スキャンダル専門弁護士 QUEEN

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』本当の問題はセクハラではなかった!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年、1月17日に放送された、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』はご覧になりましたか?

実際に世間を賑わせたスキャンダルを彷彿とさせるような場面が多く見られ、別の意味でハラハラドキドキしましたね!

 

第2話ではどんなスキャンダルが取り上げられるのか楽しみです♪

*ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』やたらとシンクロニシティ!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第1話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】スキャンダル専門弁護士 QUEEN2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』のあらすじ!

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。
やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。
谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。
谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。
氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。
その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。
敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。
一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。
氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。
金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。
氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

公式サイトより引用

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

大手広告代理店の人事部長・藤原貴美子(国生さゆり)と人気クリエイティブディレクター・谷正輝(波岡一喜)は、鈴木法律事務所を訪れていた。

谷による契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌に掲載され、会社周辺にはデモのため多くの女性が集まり抗議の声をあげている。

それを何とかしてほしいというのが今回の依頼である。

 

事実無根だと主張する谷に対し、事務所のエース・氷見江(竹内結子)はまず状況把握のためオフィスを見せてほしいと告げる。

危機管理部の与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、セクハラについての証言は得られない。

社員たちは「権限がないのでこれ以上お話できない」「上に確認してみる」と口を閉ざす。

 

 

氷見はセクハラ疑惑を報じた週刊誌『週刊文新』の編集部を訪れていた。

敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で担当編集者・堀川太郎(津村知与支)に話を聞く。

 

「契約社員として働き、契約を切られた被害女性が被害者感情を強めたのかもしれないが、多少スパイスを加えて売れる週刊誌を作るのが自分たちの仕事だ。セクハラは被害者がそう感じればセクハラなのだ。」

被害女性の暴露本の出版も考えているという。

一方、与田は人事部長藤川から被害者の女性の名を聞き出すことに成功する。

 

 

氷見たちはその被害女性・佐藤(成海璃子)と会うことに。

実際の被害の状況を聞くと、弁護士から口止めされているから多くは言えないと言いながらも、苦しい胸の内を語りはじめた。

三年契約社員として働く中で、「お前の代わりなんていくらでもいるんだ」「体を使った仕事に変えてやろうか」と言われ、無理な仕事を押し付けられていたと打ち明けます。

 

谷は事実無根だと主張しており、ある程度の金額なら用意できるが本の出版を止められないかと氷見が問うと、ほしいのはお金ではなく谷の謝罪だという。

氷見は佐藤の言葉を藤原に伝えるが、事実はないのだから謝罪はしないとかたくなに拒否されてしまう。

 

同じ被害にあう女性の立場を守りたい、声をあげ戦っていきたい、と佐藤は実名でセクハラ被害を訴える行動を起こし始めた。

 

「売名行為だ!」ネットは大炎上。中学の卒業アルバムや実家の写真もネットにさらされてしまう。」

「これはあなたたちが仕組んだことなのか?一体どうしてくれるんだ!!」

佐藤が氷見たちの事務所へ乗り込む。

 

あざとさを感じる佐藤の会見で風向きが変わったのだ、と氷見たちは動じない。

立腹して佐藤は立ち去った。

 

「土下座しろ!!」と迫る谷の怒声を録音していた佐藤は、次の一手として音声をテレビ局へ提供する。

聞けば誰もがパワハラだと感じる怒号がテレビで流され、それまで事実無根だと主張を続けていた谷は一気に劣勢に転じた。

 

氷見は代理店へ赴き、世間は風見鶏なので謝罪をして鎮静化をはかるのが得策だと伝えるが、「謝罪はしない!何とかするのがあなたたちの仕事だろう。」と藤原は一歩も引かない。

 

藤原へのイライラがマックスに達した氷見たちは、ストレス発散のためスポーツジムで汗を流す。

「佐藤は谷のことを好きなんじゃないか」という真野聖子(斉藤由貴)のひとことに、妙に納得する氷見たち。

ジムにあったポスターが谷のデザインだと気づいたことをきっかけに、インストラクターから谷の話を聞き出す。

 

谷もジムの常連で、被害女性佐藤も体験で来ていたということから、もしかしたら二人は付き合っていたのではないかと推測。

少しずつピースがつながりはじめる。

そして推測を確証に変えるためにそれぞれが行動を起こしはじめる。

 

 

氷見と与田は代理店の社員たちと合コンをセッティングしてもらうことに成功。

広告代理店の愚痴を聞きたいと言うと、社員たちは業績下落でノルマが多くて厳しいと愚痴をこぼす。

また、谷はトップクリエイティブディレクターという位置づけだが、谷が全てデザインしているわけではなく、むしろ谷は会社の広告塔として利用されていると情報を得る。

 

藤枝は藤原から情報を引き出すべく酒を酌み交わす。

「昔はセクハラパワハラは当たり前だった。自分は人事に長く勤めているからわかるが、勤める女たちは必ず会社を去っていく。だから自分は人を守っているわけじゃなく会社を守っている。」

 

会社に対する藤原の思いを聞く。

藤枝が話の調子を合わせようと「素敵だ」というと、もう一度言ってほしいと甘える藤原であった。

合コンから戻り事務所ではしゃぐ氷見たちのもとに、藤原と飲み終えた藤枝が戻る。

藤枝は藤原のバッグに、発売予定の週刊誌に掲載予定の記事があることに気づき、写真におさめることに成功していた。

藤原は会社を守るために谷の問題行動や不正を週刊誌にリークしたのであった。

 

 

事態は一転。

週刊誌に谷がセクハラの事実を認めるという記事が掲載された。

氷見を前にして、谷が嘘をついていて裏切られたんだとうなだれる藤原。

騒動の収束方法としてはこれでいいから報酬も支払うと弱々しく話しながらも、5日後にせまる暴露本の出版はどうにか差し止めるようにとしっかりと釘を刺す藤原であった。

 

 

続く谷への集中攻撃。

代理店側に出されたくない他のネタがあり、谷を売ることで流出を防いだのだと推測する。

そのネタが何なのか・・・と代理店のホームページを見ながら考える氷見たち。

デザインされたロゴが他社のロゴと酷似していることに気づく。

 

売上を上げるために営業にノルマを課し、盗作ギリギリの粗悪品を生み出す。

それを谷という広告塔でブランド価値を高めることでカバーしていたのではないか。

隠したいネタは盗作問題なのではないか。

そう考えると全て納得がいく。

 

 

そして与田はホームページに掲載された谷の写真を見て何かに気づく。

谷の小指に光るハリネズミデザインのリングと、佐藤がしていたネックレスのデザインが同じものだったのだ。

二人はかつて恋人関係にあったが、佐藤にふられた谷が嫌がらせでセクハラ・パワハラをしていたのだ。

 

 

それぞれの妥協点を見つけ収束をはかるために、氷見は谷と佐藤を呼び出すが、痴話喧嘩くずれの口論となり話し合いにならない。

 

「いい加減にしてください!」

「二人でちゃんと話し合えば、周りを巻き込まずに解決できる問題なはずではないか?
二人の問題に乗じて大きな不正をごまかしてもみ消そうとする存在がいる。
いがみ合えば思うつぼだ。」

氷見はそう伝え、それぞれに提案をします。

 

谷がセクハラ・パワハラをしたことは事実であり、佐藤が求めているのは謝罪。

謝罪すれば会社もクビにならないような方法を提案できると伝えるが、会社が許すはずはないと谷は弱音を吐く。

 

佐藤へは、「セクハラ・パワハラが事実だとしても、他人をも巻き込んで大きな騒動にすることが本当にいいことなのか?」と問い、暴露本を本当に出すべきなのか冷静に考えた方が良いと諭す。

 

黙って考えこむ佐藤だったが、暴露本を出すことはやめないという。

「一瞬でも素敵だと思ったことが恥ずかしい」と憎々しげに言い捨てる佐藤の様子をみて、「別の手を使うか・・・」と氷見はつぶやく。

 

 

氷見は代理店に向かい、藤原に盗作問題を突きつける。

脅す気かと不貞腐れる藤原に、会社を守るためだと氷見はとある要求を伝える。

 

谷は藤原とともに会見を開き、涙ながらに謝罪した。

藤原は、谷だけの問題だけに責任を押し付けるのではなく、女性社員が働き安い環境を作るために会社一丸となって取り組んでいく、と宣言した。

 

それでも暴露本の発行は止まらないというが、氷見は既にもう一つの手をうっていた。

それは、谷と佐藤が恋人関係にあったことをリークするというだった。

そんな裏事情があっては本を出すことはできない、と出版は断念された。

 

氷見は、出版をさし止めたいというクライアントの依頼に応えながら、谷や会社にきちんと謝罪させるという佐藤の一番の望みもかなえることにも成功したのであった。

世の中はすっかり佐藤を応援するムードに変わり、佐藤のインスタには65万人のフォロワーがついた。

 

 

情報をリークした記者と中華料理店で向き合う氷見。

前回送りつけてきた写真をどうするのかと尋ねる氷見に、あの時何があったのかを話するなら写真は世に出さないと言う。

あの時とはいつのことかと問うと、ある交通事故に関する新聞記事の切り抜きを取り出し、「あなたは人を殺している」と氷見に告げた。

 

この場面を最後に第2話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』スケートファンの苦情殺到!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

本当の問題はセクハラではなかった!

シンプルにセクハラ問題を取り上げたものだと思って見始めたのですが、裏には会社が本当に隠したい大きな問題があったんですね。

 

これまで流れるニュースをありのままに受け止めていましたが、何かを隠すために誰かが記者にリークして・・・

ということは実際にもたくさんある話なんでしょうね。

 

都会、恐るべし!!

東京からUターンしてすっかり田舎暮らしに慣れた私は、ぶるぶる震えながら見ました(笑)

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』を見たみんなの感想は?

今日のテーマもきついな
なーんか世間を取り入れてる感じ?

雰囲気は好きだからながら見にちょうどいい
重くもないからな

ブラックスキャンダルのデジャヴ

色んなネタ詰め込みすぎ
セクハラ問題中途半端パワハラ中途半端
今度は盗作かよ

いやホント、探偵モノにすれば良かったね!
弁護士モノだから違う展開期待しちゃって無駄にガッカリして、実力よりも見劣りしてしまっている気がする
もったいない!

弁護士?なの?
弁護士ってこういう仕事もするの?

やっぱり弁護士モノで法廷シーンなしとか無理があったのでは?

1時間見てたのに内容が頭にあんまり入ってない…セリフが右から左に抜けてるのかな

結局どんな話だったっけ(笑)
なんで解決したんだっけ(笑)
成海璃子と上司の関係性がイマイチわかりづらかった

う~~ん勧善懲悪の爽快感はないけど割と面白いとおもうけどな。
米国の弁護士なんてこんな探偵みたいな仕事が多いよ。
逆に本家のスキャンダルの方見てみようかと思いました。

※人物画像はイメージです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』本当の問題はセクハラではなかった!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

今回も世間を実際ににぎわせた問題を彷彿とさせるテーマが多く盛り込まれていましたね!

 

テーマが多すぎてついていけないという声も多くありましたが、会社にはそもそも色んな問題があります。

1つの問題を取り上げたいのではなく、セクハラや盗作などはモチーフに過ぎず、個人vs会社の対決が大きなテーマだったのではないでしょうか。

 

「今回は何を大きなテーマとしているのかな?」と想像しながら細かく見ていくと、さらに面白く見れると思います。

 

 

最後には、江に殺人の前科があることを匂わせる発言もありました。

ストーリー自体は1話完結ですが、ドラマ全体を通して繋がる大きな問題が潜んでいそうですね!

来週も見逃せません♪

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA