スキャンダル専門弁護士 QUEEN

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』やたらとシンクロニシティ!あらすじやネタバレ、感想も!

2019年1月10日、よる10時から、
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
スタートしました!

 

情報を操作し影で社会を動かす
“スピン・ドクター”という職業を
日本で初めて題材にした
ドラマです。

日々スキャンダラスなニュースが
報道され話題になりますが、

その裏側で当事者に本当は何が起こっているのか!?

 

社会的窮地に陥ったクライアントを、
竹内結子さん演じる

凄腕スピンドクター氷見江(ひみ・こう)が
どう解決していくのかが楽しみですね!

 

*ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のくわしい情報はこちらです。

スキャンダル弁護士 QUEEN 竹内結子 水川あさみ 中川大志 泉里香 あらすじ キャスト 放送開始
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のキャストは竹内結子!水川あさみ!中川大志!泉里香!あらすじ・放送開始はいつ?竹内結子!連ドラ6年ぶりー!! どんなドラマになるのでしょうか?? というわけで今回の記事ではドラマ『スキャンダル専門弁護士 Q...

ネタバレまとめはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】スキャンダル専門弁護士 QUEEN2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』のあらすじ!

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)は、法廷ではなくスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューター。

ミナトテレビの敏腕記者・東堂裕子(泉里香)から依頼されたセクハラ被害対応を無事終え、ようやく休みが取れると思ったのもつかの間、新たな案件が事務所に舞い込んで来る。

依頼に来たのはミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)

深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、パフォーマンス中のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、歌うことをやめた同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突然突き飛ばしたのだ。

これがネット上で大炎上。

「フォレスト」の解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビにも多数のクレームが殺到しているという。

事態を収めるため、次回の番組収録時に「フォレスト」の謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めたのだ。そんな中、「杏里を殺す」という殺害予告がミナトテレビに届いてしまい・・・。

公式サイトから引用

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

鈴木法律事務所・危機管理部の面々は、
とあるパーティーに参加していた。

氷見江(竹内結子)は弁護士ながら
専門は危機管理。

これまで、社会的窮地にいる
クライアントを救ってきた
天才トラブルシューターで
危機管理部のエースである。

 

今回の依頼は、ミナトテレビの記者・東堂裕子(泉里香)の
セクハラ被害問題を解決すること。

賑わうパーティー会場には
危機管理部の面々が随所に配置され、
各々行動の時を待っていた。

 

江の合図で与田知恵(水川あさみ)が
パーティ客の足を引っかけ転ばせたのを機に、

真野聖子(斉藤由貴)がビールをこぼし、
藤枝修二(中川大志)が気を失うフリをし、
会場は一気に騒然となった。

 

その隙に警備をすり抜けた江は、
ターゲットである総務大臣に話をつけ、
無事問題を解決に導いた。

 

 

場面は変わり、
ミナトテレビの冠番組『フォレスタジアム』では、
国民的アイドルグループ
「フォレスト」が歌っている。

 

収録は順調に進んでいるかのように見えたが、
ソロパートで歌うことをやめた
メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を、
白石杏里(馬場ふみか)が突き飛ばしてしまう。

 

それが生放送であったため、
ネット上で大炎上、テレビ局にクレームが殺到し、
ついには“杏里を殺す”という
殺害予告が届いてしまう。

セクハラ事件の解決でつかの間の休息に
江と知恵がはしゃいでいると、
そこに緊急案件の知らせが舞い込む。

今回の依頼人は
ミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)。

 

先日の突き飛ばし騒動のクレーム殺到により、
スポンサーが降りかねない状況であり、

次回の収録で謝罪会見を開く予定だが、
これ以上の騒動の悪化を懸念する
スポンサーの意向もあり、

危機管理の専門家である
危機管理部の力を借りたいという依頼であった。

 

次回収録は明日・・・

危機管理部の面々は深川と共に、
収録が行われるスタジオがある
ミナトテレビに向かった。

 

 

迎えた収録当日。

ミナトテレビ周辺には
大勢のファンが集まり騒然としている。

大騒動に発展し、現場のスタッフも混乱し
バタバタと社内を走り回っている。

そこへメンバーが到着。

謝罪会見の収録をすると
メンバーへ説明すると、

「聞いていないから帰る」
と言い杏里は部屋を出てしまう。

江が杏里の話を聞き出そうとするも
杏里はかたくなに心を閉ざす。

 

「幼なじみで仲良しであることが売りのグループなのに
ファンを裏切っていることになるのでは?」

と訪ねる江に、

「今すぐにでも解散したい」
と言い切る杏里。

 

グループのリーダーであり、
他のメンバーやスタッフからの信頼が厚い
杏里らしからぬ奇行に、

マネージャーや
番組スタッフも戸惑っている。

 

何か別の目的があるようにも見え、
江も探ろうとするが真意が全く読めない。

 

 

リハーサルがはじまるというので
スタジオに移動すると、現場は騒然としている。

杏里が楽屋から失踪し、
所属する事務所の社長・森尾が

「早く探せ!」
と怒号をまき散らしている。

 

森尾は江たちの存在に気づく。

「危機管理のプロだというのに
何も役に立ってない!帰れ!」

 

追い返そうとするが、
「雇い主は別の方だ」
と江は一歩も引かない。

引かないどころか、
わざと森尾の名前を間違え
怒りを煽るような態度をとってしまった。

杏里が一人で抜け出す様子が
監視カメラにうつっていたことがわかり、
事件性はないことに安堵。

情報収集を続ける江は、
フォレストのマネージャーから話を聞く。

 

「歌も踊りも実力が上の杏里に
人気が移りつつあるのに、
森尾が桃子推しで杏里がかわいそう」

「こんなことになるまでは
仲が良かったのに、見ていてツライ・・・」

という。

 

 

杏里の捜索を知恵と聖子に任せ、
江は深川と共に謝罪会見の衣装や
照明のチェックを行う。

 

一息ついているとネット上に杏里が
男性と一緒にいるという情報が拡散され、
再びクレームが殺到。

 

頭を抱える深川に、
「なぜ杏里はああなってしまったのか?」
と尋ねると、

フォレストの人気は落ちつつあり、
焦りからではないかという。

 

局としてはギャラが高い
フォレストの番組を打ち切りたいが、

森尾の力が強く、
そういうわけにもいかないとつぶやく。

 

「なるほどね~・・・」
と深川の話を聞きながら、

先日のセクハラ事件の記者 東堂裕子が
社長賞を受賞したという張り紙を見つけ、
江は裕子に電話をかける。

江は裕子から、
杏里が男と一緒に歩いている写真を入手する。

 

 

収録開始まで6時間にせまるが
杏里は見つからない。

どうするんだと焦る深川の上司が
江と藤枝にネチネチと嫌みをぶつけていると、
それを動画で撮影する不審な男が現れる。

存在に気づかれ逃げる不審者を、
藤枝と警備員が追いつめ捕獲に成功した。

 

 

その頃、杏里の捜索に出ていた知恵と聖子は、
フォレストの聖地と言われる場所で
杏里を見つけ無事保護する。

杏里に写真を見せ、誰なのかと尋ねるも、
たまたま出会ったよく知らない男だと言う。

「そんなはずはない、
助けるために真実を話してほしい」

と知恵に言われ

「今さら無理でしょう」
と答えながらも何かを考え込む杏里であった。

ワイドショーでフォレストの問題が取り上げられ、
違約金が12億円であることが取りざたされ、

「誰が漏らしたんだ!」
と社長の森尾が怒り狂う。

ミナトテレビには局長・広告代理店が集結。

「スポンサーがおりると言っている」
「申し訳ありません!」

「準備中のアルバムはどうするんだ」
「申し訳ありません!!」

「こんな状況で収録なんてできるのか」
「申し訳ありません!!!」

責められ、頭を下げるしかない深川・・・
そこへ知恵と聖子が杏里を連れて戻る。

 

ひと安心し、所長鈴木(バカリズム)からの
差し入れを屋上で頬張る江と知恵。

そこへ、藤枝からが入り、
一連の情報をワイドショーにリークしたのは
元マネージャー海老原ではないかという。

 

早速、海老原に会いに行き話しを聞く知恵。

「彼女たちに迷惑をかけるようなことはしない」
とリーク元は自身ではないと否定する海老原。

裕子から入手した写真を見せると、
何かを知っているようだが内容は明かさない。

「よく頑張ったねと伝えてください」
と言い残し去ってしまう。

 

 

ミナトテレビに戻った知恵は
江に海老原とのやりとりを報告。

一緒に写真を見ていた二人は何かに気付き、
「メンバーを収録に集中させるから」
とスタッフを全員外に出す。

 

メンバー4人だけになった控え室では、
江が写真を見せ、
この写真は桃子ではないのかと問う。

重苦しい空気が漂う中、
「嘘をつくのは疲れたから正直に話す」
と桃子が口を開き始めた。

桃子は性同一性障害で、
それを知ったメンバーは理解し受け入れてくれた。

「周りのイメージを裏切ってはいけない」
とメンバーの協力を得て
隠したままアイドルを続けてきたが、
心のバランスを崩し体調に異変が現れた。

 

マネージャーの海老原がそれに気付き、
社長・森尾に脱退の交渉をしたことで
クビになり、現在に至る。

 

守ってくれる海老原がいなくなり、
違約金のしばりもあり逃れる道はない、

クビになった方がマシだと
今回の騒動を起こしたのであった。

 

自分が我慢をすれば済むという桃子に
杏里が苛立ちをぶつけ、口論になってしまう。

リハーサル開始予定時間がせまり、
部屋の外では社長・森尾が焦り、
スタッフが騒然となっている。

「リハーサルは無理だ、生放送しか道はない」
と言い、江はドアを閉めた。

「抗うことはやめた方がいいんじゃないか・・・」
と諦めムードが漂うようメンバーに、江は

「それでいいのか?」
と疑問を投げかける。

 

「自我を殺し、
我慢して生きていくことが正解なのか?」

「あななたちが自分の意思を示し、
自分らしく生きることで勇気をもらえる人が
たくさんいるのではないか?」

と江はあるシナリオを
書いた紙をメンバーに見せる。

 

「こんなこと無理だ」

「番組を作ってくれるスタッフに
迷惑をかけたくない」

尻込みするメンバーだが、
既にスタッフに話は通してあり、

シナリオ実行のサポート体制は
バッチリだと伝える。

そして迎えた本番・・・

 

冒頭、メンバー4人は
世間を騒がせてしまったことを謝罪。

その直後、これを機に解散することを宣言し、
社長・森尾は激高するが生放送なので止められない。

「私たちは自分たちの未来を
自分たちの意思で決定し、
前進していくことに決めました。」

桃子が力強く宣言し、
目を合わせ頷き合う4人はステージへ。

活き活きと仲良く歌い踊る4人。

 

ステージを見ながら、
「自分がフォレストにどれだけ
投資してきたのかわかっているのか」

と江を責める森尾だが、

「フォレストのために行ってきた
数々の不正を突き止めている」

と切り替えされる。

 

「フォレストが解散することで
不正の流出が最小限で済みダメージを押さえられる、
笑って見送ろう」

という江に何も言い返せない森尾であった。

 

このステージを最後にフォレストは解散。

ひどいバッシングもおさまり、
世間はフォレストの門出を
応援するムードに変わっていった。

 

 

無事フォレスト問題が解決し、
安堵の空気が漂う鈴木法律事務所に、
小包が届いた。

空けてみると、
中にはUSBが入っている。

開くと、江と次期首相候補の政治家が
仲むつまじげに並んで歩く
写真データが入っていた・・・。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』本当の問題はセクハラではなかった!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

やたらとシンクロニシティ

「やたらとシンクロニシティ」

YUKIさんが歌うこのドラマの主題歌ですが、
まさにピッタリ!

 

シンクロニシティは、
「意味のある偶然の一致」「共時性」
と訳されますが、

このドラマは
まさにシンクロニシティの連続!

 

「あぁ、この場面どこかで見た!」

「この事件、最近あったあれと似てる!」

「あのスキャンダルに実際関連した
女優さんにこの役やらせる!?」

「この女優さんに
この台詞を言わせるなんて攻めてるな~」

 

実際、リアルでも世間を賑わせた
スキャンダルを彷彿とさせるような
場面が多く見られ、
別の意味でハラハラドキドキしました!

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』を見たみんなの感想は?

映像がとても綺麗ね。
うちのテレビの性能が上がったかと思うくらい。

竹内結子と水川あさみが食べてた肉まんおいしそう

バカリズムのせいでポテトチップス食べたくなってしもたやないかーい!
買ってたポテトチップス開けてしもたやないかーい!

中川大志少し前まで高校生役だったのに
ちゃんとスーツも似合っててカッコイイ~

別にwwwwww
沢尻の別にの時、竹内結子が隣にいたよね

芸能スキャンダルモノに、斉藤由貴が出てるのが、怖い。。。

なんか生放送がSMAPを思い出した

SMAPもこんな感じだったのかな…
守ってくれたマネージャーとか色々想像しちゃう(泣)

アイドルグループってタイミングがね…
NGT48を思い出してしまう

やたらとシンクロニシティ

※人物画像はイメージです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』やたらとシンクロニシティ!あらすじやネタバレ、感想も! まとめ

「あの問題も裏ではこういう人たちが動いて
こんなドタバタが繰り広げられていたのか・・・」

と想像しながら観た方も
多かったのではないでしょうか♪

 

今日もテレビやネットでは色んなニュースが
取り上げられ世間を賑わせていますが、

「江のようなスピンドクターは休みなく働いていて
愚痴を言いながらも頑張っているのかなぁ」

と違った見方をしてしまいますね(^_^)!

 

 

最後に大物政治家と江が一緒に写っていた写真・・・

仲むつまじい様子で写っていたけど

「江が熱愛スキャンダルの当事者に!?」

「いや、策略家の江のことだから何かを狙って接近??」

いろいろ想像して早くも次回放送が楽しみです♪

 

P.S.

鈴木所長の差し入れがどれも美味しそうで
それをチェックするのも密かな楽しみになりそう♪

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA