ミラー・ツインズ

ドラマ『ミラー・ツインズ 第3話』ついに圭吾と勇吾が再会!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

ドラマ『ミラー・ツインズ』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

最新のくわしい情報は下記からご確認ください。

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

 

2019年4月20日(土)に放送されたドラマ『ミラーツインズ 第3話』はご覧になられましたか?

 

ついに圭吾と勇吾が再会しましたね~。

どうなるか見てるこっちがハラハラしました。

エリが養子だったことも驚きました。

 

まだまだ知られざる過去がありそうです。

 

*ドラマ『ミラーツインズ 第2話』はこちらです↓

ミラー・ツインズ 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第2話』20年前の圭吾・勇吾を演じているのは誰!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOWの春ドラマである『ミラー・ツインズ 2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ドラマ『ミラー・ツインズ』のネタバレまとめはこちらです↓

【ドラマ ネタバレ まとめ】ミラー・ツインズ2019年 東海テレビ・WOWOW共同制作のフジテレビ系 春クールドラマ『ミラー・ツインズ』のネタバレ記事、見逃し配信、動画配信情報をまとめています。...

ドラマ『ミラー・ツインズ 第3話』のあらすじ!

20年前の誘拐事件の犯人の一人、田島(濱津隆之)殺害の容疑で圭吾(藤ヶ谷太輔)に逮捕状が出る。全ては裏で繋がっていた勇吾(藤ヶ谷太輔・2役)と里美(本名・吉崎英里)(倉科カナ)が仕掛けた罠だったのだ。間一髪、皆川(高橋克典)の手で取調室を抜け出した圭吾は、赤城(渡辺大)ら捜査員から逃れ、姿を消す。
刑事から一転、殺人事件の逃亡犯として潜伏することになった圭吾。逮捕状請求の決め手となったのは田島の血が付いた圭吾のハンカチが実家から見つかったことだった……圭吾のハンカチを持ち出せる人間は限られているが――

公式サイトより引用

ドラマ『ミラー・ツインズ 第3話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

田島の殺害容疑で逮捕状が出て、逃亡する葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)。

ネットカフェで受付をすると、店員が圭吾の顔を見て「少々お待ちください」と裏にいき、先日放送された20年前誘拐された双子の勇吾の顔と同じか確認する。

悟った圭吾はその場を去り、帽子を購入し変装するのでした。

 

 

勇吾の前だけエリでいる白石里美(倉科カナ)と葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)は、ご飯を食べている。

勇吾の箸の使い方が上手く褒めると、誰と比べているかと不機嫌に言い「エリの役目は葛城圭吾を心配することだろ」と言われる。

勇吾に言われ、エリが里美として圭吾に電話してみると、圭吾は自分に逮捕状が出たが無実だと言い、疑いはすぐ晴らすからと携帯の電源を切るのでした。

「まだ捕まってはいないみたい」とエリが勇吾に報告すると「そりぁそうだろう、昔から逃げ足だけは早いから…」と20年前、誘拐される自分を圭吾が置いて走り去ったことを思い浮かべる勇吾なのでした。

 

 

逃亡中の圭吾は、公衆電話から皆川耕作(高橋克典)に電話する。

葛城家から見つかった田島の血痕がついたハンカチは、圭吾が言っていた通りの柄で、圭吾の私物だということと、田島の証拠品から妙な地図が見つかったことを聞くのでした。

 

鑑識課ではその妙な地図が、何の地図なのか久能詩織(武田梨奈)と坪井不二子(富山えり子)が一生懸命覗き込む。

ライトを当ててみると「1998」と書かれた数字の跡をみつけ、「例の誘拐事件!」と坪井がつぶやくのでした。

 

 

港の船に隠れていた圭吾は、葛城家の弁護士・尾見門丞(温水洋一)に連絡をとり、プリペイド携帯と食料を受け取る。

尾見門は圭吾の味方だといい、無実の証拠を我々で徹底的に集めるよう圭吾を励ます。

問題は証拠品として出たハンカチ…

圭吾のマンションに入れる誰かが仕組んだもので、マンションに入れるのは限られているんじゃないかと尾見門が言うと、圭吾は何か思うことがあるのでした。

バーで会う、皆川と一課長の久能源一郎(石黒賢)。

田島の地図から白骨化の遺体がみつかり、それが吉崎誠(奥野瑛太)のもので、ちょうど20年前から所在がつかめてないという。

20年前ということが気になる源一郎…

 

殺された田島は20年前の犯人を知っていると情報提供しようとしていた。

「ただの偶然ですかね」と皆川。

 

源一郎「20年前のあの事件は終わっていなかった…」

皆川「我々がやり残したことを果たせるとしたら…」

源一郎「今かもしれませんね」

と酒を飲みながら吉崎の写真を見るのでした。

 

 

吉崎の遺体が発見されたことをテレビでみるエリ。

「やっぱり田島たちが埋めていたんだ…」と、勇吾のことまでバレたりしないか心配するエリ。

「心配いらねぇよ、俺達以外に20年前のことを知っているのはあと海野だけだ」と言いながら壁に貼ってある海野の写真にマジックで×をつける勇吾。

「この男の居場所さえつきとめれば、俺の復讐は終わる…」と言うのでした。

 

 

皆川と詩織は、吉崎の元妻・笹岡紗代(黒沢あすか)の元を訪ねる。

DVが原因で吉崎と20年前に離婚していたらしい。

「エリは…エリは無事なんですか?」と聞く紗代。

 

当時子供がいなかった吉崎夫婦は養子縁組でエリを引き取ったが、吉崎の暴力がひどく紗代はエリを置いて出て行ったのでした。

離婚後は一度も会っていないという紗代ですが、持っていたエリの写真を見せるのでした。

エリという女の子がいた情報を得た皆川と詩織は、圭吾にこっそり会い、見覚えがあるか聞くが、圭吾はないという。

もし生きていたら、圭吾と勇吾と同じ歳だとわかるのでした。

 

仕事の休憩に入った里美に、知らない番号から電話がかかってくる。

圭吾のプリペイド携帯からだった。

心配する里美に「出逢ったときのこと覚えてる?俺達が初めて…」という圭吾。

「もちろん、わすれるわけないよ。圭吾は私の命の恩人なんだから」という里美。

 

里美はある晩、圭吾を待ち伏せし、自分の腕をナイフで切りつけ、襲われたふりをして助けてもらい、後日助けてもらったお礼にと職場でオムライスをごちそうしたのでした。

 

「運命だったのかもしれない、子供の頃からオムライス好きだったし」

「里美…里美に出会えて本当によかった。そう思ってる」という圭吾。

「うん…わたしも」と里美。

「じゃあまた」と電話を切り、浮かない顔をする里美に店のオーナー・野宮清美(村上知子)が心配する。

「仲良くしてよー里美ちゃんがいつうちを使ってくれるか楽しみにしてるんだから」と結婚式をすることを楽しみしている野宮の言葉に、戸惑う里美なのでした。

 

 

里美ことエリが家に帰ると、勇吾がパソコンをひろげ「【懸賞金】葛城勇吾くん誘拐事件【一億円】」というサイトで特番の懸賞金狙いでみんなが議論しているといいエリに見せる。

 

 

「なかなか優秀だよこいつら」と笑う勇吾。

「あーあ、なんかあっけねーな、あとは海野だけだろ、この日が来るのを20年も待っていたのに、いざとなったらあっという間に復讐が終わっちまうな」という勇吾。

「終わったら?復讐が済んだら?そのあとは?」とエリ。

「復讐のためだけに生きてきたからな、考えたことないな」と背を向ける勇吾なのでした。

 

逃亡中の圭吾は、携帯で撮った今までの里美の写真を見て寒い夜を過ごすのでした。

朝、コーヒーを入れたエリですが、勇吾にシュガーを出すのを忘れる。

「ねぇ、何もかも終わったら、どこか遠いところにいかない?」とエリが勇吾にいう。

そのとき圭吾からかかってきて、モバイルバッテリー買ってきてほしいと頼まれるのでした。

 

橋の下で圭吾に会い、モバイルバッテリーとコーヒーを渡す。

「圭吾が殺人なんて起こすはずないのに…」という里美。

「これは罰なんだきっと。20年前、あのとき誘拐されたのが俺だったら俺が勇吾と同じ運命を辿っていたはずだ、だから今俺は罰を…」と圭吾。

「罰を受けるようなこと、圭吾は何もしていない」という里美に「ずっと隠していた、ずっと言えなかった…俺は逃げたんだ、20年前のあの日。俺は臆病者だった、心の奥で罪悪感があるんだ、俺だけが幸せになることに対して。これを乗り越えることができたら前にすすめる気がする、それまで待っていてほしい。考えているから、俺達の将来のこと…」と言い里美から去る圭吾。

 

里美が反対側に歩き出すと、「あいつブラックなんだ、コーヒー」と勇吾が現れる。

驚く里美ことエリに「圭吾と間違えた?さっき家で」とシュガーを出し忘れたことを言う。

「あいつに結構なこと言ってんだな、将来のこととか」という勇吾に「騙すための芝居だから」と戸惑いながら言うエリ。

「本気にしちゃったわけあいつのプロポーズ?それもアリかもとか思った?」と淡々という圭吾に「まさか」とエリ。

 

怖い顔で近づき「だったら何で、さっき復讐が終わったあとのことなんか話たりしたんだよ、この20年、ずっと復讐のことだけを、2人でそれだけのことを考えてきただろ、同じ気持ちじゃなかったのかよ」という圭吾。

 

エリ「わかってくれていると思ったのに、勇吾はわたしのすべてだって」

勇吾「俺が死ねって言ったら…死ぬのかよ」

エリ「勇吾がのぞむなら」

勇吾「だったら証明してみせろよ」

と言ってエリの前から去って行くのでした。

尾見門に協力してもらい、入院している母・葛城春江(中村久美)に電話をする圭吾。

もしかしたら勇吾が生きているかもしれないということを春江に伝える。

「犯罪者かもしれないんだ、それでも会いたい?」と春江に聞くと「圭吾は?会いたくないの?」と聞かれる。

 

「わからない、会ってみないと…」という圭吾。

「私は会いたいわ。勇吾がどうであれ、あの子の母親だもの」と春江。

圭吾が「うん、勇吾は俺達のか…」と言いかけたとき、見回りをしている警察官を見かけ電話を急いで切って逃げるのでした。

 

捜査している赤城のもとに「田島を殺した犯人の居場所を知っている本日15時緑坂南公園にて」というタレコミがあったといい、緑坂南公園付近に待機している警察官たち。

皆川は「20年前を思い出すなー、待つことしかできない歯がゆさを」と言い、犯人が現れるのを待つのでした。

 

圭吾の電話がなり「今日午後3時に会えるかな」という里美。

「うれしかった圭吾の気持ち。だから力になりたい」と言って3時に会うことに。

電話を切り、オムライスを食べる勇吾に「これで満足?」と言うエリ。

「ああ、ごめんなお前を疑ったりして」とエリにキスをするのでした。

 

 

里美との待ち合わせに向かう圭吾は、今通っている道を20年前、勇吾と通っていたことを思い出す。

非通知でかかってきた電話を取ると「20年ぶりかぁ」という電話主。

「誰だ」と戸惑う圭吾。

「本当に似ているな声も背格好も」という声に周りを見渡すと、川の反対側に黒いパーカーでフードを被った男が歩いている。

「圭吾、よく2人で通ったよなここ」と男がフードをとり走りだす。

帽子を取る圭吾…川の向こうには勇吾がいた。

川をはさみ電話で話す2人。

 

「鏡の前に立っている気分だな。田島を殺したのは俺だ。全部俺がやった。俺が憎いか?」という勇吾。

「よかった、生きていてくれて。ずっと謝りたかった。あのとき俺が助けを呼んでいれば」と圭吾。

「かわってないな、そんなに自分の気を晴らしたいか?謝って楽になりたいか?お前は逃げた。俺を見殺しにしたんだよ。これは俺の復讐だ。今度はお前が苦しめ、俺のかわりに罰をうけろ」という勇吾でしたが、

「断る、ずっと無事を祈ってた、ずっと帰りを待っていた、なのに俺達家族を裏切った。罰を受けるのはお前だ勇吾」と圭吾がいう。

 

「誘拐犯はあと1人…見つけ次第俺がこの手で殺す」と言う勇吾に「そうはさせない、俺がお前を捕まえる」と圭吾。

「これが最後かもな、お前と会うのは」と電話を切り、走り去る勇吾を追いかける圭吾。

 

その様子をみていた里美は複雑な気持ちでいた…

「考えているから、俺たちの将来のこと」という圭吾。

「俺が死ねっていったら死ぬのか」という勇吾。

 

勇吾を追いかける圭吾を遠くから見つめる里美なのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

ミラー・ツインズ 第4話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第4話』圭吾vs勇吾2人を演じるのは1人!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOWの春ドラマである『ミラー・ツインズ 4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ついに圭吾と勇吾が再会!?

ついに、圭吾と勇吾が対面しましたね!

20年ぶりという再会ですが、観ていてハラハラしました。

 

藤ヶ谷さんの演技が上手くて、本当に別人のよう!!

次回どうなるか楽しみですね。

ちなみに圭吾と勇吾の見分け方は・・

警察官(ケイさつかん)の圭吾【ケイゴ】。

誘拐された(ユウかいされた)勇吾【ユウゴ】。

 

圭吾はオールバック風の髪型でさわやか風。

勇吾は髪をおろし、声も低い感じでクール風。

 

圭吾はコーヒーブラック。

勇吾はコーヒーにシュガーを多めに入れます。

 

勇吾の背中には20年前エリを助けた時にできた傷があります。

 

 

そして、白石里美とエリは同一人物で・・

圭吾の前では里美。

勇吾の前ではエリ。

ということになっています。

 

共通点やちょっとした違いを探すのも楽しみ方の一つですね♪

ドラマ『ミラー・ツインズ 第3話』を見たみんなの感想は?

まだ3話めなんだね
色々濃いわ、このドラマ

話にして圭吾と勇吾が会うと思わなかった、見る度に展開が知りたくなる、毎週が楽しみ

点と線が繋がり始めましたー、石黒高橋コンビも渋くていいなぁ…

繋がっていくたびに悲しくなる…

シリアスなシーンでの
シュガーは笑っちゃうww
そして圭吾は無糖だったw

勇吾にコーヒー出したとき圭吾のこと考えてたんだろうな

けっこう嫉妬するのかと思ったけど嫉妬より裏切りが怖いのかもね

勇吾と圭吾が対面した時、怖かった…全然違う人だった。
双子だけど生きた環境が違うからか顔が違う人に見えた…

里美も辛いだろうな
圭吾と勇吾との板挟みだね

双子が20年ぶりに再会したのに悲しい再会過ぎて。藤ヶ谷くんの演技力が上手いと思った

※人物画像はイメージです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』の見逃し配信は?

ドラマを見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

FODは月額制の動画配信サービスですが、新規登録後に無料で視聴できるお試し期間がありますので、それを上手く活用してどういった作品があるかをチェックするといいですね^^

ちなみにFODでドラマ『ミラー・ツインズ』は、FODプレミアム対象作品となっており、月額959円で配信期間内、何度でも見放題となっています♪

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

まとめ

今回はなんだか、「今、里美なの?エリなの?」と感じるシーンがたくさんありましたね。

だんだん気持ちが揺れているのでしょうか。

 

勇吾が嫉妬しているようにみえたのですが、エリに裏切られるのがこわいんでしょうね~。

エリが養子だったことも気になりますね。

 

次回は二重関係の終幕のようです。

 

もうすぐ復讐が終わるという勇吾。

里美を信じる圭吾。

揺れる思いの里美ことエリ。

 

加速する復讐の狂気!

圭吾は勇吾を止められるのでしょうか。

プロポーズする圭吾に里美の返事が気になり、次回も楽しみです♪

関連商品情報

created by Rinker
¥650
(2019/10/22 16:42:29時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA