)に自分の毛髪をわたし、DNA鑑定をしてほしいとお願いをする。

 

 

圭吾の母・春江の病室では、父・栄一に葛城家の資産管理をしている弁護士・尾見門丞(温水洋一)が1億の懸賞金なんて聞いてないと慌てた様子で言ってくるのでした。

実家で父と話をする圭吾。

見覚えないがないのに田島が犯人は自分だと言っていると話し、勇吾が生きているかもしれないと父にいうと、自分の兄を殺人未遂の犯人だと思っているのかと言われる。

もし犯人とDNAが一致したら勇吾は生きている…

 

事件があった公園を圭吾が通ると、皆川が一人で捜査していた。

「20年前ここからずべては始まった。ほとんど呪いだな。時効が過ぎて法律は事件を追うことを辞めた。だが、俺達の心は問い続けている。辞めるわけにはいかない。ずっと縛られ続けている。あの日から、そしてこれかも…」

「俺たちは一生解けない呪いにかかっている。だがな圭吾、お前は俺達と違って若い。もう少し自分を大切にしろ」という皆川。

「皆川さんには感謝しています。捜査が打ち切りになってからも勇吾を探して続けてくれたのは皆川さんだけですから。俺も皆川さんみたいな刑事になりたいです」という圭吾。

 

「俺は所轄のしがない刑事、お前は捜査一課のエリートだ」

「お前はお前の人生を生きる権利がある。お前が幸せになったて勇吾くんは文句を言ったりしない。お前の幸せなすがたをみせるのも大切な親孝行じゃないか」と皆川に言われるのでした。

圭吾が家に帰ると里美が待っていた。

「今日はごめんね、わたし自分の気持ちばっかり…わたしもただ待っているだけじゃなくて、圭吾を支えられる人にならないと」という里美。

「里美ごめん、勇吾が辛い目にあったのに俺だけが笑うわけにはいかないってずっと里美に甘えてた」と里美を抱きしめる圭吾。

「20年だよ、圭吾だって十分苦しんだ、誰も圭吾のこと責めたりしない。だから笑って」と優しく微笑む里美。

「圭吾が笑ってくれたらわたし幸せだから」という里美なのでした。

 

そんな中、父が交通事故起こして死亡。

車が一番の趣味で運転が得意だった父が事故を起こすなんて考えられない。

「事故じゃなかったとしたら何なんだ」という皆川の言葉に「呪いです」という圭吾。

「勇吾が生きているかもしれないって父を動揺させるようなこと言ったから俺が殺したんだ…俺が父を…」と言い後悔する圭吾なのでした。

 

 

母の病室にいく圭吾。

「お父さん、勇吾の居場所がわかったのね、だから会いにいったのよ」と涙を流す母なのでした。

 

葬儀などが落ち着いて里美と川原を歩く。

「勇吾くんが生きているかもってどういう意味」と里美聞かれる。

「勇吾が生きていたら呪いから解放される。たとえ犯罪者だろうと生きてさえいれば…ただそう思いたかったのかもしれない」という圭吾。

そこに、毛髪のDNA鑑定を頼んだ坪井から電話がかかってくる。

鑑定の結果は99・998%一致!

容疑者のDNAと圭吾のDNAが一致したのです。

「勇吾が…勇吾が生きている…俺とDNAが同じ人間は世界にひとりしかいない。間違いない」という圭吾。

 

里美のアドバイスで勇吾の情報を聞きに被害者の田島に会いに病院に行くと、見張りの警官が廊下で倒れており、田島は人工呼吸器が外され心臓が停止していた。

駆けつけた赤城が圭吾の胸ぐらをつかみ「お前、田島に何をした」という。

そこに医者が来て田島は人工呼吸器が外されていたのが原因で亡くなったという。

赤城にDNAが一致したことを話すと「たしかに荒唐無稽だが筋は通る。だがもうひとり田島を殺した可能性がある人間が…葛城、お前だ」と圭吾を疑い連行するのでした。

 

その頃、里美は自分の家に帰る。

玄関には男物の靴…

電気をつけ声をかける。

 

「ただいま~また砂糖いれすぎてる…勇吾」

そこにいたのは勇吾なのでした!

 

「ようやく俺の復讐が始まる」という勇吾。

背中の右側に傷がある勇吾は里美と体を重ねるのでした。

 

「俺達はいつも一緒だった、同じ食事、同じ勉強、同じ遊び、そして同じDNA。でも俺達は犯罪者と刑事。正反対の人生を歩んでいた」と勇吾。

部屋の壁には、盗撮された圭吾の写真が貼られていいたのでした…

 

ネタバレの続きはコチラから↓

ミラー・ツインズ 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』20年前の圭吾・勇吾を演じているのは誰!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOWの春ドラマである『ミラー・ツインズ 2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

細かい部分にも注目!!

みなさん、お気づきでしたしょうか?

勇吾の似顔絵公開のシーンの情報欄が、勇吾役をしている藤ヶ谷太輔さんと同じだったようです!

 

圭吾と勇吾のコップも持ち方が一緒など、こんな細かいシーンにも目を向けると見ていて楽しくなりますね♪

ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』を見たみんなの感想は?

ミラー・ツインズ、面白いわ。
これは見よう

ミラーツインズ1話から展開がすごくて最高におもしろかった!
でも1話からあんなに濃厚なシーンはあるって知ってたけどびっくり

展開に戸惑ってたけどマジで同じ人の演技とは思えんな
藤ヶ谷太輔  ほんと演技うまいというか
違う人として見てる自分にびっくりしたわ!

圭吾のコーヒーの飲み方独特過ぎる

何でそんな飲み方なの?そんなふうに最初持っちゃったから?って思ったけど、双子の癖なのね…

太輔くんの生年月日と一致

芸が細かいな~~!!!
誕生日ガヤさんと一緒じゃん~!

キスシーンよりも甘党な勇吾にすごくキュンとした

衝撃展開すぎて言葉でん(笑)
彼女さんが一番極悪なのでは!?(笑)

ミラー・ツインズ勇吾と圭吾、格好いいですね
ハラハラドキドキです!!
続きが気になりますね

※人物画像はイメージです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』の見逃し配信は?

ドラマを見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

FODは月額制の動画配信サービスですが、新規登録後に無料で視聴できるお試し期間がありますので、それを上手く活用してどういった作品があるかをチェックするといいですね^^

ちなみにFODでドラマ『ミラー・ツインズ』は、FODプレミアム対象作品となっており、月額959円で配信期間内、何度でも見放題となっています♪

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

まとめ

ミラー・ツインズ始まりましたね!

圭吾と勇吾が同じ藤ヶ谷太輔さんとわかっているけど、本当に双子に見えてきました。

勇吾は20年間どうしていたのか気になりますね。

 

里美は何なの!?と少し恐怖を感じましたが…圭吾も勇吾もカッコイイ♪

 

 

次回は、勇吾の復讐劇の幕が上がるようです。

 

もう一つの現実を見せてやっているだけだという勇吾。

勇吾がいなければ、今のわたしはいないという里美。

追い詰められる圭吾の運命はどうなるのでしょうか。

 

次回も楽しみです♪

関連商品情報

created by Rinker
¥650
(2019/10/21 10:29:51時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA