リカ

オトナの土ドラ『リカ 第7話』リカの加速するストーキング!?ネタバレや感想、第7話のあらすじも!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年11月23日(土)に放送された
オトナの土ドラ『リカ 第7話』はご覧になられましたか?

「私はストーカーなんかじゃない」と逃げる本間を追いかけるリカ。

原田は!?本間の娘・亜矢は!?一体どうなるのでしょうか。

*オトナの土ドラ『リカ 第6話』はこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第6話』倖田來未が本人役で登場!?ネタバレや感想、第7話のあらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想、第7話のあらすじ予告をまとめた記事です。...

*オトナの土ドラ『リカ 』のネタバレまとめはこちらです↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ』【ネタバレ まとめ】2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋クール オトナの土ドラ『リカ』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、オトナの土ドラ『リカ 』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はFODで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年11月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

オトナの土ドラ『リカ 第7話』のあらすじ!

映画会社・宝映の会議室で、探偵の原田(柏原収史)に、リカ(高岡早紀)のストーキングについて相談をする本間(大谷亮平)。その二人の会話を、リカは強引に操っている千秋(夏菜)に仕掛けさせた盗聴器を使い、自宅で全て聞いていた。原田は本間に、携帯を非通知着信拒否にするよう指示する。「ストーカーとは接触しない事が重要ですから…」。それを聞いてショックを受けるリカ。
会社から出てきた本間が「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていた!「私はストーカーなんかじゃない!」と言いながら近寄ってくるリカからたまらず逃げ出した本間は、通りかかったタクシーに急いで乗り込むと急発進させる。一瞬安堵した本間だったが、振り返るとそこには全力疾走で追いかけてくるリカがいた!
その後、帰宅したリカの元に千秋からラインで、ある画像が送られてきた…。
翌日、リカの部屋にミシンの音が鳴り響く。一生懸命縫い物をするリカが嬉しそうに見つめる視線の先には、ある写真が飾られていて…。
一方、その頃、原田は以前リカが勤めていた花山病院のスタッフリストを入手し、本間に見せる。リストを本間が読み上げているところに、千秋が入ってきて、自分の旧姓が入っていることに驚き震える。
リカの本間への執着はエスカレートしていくばかり…。物語は、周りの人々を巻き込み、怖さ倍増の驚愕の展開を見せる―――。

公式サイトから引用

オトナの土ドラ『リカ 第7話』ネタバレ!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

誰もいないオフィス。

金沢千秋(夏菜)は雨宮リカ(高岡早紀)に探偵・原田信也(柏原収史)の情報を送り、スマホ型の盗聴器を設置する。

翌日。

原田が本間隆雄(大谷亮平)を訪ねてくる。

会議室でリカのことを話す。

じっと報告を待っているのは不安だから何か自分に出来ることはないかと言う本間に、原田は受付に雨宮リカを通さないこと、携帯も非通知着信拒否にすることをアドバイスし「ストーカーとは接触しないことが重要ですから」と言う。

2人の話しを家で盗聴していたリカ(高岡早紀)。

自分のことを“ストーカー”という言葉にポカーンとしたが、立ち上がり「リカはストーカーなんかじゃない!」と強く言うのでした。

本間(大谷亮平)が会社を出るとすぐ「たかおさん」と呼ばれる。

振り向くとリカ(高岡早紀)が立っていた。

本間「どうして・・・」

リカ「どうしても聞いてほしいことがあって、私はストーカーなんかじゃない、ただたかおさんのことを想って・・・」

リカが話している途中、怖くなった本間は走って逃げる。

「たかおさん・・・」と言って追いかけるリカ。

本間はタイミングよくタクシーに乗り一安心するが、振り向くとリカが走って追いかけてくる。

どこもでもどこまでも・・・。

赤信号になり止まると窓をバンっと両手で叩き「たかおさん開けて」と冷静な声でいうリカ。

ドアをガチャガチャとし開けてと言い出すリカ。

信号が青にかわり、急いで発進する。

タクシーの運転手「何ですか今の?うわっ!まだ追いかけてきますよ」

走って追いかけてくるリカ。

高速に乗り、リカをまいた。

リカ「どうして逃げるの・・・」

家に帰ってもリカ(高岡早紀)のことを思い出すと恐怖に怯える本間(大谷亮平)。

今日は原田(柏原収史)が家の張り込みをしてくれた。

リカ(高岡早紀)は千秋が送ってくれた本間(大谷亮平)と娘・亜矢(稲垣来泉)のツーショットの画像をプリントアウトして、自分の写真を切り抜き娘の横に貼る。

リカ「3人家族素敵~」

左手のアザが濃くなり傷の十字が浮かび上がってくるのでした。

翌日会社に原田(柏原収史)が来た。

原田は花山病院のスタッフリストを持ってきた。

知っている人がいないか目を通す本間(大谷亮平)。

コーヒーを持って入ってきた千秋(夏菜)。

一人ずつリストの名を読み上げている本間。

「岡留千秋」と言われて息を飲む。

原田が今夜も本間の家に行くという話しを聞いて急いで会議室を出る。

千秋(夏菜)のスマホに廊下でリカ(高岡早紀)から非通知で着信が来る。

リカ『2人が何を話していたのか聞けた?』

リカ『黙ってちゃわからないでしょう、何の為にあなたがいるのよ』

優しくしゃべっていたリカだが、急に声色が変わり『正直に全部話しなさいよ!』と怖い声で言われる。

千秋は探偵の原田が本間の家を見張っていることを話すのでした。

電話を切ったリカは原田の画像を見ながら「死ねばいい」と低い声で言う。

夜。

雨の中、傘をさして本間の家を見張っている原田(柏原収史)。

“異常なし。終電ですので、これで失礼します”と本間にメッセージを送った。

後ろの気配に気づくと、傘をさしたリカ(高岡早紀)が立っていた。

翌日。

原田が川に転落して溺死というニュースが流れた。

事件性はなく、事故の可能性が高いとキャスターが言う。

職場にきた本間(大谷亮平)。

警察にリカのことを電話しようとした瞬間、警視庁の捜査一課・菅原忠司(藤岡正明)が本間を訪ねてきた。

原田の同僚らしい。

今朝のニュースのことで話しを伺いたいと言う菅原。

慌てて会議室に行き「もう無理」と言って設置していた盗聴器をとる千秋(夏菜)。

昨日原田は見張りをしていてくれたことを菅原(藤岡正明)に話す本間(大谷亮平)。

事件性がないからこれは事情聴取じゃなくて個人的に話しを聞きにきたという菅原。

現状では事件性がないと判断されているが、不審な点がある。

鞄は同じ川で発見されたが携帯とタブレットがなかったらしい。

その携帯とタブレットはリカの部屋にある・・・。

菅原にリカの捜査を頼む本間。

事件性がないから正式に捜査はできないが、できるだけ個人的に調べてくれると言ってくれた。

コーヒーを持ってきた千秋(夏菜)が入ってくる。

「恐らくその女には協力者がいたはずです。あなたの情報を流した何者かが・・・」

という菅原の言葉を聞き、慌てて会議室を出る千秋。

体調が悪くなったと言って早退するのでした。

夜。

別居している妻・葉子(徳永えり)に家に来てもらい、リカの話しをする本間。

皮肉なことにこれで葉子と亜矢がこの世で一番大切だと気づいたと言う。

本間「家族だけが俺の支えだ。改めてそう気づいたよ」

葉子「わたしのこと許してくれるの?」

本間「とっくの昔に許しているよ」

2人は手を取り合うのでした。

リカ(高岡早紀)は盗聴器を聞いても反応しない。

千秋(夏菜)に電話するが繋がらず・・・

舌打ちをし「逃げたのね」とつぶやく。

自分を貼り付けた本間(大谷亮平)と本間の娘(稲垣来泉)との写真を眺めるリカ。

写真の下に印刷されている“亜矢と 杉岡小学校入学 2019.4.8”という文字を発見。

リカ「亜矢ちゃんって言うのね。杉岡小学校・・・」

出勤した本間(大谷亮平)。

上司の佐々木晋(武田晋)に千秋が無断欠勤していて困っていると言われ面接の時のエントリーシートから実家の番号を調べることに。

千秋のエントリーシートを開くと“花山病院”の文字を見つける。

原田が持ってきた花山病院のリストに“岡留千秋”がいたことを思い出し「まさか!?」と驚く。

リカの協力者は千秋だったことを菅原に話し、千秋のことを調べてもらうことにした。

打ち合わせをしている本間に妻・葉子から着信が鳴る。

娘・亜矢がまだ帰ってこない・・・。

急いでマンションに戻ることにした本間。

菅原にも連絡する。

マンションで亜矢を待つ本間(大谷亮平)と葉子(徳永えり)。

葉子に亜矢のことをリカ(高岡早紀)に聞いてほしいと言われるが、いつも着信は非通知だし自分からは連絡できないと言う本間。

非通知着信拒否を解除すればかかってくるかも・・・。

解除するとすぐに非通知から着信がある。
スピーカーにして電話にでる本間。

リカ『たかおさん!ありがとう出てくれて』

本間「あなたに聞きたいことがあるんです」

リカ『その前に・・・たかおさん何か誤解してるみたいだから言っとくけど』

リカ『リカはストーカーなんかじゃないからね』

唖然とする本間と葉子。

リカは原田のことをニュースで見たと話す。

リカ『これでやっと2人きりでゆっくり会えるわね。あっ、2人じゃなかった3人だった、たかおさんとリカと、うふふ、亜矢ちゃんと♪』と明るい声で喋る。

本間「どうして亜矢を知っているんですか!?」

リカ『どうしてって~、たかおさんの娘だもの知ってて当然でしょ、何もおかしくないわ』

本間「今亜矢と一緒にいるんですか!?」

リカ『たかおさん、何をそんなに焦っているの?』

本間「亜矢を!亜矢を電話に出してください!」

リカ『ねぇ、落ち着いて』

本間「もし亜矢に酷いことしたら、絶対に許さないぞ」

リカ『何を言ってるの~?私がそんなことするわけないじゃない。だって亜矢ちゃんとーっても可愛いだもの』

本間「亜矢はどこにいるんですか!?亜矢を返してくれ!!」

リカ『返すも何もー私は別にたかおさんから亜矢ちゃんを奪ったつもりはない』

本間「亜矢を返せ!!」

『怒鳴らないで・・・』と怯えるリカ。

本間はまた怒鳴りそうになるが、無言で耐える妻・葉子に止められ黙る。

リカ(高岡早紀)は怒鳴られるのが一番嫌だと座り込む。

そして涙声になり、小さい頃から母親に虐待されていたことを話し、定規や靴べらで何度も何度も同じ場所を叩かれていたと言う。

それが左手にできたアザのようだ。

「親の都合で離ればなれになったり、子供をすごく叱ったり、子供にさみしい思いをさせるような母親にだけは絶対ならない」と涙を流しながら低い声で力強く話すリカ。

本間『リカさん、あなたが大変だったことはよくわかりました。でも亜矢は関係ないじゃないですか』

リカ「大ありよ。だって私達家族になるんだから」

本間『えぇ!?』

リカ「私、亜矢ちゃんにだけは自分と同じ思いをさせるつもりないから」

本間『さっきから何を言ってるんですか!?亜矢は今どこにいるんですか!?今すぐ迎えに行きますから会わせてください!!』

早口でしゃべり出すリカ。

「たかおさんこそ何言ってるの?ねぇお願いだから私をちゃんと見て。私たかおさんに嫌われたら生きていけない。自分でもどうなっちゃうかわからない、たかおさんが私の気持
ちをわかってくれるまでもう連絡はしないから。じゃあね」

と電話を切るリカ。

部屋に戻ったリカ(高岡早紀)。

手作りの花柄のワンピースを手にして眺める。

ベッドには亜矢らしき女の子の足がみえる。

「死ねばいい」と真顔のリカの心の声がつぶやくのでした・・・。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

オトナの土ドラ リカ 東海テレビ フジテレビ ネタバレ 無料視聴 まとめ あらすじ 感想
オトナの土ドラ『リカ 第8話 』最終回。続きが気になる衝撃のラスト!?ネタバレや感想、あらすじも!2019年、東海テレビ・フジテレビ系の秋ドラマである土曜ドラマ(オトナの土ドラ)『リカ 第8話 最終回』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

リカの加速するストーキング!?

リカのターミネーター張りのあの走り方!!

笑ってしまいましたが、実際されたらと思うと恐怖ですよね~

タクシーの運転手もビビってしまうほどのリカの執念深さ。

看護の技術を使える程器用で、探偵並みの情報収集力もあり、走るのも速くて・・・

リカってストーカーじゃなければすごくイイ女なのでは!?

と思ってしまいました。

 

オトナの土ドラ『リカ 第7話』を見たみんなの感想は?

夏菜はしばらくリカに従う人生だ…
裏切ったら殺られるね
協力したのが運の尽き

リカはストーカーなんかじゃないっ!!
↑安定のこわさww

高岡早紀かわいすぎる
この画面の暗さも高岡早紀の肌に合ってるんだろうなぁ
色白だから映える

ちょっと走るの早すぎて笑えるw w

全速力で走ってタクシーに追いつくリカに
笑いが止まらなかったwww
あのシーンはホラーというより最早ギャグwwww

うわあああ
写真にりかを加えたあああ

家族写真にする発想がすごい

急に早口、リカ怖いよ

いや実際ストーカーってこれぐらい話通じないんだろうね。
怖いわほんと

最後のしねばいいは誰に対してなんだ?

※人物画像はイメージです。

 

まとめ

いかがでしたか?

真顔で走って追いかけてくるリカには少し笑いそうになりましたが、どこまでも追いかけてくることに恐怖を感じましたね。

そして自分のことを「ストーカーなんかじゃない」と言うなんて・・・。

次回は・・・想像を超えるクライマックス!

リカがとうとう本間の家に行きます。

「あなたの手も足も全部もらう」というリカの言葉に怯える本間。

本間はどうなるのでしょうか?娘・亜矢は無事なのでしょうか?

次回も楽しみです♪

オトナの土ドラ『リカ 第8話』のあらすじ

「たかおさんが私の気持ちを分かってくれるまで、もう連絡しないから」と言って電話を切った雨宮リカ(高岡早紀)。そのままベッドルームへ向かうと少女の足が見えてくる。足元へゆっくりと近づいて行くリカ。だが、少女はピクリとも動かない……。
娘の亜矢(稲垣来泉)をリカに誘拐されたと確信している本間(大谷亮平)は、刑事の菅原(藤岡正明)に、本間の携帯に残されたリカの非通知着信履歴から、リカの自宅を特定し、すぐに捜査して欲しいと懇願する。だが、警察は先ずは行方不明や事故の可能性を探るので、裁判所に事件性ありと認められるまで捜査は難しいと言われ……。その上、菅原がさらに捜査を進めると、3年前の花山病院に残されていたリカの経歴が全て嘘だったことが発覚する。亡くなった医師同士のトラブルだと結論付けられるよう、完全に警察を欺いていたとしたら、全てリカが……。
万策が尽きたかに見えたが、意を決した本間が捨て身の行動に出る…
そんな折、リカは、文通アプリに一件メッセージが届いていることに気づく。本間から、「もう一度きちんと2人でお話がしたいです」と届いたメッセージを見たリカは、思案しつつも本間に連絡を取り、「まずは2人きりで、将来についてきちんと話し合いたいの」と本間の家に向かうことに……。
一方、本間のマンションの近くで見張りをしていた菅原は、携帯で刑事の応援を要求していたが、そこにリカの姿が……。
本間は、リカの魔の手から愛する家族を護ることができるのか!?
リカは、愛する人を手に入れることができるのか!?
戦慄のサイコスリラー完結!! 純愛モンスターリカの身におこる仰天の結末とは!?

公式サイトより引用

ABOUT ME
kiki
kiki
はじめましてkikiです^^オススメドラマは「ダメな私に恋してください」で、ちょっと笑えてキュンとくる恋愛ドラマや、タイムトラベルするドラマが好きです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA