さくらの親子丼2

ドラマ『さくらの親子丼2 第3話』東大理Ⅲを目指す詩の秘密とは?あらすじやネタバレ、感想も!

2018年12月15日放送された
さくらの親子丼2 第2話は、ご覧になりましたか?

この回のメインとなる人物は
ネグレクトの母親を持つ藤島玲奈(尾碕真花)でした。

玲奈もまた、壮絶な辛い経験をしていましたね。

 

 

と、その前に。

ドラマ『さくらの親子丼2 第2話』を
ご覧になっていない方は

こちらからあらすじ、
ネタバレがチェックできますよ♪

さくらの親子丼2 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『さくらの親子丼2 第2話』玲奈がハチドリの家にいるわけとは?!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『さくらの親子丼2 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ドラマ『さくらの親子丼2 第3話』のあらすじ!

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。茜(柴田杏花)は心配してくれる川端(柄本時生)の優しさを自分への愛情と勘違いしていた。シェルターの子どもたちは、人に優しくされたことが殆どなく、その優しさが仇にならなければいいがと鍋島(相島一之)から聞かされるさくらだった。

 ある日、由夏(岡本夏美)は東大の医学部を目指すほど優秀な詩(祷キララ)から「通っている図書館で気になる男子がいるのだが、どうやって打ち解ければいいのかわからない」と相談を受ける。これまで勉強しかしてこなかったため、人とのコミュニケーションの取り方が思いつかない詩に由夏は驚きつつ、ありのままの素直な自分を見せるようアドバイスする。

 図書館で彼から話しかけられた詩は由夏に言われた通り、ありのままの自分を話し始めるが、それが徐々にエスカレートし始め……。

 青森県の弘前で病院を営む一家に生まれた詩は、ある理由から病院の跡を継ぐよう、父親から強いプレッシャーを受けていた。いくら勉強しても、結果が出ないと父に暴力を振るわれていた詩は生きることに疲れ、家を飛び出して自ら死のうとしたのだ。その際、親切な男に助けられたものの、男は詩にとんでもないことを強要して…。

 父親への復讐のために人生を勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともない詩をさくらも心配する。そんな折、いつもの夕食の投票が行われ、その中の一票に「鍋焼きうどん」があった。ピンときたさくらは、詩の受験勉強の夜食にと、熱々の鍋焼きうどんを持って行く。うどんを食べる詩の目からは、かすかに一筋の涙が…。そして詩は、さくらにある頼み事をする。

公式サイトより引用

ドラマ『さくらの親子丼2 第3話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

今朝もさくら(真矢ミキ)の作る、
おいしい朝ごはんから始まるハチドリの家。

寝坊する新城由夏(岡本夏美)、
藤島玲奈(尾碕真花)を元気に起こしに行くさくら。

さくらがきてから、
この家の雰囲気はずいぶん変わった。

今まで話すことのなかった女子達も打ち解け、
今朝も女子トークで盛り上がっている。

 

内容は、恋愛トーク。

どうやら井上茜(柴田杏花)は
弁護士の川端哲也(柄本時生)の優しさを
愛情と勘違いしている様子。

 

「川端さん、茜にすごく優しいし、その気があるみたい。
あんな人と家族団欒を過ごすのが夢なの」

と嬉しそうに話す茜。

しかし由夏は家族団欒なんて幻想だと言い放つと、
小宮山詩(祷キララ)に話をふり共感を求めた。

詩も同意。

詩は過去、父から虐待された過去を持つ為、
幸せな家族像を思い描けない。

そして父への憎悪は募るばかり…

そんな詩が相談があると、
由夏の部屋を訪れる。

詩に気になる人ができたので、
由夏にアドバイスを求める。

図書館で見かける男の子が気になるが、
今まで勉強ばかりで人との
コミュニケーションのとりかたが分からない詩。

由夏は、
「ありのままの自分を見せればいい」
とアドバイス。

詩は、アドバイスを胸に図書館へ出かける。

 

 

その頃、茜と川端弁護士は二人で出かけて行く。

その様子を見てホーム長である
鍋島真之介(相島一之)は、不安を抱く。

ここにくる子達は
優しくされたことがない子ばかり。

時には優しさが仇になることもある。

川端さんは優しすぎて…
おかしなことにならなければいいが…

 

 

図書館についた詩は、
気になる彼と隣り合わせに勉強中。

すると、思いがけず彼の方から
「この問題分かる?」と、
声をかけられる。

その流れで話を始める二人だったが、
ありのままの自分をみせようとする詩は、

兄が自殺したこと、
父に虐待されたこと、
街を彷徨いアダルトビデオに出演したこと、
自殺未遂を起こしたこと、

自分の過去を全て打ち明ける。

突然の話に面食らった彼は
用事を思い出したと帰ってしまう。

 

 

帰宅後、詩は由夏にまた相談する。

「そこまで全部話したら相手、引くでしょ~」
と、由夏が一言。

ところでアダルトビデオのこと
親は知ってるのかと由夏が尋ねると…

「うん。DVD父親に送ったから」
と冷静に答える詩…

 

 

詩の進路を決めようと、
三谷法律事務所社長 三谷桃子(名取裕子)、
さくら、鍋島ホーム長が集まり進路相談を始める。

詩は、東大理Ⅲの受験を決意。

東大の中でも最も難しいと言われる学部、
医学部だ。

しかし、シェルターを出てからの生活費、
受かった場合の大学入学金、
授業料をどうするのか?

さくらは、一度、青森に帰って
お父さんと相談してみたらどうかと提案。

しかし詩は、もし帰ったら私…
「父を殺すと思う」…と。

そこで桃子が良い考えがあると提案。

経済的援助を求める、
扶養調停を家庭裁判所に申し立て、
裁判所に間に入ってもらい、
お父さんにお金の援助をお願いしよう。

お父さんは社会的地位のある方だから、
世間体もある。
調停に応じくれるはずだと。

詩が「お願いします」と部屋を後にすると、
桃子の目から涙が…

「あの子が医学部を目指すのも、
生きているのもお父さんへの復讐のため。
悲しすぎる…」

と胸を痛めるのだった。

その頃、古井戸貞子(井頭愛海)、由夏、
玲奈の三人は楽しくゲームを楽しんでいた。

その時、救急車のサイレンが。

その音を聞いた貞子は、
過去の辛い光景が頭に浮かぶ。

急に頭を抑え、部屋へ駆け込み、
お腹を抱えベットでうずくまってしまう。

 

 

夕食時、いつものおかず希望投票が行われ、
唐揚げに決定。

一票の中に、鍋焼きうどんがあった。

ピンときたさくら。

受験勉強の夜食にと鍋焼きうどんを作ると、
詩の部屋を訪れる。

うどんを食べると涙が溢れる詩。

 

食器を片付ける際、詩はさくらに出くわす。

そしてさくらに幸せについて尋ねる。

 

さくらと話す中で、
幼稚園の頃に母の膝で絵本を読んでもらった。

今まで生きてきて唯一、
幸せな出来事だったのかもしれないと考える。

そしてその絵本を渋谷のマンションから
取って来てほしいとさくらに頼んだ。

 

 

一方、扶養調停の件は難航していた。

詩の父は一切の援助はしないと、
裁判所の説得にも応じない姿勢。

でも何とかするから、
心配いらないと詩を励ます桃子。

 

 

さくらと川端弁護士は、
絵本を取りに渋谷マンションへむかう。

到着すると弘前にいるはずの詩の母と鉢合わせる。

そこには見知ぬ男も…。

 

そして詩の部屋に入ると何もない。

「全て父親が捨てた、もう帰って」
と冷たく言い放つ詩の母。

さくらは、
「詩は医学部目指して頑張っている。
せめて応援してあげて」

と懇願するが、

「主人は別に跡継ぎを作っている、
詩はもう必要ない、
私達にかかわらず生きてと伝えて」

と冷たく言い放つ。

さくらは、それを聞き思わず涙が溢れる。

 

 

さくらは、ホームに戻ると
マンションに入れなかったと嘘をつき、
買ってきた絵本を詩に渡す。

詩を傷つけまいとついた嘘だったが、
「嘘が下手ね。」
すぐに詩に見破られてしまう。

そして立ち去ろうとする詩に、さくらは
「人を憎んで生きるのはやめよう。
人は悲しみの中でも生きていける。
でも、苦しみの中では生きていけない」

と詩に語りかける。

すると詩は、
「だったら生きるのをやめればいい」
と…。

さくらはそれを聞き、
涙を流しながら詩を強く抱きしめた。

詩は何も言わないが、
あたたかい…そう感じた。

 

 

翌朝、出かけて行く詩の部屋の机には、
さくらの買った絵本「こんとあき」が大事そうに置かれていた。

東大理Ⅲを目指す詩の秘密とは?

今回のメインとなる人物は
東大理Ⅲを目指す、詩。

 

兄の自殺、父親からの虐待、
アダルトビデオの出演、
自殺未遂と辛い過去が明らかに。

心から詩のことを考え
愛情をそそいでくれるさくらと過ごす中で、
今後の詩の心境の変化に目が離せないところです。

ドラマ『さくらの親子丼2 第3話』を見たみんなの感想は?

うたちゃんは家庭環境悪すぎて心が壊れちゃったのかな?

実の娘に死ねっていう医者いんのかよ。

まだ、若い18歳で父親の復讐の為だけに生きてるって涙でるよ…うたちゃん。

あー、揚げたて唐揚げ美味しそう!

鍋焼うどんの卵が旨そう。 
半熟なのがいいんだよね。

お母さんもヒドイやん

親が最低過ぎてどうしたらいいのかわからない

18年生きてきて、たった一度しか幸せって思った事ないって悲しすぎるわ

さくらさんのあふれる母性になんかウルッときたよ

ドラマなんだけど辛い 
でも、続きが気になるから見ちゃう

※人物画像はイメージです。

ドラマ『さくらの親子丼2 第3話』東大理Ⅲを目指す詩の秘密とは?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

今回も涙なしでは、
見られない回になりましたね。

詩が可哀想…

お父さん、お母さん、
こんなに頑張っている詩を見捨てるなんて、
どうして…

 

詩が東大理Ⅲ、合格できますように。

そして、何より幸せになってほしい~。

 

次回は、大豆生田香(塩野瑛久)に
スポットライトが!

にはどんな秘密があるのか
こちらも気になりますね!

ABOUT ME
ちゅらら
ちゅらら
はじめまして!ちゅららです!ドラマ大好き!! なかでも海外ドラマ、中国ドラマに夢中です☆☆ オススメドラマは「ブラックリスト」「花と将軍〜On My General〜」です!よろしくお願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA