ランウェイ24

ドラマ『ランウェイ24 第2話』ディスパッチャーのお仕事ってどんなお仕事?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年7月14日 テレビ朝日 夜11時35分【ランウェイ24 第2話】が放送されました。

みなさんご覧になりましたか?

 

7月7日の第1話では、航空会社Peachの副操縦士、井上桃子(朝比奈彩)がLCCのシステムを知らないお客様のクレームに立ち向かって行く姿がかっこ良かったですね。

LCCの飛行機に乗ったことのない方が初めて乗ると驚くことはたくさんあると思います。

この第1話を観てLCCのシステムについて知った方が、今後PeachなどLCCの航空機に乗る機会が増えていくかも知れませんね。

 

そんなドラマ『ランウェイ24 第1話』のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらです↓

ランウェイ24 第1話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『ランウェイ24 第1話』Peachの裏側まで全て見れちゃう!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ朝日の夏ドラマである『ランウェイ24 第1話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ネタバレまとめはコチラから↓

ランウェイ24 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】ランウェイ242019年、ABCテレビ・テレビ朝日系の夏ドラマ『ランウェイ24』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『ランウェイ24』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はHuluで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年7月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『ランウェイ24 第2話』のあらすじ!

LCC・Peachに中途入社してきた副操縦士・香月徹也(白石隼也)は自らの歓迎会を無断で欠席。井上桃子(朝比奈彩)の徹也に対する不信感が増す。
また、クセのあるディスパッチャー・島崎翔一(猪野学)の態度にも疑問を呈した桃子は、機長の新開浩平(長谷川朝晴)に「パイロットが偉いわけじゃない」と逆にたしなめられてしまう…。
今度はその島崎と徹也が、ブリーフィングで衝突!徹也の意見に対して、島崎は一切取り合わない。
島崎の思惑がつかめないまま桃子たちは上空へ。ところが、離陸後に機内で急患が発生。関西空港へのエアターンバックを余儀なくされたPeach機だが、関西空港付近は悪天候に見舞われ…!

公式サイトより引用

ドラマ『ランウェイ24 第2話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

香月徹也(白石隼也)の入社を喜ぶ山村一郎(ko-dai)と浅野あかり(傳谷英里香)、井上桃子(朝比奈彩)はなぜか歓迎会の幹事をする事になった。

徹也の歓迎会だが本人は着ておらず、桃子が電話するが出ない。

不機嫌な様子の桃子。

徹也は新開浩平(長谷川朝晴)とともにフライトの準備をしていた。

「楽しんで行こう」と新開、しかし徹也は「遊びに来てるわけじゃないんで」と去っていく。

 

 

気象画面を見つめるディスパッチャー島崎翔一(猪野学)。

フライト中の徹也と新開に天候の報告をする島崎。

報告を受けた新開は関西空港へ引き返すことを決めた。

 

空港に戻ってきた新開と徹也はフライト状況を島崎へ報告する。

「どうしてあの天候でエアターンバックを提案したんですか」と徹也。

もう少し様子を見ても良かったのではと話す徹也の話を聞かず島崎はデスクの気象画面を確認すると出て行ってしまう。

徹也を心配そうに見つめる桃子。

 

 

外で空を眺める島崎。

徹也と島崎の様子を新開に聞く桃子。

島崎の態度に桃子も少し不満を持っていた。

「ディスパッチャーは地上のパイロット。パイロットが偉いわけじゃない」と新開。

 

島崎と新開と桃子そして徹也の4人はフライトの確認をしていた。

「燃料が足りないのでは」と話す徹也に対し島崎は何も答えず去って行く。

桃子が徹也をフォローするも徹也は島崎を追いかける。

「パイロットの意見聞くのもディスパッチャーの仕事じゃないんですか」と徹也。

「めんどくさ」と去って行こうとする島崎に徹也は、「空ではあんたを頼らないといけない部分もある。こっちは命預けてる」と摑みかかる。

桃子が間に入り止めるが島崎は何も言わないまま去って行く。

 

ベンチに座り空を眺める島崎、そこに新開が来て言う。

「仕事熱心だね」島崎は「飽きた」と立ち去ってしまうが新開は笑いながら「嘘つけ」と呟く。

 

 

搭乗が始まり離陸の最終確認を進める桃子と新開。

無事離陸し飛行する飛行機。

桃子は新開に島崎のことが理解できないと話す。

新開は笑いながら言う。

「あんな向いてる奴なかなかいない」

 

 

その頃、客室では乗客が胸を抑え倒れてしまった。

一郎が新開へ報告し空港へ引き返す事になった。

 

関西空港の周辺ではゲリラ豪雨となっていて着陸できないため伊丹空港へ向かおうとしていたのだが、たまたま搭乗していた医師が倒れた客は心筋梗塞を起こしており一刻も早く病院へ運ばなければ危険と診断していた。

それを聞き不安を顔に浮かべる桃子。

空港で空の様子を見ていた島崎がそのまま関西空港へ引き返すよう指示する。

その様子を見ている徹也。

指示を受けた桃子が伊丹空港へ変更するよう島崎に依頼するが、島崎は取り合ってくれない。

 

「あの人は何を根拠に言ってるんです。人の命がかかってるんですよ」と興奮する桃子。

伊丹空港へ連絡しようとする桃子を止める新開。

「島崎は天気を読んでるんだ。」と新開。

島崎は時間があれば空を眺めていた、それをここ数年毎日も続けていた。

 

「空を飛んでる当事者が冷静になるには限界がある。だが誰よりも冷静な奴が地上にいる。」

「冷静な判断をして正しい情報をパイロットに伝えるため島崎は全員と距離を取っている。あいつは地上のパイロットなんだ」と新開。

「弱まるぞ雨」と島崎。

新開は島崎の言葉を信じ空港滑走路への侵入航路を報告する。

関西空港の上空の雨雲の確認をすると先ほどとは代わり雨雲がなくなっていた。

 

 

着陸に関する連絡をコントロールセンターへしようとするが、急に強風が吹き始めた。

これまでの風の様子からこれか吹く風を読み考える島崎。

 

「西だ」と島崎。

島崎は風の方向を読み桃子に指示をする。

しかし先ほどまでの指示と違うため躊躇する桃子。

「必ず風向きが変わる」とはっきり告げる島崎。

突然風が吹き出し揺れる機体、乗客たちも揺れの強さに声を上げていた。

心配な様子の桃子、風で揺れる機体を操作する新開、窓の外を真剣な眼差しで眺める島崎。

島崎が窓の外をじっと見ていたその時、空が明るくなり風が弱くなった。

 

飛行機の揺れも収まり驚く桃子。

徹也も明るくなった空を驚いた様子で見ていた。

飛行機が無事着陸し拍手が湧き上がるオフィス、「おかえり」と呟き笑顔になる島崎。

 

 

倒れた客も無事救護され「パイロットの懸命な判断に感謝します」とお礼を言われる桃子は答える。

「パイロットだけでなく、地上や機内にいるみんなの力で救うことが出来た」その言葉を聞き笑顔になる新開。

 

 

島崎のデスクにはお菓子とメッセージカードが置かれていた。

『最高の判断ありがとうございました!』

飛行機型のお菓子をひとつ食べる島崎。

 

島崎の後ろ姿を見つめこれまでの発言を思い返す徹也。

桃子に挨拶をされても返事をしない徹也。

徹也は振り返り桃子に言う。

 

「俺は認める気は無い」

ディスパッチャーのお仕事ってどんなお仕事?

癖のあるディスパッチャーの島崎翔一(猪野学)。

操縦士に対し地上から天気や空の状況を報告し、航路についての指示などを行なっていました。

そんなディスパッチャーの仕事内容が気になり少し調べてみました。

 

『ディスパッチャー(運行管理者)』とは、航空機がフライトを行う前に、気象情報や機体の整備状態、乗客や掲載貨物の重量などあらゆる情報をまとめ、航空機が安全に目的地へたどり着けるための『フライトプラン』を作るお仕事だそうです。

今回のお話の中では、天候の変化に伴い航路の変更や風の状況などを読み着陸の際の滑走路に入る方向などの指示をしていましたが、それだけではなく重量や機体の状況などあらゆる情報をまとめそこから指示を出していくんですね。

なかなか知ることの出来ない航空会社の裏側のお仕事内容で、見ててドキドキしました。

 

新開が鳥崎のことを「地上のパイロット」と呼んでいたのも素敵でした♪

ドラマ『ランウェイ24 第2話』を見たみんなの感想は?

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

フライト中に倒れてしまった乗客を病院へ運ぶため、関西国際空港へ戻ることになった桃子ですが、天気の状況などから島崎の指示に対し不信感を募らせていました。

しかしそんな不信感も、機長である新開の言葉をキッカケに信じようと思い始め、そして鳥崎の言葉通り無事着陸することが出来ました。

雷雨で機体が揺れ心配する中、突然雲が晴れ太陽が差してきた時の光景は素敵でしたね。

そして島崎の「おかえり」の言葉で笑顔になってしまいました。

 

 

次回のお話は、

桃子の後輩のあかりに姉が帰省のためPeachの飛行機に乗る事に。

しかし姪のひかり(落井実結子)は飛行機へ乗ることを拒みます。

ひかりは飛行機が苦手なわけでもなく、祖母に会う事も楽しみにしていました。

そんな時、ひかりの姿が見えなくなってしまい、桃子は必死にひかりを探します。

ABOUT ME
shio
shio
みなさん初めまして、shioです。好きなドラマのジャンルは、医療・刑事・ミステリー・サスペンス系。コメディドラマも好きです!最近のイチオシは「アンナチュナル」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA