サ道

ドラマ『サ道 第7話』放送前から早くも話題!?次回はいよいよ小宮有紗!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

こんにちは、chiroです。

2019年8月30日、テレビ東京のドラマ『サ道 第7話』が放送されましたがご覧になりましたか?

毎回面白サウナが登場しますが、6話の『しきじ』のお水、美味しそうだったなぁ。

商品化されたらぜひ飲んでみたいです!
(ぜひ商品化を~)

 

そして今回の第7話の舞台は名古屋!

毎回、評判を聞いたサウナを求めて主人公があちこち行きますが、サウナのためだけに名古屋に行くというのも凄い。

毎回登場するサウナ界の面白キャラや有名人との絡みが楽しいですが、今回は『サウナ界のゴッドファーザー』たる方が登場するそうですよ!

ゴッドファーザーからついに蒸しZに繋がるか!?

いつ蒸しZが出てくるのかも楽しみですね。

 

*ドラマ『サ道 第6話』の詳しい情報はこちら↓

サ道 第6話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『サ道 第6話』聖地しきじが実家・ミスインターナショナルファイナリスト笹野美紀恵さん登場! あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の夏ドラマであるドラマ『サ道 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはこちらから↓

サ道 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
【ドラマ ネタバレ まとめ】サ道2019年、テレビ東京系の夏ドラマ『サ道』のネタバレ記事をまとめた記事です。...

 

見逃し配信をチェック!

当ブログでは、ドラマ『サ道』の第1話から最終話までのネタバレを書いていきます。
ネタバレを読まずにドラマを視聴したい方はParaviで第1話から最新話までをご覧になれます。

※このページの情報は2019年8月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ドラマ『サ道 第7話』のあらすじ!

ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。突然ととのわなくなってしまい、苦悩する偶然さん(三宅弘城)が会ってみたいという“サウナ界のゴッドファーザー・米田さん”。その存在を知ったナカタは米田さんが経営している“店内にはフィンランドがある”と噂のサウナ施設がある名古屋へと向かう。店内にあるサウナの1つ“森のサウナ”は米田さんが作った渾身のサウナらしいのだが…

公式サイトから引用

ドラマ『サ道 第7話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)のサウナ仲間、偶然さん(三宅弘城)はある日サウナスランプに陥った。

突然整わなくなってしまい21日目に何とかスランプを脱したが、一生整わないかと不安な気持ちで一杯だった。

「あの時サウナ界のゴッドファーザーに会いに行けていたら・・・」

 

 

サウナ界のゴッドファーザーこと『米田行孝(よねだゆきたか)』。

彼が経営するのサウナ・ウェルビー栄。

そこが今回の物語の舞台だ。

 

豊臣秀吉と鳥山明を産んだ街、名古屋。

東京・大阪と並ぶ3大都市圏の一つで、独自の文化を築いている街。

ウェルビー栄はそこにある。

 

ウェルビーは米田行孝が経営するサウナチェーン。

名古屋で3店舗・福岡で1店舗をかまえており、栄店は名古屋の繁華街のど真ん中にある。

地元民はもちろん、全国からサウナファンから訪れる人気店だ。

偶然さん(三宅弘城)から評判を聞き、ナカタ(原田泰造)は早速ウェルビー栄を訪れた。

 

 

料金を支払い、浴場へ。

評判の『森のサウナ』を含めサウナが2つある。

森のサウナはゴッドファーザーが威信をかけて作った渾身のサウナだ。

 

真っ先に入りたい気持ちを抑え、王道の高温サウナから入る。

広く、照明も薄暗くて良い感じの空間だ。

寝そべられる特等席もある。

一般的にサウナで横になるのは御法度とされているが、サウナーにとって一度はやってみたい夢でもある。

タブーをいとわないサウナー第一主義。

ゴッドファーザーにしかできない芸当だ。

 

 

その恩恵に預かり、テレビの前の特等席で寝転んでいたが、ふと反対側の席が気になって移動してみる。

すると、不思議なことにテレビの音が全く聞こえないゾーンがあることに気が付いた。

一定の方向にピンポイントで音を届けることができる高性能スピーカーを使用しているのだ。

 

 

足湯もある。

サウナでゆったり足湯というのも初めての経験だ。

 

続いて水風呂。

温度はしっかり16度がキープされており気持ちがいい。

 

次に2セット目。

森のサウナに行きたい気持ちが高まるが、最後の3セット目で味わう予定なのでぐっと我慢。

 

 

「ロウリュウを行いまーす!」

そこでスタッフの声が響き渡る。

高温サウナで定期的に催されるロウリュウの呼びかけだ。

ナカタは2セット目にちょうどあたるよう時間を調整していたのだ。

 

(ジューーーッ)

(シューーーーーーッ)

熱波師が熱波を送る。

今日のアロマはユーカリだ。

熱波の浴び方に決まりはなく、それぞれ独自の体制で浴びる。

うなだれたような明日のジョースタイル。

全身で風を感じたい派におすすめの立ったまま浴び。

グレイのTERUのように両手を広げて浴びるハウエバーロウリュウ。

 

そしてナカタ(原田泰造)は・・・

ウェルビーまで送り届けてくれたタクシーの運転手さんがすすめてくれたポーズをキメる。

 

バレーボールのブロックのような体制で両手を上に挙げ、手首曲げて手の平を下に向ける。

そうすることで上に上がった熱波が下に戻される。

腕利きの熱波でいい汗をかいた後は水風呂・・・といきたいところだが、水風呂ではなくて冷凍サウナに初挑戦。

 

マイナス2度の冷凍室のようなサウナだ。

水風呂と違ってゆっくりと身体が冷えていく。

(これもありだな・・・)

 

 

冷凍サウナを出ると、目の前を横切る人に見覚えがあった。

「・・・米田さん?」

いきなり目の前に現れたゴッドファーザー米田に、おそるおそる声をかける。

事前にネットで調べていたので気付くことができたのだが、経営者がなぜサウナに?と疑問が浮かぶ。

顧客の気持ちを知りたくて自身も入りにきたという。

 

ゴッドファーザー米田は、経営者でも革命家でもあり、一人のサウナーでもあった。

嬉しさのあまり握手を求め、一緒に森のサウナに入ることになった。

作った張本人と一緒に森のサウナに入るなんて最高の贅沢だ。

用意されたサウナハッとをかぶり、腰に専用のタオルを巻く。

フィンランドスタイルに身をつつみいよいよ森のサウナへ入る。

森のサウナは、五感に訴えかける本来のフィンランド式サウナを再現したサウナであった。

 

フィンランドの森の香りがする。

香りの正体は、白樺の枝を束ねたビヒタだ。

ベンチからも香りがたちあがる。

 

サウナ自体は低温で、サウナストーンに水をかけて蒸気を浴びるロウリュウだ。

蒸気で温度を自分で調整するセルフスタイル。

サウナストーンに水をかけるといい音がする。

聴覚もサウナに重要な要素だ。

 

 

日本のサウナはテレビがあり、明るく賑やかな場所も多いが、フィンランドにおけるサウナは静かに自分自身を見つめる教会のような場所だと話してくれた。

10数年前、米田さんはフィンランドの湖のほとりのサウナを訪れ、自然と一体化する衝撃的な体験をしたという。

 

現行のサウナはおじさんが汗だくになる場所といういイメージが強く根付いているが、サウナ業をやってきた側の責任であり、本来はこんな憩いの場であってほしいという思いでつくったのが森のサウナであった。

 

米田さんにとってサウナは「全て」。

力強くシンプルな言葉で言い切る。

森のサウナの一角で寝そべられるスペースがある。

ナカタ(原田泰造)が横になると、米田さん自らが特別にビヒタをやってくださるという。

ビヒタは白樺の若い枝派を束ねたものだが、それで肌たたくことで毛細血管が活性化し保湿効果も高まる。

 

そして何より素晴らしいのはその森のような香りだ。

肌を叩けばたちまち森の香りが立ちこめる。

肌をたたかれていると、不思議なことにゴッドファーザー米田さんが大木に見えてくる。

自身がその木陰でたたずむ小動物になった気持ちになる。

 

 

森のサウナ以外にも、ウェルビーには他にはない面白いサウナがある。

ラップランド地方を再現したアイスサウナで、室温はマイナス25度!

試しに入ってみるが、とてもじゃないが冷たすぎて浸かっていられない。

「こ、これに入る人いるんですか!?」

驚きの声がもれる。

続いて休憩もゴッドファーザーと一緒だ。

 

休憩用の椅子で並んで寝そべりながら、質問を投げかける。

整わなくなった友人がいるが、その場合どうしたらいいのか?

 

「サウナは人生。整う時もあればイマイチな時もあります。整わない時は、整うための準備です。」

そんな答えが返ってきた。

そして蒸しZを知らないかと聞いてみるが、残念ながらゴッドファーザーも知らなかった。

 

 

ゆるゆると会話を楽しみながら休んでいると、周りがぼやーんとしてくる。

そのままリラックスしていると・・・

(整った~~~~~!)

 

ウェルビー栄は、サウナを愛するゴッドファーザーの徹底したこだわりが細部まで行き届いた、日本のフィンランドだった。

話を聞き、うらやましくなった偶然さん(三宅弘城)と蒸し男(磯村勇斗)がビヒタで遊びはじめた。

 

 

「サウナラボって知っているか?ゴッドファーザーが作った最先端のサウナ施設!」

遊びながら、偶然さん(三宅弘城)が二人に尋ねるが誰もまだ行ったことはない。

 

ここで7話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

サ道 第8話 ドラマ ネタバレ まとめ あらすじ 感想
ドラマ『サ道 第8話』サウナブーム到来!?サウナハットはどこで買えるの?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の夏ドラマであるドラマ『サ道 第8話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

放送前から早くも話題・次回はいよいよ小宮有紗!

毎回面白人物が登場するサ道ですが、今回もサウナ界の偉人が登場しましたね!

ゴッドファーザー米田さん。

そして漫画サ道の原作者・タナカサツキ先生もどこかに紛れているかも!?というツイートも見られましたが、見当もつきません(笑)。

どなたかわかったらご一報ください!!

そして次話に登場する小宮有紗さんが早くも話題になっていましたね。

毎回録画して待ち焦がれているのに毎回原田泰造の裸を拝んでいたというコメントに笑いました(笑)。

 

小宮有紗さん、何者なのかが気になります。

次話放送後に詳しくご紹介したいと思います♪

https://twitter.com/nohmi14/status/1167474069651910656?s=20

ドラマ『サ道 第7話』を見たみんなの感想は?

ウェルビー栄回。ウェルビー栄はサウナのディズニーランドだよね。ヴィヒタロウリュは森の香りがして最高、わかる~

ウェルビー回マジで素晴らしかった。ウェルビー栄店の魅力全部詰まった神回

回が進むごとに原田泰造の演技じゃなく素が出てきてる感あってすき(そういう演出であっても)

泰造氏の演技か素かわかりかねる #サ道 での演技に結局毎週かかさず見てしまっている 私も整いたい

今週のサ道やっと観たけどウェルビー栄良すぎて名古屋行きたくなった。

森のサウナ本当によかったんですよね、冷凍サウナ内の水風呂本当に素敵すぎたし是非また行きたい 原田泰造さん素になってるのわろた

何とか帰宅 楽しみはサ道見ながらの1杯 原田の演技良いわ~♨︎😌

サウナ行ってみたいな サ道 今回一番ハマってるドラマ 癒される

サ道一生放送していてほしい

次回サ道サウナラボ回だあああああああ ウェルビーの次にこれはアツイ!!

※人物画像はイメージです。

まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?

森のサウナもさることながら、個人的にマイナス25度のサウナが気になりまくりでした!!

 

回を重ねるごとにサウナ熱が高まりますが、次回はいよいよ!!

「女性のための最先端サウナでととのう」がテーマですよ!!!

待ってましたーー♪♪

楽しみに放送を待ちましょう!

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA