リカ

オトナの土ドラ『リカ 第6話』倖田來未が本人役で登場!?ネタバレや感想、第7話のあらすじも!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年11月16日(土)に放送された

オトナの土ドラ『リカ 第6話』はご覧になられましたか?

リカがストーカー行為を開始!

リカの「死ねばいい」が出てきたってこは・・・

*オトナの土ドラ『リカ 第5話』はこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第5話』第二章。リカの新たなターゲットは誰!?ネタバレや感想、第6話のあらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第5話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第6話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

*オトナの土ドラ『リカ 』のネタバレまとめはこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ』【ネタバレ まとめ】2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋クール オトナの土ドラ『リカ』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、オトナの土ドラ『リカ 』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はFODで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年11月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

オトナの土ドラ『リカ 第6話』のあらすじ!

会社の受付に雨宮リカ(高岡早紀)が訪ねてきていると言われ驚愕した本間(大谷亮平)は、取りあえず、居留守を使う。なぜリカに会社がバレたのかと更なる恐怖を感じる本間。

そんな中リカは、3年前花山病院で同僚だった千秋(夏菜)と偶然の再会をする。千秋が本間と同じ映画会社に勤めていると知ったリカは、千秋に「親友になれそうね」と接近する。

その夜、本間がリカからの電話に応答し、「なぜ会社を知っているのか?」と問い詰めると、先日レストランで別れた後に本間を追ってきたことが分かる。本間は「二度と会うことはない」と告げようとするが、リカから「ちゃんと会って説明して欲しい」と懇願され、渋々もう一度会うことにする。

数日後、カジュアルレストランでリカと向き合った本間は、マッチングアプリに登録したのは映画のリサーチのためであり、リカとの食事もあくまでもリサーチの一環だったと、正直に伝え謝罪する。謝礼金を差し出し、連絡を取るのもこれで最後にして欲しいと頭を下げるが、リカは受け取ろうとしないどころか、「別居中の奥さんのことは早く忘れて、二人で一緒に新しい未来を作って行きましょう。私、きっといいお母さんになるから」というリカ。リカが娘の事まで知っている事に本間は驚き、「いい加減にしてください!」と、怒ってその場を立ち去った。

翌日、本間はリカのしつこさを部下でアシスタントプロデューサーの坂井(内田健司)に打ち明けると、坂井は探偵映画の監修をしていた探偵の原田(柏原収史)を本間に紹介する。原田はリカを調査することを引き受ける。

一方リカは、千秋を映画会社近くの喫茶店に呼び出し、千秋の手に現金を握らせ、秘密の依頼を告げるのだった――。

公式サイトから引用

オトナの土ドラ『リカ 第6話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

ただのリサーチ相手として会った雨宮リカ(高岡早紀)に運命の相手だと思われた本間隆雄(大谷亮平)・・・。

ある日、会社の受付からリカ(高岡早紀)が来ていると連絡があり驚く本間(大谷亮平)。

会社も本名も教えていないのに恐怖を感じた本間は居留守を使う。

ちょうど受付の近くにいた坂井政司(内田健司)が本間に伝言があれば伝えるとリカに近づく。

リカは連絡が取れなくて困っていると坂井に言って帰るのでした。

会社の入り口でリカ(高岡早紀)のことを偶然見かけた金沢千秋(夏菜)。

隠れていたがリカに見つかりお茶に誘われる。

3年ぶりの再会・・・

リカ「3年ぶりか~」

千秋「えぇ、三十路越えて31になりました。確か雨宮さんも同じ歳ですよね~」

リカ「わたしは28よ」

ゆっくりとした声で自分は28だと言うリカ。

すぐに話しをかえる。

本間に会いにきたというリカに千秋は本間が制作部のプロデューサーだということ、別居している妻と子供がいることを言ってしまう。

「えっ?」とリカが無表情になり空気が一気に怖くなる。

千秋自身の話しになり、今は離婚して実家に戻り、入院している父の治療代や生活費の面倒を見ながら働いているとリカに言うと「お金、なんとかしてあげましょうか」と財布の中からお札を出し「よかったら何かの足しにして」と千秋に渡すリカ。

戸惑いながら受け取りを拒否する千秋にニッコリ微笑み「困ったときはお互い様よ、こしてあなたと出会えたのも何かの縁だと思うし。私達親友になれそうね」と言いながら千秋にお札
を渡し「これからもよろしくね♪」と優しい笑顔で言うのでした。

映画の為のリサーチで身分を偽ってアプリに登録したことを話し、直接会ってお詫びをすることにした本間(大谷亮平)は、レストランでリカと会う。

「どうか僕のことは忘れてくれませんか」と“御礼”と書かれた封筒をリカ(高岡早紀)に渡す。

中身は現金で、リサーチの謝礼金と迷惑をかけたお詫びのしるしに受け取ってほしいと話す本間。

封筒を受け取らないリカは全然怒ってないと言い、むしろこの映画のおかげで出会えたから感謝していると言い出す。

リカ「気にしないで、私とたかおさんは運命の赤い糸で結ばれているんだから」

リカ「だって言ってくれたじゃない、リカはいい奥さんになれるって」

あぁと頭を抱える本間。

リカ「あの言葉嬉しかった。だからたかおさんも別居中の奥さんのことは早く忘れて」

本間「えっ!?な、なんで妻のこと?」

リカ「大丈夫、離婚が成立したら私が専業主婦になってたかおさんを一生支えてあげる。お嬢さんのことだって心配しなくていいのよ」

本間「どうして娘のことまで知ってるんですか!?」

リカ「運命の相手だからよ」

本間「いいかげんにしてください!!」

テーブルをガシャンと叩く本間。

驚くリカ。

とにかく二度と会うことはないから会社にも二度と来ないでくれと本間は言い席を立って帰って行った。

リカから“アルバイトしない?”とメッセージをもらいリカの家に行く千秋。

リカの部屋にはたくさんのハーバリウムが並べられている。

リカ「見てこの花。たかおさんんとの初デートの時にもらったの」と微笑む。

そして並べている手袋、鉗子、薔薇のハーバリウムを見て「これは大矢先生との思い出の宝物よ」という。

千秋「そういえば、雨宮さんって大矢先生と付き合ってるって噂ありましたよね。あれって本当だったんですか?」

リカ「えぇ、大矢先生とは結婚を前提にお付き合いしていたの。一緒にはなれなかったけど、こうして大切な物をハーバリウムにして飾っているの。綺麗でしょう?」

千秋「は・・・はい、綺麗」苦笑いで言う千秋。

リカの想い出のハーバリウムを眺める千秋に「千秋さん私の力になってくれる?」と言うのでした。

本間(大谷亮平)が家に帰ると、溺愛している娘の亜矢(稲垣来泉)が玄関の前に一人で座っていた。

一緒に夕食を食べながら話しをしていると、チャイムが鳴る。

だが、インターホンのモニターには何も映っていない・・・

のぞき穴から見ても誰もいない、玄関を開け少し外にでて周りを見渡すがそれでも誰もいない。

部屋の中に入ろうとしたその時・・・

リカに渡した“御礼”の封筒と中身の現金が玄関に貼り付けられていた。

コツコツコツと足音が聞こえる気がする・・・

そして、番号を変えたはずの携帯に非通知から電話がかかってくる。

リカ『私はいつだってたかおさんのこと考えてるのよ』

本間「本当にいいかげんにしてください!!」

リカ『たかおさん、仕事や離婚のことで疲れてるのね。ゆっくり休んだ方がいいわ。おやすみなさい』

そういってリカは電話を切った。

本間の新しい番号と住所を教えたのは千秋だった・・・。

クライマックスジュピターというアクション映画の主題歌の打ち合わせを歌手(倖田來未)としていると、本間(大谷亮平)の電話が鳴る。

また非通知なのかと思ってビクビクしていると妻・葉子からの着信で少し安心する。

本間「あのさ、申し訳ないけどしばらく会えないと思う」と仕事を理由にマンションに来ない方がいいと言う。

葉子『そうよね、まだ許してもらえてないもんね』

本間「いや、違う。そういう意味じゃないんだ。終わったらすぐ連絡するよ」

そう言って葉子との電話を切る本間なのでした。

坂井(内田健司)が紹介してくれた探偵の原田信也(柏原収史)がリカの情報を持って本間(大谷亮平)のところへ来た。

3年前の花山病院のことを話す原田。

火事の原因は煙草の火だが、解剖により直接の死因は火災じゃないことが判明したので警察も他殺の線で捜査していたが、犯人を特定できず捜査を打ち切られたそう。

花山病院で2人の看護師が不審死していると本間に話す原田。

原田「もしすべての犯行が雨宮リカの手によるものだとしたら、巧妙な手口を使う、とてつもなく頭のいいモンスター。ということになります」

リカ「モンスター・・・・・・俺はどうしたらいいんでしょうか?」

警察に突き出せるだけの情報が集まるまでは、コンタクトがあっても動揺せず冷静に振る舞ってとアドバイスをもらう本間なのでした。

お昼休みの千秋(夏菜)。

リカに呼び出された千秋は箱に入ったスマホを渡される。

リカ「たかおさんの会話を聞く物よ、いいところに設置してくれない?」

千秋「盗聴器ってことですか?さすがにこれバレたら私クビになっちゃいます会社」

リカ「見た目は携帯だし、うまくやれば絶対バレないわよ」

「いや、そういうことじゃ・・・」とう~んと首をかしげる千秋。

財布から札束をだし「もしお金がもっと必要なら遠慮なく言ってね」とリカはスマホの上に置く。

箱に入ったスマホと現金を持ち千秋が仕事に戻ろうと喫茶店から出ようとした時、坂井(内田健司)が入ってくる。

「わたしはこれで、失礼します!」と急いで逃げていく千秋。

リカに気づいた坂井は「千秋さんと知り合いなんですか?」とリカに聞く。

リカ「えぇ、実は前の職場が一緒だったんです」

坂井「そうなんすか」

リカ「まさか千秋さんがたかおさんと同じ会社に働いているなんてこんな素敵な偶然あるのねって話し合っていたんです。私とたかおさんは運命的・・・」と言いかけると坂井は「やめてもらえませんか」とリカの言葉を遮る。

本間は迷惑しているからこういうことは辞めてくれとリカの顔に近づき「おとなしく身を引いた方がいいっすよ。探偵を雇ってそっちの素性調べることぐらい簡単なんですから」と言う。

リカ「探偵?」

坂井「あんた自分のしてることわかってないの?」

リカ「たかおさんと私は誰よりもわかり合ってるんです。あなたにそんなこと言われる筋合いありません」

坂井「本間さんがあんたみたいなの相手にする訳ないだろ。キモいんだよ、このストーカーが。」と静かな声で履き捨てその場を去る坂井。

「チッ」と舌打ちをするリカ。

そしてボソッと「死ねばいい」とつぶやくのでした。

坂井(内田健司)の帰りを待っている本間(大谷亮平)。

制作部に一本の電話が鳴る。

その電話は坂井が歩道橋から転落して病院に緊急搬送され、意識不明の重体だという連絡だった。

すぐに病院に駆けつけたが本間だったが、坂井(内田健司)は亡くなった・・・。

泣きながら街中を歩く千秋(夏菜)のスマホに非通知でかかってくる着信。

リカ『坂井って人が探偵を雇ったって言ってたんだけど、何か知ってる?』

千秋「その、坂井さんなんですけど今日亡くなりました」

リカ『あら、それは突然だったわね』

千秋「驚かないんですか!?」

リカ『それはお気の毒とは思うわー。だってあなたが彼を死なせたようなものですものね」

千秋「へっ!?」

リカ『だってそうでしょー。あなたがアルバイトでたかおさんのことをいろいろ教えてくれたから私は素直に行動しただけなのに、あの坂井って人、私をストーカー呼ばわりして』

千秋「だから・・・あなたが坂井さんを殺したんですか?」

リカ『探偵のことがわかったら必ず教えてね』

千秋「いいえ!私はもうこういうことは・・・」

リカ『千秋さん。あなたはリカの仲間よ。坂井さんみたいになりたくないでしょ』

無言になる千秋。

恐怖と共に3年前の花山病院のことを思い出す。

千秋「嘘だ、全部・・・」

 

翌日。

「すみません、探偵の原田と申します」と千秋(夏菜)に声を掛ける原田(柏原収史)。

本間を訪ねてきたようだ。

千秋は原田を隠し撮りする。

そして誰もいなくなった会社で本間のデスクをあさり、原田の名刺を見つける。

ハーバリウムを眺めるリカ(高岡早紀)。

千秋から原田の情報と隠し撮りした写真が送られてきた。

“ありがとう。次はたかおさんの娘さんと、たかおさんが別れたがっている奥さんのことも調べて。”

そうリカは千秋に送るのでした・・・。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第7話』リカの加速するストーキング!?ネタバレや感想、第7話のあらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第7話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第8話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

倖田來未が本人役で登場!?

https://twitter.com/tokaitv_dodra/status/1195713130413936640

ついに倖田來未さんが登場しましたね!!
注目した人も多かったのではないでしょうか。

https://twitter.com/minayan18/status/1195720584778272769

 

https://twitter.com/toriwakou/status/1195720161556172800

そして倖田來未さんはこのドラマ『リカ』の主題歌
“STRIP”を歌っています。

ちなみに倖田來未さんのツイッターはこちらです↓↓

是非チェックしてみてください♪

オトナの土ドラ『リカ 第6話』を見たみんなの感想は?

リカの暴走度がスピードアップし過ぎてて怖いけど面白さ増してるwww

同じ歳設定を覆して年下に収まりやがったw

リカ、働かなくても生きていけるだけのお金あるってことだよね
そこだけは羨ましいわ

反論する時のリカの声の低さやばいw

手袋とか鉗子も隠さないんだ
自分がヤバいヤツって自覚が全くないんだねw

出たよー
舌打ち
殺しの合図

リカはとてつもない頭のいいモンスター、確かに。
大矢先生も最後は、黙れ!化け物って叫んでいたの思い出す

白昼堂々と一発で仕留めたリカ
さすがモンスター

なんかナース時代よりも恐怖度が増してる

倖田來未久しぶりに見たなー
変わらないね

※人物画像はイメージです。

 

まとめ

いかがでしたか?

リカの思い込みの激しさ!!

今日も恐ろしかったですね><。

しかも千秋を“親友”にするなんて・・・

スマホとお金を渡すシーンにゾッとしました~

次回は・・・リカの加速するストーキング!!

「私はストーカーなんかじゃない」と逃げる本間を
追いかけるリカ。

原田は!?本間の娘・亜矢は!?一体どうなるのでしょうか。

次回も楽しみです♪

オトナの土ドラ『リカ 第7話』のあらすじ

映画会社・宝映の会議室で、探偵の原田(柏原収史)に、リカ(高岡早紀)のストーキングについて相談をする本間(大谷亮平)。その二人の会話を、リカは強引に操っている千秋(夏菜)に仕掛けさせた盗聴器を使い、自宅で全て聞いていた。原田は本間に、携帯を非通知着信拒否にするよう指示する。「ストーカーとは接触しない事が重要ですから…」。それを聞いてショックを受けるリカ。
会社から出てきた本間が「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていた!「私はストーカーなんかじゃない!」と言いながら近寄ってくるリカからたまらず逃げ出した本間は、通りかかったタクシーに急いで乗り込むと急発進させる。一瞬安堵した本間だったが、振り返るとそこには全力疾走で追いかけてくるリカがいた!
その後、帰宅したリカの元に千秋からラインで、ある画像が送られてきた…。
翌日、リカの部屋にミシンの音が鳴り響く。一生懸命縫い物をするリカが嬉しそうに見つめる視線の先には、ある写真が飾られていて…。
一方、その頃、原田は以前リカが勤めていた花山病院のスタッフリストを入手し、本間に見せる。リストを本間が読み上げているところに、千秋が入ってきて、自分の旧姓が入っていることに驚き震える。
リカの本間への執着はエスカレートしていくばかり…。物語は、周りの人々を巻き込み、怖さ倍増の驚愕の展開を見せる―――。

公式サイトより引用

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA