ミラー・ツインズ

ドラマ『ミラー・ツインズ 第7話』衝撃の真実満載!?あらすじやネタバレ、感想も!

ドラマ『ミラー・ツインズ』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

最新のくわしい情報は下記からご確認ください。

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

2019年5月18日(土)に放送されたドラマ『ミラーツインズ 7話』はご覧になられましたか?

またまた衝撃のラストシーンでしたね~。

「えー!!お母さ~ん!」と叫びたくなりました。

 

*ドラマ『ミラーツインズ 第6話』はこちらです↓

ミラー・ツインズ 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ 第6話』黒幕の正体がついに…!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOW制作のフジテレビ系春ドラマである『ミラー・ツインズ 6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

 

*ドラマ『ミラーツインズ』のネタバレまとめはこちらです↓

【ドラマ ネタバレ まとめ】ミラー・ツインズ2019年 東海テレビ・WOWOW共同制作のフジテレビ系 春クールドラマ『ミラー・ツインズ』のネタバレ記事、見逃し配信、動画配信情報をまとめています。...

ドラマ『ミラー・ツインズ 第7話』のあらすじ!

海野(湯江タケユキ)殺しの実行犯・山沢(新羅慎二)が自殺に見せかけ殺された。疑念を抱いた圭吾(藤ヶ谷太輔)は独自に捜査を始める。
一方、皆川(高橋克典)と勇吾(藤ヶ谷/二役)はついに事件の核心に辿りつこうとしていた。勇吾にとある写真を見せる皆川。「この男が、20年前の誘拐事件の黒幕だ」そこに映っていた人物は――警視庁捜査一課長・久能(石黒賢)だった――
すぐにも久能への復讐を実行しようとする勇吾を、皆川は押しとどめる。相手は捜査一課長、証拠は何もない。無策で太刀打ちできる相手ではない、と。

そんな中、久能もまた、真実を再び闇に葬り去るために動き出す。赤城(渡辺大)を呼び出した久能は、警察内部にいる内通者の存在を明かす。葛城勇吾に協力している人間が必ず警察内部にいる、と。「誰も信じるな。裏切り者を一人残らず突き止めろ」

事件は20年前から繋がっている――それが圭吾が導き出した答えだった。
圭吾は病床の母・春江(中村久美)を訪ねる。当時のことで、どんな些細なことでもいいから気になったことはないか、と春江に尋ねる圭吾。そこで聞いたのは春江の怨念とも言える警察への恨みだった――春江から当時の警察とのやりとりを録音したテープが残っていることを聞いた圭吾は急ぎその内容を確認するが――

公式サイトより引用

ドラマ『ミラー・ツインズ 第7話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

山沢を殺した犯人と20年前の黒幕は久能源一郎(石黒賢)…

娘・詩織(武田梨奈)の病室で20年前のことを思い出す源一郎。

詩織の病気は今の日本では手のほどこしようがないと医者に言われ、弱っている詩織をみて涙するのでした。

 

 

詩織に話かけられ現実に戻る。

犯人は捜査情報を知りうる人間だと聞いたという詩織。

源一郎は「実は以前から、葛城勇吾の協力者が警察内部にいる疑いがあったんだ」といい病室を出るのでした。

 

 

葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)は20年前に勇吾が誘拐された公園に行く。

すべてあの日から始まっている…

 

 

どこかの部屋で「何でこいつが山沢を…」と不思議がる葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)。

口封じの為殺したのだろうと、勇吾をかくまっている皆川耕作(高橋克典)が言う。

源一郎は昔、暴力団と接触する視察官、マル暴だったらしい。

20年前、身代金の強奪に成功したのは捜査情報が漏れていたから…

 

目的は身代金。

当時源一郎は、多額の手術費用を必要としていたからだと推測する。

ナイフをとり「久能に復讐する」と家を出ようとする勇吾を、「時効はすぎ、俺たちの手元にあるのは状況証拠だけだ」と止める皆川。

「俺には証拠は必要ない」という勇吾を「丸腰のお前が太刀打ちできる相手じゃない」となだめる皆川なのでした。

 

屋上にいる源一郎。

赤城克彦(渡辺大)が来て吉崎エリのことを話し、葛城兄弟はエリを通じて捜査情報を共有していた可能生があると言う。

「誰も信じるな、警察内部の裏切り者をひとり残らずつきとめるんだ」と赤城にいう源一郎なのでした。

 

 

20年前の誘拐事件の資料を読み返している圭吾。

圭吾は20年前、勇吾の誘拐を目撃していたが、当時の捜査員だった源一郎に「誰か怪しい人を見かけなかったか」と言われても首を横にふっていたのでした。

「20年前の誘拐犯・海野を殺した山沢、その山沢を殺した捜査情報を知る誰か…誰だ…」と資料のページをめくると、「葛城春江は度々捜査員と接触し、捜査情報について訪ねる」と書かれた文を見つけたのでした。

 

 

母・葛城春江(中村久美)の病室に顔を出す圭吾。

今追っている事件が勇吾の事件と関連しているからと、20年前のことを聞く。

「私、ずっと恨んでいた警察のこと…10歳の子供ひとり救えなかった。私、警察の人たちを責めでもしないと正気でいられなかったわ」と言い、当時捜査の指揮をとっていたのは久能源一郎だということがわかった。

その時録画したテープや資料が今でも家にあると春江がいうのでした。

 

一方、捜査一課のOBと会ってきた皆川も、源一郎は自ら志願して誘拐捜査の指揮をとったという情報を得る。

源一郎が黒幕であることは確かなのだがしかし、それを証言する方法がない…「方法ならある」と勇吾が言うのでした。

葛城家で当時の録音テープをみつけた圭吾。

20年前、犯人をとり逃した源一郎を責める春江の声。

まだ10歳の勇吾を心配し泣きながら訴える春江を「全力をつくします、勇吾くんを無事に連れ戻して誘拐犯ひとり残らず捕まえる為にも…」と源一郎の慰める声…。

何か気になった圭吾は、もう一度源一郎の声を聞き直し、どこかに電話をする…

 

 

病室でて病院内を松葉杖で歩く詩織。

「そんな体でどこいくの」と圭吾に声をかけられる。

それは圭吾に変装した勇吾なのでした。

 

圭吾が詩織の病室を訪ねると看護師に詩織は?と聞かれる。

さっき訪ねてきましたよね?と言われ、勇吾が来たことを知る。

詩織がいなくなったことを皆川に電話する圭吾。

勇吾が関わっているのは誘拐事件に何か関係があるからだと話し、皆川も実は気になることがあると圭吾に話すのでした。

 

 

圭吾だと信じ、勇吾のあとをついてきた詩織。

暗い倉庫みたいな場所で「捜査の前に君の意見を聞きたい」と圭吾のふりをして聞く勇吾。

誰かの為に犯した罪をどう思うか聞くと、犯人が自分の家族だとしても、それは只の自己満足で加害者家族の苦労ははかりしれないのだと言う詩織なのでした。

「本当に家族を思っていたら、それだけで愛情は繋がる」と自分の父・源一郎がそうだったと話し、当時源一郎は詩織の為、手作りで募金サイトを立ち上げお金が集まり、手術ができたのだという。

 

身代金の額は手術の費用とほぼ一致する…

たった2ヶ月の募金で4000万。

「こうして生きていられるのは父のおかげなんです」という詩織。

「4000万寄付した人間が誰か知ってるか?」と聞く勇吾。

「いえそれは…」と詩織。

「知るわけねぇか」と言う言葉に圭吾じゃないとやっと気づいた詩織なのでした。

 

詩織がいなくなったことを聞き、詩織と連絡をとろうとする源一郎。

そこに詩織からの着信がなり、とってみると「お前の娘は預かった」と誰かわからない男の声がする。

山王埠頭にひとりで来いという男に目的はなにか聞くと「復讐だよ…」といって電話が切れるのでした。

赤城を屋上の影に呼び出す源一郎。

詩織が勇吾に誘拐されたことを話し、ついてきてくれという。

応援を呼ぼうと言う赤城に、少ない方が好都合だといい、2人で向かうのでした。

 

 

圭吾と皆川が合流。

尾見門丞(温水洋一)弁護士から母の容態が悪化したと連絡が入る。

病院に行くかためらう圭吾に「たったひとりの家族なんだぞ」と言う皆川。

「いえ」と言い圭吾はある場所に向かう。

 

それはエリ(倉科カナ)のマンション。

エリに「母の様態が悪化した、勇吾の居場所を教えてくれ」と言う。

何も言わないエリに、ならせめて伝えてほしいと、母は勇吾に20年間会えるの待っているとエリに言って帰るのでした。

 

 

圭吾がきたことを勇吾に電話するエリ。

お母さんが急変したことを伝えるが、俺にはやらなきゃならないことがあると電話を切ろうとする勇吾。

「今を逃したら二度と会えなくなっちゃうかもしれないんだよ。会いたくても会えない人もいるんだよ、本当の親にも…」とエリが言うのでした。

 

倉庫にたどり着き、椅子にぐるぐる巻きにされている詩織を発見した源一郎。

助けに向かうと勇吾が現れ詩織の首にナイフをつきつけ銃を捨てろと言う。

銃を勇吾の方に投げ捨て両手をあげ「娘を介抱しろ、これ以上バカなことをやめろ」というが「それはこっちのセリフだ」と勇吾は銃をとり源一郎に銃を向け「俺の復讐はお前で終わる」という。

 

詩織の前で、山沢との密会の写真をみせ、口封じしようとしたことと、海野たちはマル暴だったころの繋がりで、詩織の為に振り込まれた4000万は本当に募金だったのかと勇吾が聞くと「間違いない」という源一郎。

「本当に?」と聞く詩織に「嘘じゃない」といいはる源一郎。

そこに赤城が登場。

銃を勇吾に向け「銃を捨てろ」と勇吾に言う。

「私の質問にも答えてくれますか、一課長…」と赤城が言う。

 

 

春江の病室にいる圭吾。

そこに、勇吾のことをどうしても伝えたいとエリがやってきた。

春江に話かけ「ごめんなさい、勇吾さんはここに来ることはできません」と頭を下げる。

勇吾が20年間ずっと苦しんでいたこと、心ではみんなのところに戻ることを望んでいたが「もし会ったらこの20年が無駄になる。復讐する気が失せる。俺が俺じゃなくなる」と言っていたと伝えるエリ。

戻りたくても、戻れなかった勇吾…

勇吾・詩織・源一郎の前で圭吾から預かったとテープを再生する赤城。

「誘拐犯をひとり残らず捕まえる」と言っていた当時の源一郎の言葉にまるで共犯者がいると知っているかような口ぶりだという。

警察官のカンでそう判断したという源一郎。

認めないのは詩織に負い目を背負わせたくないからなのかと責める赤城に「赤城落ち着け!お前は騙されているんだ、こいつら双子に…」と勇吾を見る源一郎。

「お前は俺の人生を壊した…。お前の人生もぶっ壊してやるよー!!」と銃を詩織の頭につきつける勇吾。

「お前が守り続けたこいつの命を奪う、俺の最後の復讐…」

「やめろー!!」と叫ぶ源一郎。

「一課長ー!」と叫ぶ詩織。

「教えてください、本当のこと。本当のこと…お願い…お父さん」と泣きながら言う。

源一郎はうつむき「お前の命にはかえられなかった」という。

やってきた皆川に詩織を解放しろと言われる勇吾。

 

「お前の復讐はもう終わった。母親はまだ待っているぞ、お前に会えるのを…」と言われ、あとずさりして、銃を置き逃げる勇吾。

追いかけようとする赤城に「ここは頼みます」と皆川がいい、勇吾のあとを追う。

「一課長、あなたには失望しました」と赤城。

何かいっておきたいことは?と詩織に言うが言葉何も言わず涙を流す詩織なのでした。

病室にいる圭吾。

「ごめんなさい」と力つきた声で話出す春江。

「あなたたちを愛してた、許して…」という。

「わかった、わかったから。いつか、必ず勇吾を連れてくる、いつか母さんにあわせるから」という圭吾の言葉を聞いて、春江は微笑み息絶えるのでした。

 

春江の最後を見届けたエリが病院を出ると、勇吾の姿を発見。

「伝えたよ、母さんに。ちゃんと」とエリ。

「何考えてんだよ、俺の共犯だって認めたことになるんだぞ」と静かに怒る勇吾。

「後悔してない、あの時からずっと」と言いエリは勇吾を抱きしめる。

「復讐は終わっても、私たちは終わらないから」と言うのでした。

 

 

職場で赤城に声をかける圭吾。

一課長は?と訪ねると「この件は俺が預かる、俺達は同じ真実を追う警察官だ」といって去る赤城。

 

源一郎の取り調べをする赤城。

「赤城、わたしの言ったことを覚えているか」と言う源一郎。

「誰も信じるな、警察内部の裏切り者をひとり残らずつきとめるんだ」という言葉を思い出す。

裏切り者はもうひとりいる…。

 

葛城家にきた圭吾。

春江から預かっていたと尾見門弁護士が圭吾に手紙を渡す。

春江の手紙には「こんなかたちでしか伝えることができなかった卑怯な母を許してください。今まであなたたちがお父さんだと思っていた葛城栄一はあなたたちの実の父親ではありません」と書かれていたのでした。

 

とある場所にきたエリと勇吾。

「この人もずっと苦しんでたのかな、警察官の父親のはずなのに…」と源一郎の写真をみるエリ。

「子供の為なら鬼にでもなる、それが親だ」と2人を見て皆川が言う。

 

春江の手紙には続きがあり…

「圭吾、勇吾、あなたたちの本当の父親は皆川耕作さんです」と書かれていたのでした。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

ミラー・ツインズ 第8話 最終回 最終話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『ミラー・ツインズ (最終話)[season1 最終回]』圭吾と勇吾の結末は!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年 東海テレビ・WOWOW制作のフジテレビ系春ドラマである『ミラー・ツインズ 8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

衝撃の真実満載!?

久能が20年前の黒幕だったことに驚きでしたが、まさかの圭吾・勇吾の父親が皆川さんだったなんて衝撃でした!

てっきり本当はエリの父親なのかと思ってました。

 

そして、勇吾が圭吾になりすますシーンがとてもすごかったです。

圭吾のふりしている勇吾ってゆうのがわかるわかる!

藤ヶ谷太輔さんの演技に大絶賛でした☆

https://twitter.com/aoi__1632/status/1129970251490217984

もう、何がなんだか…(笑)

続きが気になりますね~!!

ドラマ『ミラー・ツインズ 第7話』を見たみんなの感想は?

圭吾に扮してても勇吾は勇吾だったのを演じてたガヤさんスゴい!!

勇吾が圭吾になっても勇吾にみえるのがすごい
どっちも藤ヶ谷太輔なのに

凄いー!ちゃんと圭吾なのに、顔は勇吾だ

娘、自分のために父親が犯罪者になってるって辛すぎる

あのシーン武田さんの「お父さんっ!!!!」が上手すぎてすごく刺さりましたよね。しおりちゃんかわいそう

娘切ないな
父親に憧れて警察官になるくらい正義感が強いだけに

最後かあちゃんと勇吾会わせてあげたかった…泣

勇吾も会いたいんだね…泣ける

お母さんすごい事ぶっ込んでくるね

このドラマまじで面白いよ
ミステリーというかどんでん返しがすごい

※人物画像はイメージです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』の見逃し配信は?

ドラマを見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はFODを利用すれば視聴可能です。

FODは月額制の動画配信サービスですが、新規登録後に無料で視聴できるお試し期間がありますので、それを上手く活用してどういった作品があるかをチェックするといいですね^^

ちなみにFODでドラマ『ミラー・ツインズ』は、FODプレミアム対象作品となっており、月額959円で配信期間内、何度でも見放題となっています♪

※お試し期間内であっても別途課金が必要な作品もありますのでご注意ください。
※このページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の情報は公式サイトをご確認ください。

まとめ

藤ヶ谷太輔さんの演技に本当感激しまくりの回でした。

詩織の「お願い…お父さん」の姿には涙しましたね。

犯罪を犯しているけど、娘の為に真実を知られたくない父心にも心が痛みました><。

 

そして、てっきり皆川さんはエリと関係があるのかと予想していたので、もう衝撃すぎて混乱中です!

面白すぎる~!

 

次回は、慟哭のシーズン1、ついに完結です!!

運命を狂わせた復讐…

「それでもあんた父親かよ!」と皆川を責める圭吾。

復讐を終え「逃げようこの世の果てまで」と逃げるエリと勇吾。

果たして圭吾と勇吾の運命はどうなるのでしょうか。

次回も楽しみです♪

関連商品情報

created by Rinker
¥638
(2019/08/18 01:59:42時点 楽天市場調べ-詳細)

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA