サ道

ドラマ『サ道 第5話』グリーンサウナにいた強面の兄ちゃんは一ノ瀬ワタル! あらすじやネタバレ、感想も!

こんにちは、chiroです。

2019年8月16日、テレビ東京のドラマ『サ道 第5話』が放送されましたがご覧になりましたか?

 

8月9日に放送された第3話では、『熱波師』なるアツい仕事人が取り上げられていましたね!

実在する人気熱波師・エレガント渡会さんの登場に、「本物だー!」と話題になっていました。

熱波師の風をぜひ受けてみたい!!

 

 

さて、今回の第5話では、「テントサウナ」なるものが登場します。

毎回新しい世界に触れられてワクワクしますね♪

 

*ドラマ『サ道 第4話』の詳しい情報はこちら↓

サ道 第4話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『サ道 第4話』サウナーを恍惚へと導く・エレガント渡会がトレンドワード入り!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の夏ドラマであるドラマ『サ道 第4話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはこちらから↓

サ道 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】サ道2019年、テレビ東京系の夏ドラマ『サ道』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『サ道』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年8月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『サ道 第5話』のあらすじ!

ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。珍しい“テントサウナ”がある施設へとやってきたナカタは、浴場の独特な雰囲気に戸惑いつつも、まずは通常のサウナへと入り、水風呂へ向かう。するとそこには何やら変わったものが…
そして満を持してお目当ての“テントサウナ”へ行こうとするが、目の前には強面の男性がビールを飲みながら煙草を吸っていた…果たして無事にととのうことができるのか?

公式サイトから引用

ドラマ『サ道 第5話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)は馴染みのサウナ・北欧で常連たちと会話を楽しんでいる。

「この間久々に遭遇しましたよ、かけず小僧。」

偶然さん(三宅弘城)の発言を皮切りに、サウナのマナー違反についての話題に切り替わる。

 

「あららら~出ましたか。サウナのあと、汗を流さず水に入る賭けず小僧。そいつが入る水風呂が毎回23度になるよう呪いをかけよう。」

「私は涅槃物に会いましたよ。寝っ転がっている大仏。込んでても平気で横になる人。」

「むかつくなぁ~。来るたびにパンツがなくなる呪いをかけよう。」

 

ナカタ(原田泰造)とイケメン蒸し男(磯村勇斗)も度々迷惑客に遭遇するらしい。

「私が遭遇したやつが最も極悪人かも。」

偶然さん(三宅弘城)の発言に、ナカタと蒸し男は息をのむ。

 

「その名も汗ロウリュウ。汗を拭いたタオルをサウナストーンの上でギューっと絞って、もわーっとそいつの汗の蒸気がサウナ中に。。地獄だった・・・」

 

・・・おえっ!

話を聞いて想像した蒸し男の具合が悪くなり、外の椅子で休ませる。

 

「はぁ~、ようやく落ち着きました。まだ汗ロウリュウの残像が・・・」

「気分がよくなる話をしましょうか。」

少し落ち着いた蒸し男(磯村勇斗)に、ナカタ(原田泰造)が語りかける。

 

「行ってきましたよ。太古の湯、グリーンサウナ。」

場面が切り替わり、ナカタ(原田泰造)のナレーションがはじまる。

 

 

神奈川県のメジャースポットといえば中華街がある港町横浜。

大仏が鎮座する鎌倉

サザンオールスターズを生んだ茅ヶ崎。

 

そんな華々しい観光地をスルーして、たどりついたのは平塚。

ZARDの坂井泉水と山瀬まみを生んだこの町にきた理由はたった1つ。

『太古の湯・グリーンサウナ』

そこにあるテントサウナに入るためである。

 

 

受付をすませ、中に入る。

浴室は独特の雰囲気だ。

まず身体を清める。

案内板を見る。

2400万年前の地層からわき出たお湯。

(なるほど、だから太古の湯なのか。よし、行くか。)

まずは普通のサウナから。

(うわっ広いなぁ。)

 

温度は80度くらいか。

広すぎると暖まりにくいんだけど、ここはしっかりと蒸されている。

 

奥に部屋がもう1つ。

こっちの方が温度が高い。

この部屋はテレビもなくて静かで癒される。

 

 

「いいですね~」

「フィンランドの方が日本のサウナで一番ショックを受けたのがテレビなんです。相撲をみてサウナに座る姿をみて、裸の男が裸の男同士で戦う姿を見るのが異様だと衝撃を受けたそうですよ。」

話を聞き、偶然さん(三宅弘城)と蒸し男(磯村勇斗)がいう。

 

さて、水風呂。

『ガッシングシャワー』

紐を引くと、バシャン!!と水がふってきた。

(びっくりしたー!!!)

 

続いて井戸水。

『茶色で汚らしいと思わないでください』と書いてある。

自然の水ってことだな。

水道水より柔らかい。

 

そして休憩。

休憩用の椅子がたくさんあるが、適当なところで休む。

1セット目終了。

(残り2セットはどういう組み立てにするか迷うなぁ。)

 

 

外に出ると観葉植物がたくさんある。

(なるほど、緑が多いからグリーンサウナっていうのかもな。これだけ同時に皆で整えば、戦争はなくなるな。)

(お。あったあった。大本命のテントサウナ。)

 

その前に高濃度炭酸泉につかる。

寝そべられて気持ち良い。

 

ん?

テントサウナの前で、こわもての男性がビールをのみながらたばこを吸っている。

普通のサウナでは御法度だが、ここは喫煙所が設けられ自由度が高い。

 

先にその男性がテントに入り、それに続く。

2人入ればいっぱいいっぱいの狭い空間だ。

なるほど、薪を燃やした煙を排気しつつサウナストーンを置いているのか。

「ロウリュウいいですか?」

強面の男性から声をかけられる。

男性がサウナストーンに水をかけはじめる。

(あつっ・・・)

 

2杯、3杯・・・

それでも男性は止めない

(耳いたい・・・やめてほしい・・・)

とてつもなく熱いが我慢する。

 

バシバシッ

男性は木の束で自分のカラダをたたきはじめた。

 

「ビヒタがあったんですか?」

蒸し男(磯村勇斗)が言う。

1 2