サ道

ドラマ『サ道 第2話』サウナーの聖地・北欧が1日限定で女子に解禁!!あらすじやネタバレ、感想も!

梅雨も明け、夏本番に突入しました!

2019年7月26日、そんな暑い夏にぴったり?なテレビ東京のドラマ『サ道 第2話』が放送されましたがご覧になりましたか?

 

7月19日に放送された第1話では、主人公ナカタと、他のサウナ客の会話をベースにストーリーが展開。

なんじゃこのドラマ!と最初はびっくりしましたが(笑)、細かい作法や独特の世界観に引き込まれ、サウナに行きたい衝動に駆られました!

 

今回の第2話では、水風呂で泳げるという異色のサウナ・ニューウィング(錦糸町)が舞台だそうです。

 

*ドラマ『サ道 第1話』の詳しい情報はこちら↓

サ道 第1話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『サ道 第1話』蒸しZのZタオルが欲しい!!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の夏ドラマであるドラマ『サ道 第1話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはこちらから↓

サ道 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】サ道2019年、テレビ東京系の夏ドラマ『サ道』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『サ道』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はPalaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年8月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『サ道 第2話』のあらすじ!

ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。普通は禁止されている「泳げる水風呂」が備えつけられた施設を訪れ、驚きながらも喜んでいると、ナカタはふと、まだ自分がサウナに通い出したばかりの頃のことを思い出した。その日、ナカタは水風呂に長く浸かりすぎてしまいすっかり身体を冷やしてしまったため、脱衣所でダウンしていた。そんなナカタの視界に、幻のように蒸しZ(宅麻伸)が姿を現す。果たして、蒸しZが口にしたサウナの極意とは一体…!?

公式サイトから引用

ドラマ『サ道 第2話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

物語は主人公ナカタアツロウ(原田泰造)のナレーションから始まる。

(私がはじめて整ったのは、ある一人の男との出会いがきっかけだった。この出会いがその後の私の人生を大きく変えていく・・・。)

 

ナカタ(原田泰造)行きつけのサウナ北欧では、今日も常連の偶然さん(三宅弘城)とイケメン蒸し男(磯村勇斗)がサウナで汗を流す。

「いい汗でてますね。今日はいろいろハードでした。」

「偶然偶然。私も今日ハードでした。営業先で、偶然偶然うるせぇってどやされて。私そんなに偶然って言ってます?」

偶然さん(三宅弘城)の言葉にナカタ(原田泰造)と蒸し男(磯村勇斗)の動きが止まる。

 

「と、とにかくサウナにくると時間を忘れられますよね。」

ナカタ(原田泰造)が話題を切り替える。

 

 

サウナの発祥はフィンランドだ。

肉を燻製にするための熱い部屋で蒸され、外気に触れると気持ちが良い。

それが起源だと言われている。

 

フィンランドでは裸のまま外に出て氷点下の外気に触れるが、日本ではできないから水風呂なのだ。

サウナのウンチク話で盛り上がる。

 

「水風呂といえば!行ってきましたよ。錦糸町のニューウィング。」

先日、偶然さん(三宅弘城)から泳げる水風呂の話を聞いたナカタ(原田泰造)は、早速ニューウィングに行ってきたという。

 

 

場面は切り替わり、ニューウィング。

ニューウィングがあるのは東京・錦糸町。

スカイツリーが身近に見える古き良き町だ。

一歩路地を入れば、安くてうまい店が軒をつらね、東東京一の繁華街といわれる。

そんな錦糸町のディープエリアにニューウィングはある。

 

このサウナの独特の世界観は服を脱ぐ脱衣所からはじまる。

観内着が、野球かサッカーのユニホームのような変わったデザインなのだ。

そしてなぜが棚の名前が都道府県名になっている。

 

埼玉県もあるのに、なぜか浦和もある。

(よし、カープファンだから広島の棚にしよう。)

まずは体洗い清める。

サウナ室に入る前に熱めのお湯に入る。

(よし、いくか。)

 

サウナが2つある。

『ボナサームサウナ』

『テルマーレ』

まずはテルマーレに入る。

 

座ると、『セルフロウリュウ始めました』とある。

自分で石に水をかけると蒸気でサウナ内が真っ白になる。

(最高だ・・・)

 

ロウリュウはフィンランドの言葉で蒸気を意味する。

水蒸気を発生させることで体感温度があがって爽快は発汗と温熱効果が得られるのだ。

 

1セット目のサウナを終え、水風呂に向かうと、水風呂も2つある。

まず『冷水』に入る。

 

「罰ゲームじゃん!」と言いながら若者が水を浴び、つからずに去っていく。

ナカタ(原田泰造)はそんな若者を見ながら懐かしむように目を細める。

 

 

はじめて整う経験をしたナカタは、その後銭湯に通うようになった。

長く水風呂につかればつかるほど、整えられると思ってしまった。

調子に乗って水風呂に入りすぎた結果・・・

(寒い、身体が重い・・・)

 

身体が完全に冷え切ってしまった。

脱衣所で休んでいると、タオルをかけられる感触で目をさました。

 

「サウナを信じるな」

サウナに入るきっかけをくれた蒸しZだった。

意味深な言葉を遺して蒸しZは去っていった。

その言葉の意味を知りたい。

タオルも返したい。

その気持ちもあってサウナに通い続けているのだ。

 

あれ以来、水風呂に入る時間を気をつけるようになった。

ナカタは蒸しZとの思い出を回想する。

 

 

『ミストマックス』

不思議なボタンを押してみると、上から霧状に水がふってくる。

そして外気浴ができないかわりに、送風機で風がおくられる。

 

次は高温のボナサームサウナだ。

なぜかサウナに入ると12分計の進みが遅く感じることがある。

 

2セット目のサウナを終え、いよいよ気になっていた『ミニプール』へ向かった。

キンキンに冷えていて思わず声がでる。

水風呂ではなるべく動かず同じ姿勢を保つ。

熱せられた身体で冷たい水が中和され、身体に薄い温度の膜ができる。

温度の羽衣は繊細で、人が入ってくると水が動き、破けてしまう。

そこから冷たい水が浸入してくるが、その冷たさを受け入れるのもまた良し。

じっとしていると、常連らしき人が横で泳いでいる。

 

(そういえば偶然さん、この水風呂はプールだから泳いでいいって言ってたな。)

ナカタも泳いでみる。

(超きもちいい・・・水風呂で泳ぐの夢だったんだよなぁ)

 

ふたたび休憩し、3セット目のサウナに突入する。

スタッフが水をまくと一気に熱くなった。

冷水プールで泳ぎ、休憩していると上からミストが降ってくる。

乾ききった砂漠に降り注ぐ、恵みのスコールを浴びたようなさわやかな気分になる。

そして・・・

(整ったぁ~~~)

キラキラと周りが輝いてみえる。

サウナで整った後は食事処で食事をとる。

ニューウィングの食事は居酒屋なみにメニューが充実している。

ナカタは一人鍋を注文する。

 

「水風呂って何のため?オッサンのため?」

近くで若者が笑いながら談笑している。

(若者よ君らもいつか気付くさ。サウナ・水風呂・休憩で整うことの素晴らしさに。)

心の中でつぶやく。

 

サウナを出て売店に行く。

支配人のフィギュアなどオリジナルグッズが売られている。

そこへ支配人が通りかかり、ボナサームサウナの水まきについて談笑する。

支配人にとってサウナは遊び場だという。

 

確かに、ニューウィングは支配人の遊び心が随所にあふれていた。

蒸しZを知らないかと支配人に尋ねるが、情報は得られなかった。

 

その話を偶然さんと蒸し男にすると、偶然さんもこの前支配人と会ったという。

「偶然さんもですか?!」

つい口から出てしまうが、高校時代のあだ名も偶然さんなのでそう呼んでもらって良いという。

 

『偶然さん』

『蒸し男くん』

『ナカちゃんさん』

三人はお互いをそう呼び合うことにした。

 

ナカタと蒸し男は偶然さんに他のおすすめサウナについて尋ねる。

「混んだら嫌だし教えたくないな~しょうがないな~・・・杉並にある『吉の湯』です!」

 

ここで2話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

サ道 第3話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『サ道 第3話』偶然さん寄贈・吉の湯の『整い椅子』が話題!あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の夏ドラマであるドラマ『サ道 第3話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

サウナーの聖地・北欧が1日限定で女子に解禁!!

第1話に登場した、憧れのサウナ北欧。

なんとなんと、ドラマの反響を受けて1日だけ女子に解禁されるそうです!!

運命の解禁日は8月6日。

 

抽選で当った100名限定!

SNS上では当った喜びの声が溢れていましたが・・・

羨ましすぎる!!!

ドラマ『サ道 第2話』を見たみんなの感想は?

原田泰造が凄くいいんだが。朗読も演技もいい。

原田泰造氏は素晴らしいキャスティングだと思う。彼の嬉しそうな顔を見ると観ているこちらまでうれしくなる。

銭湯より帰宅。先々週から始まったドラマサ道」を見て、サウナではないが交互浴で「ととのう」感覚を味わえないかやってみた。今まで湯舟>水風呂と間髪入れずに入っていたのを、水風呂から上がってから少し体を休める時間を設けてみた。「ととのった」かはわからないが、血行がよくなった感はある。

水風呂ははじめこそ冷たいものの、時間が経つにつれ、体が薄い膜のようなものに包まれる感覚になる。 気持ち良くてずっと水風呂に入っていられ、サウナ界隈ではこれを「温度の羽衣」と呼ぶ。 ドラマサ道では視覚的にこの状態を非常にうまく表現している。

暑いところにいて限界になったらコンビニに入って、などを繰り返してると、これはサウナと同じではないかと。サ道に通ず

サ道がはじまってから、ジムでサウナに入っている。整うというのが分からない…

サウナの魅力が丁寧に表現されてて、未経験者も行きたくなるような紹介でした。何よりととのう事で、鬱屈した思考を忘れられる描写がストレスを抱えやすい人に適している事を示しているのが良かった。サウナ学会の研究データも今後さらっと載せて欲しい。あーサウナ行きたし

スーパー銭湯でサ道ごっこしてきた。なるほど「ととのう」の片鱗が見えた。本当に3セット目でやってくるのね。

なにこれ、嫉妬しかない 長野にいたから見れなかったドラマサ道のニューウィングみてる。 はぁーーーうらやましいー!はぁーーー冷水プールで泳ぐぅぇぅえぅえι(`ロ´)ノ

次のサ道は吉の湯だって!! 大好き!!

※人物画像はイメージです。

ドラマ『サ道 第2話』!あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?

ニューウイング、遊び心溢れる楽しいサウナでしたね♪

実は先週錦糸町に行ってニューウイングの前を通ったんです!!

とっても入りたかったんですが、男性専用なので泣く泣く立ち去りました・・・

 

サウナ入りたい・・サウナ飯、たべたい・・・

私のようにサ道を見て舞台となるサウナに恋い焦がれている女性も多いのではないでしょうか。

 

ドラマの反響を受け、聖地・北欧が1日限定で女性に開放されますが、ニューウィングもやってくれないかなぁ。

当選したら飛んでいきます(笑)。

 

 

さて、次の第3話は杉並区にあるサウナが舞台だそうです。

サウナといえば下町、なイメージがあるので杉並というのが意外ですが、「吉田きたー!」と喜びの声も見られました。

人気のサウナなようなので楽しみです♪

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA