リカ

オトナの土ドラ『リカ 第5話』第二章。リカの新たなターゲットは誰!?ネタバレや感想、第6話のあらすじも!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年11月9日(土)に放送された

オトナの土ドラ『リカ 第5話』はご覧になられましたか?

ついに第2章が始まりましたね!

新たなターゲットができたリカの行動は今回も恐ろしそうです。

*オトナの土ドラ『リカ 第4話』はこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第4話』ついにリカの思い通りに?第一章の結末は!?ネタバレや感想、第5話のあらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第5話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

*オトナの土ドラ『リカ 』のネタバレまとめはこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ』【ネタバレ まとめ】2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋クール オトナの土ドラ『リカ』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、オトナの土ドラ『リカ 』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はFODで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年11月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

オトナの土ドラ『リカ 第5話』のあらすじ!

数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。

いまだに亡くなった大矢(小池徹平)の事が忘れられず、ペアン鉗子のハーバリウムを手に涙ぐむリカ(高岡早紀)。そんな折、顔見知りの宅配業者からマッチングアプリの存在を知ったリカは、今度こそ“運命の人”に出会えることを信じ、登録する。
映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、「作家の恋」という原作の気乗りしない仕事を任されていた。その映画のリサーチをするために、アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司)から、マッチングアプリに入ることを薦められた本間は、坂井に言われるまま、“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。
その夜、自宅で、溺愛する娘の亜矢(稲垣来泉)と一緒に人形で遊んでいる楽しげな本間。そこに身支度を整えた妻・葉子(徳永えり)がやってきて「亜矢。そろそろ行こっか」と声をかける。本間は嫌がる亜矢の様子を見て「今日は泊まって行けよ」と声をかけるも、「まだ許してくれてないでしょ」と言われ、何も言えなくなる…。
半年前に葉子の浮気が発覚し、夫婦は別居生活を送っているのだ。冬物を取りに来た2人は、葉子の実家へ帰って行った。
急に静かになった部屋で侘しくウィスキーを飲んでいる本間。と、テーブルの携帯が鳴る。見るとアプリに着信マークがある。プロフィールを開くと、『リカ/年齢:28/職業:元看護師/3年前に彼と別れてから、看護師をやめて今は家事手伝いをしています。』の文字が…。
思案するも、返信を打ち始める本間―――。
それは地獄への入り口だった…。
予測不能の恐怖の物語、第2章開幕!!

公式サイトから引用

オトナの土ドラ『リカ 第5話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年後・・・

大矢(小池徹平)のことを想いながらハーバリウム眺める雨宮リカ(高岡早紀)。

あれからずっとひきこもっていうようだ。

そんなある日、顔見知りの宅配業者のお姉さんがリカの顔色が悪いことを心配する。

リカは大矢のことを思い出しながら「彼以上の人なんてもう2度と現われないと思う」と嘆く。

リカのことを励ますお姉さんにマッチングアプリの存在を教えてもらい、気になったリカは登録してみることにした。

一方、映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は「作家の恋」という原作の仕事を任されていた。

この時代に文通なんてリアリティはないが、やるからにはヒットさせたい。

アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司)からマッチングアプリのことを教えてもらい“文通アプリラブレターズ”というアプリをダウンロードしてリサーチすることに。

坂井と相談しながら“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。

マッチングアプリのひとつ“ラブレターズ”に登録したリカ(高岡早紀)。

文通相手のプロフィールをチェックしてみるが中々いい相手がいない・・・

そんな時、“あなたへのオススメ!”に登録したばかりの“神宮寺たかお”のプロフィールが通知される。

「作家さんなんだぁ。真面目そう」スマホを手につぶやくのでした。

自分のデスクでリサーチできそうな文通相手を探している本間。

そこに、3年前花山病院の事務をしていた岡留千秋が“金沢千秋”のネームプレートを首からさげ本間宛の手紙を持ってくる。

千秋は“デスクは見た!映画業界の裏側”というタイトルで今度は映画業界のことをSNSでつぶやいているようだ。

本間達の話しを聞いていた千秋は“マッチングアプリで、良い出会いなんかあるわけない。やるだけ無駄!”と投稿する。

本間(大谷亮平)が家に帰ると、冬物を取りに来た娘の亜矢(稲垣来泉)と妻・葉子(徳永えり)がいた。

半年前に葉子の浮気が発覚し、今は別居生活を送っている。

亜矢とまだ一緒にいたい本間は「今日は泊まって行けよ」と声をかけるが「まだ許してくれてないでしょ」と葉子に言われ、何も言えなくなる…。

2人は、葉子の実家へ帰って行った。

一人静かになった部屋でウイスキーを飲みながら過ごしていると、携帯が鳴る。

そこにはラブレターズからの通知で手紙が届いた。

プロフィールを開くと、“リカ/年齢:28/職業:元看護師/自己PR:3年前に彼と別れてから、看護師をやめて今は家事手伝いをしています。”と書かれていた…。

メールのマークを開くと“こういうアプリは初めてなので少し緊張していますが、他愛もないお話が出来たら嬉しいです。よかったらお便りください”とメッセージが書かれていた。

リカの携帯が鳴る。

“メッセージどうもありがとう。僕もこういうアプリは初めてです。”

本間からの返信だった。

「神宮寺たかおさん・・・」とつぶやくリカ。

そして、本間とリカとのやりとりが始まるのでした・・・。

翌日、職場で眠そうにする本間(大谷亮平)。

一晩中リカと文通したと坂井に見せる。

やめどきがわからず朝までやりとりしていたそう。

坂井(内田健司)と話しをしているとまたリカから手紙がきた。

“おはようございます。昨夜はとても楽しかったです。今日も一日、神宮寺さんからの『手紙』を読んで頑張ります。”

と坂井がリカの手紙を読み上げる。

「はぁ、返事かかないとー」と本間は返事を打ち出す。

「本間さん、結構ハマッてたりしてー」

「ハマるわけないだろう。リサーチってバレないように多少相手をのせないといけないから難しいんだよ」

2人のやりとりをみていた千秋(夏菜)は“出会いのアプリに登録する女なんてロクなのいないに決まってる”と投稿するのでした。

家の掃除をするリカ(高岡早紀)。

宅配のお姉さんと話し「最近ちょっといいなという人が現われて」と言う。

若いうちはたくさん恋しなきゃと言われるが「ううん。たったひとり運命の人に出会えればそれでいいの。今度こそ失敗しないようにがんばらなくちゃ」とリカ。

リカの部屋のハーバリウムにはボタン、イヤホン、眼鏡、そして大矢の手袋や鉗子、薔薇が綺麗に並べられていた・・・。

家でビールを飲む本間にリカからメッセージが届く。

質問攻めのリカの“手紙”をみながら坂井の一回会ってみたら女性の心境とかわかるかもの言葉を思い出す。

そしてリカに“リカさん、お返事遅れてすみません。もしよかったら、今度一緒に食事でもいかがですか。”と送る。

まずは電話でやりとりをすることにした。

仕事中の本間(大谷亮平)に非通知で着信がかかってきた。

『あの、神宮寺さんの携帯ですか?神宮寺たかおさんですか?』

『わたし、雨宮リカと申します』

AARU(アール)というレストランに行きたいと本間がリカに言う。

アールはリカが大矢と出会った場所・・・。

リカ『わたしもそこ行きたかったんです』

本間「そうですかー、ありがとう。リカさんがいてくれてよかった」

リカは3年前の大矢(小池徹平)の言葉「ありがとう。あなたがいてくれてよかった」を思い出す。

本間「ちゃんと相手をしてくださるリカさんのような方が・・・」

リカ『こちらこそ。わたしを選んでくれて、ありがとう』

そしてAARUで会うことになった2人。

リカ(高岡早紀)は大矢が座っていた席を眺め思い出していると、その席に座る一人の男性が・・・。

すぐにリカの元へ案内されたその男は神宮寺と名乗る本間(大谷亮平)。

「神宮寺たかおさんですか?私、雨宮リカ、28歳です」と笑顔で言うリカ。

本間「どうも・・・おまたせしてすみません」

お店に来る途中チラシ配りの人にもらったというガーベラをリカに渡す。

喜ぶリカ。

本間は鞄に潜ませたICレコーダーの録音スイッチを入れる。

本間「ハンドルネームのリカさんとお呼びしてもいいですか」

リカ「はい、本名ですから。神宮寺さんも本名ですか?」

下の名前は本名だし・・・「ええ」と言う本間。

リカ「じゃあリカも、たかおさんと呼びますね」

本間がマッチングアプリのことをいろいろ質問してみる。

リカ「なんか取材されてみるたい・・・」

結婚するなら運命の相手としたいと話すリカ。

「リカ、28歳で結婚するのが夢なんです。だから遊びの恋なんてしてる暇ないの。自分の家族が出来たら一生大事にしたい、私家族を早くになくしているので余計にそう思うんです。家族に対する憧れがひとより強いっていうか・・・」

本間「あぁ、そうういう意味なんですね。実は僕ももう両親が他界しているんですよ。だからリカさんが憧れる気持ちがよくわかります」

リカ「嬉しい、そんな風に理解してくれる人今までにいなかった・・・」

本間「リカさんならきっと良い奥さんになれますよ」

目を見開いて「本当にそう思いますか?」と本間に言うリカ。

「えぇ」という本間。

リカの左手のアザが赤く濃くなり、十字の跡が浮かび上がってくる。

その手に気づいた時・・・

本間の電話が鳴る。

リカ「やっと出会えた・・・運命の人・・・」

仕事でトラブルがあったみたいで本間は先に帰ることになった。

翌日。

リサーチはどうだったか坂井(内田健司)に聞かれる本間(大谷亮平)。

坂井「どんなタイプの子だったんです?」

本間「28歳って言い切るんだけどさ、どうみても28じゃないんだよな。あれは確実にサバよんでるな」

坂井「どんなの許容範囲ですよー。で、顔は?」

本間「見た目は綺麗なんだけど、自分のことたまにリカって呼ぶんだよ」

坂井「あーそっち系」

本間「メールのテンションとはちょっと違うから戸惑ったよ。真面目で良い子なんだけど、真剣に結婚相手を探しているって感じだったな。運命の相手は見ればわかるって」

噂をすればリカから手紙が・・・

返事をしていないのに連続で短文が送られてくる。

“次はいつ会えますか?私の方はいつでもたかおさんの都合に合わせますから”

坂井「だいぶ前のめりですね」

本間「これってどうやって終わればいいんだ?とりあえずリサーチとしてはもういいと思うんだけど」

坂井「ほっとけばいいんじゃないすか。返事がこなければ向こうもさっさと諦めるでしょ」

本間は無視することにした。

時間が経ち家で仕事をしていた本間(大谷亮平)に娘の亜矢から電話がかかってくる。

「いつでも電話してきていいからさ」というと『でもパパの電話繋がらないだもん、留守電にもならないし。さっきも電話したけど留守電にならなかったよ』と亜矢。

そう言われて携帯をみてみると、電話の通知マークの表示が30になっていた。

ひらいてみると、全部非通知・・・。

留守電も30件になっていてリカからメッセージが入っていた。

『たかおさん、次はいつ会えますか?』

『今度はゆっくりお食事できると嬉しいな』

『お仕事が忙しければ夜遅くからでも全然大丈夫です。いつでも時間あけますから』

『たかおさん、どうしてもお話したいことがあるんです』

こわくなった本間は留守電を削除する。

するとまた、非通知から着信が・・・

留守電になりメッセージが録音される。

最初の録音より低い声で『たかおさん、何も嘘はついてないですよね』とリカからメッセージが入った。

怖くなった本間は着信拒否をすることにした。

ワンピースを着たリカ(高岡早紀)がとあるビルに入る。

受付嬢に「すみません、こちらに神宮寺たかおさんはいらっしゃいますか」と言う。

そこは本間が働いている宝映株式会社。

ちょうど坂井(内田健司)が通りかかり自分がつけた“神宮寺たかお”と言う名を聞いて驚く。

受付嬢に「お探しいたしましたが、神宮寺というものはこちらおりませんが・・・」と言われるリカ。

「そうですか・・・じゃあ本間たかおさんはいますか」

受付からリカがきていると電話をもらい驚く本間なのでした・・・。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第6話』倖田來未が本人役で登場!?ネタバレや感想、第7話のあらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第7話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

第二章。リカの新たなターゲットは誰!?

大矢のことを想っていたリカがとうとう新たな“運命の人”を見つけ出しましたね!

もう、最初っから突っ走てる感が出てドキドキします。

まさか大矢と運命を感じたレストラン・AARUでまた運命を感じるとは・・・

 

黄色いガーベラをリカに渡す本間さん。
リカは花言葉の意味を知っているのでしょうか。

 

 

早速ハーバリウムになったガーベラ。

ロックオンされた本間にリカがどう接していくのか今後も楽しみです。

 

オトナの土ドラ『リカ 第5話』を見たみんなの感想は?

小池徹平は、リカの中では恋人、なのね。
怖いわー

宅配のおばちゃんと仲良くしてるリカちょっとホッとする

文通アプリすこしやってみたいw

おやすみって言ってるのにいつまでも送ってくる相手って大抵地雷だよね

運命の男を求めている時はガッツリミートスパ食べるのね

リカって普通に幸せを求めてるだけな気がしてきた

地獄への合言葉「君がいてくれて良かった」

怖いけどリカってかわいそうなほど純粋だよね…

リカの行動力すごいな

二部の方がストーカーっぷり発揮してるね
見つけるの早すぎ(笑)

※人物画像はイメージです。

https://twitter.com/o0_hope/status/1193751661212160001

 

まとめ

いかがでしたか?

マッチングアプリで恋をするなんて現代的でありえそうでしたね。

リカみたいな女に出会ってしまうと恐ろしい気がしますが・・・

リカが本間を手に入れる為に何をするのかとても気になります。

次回はリカがストーカー行為を開始!

千秋と再会し、本間が結婚していることを聞かされます。

リカの「死ねばいい」が出てきたってこは・・・

次回も楽しみです♪

オトナの土ドラ『リカ 第6話』のあらすじ

会社の受付に雨宮リカ(高岡早紀)が訪ねてきていると言われ驚愕した本間(大谷亮平)は、取りあえず、居留守を使う。なぜリカに会社がバレたのかと更なる恐怖を感じる本間。

そんな中リカは、3年前花山病院で同僚だった千秋(夏菜)と偶然の再会をする。千秋が本間と同じ映画会社に勤めていると知ったリカは、千秋に「親友になれそうね」と接近する。

その夜、本間がリカからの電話に応答し、「なぜ会社を知っているのか?」と問い詰めると、先日レストランで別れた後に本間を追ってきたことが分かる。本間は「二度と会うことはない」と告げようとするが、リカから「ちゃんと会って説明して欲しい」と懇願され、渋々もう一度会うことにする。

数日後、カジュアルレストランでリカと向き合った本間は、マッチングアプリに登録したのは映画のリサーチのためであり、リカとの食事もあくまでもリサーチの一環だったと、正直に伝え謝罪する。謝礼金を差し出し、連絡を取るのもこれで最後にして欲しいと頭を下げるが、リカは受け取ろうとしないどころか、「別居中の奥さんのことは早く忘れて、二人で一緒に新しい未来を作って行きましょう。私、きっといいお母さんになるから」というリカ。リカが娘の事まで知っている事に本間は驚き、「いい加減にしてください!」と、怒ってその場を立ち去った。

翌日、本間はリカのしつこさを部下でアシスタントプロデューサーの坂井(内田健司)に打ち明けると、坂井は探偵映画の監修をしていた探偵の原田(柏原収史)を本間に紹介する。原田はリカを調査することを引き受ける。

一方リカは、千秋を映画会社近くの喫茶店に呼び出し、千秋の手に現金を握らせ、秘密の依頼を告げるのだった――。

公式サイトより引用

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA