スキャンダル専門弁護士 QUEEN

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』スケートファンの苦情殺到!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年1月24日に放送された、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』ご覧になりましたか?

婚約者が殺され、殺人容疑をかけられた国民的人気フィギアスケーターを窮地から救うというのが今回の依頼。

第2話の終わりでは氷見が人を殺したことがあるという衝撃的な過去が発覚しましたが、今回のストーリーに関係してくるのでしょうか。

 

気になりながら見始めた第3話、ネタバレと感想をつづっていきます!

 

*ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』本当の問題はセクハラではなかった!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】スキャンダル専門弁護士 QUEEN2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』のあらすじ!

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。

そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。

マネージャーの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギュアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。

紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。 

 

世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。

そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。

第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。

しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。

さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。

 

氷見、与田、藤枝修二(中川大志)真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。

すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。

公式サイトから引用

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

世界大会で優勝したばかりのフィギュアスケート選手・相馬紀子(白石聖)が鈴木法律事務所を訪れた。

マネージャーとコーチも一緒である。

 

紀子の婚約者・塚越健太(穂満佳佑)が殺害されているのが見つかったが、第一発見者が紀子であった。

帰国後、時差がキツく仮眠をとって自宅に戻ったところ倒れており、気が動転して凶器を触ってしまったという。

凶器から指紋が検出された以上、犯人として強く疑われているが、無実を証明して早くアメリカに帰りたいというのが今回の依頼であった。

 

早速氷見(竹内結子)たちは調査を開始。

紀子のライバル選手・青山リナ(石田ニコル)の化粧ポーチが、塚越の部屋のバスルームにあったという情報から、塚越がリナとも付き合っていたことを突き止めた。

塚越は紀子と婚約しながら、リナとも付き合っていたのだ。

氷見はその情報をSNSで拡散、リナに世間からの非難が殺到し、容疑者として糾弾される。

 

紀子は塚越とリナの関係を知っていたが、本気ではないだろうと黙認していたという。

なぜそれを言わなかったのか、大事なことを隠されると信頼関係は築けないと氷見たちは紀子につめよる。

早くアメリカに帰りたがるのはなぜかと尋ねると、母親が末期ガンなので早くメダルを見せたいというのが理由だった。

 

紀子に殺害推定時刻のアリバイを尋ねると、夜道を歩いて事務所に向かっていたが、疲れて途中でタクシーに乗ったという。

アリバイを立証するにはどうしたらいいかと考え込む氷見たちの目に、テレビで会見を開くリナが飛び込んできた。

リナは自身にはアリバイがあることを示し、世間を騒がせたことを謝罪。

「私が銅メダルだからいけないんですか?・・・金メダルだったら疑われないんですか?」

涙ながらに訴えた。

この会見で一気にリナを擁護する流れに変わる。

 

紀子はアリバイを主張するが、アリバイというには弱く世間の見方は厳しい。

更に逮捕への動きが強まっているという情報も入る。

氷見は世論を味方につけ、少しでも警察の動きを止めるために、紀子の母親が末期ガンでアメリカで闘病中であるという情報をリークする。

一気に紀子への同情が集まるが、少しの時間稼ぎにしかならず、更なる一手が必要であった。

そこへリナのアリバイが偽装だったことが発覚、再びリナへのバッシングが強まる。

 

 

氷見は情報を集めるためスケート練習場を訪れ、リナや紀子のコーチから話を聞く。

紀子は男性関係が派手で塚越以外の男とも関係を持っていたという噂や、アフターピルを飲んでいたという情報を得る。

状況は変わらず紀子に不利であった。

紀子のもとに母親が危篤状態に陥ったという連絡が入り、いそいで渡米しようとするも逮捕されてしまった。

紀子は黙秘を続けるが、何とか救いたいという思いから氷見は執念の調査を続ける。

接見した氷見は、自身が立てたとある仮設を紀子に伝える。

 

・紀子は塚越を愛していたが、金メダルを取るために審査員と関係を持った。

・それを浮気だと塚越が疑い、二人の関係はギクシャクしてしまった。

・浮気の疑いを晴らすため、塚越に真実を打ち明けた。

・結果金メダルを獲得し、帰国したら塚越が殺されていた。

・殺害推定時刻には審査員の木村と一緒にいた。

・第一発見者であったため容疑者として疑われたが、
真実を話すと金メダルが取り消されてしまうので真実は話せない。

 

紀子はそれを否定するが、「愛する人を殺したと嘘までついて、お母さまに認めてもらうことがそんなに大切ですか?」氷見は問いかける。

「じゃあどうすればよかったんですか?お前からスケートをとったら何も残らないと母に言われ続けてきたんです!」

「皆がスケーターとしての私にしか興味を持ってくれなかったのに、健太(塚越)だけが私を人として認めてくれていたんです!!」

それなのに裏切ってしまった・・・と紀子は涙を流す。

 

紀子は氷見の仮定が事実であることを認めた。

だが、真実を話して容疑を晴らすより、何も知らない母親がメダルを首にかけて喜んでいる姿を見ることで母への復讐をとげたいという。

一番の復讐は、紀子が母親の呪縛から解放され、自分らしく人生を生きることだと氷見は語り掛ける。

容疑が晴れ、釈放された紀子は真実を話すために記者会見を開いた。

コーチに強要され、枕営業や八百長を働いたことを世間に告白。

 

塚越はその事実を知り、世間に公表しようとしたためコーチに殺害されたという事実が判明。

コーチは逮捕された。

 

ワイドショーでは連日このスケート問題が取り上げられる。

事実を公表したことで世論は紀子への同情モードに転じた。

アメリカに帰国した紀子は、母親と再会を果たす。

紀子の容疑を晴らし、母親のもとに帰すという大仕事を終えた氷見が屋台に入ると、見覚えのある男性記者が話しかけてきた。

 

「先日のお話の続きをしませんか?」

先日、氷見が過去に人を殺している(交通事故)と新聞記事を氷見に見せてきた記者であった。

 

ここで第3話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第4話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第4話』アキラ100%の演技が上手い!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

スケートファンの苦情殺到!?

私はフィギアスケートに詳しくはないのですが、紀子は現実でいうと浅田真央ちゃん的な存在ですよね。

 

設定がぶっ飛びすぎていて、真央ちゃん的な子がそんなことするわけないでしょー!

と突っ込みながら楽しく見ました。

が、スケートファンはそうではなかったようです。

 

「スケート競技への冒涜だ!」

「もうフジテレビはスケートを放送するな!!」

とSNS上ではスケートファンからの怒りの声が噴出しまくりでした^^;

 

好きなものが悪く捉えられかねない描かれ方をされたら怒る気持ちはよくわかります・・・

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』を見たみんなの感想は?

日本のフィギュアスケーターこんな悪い子いません
なんか失礼じゃない?
アマチュアのスポーツ選手なのに
未成年もたくさんなのに
イメージダウンなドラマ作って酷い

こんなクソ〇ッチフィギュアの子にいないから!!!
ふざけんな!!!

審査員って色んな国籍の人が何人もいるのにたった一人に枕してどうにかなるの?

え、これフィギュアスケートの連盟みたいなのから苦情くるよ⋯⋯

流石に失礼すぎる
アイドル設定だったらよかったってわけじゃないけど、フィギュアスケートってスポーツだからね

犯人が誰か?とか事件の真相は?よりも主人公達が世間を騒がしているスキャンダルをその中心人物の心情を理解した上で、一見突拍子もない行動をとりながらもリスクマネージメントしていく。
視聴者は最後にやっとなるほど!となるようなドラマを作りたいんだろうなぁ、みたいな。
でも結局、お醤油ならずっとテーブルにおいてあったじゃん、みたいな最後になってる。

「芸術点で順位操作できる」「男子スケーターはゲイ」とかあまりにも典型的っていうか、フィギュアよく知らない人がよく言ってることをドラマ化したよね
偏見を助長させるような

竹内結子のベッドシーンいる? それに中川大志が体でゲイから情報聞き出すのも手段を選ばなさすぎる。
こんなエロいシーンで視聴者は喜ぶとでも思ってんのかな。
メダルを取った人が枕をしたことも、フィギュア業界に失礼。

来週シャワーシーンでテコ入れする気だなw
あの綺麗なメンズのバックショット誰だろ?佐野岳かな?
前に松坂桃李もやたら菜々緒が怖かったドラマでやらされてたよねw
ええ!まんまと観ますともw!
ぜひ長めでたっぷりとお願いしまーーすw

相馬紀子の母はシングルでアメリカでがん治療を受けるような大金持ち。
金で買うならまだしも・・・!!
体でジャッジが買えるとか、アホか!!
だれが体で払うねん。
んで、そのあと妊娠予防のためにピルを飲んだ・・・。
アスリートやぞ!!
そんなんで具合悪くなって、金メダルが取れるか~?
スポーツって繊細やろ、もっと!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第3話』スケートファンの苦情殺到!?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

金メダルを取るためにトップスケーターが枕営業。

そして氷見・藤枝・真野(斉藤由貴)と、次々と身体を使って情報を手に入れる。

そっ・・・そんなわけあるかーい!!!

 

コミカルに描かれているのであまりいやらしさは感じられませんが、突っ込みを入れながら見るのがこのドラマを楽しむコツかなと思いました♪

出演者のキャラがたっているので見るたびに愛着が深まります。

 

第1話では次期総理大臣候補との交際が発覚、第2話では過去に交通事故で人を殺してしまったことがあるという事実が発覚・・・。

毎回氷見に関する気になる情報が小出しにされますが、今回は進展なしでしたね。

最後に氷見の過去を知る記者が出てきたので、来週あたり動きがありそうで楽しみです!

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA