ミラー・ツインズ

ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』20年前の圭吾・勇吾を演じているのは誰!?あらすじやネタバレ、感想も!

ドラマ『ミラー・ツインズ』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

最新のくわしい情報は下記からご確認ください。

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

 

2019年4月13日(土)に放送されたドラマ『ミラーツインズ 第2話』はご覧になられましたか?

早速、気になっていた誘拐犯と里美の裏の顔がわかりましたね~。

情報提供者の田島が犯人だったことにビックリです。

 

*ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』はこちらです↓

ミラー・ツインズ 第1話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第1話』細かいシーンにも注目!!あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOWの春ドラマである『ミラー・ツインズ 1話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ドラマ『ミラー・ツインズ』のネタバレまとめはこちらです↓

【ドラマ ネタバレ まとめ】ミラー・ツインズ2019年 東海テレビ・WOWOW共同制作のフジテレビ系 春クールドラマ『ミラー・ツインズ』のネタバレ記事、見逃し配信、動画配信情報をまとめています。...

ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』のあらすじ!

20年前、誘拐された葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)は生きていた。
そんな中、双子の弟・圭吾(藤ヶ谷太輔/二役)に疑いが向くような状況で謎の男・田島(濱津隆之)が殺害されてしまう。犯行現場に残された毛髪のDNAが圭吾のものと一致し、圭吾は同僚の赤城(渡辺大)から尋問を受けることに。一方、圭吾を良く知る所轄刑事・皆川(高橋克典)は、圭吾の犯行だと示す状況証拠が揃いすぎていることに疑問を抱いていた。もし犯人が圭吾でないとしたら――皆川は詩織(武田梨奈)とともに独自に調べを進めようと里美(倉科カナ)のもとを訪ねる。圭吾に殺人容疑がかかっていることを知り驚く里美は、圭吾が「勇吾が生きているかもしれない」と言っていたことを皆川に告げる。一卵性双生児はDNAは同じ…だが、明確に違うものがある。「指紋です。もし犯行現場に圭吾さんのものと違う指紋が残されていたら」詩織の言葉に、里美の表情がかすかに翳り――

公式サイトより引用

ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

20年前…

誘拐された勇吾(浅川大治)はスーツケースに入れられ、倉庫らしき場所へ連れてこられる。

犯人は男3人。

その中の1人に田島(濱津隆之)がいた。

 

そこには、1人の女の子がいて本を読んでいた。

犯人の内の1人・吉崎(奥野瑛太)の娘らしく、エリ(矢崎由紗)と呼ばれる女の子は勇吾を見張っていろと言われる。

 

エリが勇吾に家に帰りたいか聞くと勇吾は「別に」と言う。

「いてもかわらない、みんな圭吾が好きだから…」という勇吾に「わたしもかわらない、いてもいなくても…」というエリ。

エリと話するところを吉崎に見られ、勇吾が殴られる。

吉崎はエリの本当の父親ではないようです。

 

何もすることのないエリは本を読んでいる。

兄妹が警察から逃げる物語らしく、その兄妹の名は“白石健太郎と”“白石里美”…。

 

「逃げる?この本みたいに?」というエリ。

近くに置いてあったナイフで縛られていた勇吾のテープをほどく。

「一緒に逃げる?その本みたいに…」という勇吾。

そこに、吉崎が入って来て、勇吾の縛られていたテープが解かれているのに気づく。

エリが持っていたナイフに気づくと吉崎はエリを殴る。

勇吾は「やめろー」と叫ぶのでした。

目が覚めた20年後の葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)…

「おはよう勇吾」と白石里美(倉科カナ)に言われ、「おはようエリ」と勇吾は里美に言う。
里美の本当の名は「エリ」らしい。

 

勇吾と里美ことエリは一緒に暮らしている様子。

勇吾みたいに捜索願いが出てないからエリが働いているらしい。

「悪いな」という勇吾に「勇吾がいなければ今の私はない、勇吾は私のすべてだから」というエリ。

「今日、こっちは予定通りに動く」と言う勇吾なのでした。

 

 

田島を殺害した容疑で、葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)は赤城克彦(渡辺大)に取り調べをされている。

自分ではないと訴えるのですが、信じてもらえないのでした。

 

圭吾を心配している所轄刑事・皆川耕作(高橋克典)は、まるで真犯人が圭吾だと誘導するように証拠が揃いすぎていて話が出来すぎているという。

皆川は20年前、圭吾と何度も公園に足を運んでいるらしく、勇吾を置いて先に帰った自分を攻める圭吾に「勇吾くんの為に勇吾くんの分も何ができるのか、これからをどう生きるのか考えよう」と励まし、高校生になった圭吾はどうしたら警察官になれるのか皆川に聞いていたのでした。

「あんなに真面目でまっすぐな奴はほかにいない、絶対に人を殺すような奴じゃない」という皆川。

「だとしたら被疑者は一人しかいませんね、葛城勇吾です」という久能詩織(武田梨奈)なのでした。

取り調べ室では「生きているか死んでかわからないような男と今目の前にいる男、どっちの方が犯人の可能性が高いと考える?お前ならどっちの可能性にかけて捜査する?」という赤城に

「僕ではありません、言えるのはそれだけです」といい事件の捜査に戻ろうとする圭吾。

「その必要はない」という赤城。

 

圭吾は外されたらしい…

「当然だろう、お前は今被疑者なんだから」と赤城が言い椅子に押し戻すのでした。

 

自分の家に忍び入った勇吾は、父の仏壇の前でポケットから袋に入ったハンカチを取り出すとそのハンカチには血がついていたのでした。

里美の職場を訪ねる皆川と詩織。

「里美ちゃん、刑事さんが…」という野宮清美(村上知子)の言葉に顔をしかめる里美でしたが、皆川のことを知っているようでした。

圭吾が取り調べを受けていることを聞かされた里美。

圭吾が何か言っていなかったと聞かれる。

圭吾に勇吾の話を聞かされていたが、知らないふりをする。

 

詩織が一卵性双生児はDNAが一緒でも指紋が違うということを話すと、里美の表情がかすかに翳るのでした。

皆川と詩織が鑑識に話を聞きにいくと、病室の取手には圭吾の指紋があるが、人工呼吸器には残っていないことが判明し、不審に思う2人なのでした。

 

 

勇吾は誘拐された緑坂南公園を通り20年前を思い出していた…

 

勇吾を逃がそうとしたエリに暴力を振るう吉崎を、勇吾は後ろから「ヤメロ!」と止めるが「言ったよな、殺されたくなかったら逃げるなって」と投げ飛ばされ「本気で殺すぞ」とナイフと突きつけられる。

突き飛ばされたときに割れた硝子で吉崎の首を刺し、エリの手を引いて逃げる。

 

「人殺しだ俺…」と落胆する勇吾に「違う。わたしを守ってくれた」と抱きしめるエリ。

エリに警察に行くように言う勇吾だが、エリは「一人にはなりたくない、逃げよう2人で」といい児童養護施設「大地の子の家」に“白石健太郎”と“白石里美”として入るのでした。

投げ飛ばされたときにできた背中の傷が痛む勇吾。

誘拐計画の時に使われていたと思われる携帯を持ってきており、「タジマシュウジ」から着信が鳴り、携帯をとる。

 

「おい、逃げられると思うなよ、2人共顔しってるんだからな」と田島。

「こっちだって知ってるんだぞ、お前の名前…。全部お前らが悪い、お前らのせいで俺たちは…。吉崎の次はお前だ!おまえたち全員ぶっ殺してやる!」と電話を切り、「許さない、絶対に…」とつぶやく勇吾なのでした。

 

 

バーでは、皆川と詩織が、圭吾と話ができるよう便宜を図ってくれないか詩織の父・久能源一郎(石黒賢)に頼む。

そう簡単に受け入れられないらしく「この20年何故救えなかったのか自分に問い詰めてきた。なのに勇吾くんが生きていたかもしれないなんて…」という源一郎に、

「私も同じ想いですよ、我々にはこの真実と向き合う責務がある、一課長そう思いませんか」と皆川がいい、時間をくれないかと頼むのでした。

 

 

一課長・源一郎のおかげで圭吾と話ができることになった2人は、圭吾の元へ向かうが、廊下で赤城に嫌味を言われます。

その赤城に連絡が入り文書が届く。

そこには「田島を殺した犯人を知っている」と書かれた文字と葛城家の写真が添えられており、赤城は葛城の家のガサ入れの礼状を出すよう部下に指示するのでした。

 

 

取り調べ室では皆川と詩織が圭吾から話を聞く。

「僕のなかで確かな答えが一つあります。僕が警察官だということです。たとえどんな真実であれこの手で突き止めるそれが僕の使命だって…」と強くいう圭吾。

「わかった、お前をここから出す、捜査を続けよう」という皆川。

「え、でも僕は外されたんじゃ…」という圭吾に「関係あるか、捜査から外されても、たとえ打ち切りになっても、俺達は警察官だ、他に理由がいるか」という皆川なのでした。

葛城家の前では、尾見門丞(温水洋一)弁護士のもと、葛城家に家宅捜査に入る赤城と捜査員。

家に入るのを野次馬と一緒にみていた里美は「予定通り、家宅捜査が入ったよ」と勇吾に言うのでした。

 

葛城家で血のついたハンカチを見つける赤城…

そのハンカチは、里美が圭吾の部屋から持ってきて勇吾に渡し、勇吾が田島を殺害したときにハンカチにわざと田島の血をつけたのでした。

圭吾の指紋と田島の血液がついたハンカチが証拠になり、圭吾に逮捕状が出る。

家に帰った圭吾は勇吾との写真を見つめ、里美に電話をかけるが取らず…

里美の職場にいってみるが、今日は休みだと言われる。

家に戻る途中、皆川からので電話で自分に逮捕状が出たことを聞かされた圭吾は家に来ていた赤城たちを見て逃げる…

 

家で料理をしている里美ことエリに、「これ、調達した。少しは足しになるだろ」と実家から盗んできたお金を渡す勇吾。

「このお金は使えない。十分じゃない、圭吾に罪を着せるだけで…」というエリ。

「罪を着せたんじゃない、こうなるべきだったんだよ!ただ、たまたま俺だっただけだ。あの日誘拐されたのが逆だったとしたら、圭吾も俺と同じ道を歩んでた。もう一つの現実を見せてやってるだけだ。知っているんだろお前、あいつの本性…」と怖い顔でエリに言うのでした。

 

 

逃げる圭吾…

「20年前のあの日、僕たちの運命は2つに分かれた…そして今、僕はまた運命から逃れようとしていた…」

「そう、あの日のように…運命に背を向け僕は逃げた」

 

20年前…

勇吾が公園で男たちに捕まり、口にガムテープを貼られ車の前でスーツケースに入れらるところを圭吾は見ており、助けを求める勇吾を見捨て、逃げていたのでした…

 

ネタバレの続きはコチラから↓

ミラー・ツインズ 第3話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第3話』ついに圭吾と勇吾が再会!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOWの春ドラマである『ミラー・ツインズ 3話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

20年前の圭吾・勇吾を演じているのは誰!?

なんと、20年前勇吾が誘拐されるのを目撃していた圭吾…

1話では目撃していないと言っていましたよね??

様子がおかしかったのは目撃していたからなのでしょうか。

 

そして、勇吾が誘拐されるシーンはドキドキしましたね~

エリを助け、一緒に逃げる姿や復讐すること叫ぶシーンなどは幼い姿ながらかっこよく見えました。

 

20年前の圭吾・勇吾を演じている浅川大治くんの演技も本当に双子に見えました!

そこで、浅川大治くんについて少し調べてみました。

浅川大治 (アサカワダイジ)

生年月日:2008年06月24日
所属:テアトルアカデミー
趣味 特技:アメリカンフットボール

公式プロフィールより引用

出演していたドラマは・・

この世界の片隅に 第1話 – 周作(幼少期)役
ハケン占い師アタル – 上野(幼少期)役
ごめん、愛してる – 律の幼少期役
大貧乏 第5話 – 翔太の同級生役

などがあります。

 

浅川大治くん、まだ情報は少ないのですが、2016年頃からバンバン活躍しているみたいですね。

10歳でアメリカンフットボールが趣味だなんてカッコイイです!

「この世界の片隅に」でも女の子の手を引いて逃げていたシーンがありましたね。

 

浅川大治くんの圭吾と勇吾の一人二役。

これからもどう違うのか楽しみです!

ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』を見たみんなの感想は?

めっちゃ面白かった!
今回展開早くて時間早かったー!

藤ケ谷の悪役なかなかいいね。想像できなかったが結構はまってる

やべー勇吾が里美に迫ってたシーンゾクゾクしたわぁ

子どもの誘拐シーン、演技でも怖い・・・

二人だけの秘密とか何かを一緒になし得た男女の絆は深いっていうもんなあ

こんな頃から2人で生きてきたんだね涙
正義感の強さは、きっと勇吾のが大きいんだ
これからどうなるんだろ…
可哀想…

勇吾にしてみれば見捨てたくせに正義感振りかざして刑事になりやがってって感じだよね

渡辺大のウエスト位置が尋常じゃない高さだねw

渡辺謙の息子めっちゃスタイルいいなー!!

音楽がいいね。切なく盛り上がる感じ

※人物画像はイメージです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』の見逃し配信は?

ドラマを見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

FODは月額制の動画配信サービスですが、新規登録後に無料で視聴できるお試し期間がありますので、それを上手く活用してどういった作品があるかをチェックするといいですね^^

ちなみにFODでドラマ『ミラー・ツインズ』は、FODプレミアム対象作品となっており、月額959円で配信期間内、何度でも見放題となっています♪

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

まとめ

今回は誘拐されてからの勇吾のことがわかり、里美との関係もわかり面白かったです。

田島が犯人の1人だったことと里美(倉科カナ)がエリという女だったなんて驚きました~!

勇吾の為に一緒に復讐しているんですね。

吉崎から逃げたあとも、エリがいるから自分の家に帰らず一緒にいたのかなとか考えてしまいました。

20年前圭吾がどうして目撃していないと言ったのかも気になります…

 

次回は、田島殺害の容疑で逮捕状がでた圭吾は捜査員から逃れ、姿を消すようです。

あと一人の誘拐犯を狙う勇吾は、20年前自分を置いて逃げた圭吾が許せない様子。

里美をめぐる複雑な三角関係はどうなるのでしょうか。

次回も楽しみです♪

関連商品情報

created by Rinker
¥638
(2019/05/23 15:57:45時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA