スキャンダル専門弁護士 QUEEN

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話』中川大志と竹内結子は母子として共演していた!?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年2月28日(木)に放送された、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN第8話』はご覧になりましたか?

医療研究者の論文不正問題がテーマで、表向きにはクライアントの希望にそぐわなかったかのうように見せながら、結果的に研究を守り、クライアントの本来の目的につながる解決でスカッとしましたね。

氷見・与田コンビの采配、ピタリと決まる!な回でした♪

 

さて今回の9話では、氷見が事務所を辞め、氷見・与田が対立するようです。

これまで数々の依頼を乗り切ってきた仲良しコンビなのに一体どうなってしまうのか・・・気になります!

 

 

*ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第8話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第8話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第8話』氷見役の竹内結子さん再婚!結子ロス!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはこちらから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN ネタバレ まとめ
【ドラマ ネタバレ まとめ】スキャンダル専門弁護士 QUEEN2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のネタバレ記事まとめです。...

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話』のあらすじ!

氷見江(竹内結子)は、与田知恵(水川あさみ)からクライアントを吾妻涼介(山本耕史)のために利用していたのではないかと疑われる。

東堂裕子(泉里香)から届いた、吾妻の元秘書を使った政治資金スキャンダルのメールを与田に見せた氷見は、危機管理部でやれることはやったと帰って行った。

スキャンダル疑惑は大きく報道され、元秘書も氷見だと特定されたため鈴木法律事務所は対応に追われるが、真野聖子(斉藤由貴)も手が回らないほど。

与田は氷見に電話するのだが繋がらずにいた。

そこに来た鈴木太郎(バカリズム)は、氷見は事務所を辞めたと言い、新たに吾妻がクライアントになったと告げる。

公式サイトから引用

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

「吾妻のためにクライアントを利用していますよね!?」

終業後の鈴木法律事務所で、与田(水川あさみ)が氷見(竹内結子)に問いかける。

 

「さすが与田ちゃん。お疲れ様・・・だね。」

与田の質問には答えず、氷見は帰っていった。

 

 

場面変わり氷見の回想シーン。

道路上に血を流して倒れる男性。

その横で立ち尽くす氷見。

それを震えながらビルの上から見下ろす若い女性。

その女性は短く悲鳴をあげながら走り去り、残された男性と氷見の周りには次第に人だかりができ騒然となった。

 

 

続いて議員・吾妻(山本耕史)とマネーク社長・村西が話し込む場面。

村西
「再選を果たしたばかりなのに災難だったな。俺にできることがあれば言ってくれ。君は将来党の顔になる男だ。」

吾妻
「ありがとうございます。」

 

 

次の場面は、氷見が警察署から出てくる場面。

出口では副所長・鈴木(バカリズム)が待っている。

鈴木
「氷見さんらしくないなぁ」

氷見
「久しぶりに会ってそれ?」

鈴木
「これからどうするの?うちの事務所で雇ってあげてもいいけど」

その言葉を聞いて戸惑うように微笑む氷見。

 

氷見の過去は謎に包まれているが、与田と別れた氷見は5年前の出来事を思い返し、今後のことを考えているようだ。

歩いている氷見は無表情だが、立ち止まって何かを決意する。

考えがまとまったようだ。

 

 

ちょうどその頃、議員・吾妻が属する明示党では定期大会が開かれていた。

「この5年で、着実に成果をあげてきた」

党で官房長官をつとめる五十嵐議員が挨拶をし、党の躍進を目指し檄を飛ばす。

五十嵐は吾妻の恩師でもあり、吾妻は五十嵐の娘と結婚している。

翌朝、吾妻に複数のスキャンダルが持ち上がる。

不正献金と不倫の疑惑があり、不倫相手は元秘書で大手法律事務所につとめる女性だと報じられる。

名前は伏せられているが、その女性は氷見だとすぐに特定され、本名とともに氷見の写真や情報があっという間に拡散された。

吾妻の事務所に抗議の電話が殺到し、事務所周辺はマスコミや野次馬に囲まれ騒然としている。

 

 

鈴木法律事務所にも電話が殺到。

氷見はまだ来ておらず、藤枝(中川大志)は先週のクライアントについて渡米したまま戻っておらず、真野(斉藤由貴)と与田が対応に追われていた。

そこへ鈴木が現れ、氷見はやめたという。

驚き混乱する与田と真野だが、これからクライアントが来るよと言われ、この状態でなぜ仕事を受けたのかと呆れる。

 

今回のクライアントが吾妻だと聞き、二人は更に驚く。

すぐに吾妻がやってきた。

林大臣も一緒だ。

吾妻・鈴木・氷見は大学の同じ法学部だったという。

「あの女にはとことん迷惑をしている」以前氷見にやりこめられた林は心底氷見を嫌っている。

氷見とは大学時代からの友人で、秘書として働いてもらって色々助けてもらったが、不倫関係はないと吾妻は断言。

学生時代から二人を知っている鈴木も、二人に色恋沙汰はありえないと言い切る。

 

週刊誌で報じられている写真だけでは不倫関係があるという証拠にはならないが、立場上世間からたたかれる十分な材料になりうる。

とにかくこの2つのスキャンダルをつぶせ、と林は圧力をかける。

 

氷見がいない中、与田と真野は奔走する。

不正献金は氷見がかかわっているならそう簡単に足がつくようにはしていないはず。

これ以上騒ぎが大きくならないよう、不倫スキャンダルを最優先で動くこととした。

 

 

与田は、記事を書いた記者・東堂(泉里香)に会い、氷見の過去についての情報を引き出すことに成功した。

東堂はフリー記者の諸(佐野岳)から情報を得ていた。

与田は、氷見が5年前に発生した交通死亡事故の容疑者として逮捕され、すぐに釈放されたという記事の存在を知る。

 

吾妻が当選したのもちょうど5年前。

5年前にやはり何かあったようだが、情報は断片的である。

真野に何かを調べるよう依頼した。

翌日、妻同席で会見を開くことにした与田は、鈴木と一緒に吾妻の事務所を訪れる。

本当に男女の関係はなかったのか?と再確認する与田に対し、妻を裏切るようなことはしたくないし絶対にないと吾妻は断言する。

最後に会ったのはいつかと食い下がる与田に対し、最後に氷見に会ったのは5年前で最近は会ってもいないと吾妻は答える。

 

 

帰り道、与田は5年前に何があったのかと聞くが鈴木ははぐらかす。

「吾妻と氷見は男女の関係ではない。与田さんと氷見さんだって良いコンビでしょう?そんな感じで、とにかく大きなものを見据えた良い関係だ。」

そして吾妻と妻に結婚を勧めたのも氷見だと明かす。

 

 

その夜、考え事をしながら歩く与田のもとに一本の電話が入る。

(相手は誰だかは視聴者にはわからない)

電話を切り、歩きながら氷見との日々を回想していた与田は、何かを決意した表情を見せる。

 

 

テレビでは、吾妻夫婦がそろって地域行事に参加する番組が特集され話題となる。

一方で、氷見が男性と飲んでいるプライベート写真が拡散され、ワイドショーでも報じられる。

異性関係に奔放な氷見、夫婦仲が良く家族想いの吾妻、という構図ができあがり、吾妻の好感度があがりネット上の反応も好転した。

そのタイミングで妻同伴のもと吾妻は会見を開く。

氷見は優秀な秘書だったが不倫関係や不正献金は一切ない、妻と二人三脚でこれからも支持者の皆さんの期待に応えていくという。

ネット上では氷見が悪者、吾妻は氷見に騙された被害者という流れに傾き、吾妻の支持者も増えた。

 

スキャンダル潰しに成功したと喜ぶ林大臣。

浮かない表情でSNSの情報収集をしていた真野は、「何これ!?」と驚く。

会見を見た氷見が、ネットニュースに告発めいた動画を流していたのだ。

 

「先生の活躍のために尽力してきた。党への献金も合法的に斡旋してきたのに、一切ないとされ納得できない。」

「うわべだけを取り繕い、問題に対して真摯に向き合っていないあの会見には納得できない。先生がそのような対応なら私にも考えがあります。」

とても挑戦的な態度のその動画は話題となり瞬く間に拡散、やはりやましいことがあったのでは?

と世論は再び吾妻に不利な方向に傾きはじめる。

 

 

当然林は激怒。

氷見を徹底的につぶせ、と鈴木に言う。

顧客からの依頼とあらばやるしかない、と与田と真野は動き始めた。

 

与田は、記者の東堂から仕入れた5年前の情報をもとに、東堂に記事を書かせた。

まだ線としてつながってはいないが、憶測を生むには十分すぎる内容であった。

 

「殺人者」

「情報を操作して国民を陥れようとする恐ろしい女」

「目的のためなら手段は問わず金で買収する」

SNSは炎上する。

そこに藤枝がアメリカからお土産を持って帰ってくるが、展開が急すぎて藤枝は何が何だかわからない。

なぜ氷見は辞めたのか、辞めたにしてもこの仕打ちはあんまりじゃないか、と藤枝は困惑する。

 

ネット上では氷見が恐ろしい悪魔かのように書かれ大炎上する。

報告を受け喜ぶ林だが、それを横で聞く吾妻は複雑な表情を見せる。

 

一方、与田に頼まれ調査に動いていた真野は、とあるSNSに集まる個人情報が5年前から不正に売買されているものであることをつかんだ。

その売買には、シンクタンク「マネークアナリピカ」という会社がかかわっており、その会社は氷見が関与したとされる事故現場のすぐ近くにある。

そしてそこは吾妻の選挙区でもある。

顧客リストを見た与田と真野は何かに気付く。

 

 

氷見に関する悪いニュースを眺めていた吾妻のもとに、氷見からメールが届く。

「5年前のことに決着をつけましょう」

メールを送った氷見は、5年前の事故現場の近くで、事故現場となった道路とビルを見つめていた。

歩き出した氷見は、SNSに「氷見江に天罰を」「今から襲撃する」という書き込みを見つける。

 

次の瞬間、通りがかりの若い男に殴られ、倒れてしまう。

それを見ても周りは手を貸さず、遠巻きに見つめながら携帯で写真を撮影するのみ。

その写真もSNSに拡散されるが、氷見を擁護するようなコメントはなく、自業自得だというような内容が目立つ。

怪我は大事には至らなかったが、直接悪意をぶつけられたショックは大きい。

 

 

氷見が襲われたというニュースはすぐに拡散され、ワイドショーでも取り上げられる。

鈴木法律事務所ではそのニュースを見て、さすがにひどいのではないかと藤枝は言うが、クライアントを守った結果だと与田は冷静であった。

「林先生、氷見をつぶす準備ができました」与田が林に電話をかける。

 

 

『不倫弁護士氷見江 殺人事件の真相!明時党の選挙違反に関与か』

週刊誌にはショッキングな文字が踊る。

 

5年前の選挙で、氷見が吾妻議員や対立候補に関するフェイクニュースを流しており、事実なら選挙法違反にあたる。

時効である3年は過ぎているが、吾妻議員の関与もどこまであったのか・・・とワイドショーでも頻繁に取り上げられる。

 

表向きには普段通りの鈴木事務所だが、鈴木・真野・藤枝、それぞれ何か考えているようだ。

そしてそれは氷見叩きの先頭に立つ与田も同じだ。

 

吾妻・氷見・与田、三人それぞれが、何かを考えながらしっかりとした足取りで歩く場面で9話は終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第10話 最終回 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第10話(最終回)』「inside you」を歌う驚異の新人!miletって誰?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、フジテレビの冬ドラマであるドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第10話(最終回)』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

中川大志と竹内結子は母子として共演していた!?

最近知ったのですが、藤枝役の中川大志はまだハタチとお若いんですね!

藤枝は27歳という設定で、いじられキャラながら落ち着いた雰囲気なので大体それくらいの年齢かと思っていました。

 

これまでは学生役が多く、スーツを着るのもはじめてだとか。

そして驚いたのは、竹内結子と以前親子役で共演したことがあるとか!

びっくりですね。

 

SNSでも「藤枝は何でいないんだ!お母さん(以前母として共演した竹内結子)を守れ!」という声が多く聞かれました。

 

事務所のエースが一転、事務所として氷見をつぶしにかかる流れに急激に変化する中で、唯一仕事とはいえこれは・・・と氷見を心配する藤枝。

水川あさみ演じる先輩与田ちゃんにやられっぱなしの頼りない役どころですが、大人の男・藤枝として脱皮するところも見てみたいなぁと期待しています!

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話』を見たみんなの感想は?

藤枝帰ってくんの遅くない?
なんでいないの

バカリズム、このドラマにいる? 
バカリズムに仕事させるために藤枝いないのかな

結局、氷見は何なの?敵なの?味方なの?

私がバカすぎなのか今どんな状況なの?これ
誰か解説してくれ

たぶん氷見潰すために事務所の人間が敵に!そんなぁ今までの絆は?!泣
みたいにしたかったんだろうけど無理がある

氷見と事務所は決裂してるように見せかけて実は繋がってましたってオチでしょ

今回面白かったし、映像がかっこよかった。私だけ?
氷見、与田ちゃん、真野さん、鈴木君は何だかんだ最後にうまく事が済むように解決するんじゃないかと今からワクワクしてる。ぜーんぶ計算のうえの行動であって欲しい。

今さら感満載ですが最近気づきました。竹内結子さんと中川大志さんは、大河ドラマ真田丸では親子ではないか!と。
あ、斉藤由貴さんも阿茶局だ!!

歩道橋から見下ろして震えていた若い女性、五十嵐の娘よね。吾妻の妻の。これは何かある!

なんで?与田ちゃん!!と思ったけど、きっと皆向かうところは同じはず。そんな予感を感じさせるエンディングだった!!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話』中川大志と竹内結子は母子として共演していた!?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

少し前まで一緒に仕事をしていた仲間なのに、そこまでやるなんて与田ちゃん性格悪い!と与田ちゃんへの非難の声が多く集まりましたが・・・

問題はそんな単純なことではないように感じました。

 

副所長・鈴木の「あの二人は色恋ではなくもっと大きなものを見据えた関係だ」という発言がありました。

ドラマ後半、与田や真野は誰かと何度か電話のやりとりをしていましたが、実は氷見なのではないかとも思えました。

 

炎上の当事者になって混乱しての行動とも考えられなくもないですが、百戦錬磨で修羅場をくぐってきた氷見が、炎上くらいで逆上して動画をあげるとは思えません。

 

一見すると吾妻(事務所)VS氷見という構図になっているように見えますが、恐らくそれも計算づくなのではないかと思います。

急展開&炎上しすぎて、次回の最終回で話がまとまる気がしないですが・・・

泣いても笑っても次回が最終回、楽しみに待ちましょう!!

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA