リカ

オトナの土ドラ『リカ 第1話』自称28歳がヤバすぎる!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年10月5日(土)に放送された
オトナの土ドラ『リカ 第1話』はご覧になられましたか?

オープニングからあのハーバリウムの瓶でサイコパス感が漂っていましたね~
高岡早紀さんの演技には驚きです!!

*オトナの土ドラ『リカ 』の詳しい情報はこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ』の主演は高岡早紀!キャスト・SNS情報・無料視聴の方法まとめ!東海テレビ・フジテレビ系の2019年秋クール オトナの土ドラ『リカ』のキャストやSNS情報、無料視聴する方法などについてまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、オトナの土ドラ『リカ 』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はFODで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年10月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

オトナの土ドラ『リカ 第1話』のあらすじ!

どことなく怪しげなマンションのとある一室。美しいハーバリウムが飾られた中、真剣な表情でメイクしているのは、雨宮リカ(高岡早紀)である。顔をメイクした後、左腕を出すとそこには不気味な痣が。リカは痣をファンデーションで隠していく…。
地域医療に根差した個人病院、花山病院の副院長・大矢昌史(小池徹平)は、優秀な外科医で患者や看護師たちの信頼も厚い。
その日花山病院は、看護師補充の面接をしていた。終わり間近に、コツコツと靴音を響かせやってきた女、それがリカだった。28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカに、大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねると、リカは嬉しそうに「運命なんです」とつぶやく。その時、リカの左腕の痣が薄紅色に浮き上がったのを、看護師長の小山内(池谷のぶえ)だけは見逃さなかった。面接後、大矢ら男性医師はリカの採用に傾くが、小山内だけはリカの冷え冷えとした得体のしれない空気に嫌悪を感じ反対する。しかし、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)は、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決める。
花山病院で働き始めたリカは、大矢との仕事では優秀な看護師として手腕を発揮するが、他の医師との仕事にはおよそやる気を見せない。救急のけが人の治療の際は大矢と見事なコンビネーションを見せる。リカはその時大矢が廃棄した手袋を自宅に持ち帰り、ハーバリウムにしてうっとり眺めていた。更にリカはサボり癖のある看護師・森田(立花恵理)から大次郎の看病を譲り受け、口うるさい大次郎の心をほぐし巧みに取り込んでいく。
「女は28歳までに結婚して、家庭に入って、愛する夫に尽くすのが一番幸せ…」
そんな自分の理想を話すリカに何か不気味なものを感じ困惑する大矢。リカが働き始めたことによって、花山病院の歯車が徐々に狂っていく。

公式サイトから引用

オトナの土ドラ『リカ 第1話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

ハーバリウムが並ぶ部屋で真剣な表情で化粧をする一人の女・雨宮リカ(高岡早紀)。

「やっと会える・・・運命の人」とその女はつぶやく。

顔をメイクした後、左腕にあるアザをファンデーションで隠す。

 

 

ある日、花山病院では副院長・大矢昌史(小池徹平)の元に宛名のない贈り物が届く。

お世話になった患者からかもしれないと看護師が言い、中を開けてみると綺麗な赤い薔薇が1本瓶に入っている。

ハーバリウムのようだ。

 

 

今日は看護師の面接の日。

何人か面接をし、最後の一人が入ってきた。

まっすぐに大矢(小池徹平)の方に向かい話す女。

「雨宮リカ28歳です」とまっすぐに大矢を見つめて話すリカ(高岡早紀)。

28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参した。

いくつか質問をされ、他の先生が結婚しているのか聞くと「今はひとりです。でも結婚はします」と言うリカ。

看護師長の小山内(池谷のぶえ)はリカの腕にあったアザが気になるのでした。

 

 

面接が終わり、リカが受付けの前を通りすぎる。

「都内某病院の事務員は見た!」というSNSに日頃の病院の様子をつぶやいている事務員の丘留千秋(夏菜)。

帰ったはずのリカが窓口に立っていて驚く。

結婚しているのか聞かれ「は、はい」というと「よかった」と言われるのでした。

 

面接を終えた先生達は、推薦状を持っているのならリカを採用するか悩んだので、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)の意見を聞きに病室に行く。

看護師としてのキャリアは申し分ないが、人として何か不健康だから採用するか意見が割れていることを話すが、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決めるのでした。

 

 

採用の連絡をもらい喜ぶリカ(高岡早紀)。

「やっぱりあるのね、運命の赤い糸・・・」と赤い薔薇に入ったハーバリウムの瓶を見つめる。

初出勤の日。

リカ(高岡早紀)と同じく採用された、倉田博子(藤本沙紀)が自己紹介をする。

そして「雨宮リカ28歳です」と無表情でリカが自己紹介すると、空気が一瞬固まる。

挨拶が済み、婦長が「それでは今日もよろしくお願いします」と言うと、ナース室の前で患者が大矢(小池徹平)に親しげにしているところを見たリカが「チッ」と舌打ちをし、師長・小山内(池谷のぶえ)が少し驚く。

 

 

ゴミ捨てに来たリカは看護師・森田綾乃(立花恵理)が煙草を吸っているのを目撃する。

入院している病院長・大次郎(西岡徳馬)の世話でストレスがたまっているので誰にも言わないでとお願いされる。

リカは森田に「お世話、時々変わってあげる」と言うのでした。

 

 

急患がきてリカは大矢と見事なコンビネーションを見せる。

「処置が早くて助かった」と大矢がリカに言う。

部屋に一人になったリカは大矢が捨てたゴム手袋をゴミ箱から拾い出すのでした。

 

 

病院長・大次郎(西岡徳馬)の部屋に入り挨拶するリカ(高岡早紀)。

飾られていたオレンジの百合をいきなり捨て花言葉は“憎悪・憎しみ”だと教える。

「今度からは私がチェックしますので」と笑顔で言うリカ。

口うるさい大次郎の心をほぐし巧みに取り込んでいく。

甥の大矢(小池徹平)のことを心配する医院長に「大丈夫です、大矢先生は医院長のそのものを受け継ぐと思いますよ」とリカは優しい声で言うのでした。

 

 

夜、家に帰ってきたリカ。

大矢が私用していたゴム手袋を瓶に入れて、ハーバリウムにして「綺麗・・・」とつぶやき、思い出す。

 

 

1ヶ月前。

リカ(高岡早紀)がレストランで一人食事をしていると、突然、前のテーブルの年配の男の人が倒れた。

すぐに隣のテーブルに座っていた若い男・大矢(小池徹平)が緊急処置をする。

リカはAEDを渡し大矢と対応する。

花山病院に搬送することにし、大矢は食事をキャンセルする。

そしてリカの方を振り向き「ありがとう、あなたがいてくれてよかった」と言って出て行くのでした。

 

そのとき大矢が持っていた薔薇の花束から2本落ちていく。

それが、大矢に届けられた薔薇とリカの部屋にある薔薇なのでした・・・

大矢(小池徹平)は婚約者・佐藤真由美(山谷花純)と食事をする。

あと2年したら結婚する予定のようだ。

ビールで乾杯し、採用された看護師の話をする。

リカのことを聞く真由美に「ちょっと変わってるんだよね、年より落ち着いてみえるし」と大矢は言うのでした。

 

 

医院長(西岡徳馬)の相手をしたあと、大矢(小池徹平)の部屋に入るリカ(高岡早紀)。

大矢が探していたボールペンを渡す。

医院長の相手をしてくれていることを大矢に感謝されると「先生のおじさまなら私にとっても家族です」とリカは言う。

泊まり込みする大矢の体のことを心配し、リカは大矢に向かって真顔で「結婚、しましょうよ」と言う。

「女は28歳までに結婚して家庭に入って愛する夫に尽くすのが一番幸せ。そういうものでしょ」と笑顔で言うリカ。

 

大矢「でも困るな~入ってすぐに辞められても」

リカ「大丈夫です、先生が望むなら子供ができるまでは看護師でいますから」

自分の理想を話すリカに何か不気味なものを感じ困惑する大矢。

大矢の部屋に飾られている薔薇のハーバリウムを見つけたリカは赤い薔薇の花言葉を話す。

「あなたを愛してます。本数によっても変わるんですよ~。1本なら一目惚れ、2本ならあなたと私だけ・・・」

瓶を持つリカの左手のアザを大矢は見てしまい目を見開き驚く。

そこに看護師長の小山内(池谷のぶえ)が入ってきた。

リカは無表情に戻り部屋を出る。

そのとき、師長と大矢が寝たきりの患者・熊沢の話をするのを聞く。

 

 

熊沢という患者の部屋に行くリカ。

意識のない熊沢に無表情の低い声で「熊沢さん、あなたのせいでこのままだと大矢先生が倒れちゃう」と話す。

ノックをして部屋に入ってきた師長はリカがいることに驚き「雨宮さん?ここで何をしているのですか?」と言う。

リカは冷静に「部屋を間違えました」とすぐに出て行くのでした。

森田(立花恵理)を休憩に誘うリカ。

煙草を吸う森田が元気がないので励ますリカ(高岡早紀)。

森田の電話が鳴り、急いで煙草を隠し戻る森田なのでした。

 

リカの勤務が終わり「おつかれさまでした」と病院をあとにしたすぐあと火災が発生。

火元はゴミ置き場からだと看護師がみなゴミ置き場に行く。

煙草の吸い殻を見つけた師長。

その後ろでヤバい顔をする森田。

ナースコールが鳴りっぱなしだと患者が呼びにきた。

ボヤ騒ぎの間に熊沢が亡くなったのだ。

呼吸器が外れていたことを不思議に思う師長はリカがこの病室にいたことを思い出す。

 

 

翌朝、リカ(高岡早紀)を呼び出す師長(池谷のぶえ)。

昨日の午後何故熊沢の部屋にいたのか問いただす。

ボヤ騒ぎの時どこにいたのかリカに聞くと、怖い顔になり自分を疑っているかとリカは言う。

念のため聞いていると言う師長に「熊沢さん、何の為に生かされていたんでしょうね。ひとりぼっちでいきてきて、孤独のうちに死んでいく。命が枯れていくのを無意味に引き延ばされて、無意味に生かされる必要があったのでしょうか」と淡々と言いながら涙を流すリカ。

師長は屁理屈はやめろと机を叩き怒り立ち上がる。

 

「使用期間が終わり次第、あなたには辞めてもらうから!」とリカに言う。

「そんなの絶対嫌」とリカも立ち上がる。

「とにかく辞めてもらいます」と部屋を出る婦長。

「死ねばいいのに」と師長が出て行った方をにらみリカはつぶやくのでした。

 

 

ナース室にいる師長(池谷のぶえ)と看護師。

ナースコールが鳴り、師長が担当だからと出て行く。

そして、大矢(小池徹平)のところに一人の看護師が慌てて呼びに来る。

急いで行ってみると、師長が階段の下で頭から血を流して倒れている。

手すりが外れ、転落したように見える。

 

 

屋上にいるリカ。

レストランで「あなたがいてくれてよかった」と大矢に言われた言葉を思い出す。

「ありがとう、わたしを選んでくれて」とつぶやくのでした・・・。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第2話』煙草を吸う可愛い看護師は誰!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、東海テレビ・フジテレビ系のドラマ オトナの土ドラ『リカ 第2話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第3話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

自称28歳がヤバすぎる!?

自己紹介で「雨宮リカ28歳です」と自分の歳まで言うリカ。

28歳に違和感がありつつも、高岡早紀さんならいけるかもと思ってしまう綺麗さですよね~。

みなさんも“28歳”が気になったのではないでしょうか?

自ら年齢を言う時点でなんだかすでにサイコパス感がある気がします。

28歳で結婚するという想いが強いからなのか、何故28歳にこだわるのかこれからの展開も気になりますね♪

オトナの土ドラ『リカ 第1話』を見たみんなの感想は?

『リカ』怖くて面白かった!!高岡早紀さん、昔から好きな女優さんの一人

自称28歳リカ怖すぎ

高岡早紀は、ハマり役な感じ
次に何やらかすかバレバレなのに怖い

予想を上回る怖さだった…高岡早紀の本領発揮を見れた気がする
病院では28歳という奇妙な設定も一周まわって怖い

いいねいいね♪こういうヤバそうなドラマ好き

小池徹平の使用済み手袋ハーバリウムこわすぎぃw

周りからガッチガチに固めていくヤバイ人安定のスタイル

高岡早紀さんハマりすぎww
微妙な表情上手すぎる。池谷さんやっぱいいわー。お芝居も声も好き

『リカ』こぇぇぇぇぇ~
でも続きが気になる

高岡早紀さんの怪演!面白かった
くうちゃんの歌最高!!

※人物画像はイメージです。

まとめ

いかがでしたか?

もう何から何まで気になるリカ!!

一目惚れした大矢をまっすぐ見るシーンやハーバリウムでコレクションするシーンはゾクゾクしましたね。

左手のアザは一体なんなのでしょうか。

それにしても、高岡早紀さん綺麗すぎる・・・

 

次回は・・・婦長が植物状態!?

同僚の倉田が楽しそうに大矢と話すところを見たリカの次の邪魔者は倉田なのでしょうか!?

「そうね、その手があったわ」と薔薇のハーバリウムを見つめながらつぶやくリカは何を思いついたのでしょうか。

愛ゆえの恐怖の策略。

次回も楽しみです♪

オトナの土ドラ『リカ 第2話』のあらすじ

花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。大矢(小池徹平)は、警察に通報して調べた方が良いと、院長で大矢の叔父・大次郎(西岡徳馬)に相談するが、病院の落ち度を世間に晒すことはないと大次郎は箝口令を敷く。嘗ての大次郎では考えられないその言葉に耳を疑う大矢。
一方、リカ(高岡早紀)は、大矢に近づくための更なる手段として、翌日の虫垂炎の手術で大矢の補佐に入っている看護師の倉田(藤本沙紀)から、担当を奪うための計画を企てて……。
結局リカは大矢のオペの補佐をすることになる。虫垂炎の手術は無事に終わるが、術後一息ついていた大矢のもとに、リカが駆け込んでくる。リカが告げたのは、大矢にはとうてい信じ難い事態だった……。
そんな中、小山内の後任の看護師長・藤鐘(安藤玉恵)と看護師の木村(安座間美優)は、小山内が転落した時ナースコールで呼んだ認知症の患者から、不可思議な話を聞き……。
また、事務員の千秋(夏菜)は、小山内が転落した非常階段を修理に来た工事業者から不審な話を聞き……。
次々に不可解な出来事に襲われる花山病院。
リカに翻弄され続け、大矢の運命が暗転していく……!

公式サイトより引用

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA