スパイラル~町工場の奇跡~

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第7話」ナオミの秘書・隅田を演じる渡辺邦斗の英語力が凄い!あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であればTVer、放送後1週間以上経過した場合はParavi(パラビ)を利用すれば視聴可能です。

最新のくわしい情報は下記からご確認ください。

※このページの情報は2019年6月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

 

5月20日(月)に放送された、テレビ東京系の2019年 春クールドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第6話はご覧になりましたか?

いくら村尾が単独で動こうと、マジテックの債権を取りまとめて売るなんて無理だろうと思っていたのですが、ナオミが本気で協力してくるなんて想定外でした・・・。

それもそのはず、ナオミはもともとマジテックの特許がほしいと切望していたんですね。

村尾は飛んで火に入る夏の虫だったわけです。

 

今回の第7話では、ナオミが直々に動いてきます。

村尾との直接対決もあるようなので見逃せません!

今回の記事では7話を見逃してしまった方のためにネタバレ記事をまとめてみました。

 

*前話『スパイラル~町工場の奇跡~第6話』のネタバレはこちらです。

スパイラル 町工場の奇跡 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第6話」水沢エレナ演じるあけみの小料理屋、村尾しかいないのに何故潰れない?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の春クールドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第6話』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

*ネタバレまとめはコチラから↓

【ドラマ ネタバレ まとめ】スパイラル~町工場の奇跡~テレビ東京系の2019年 春クールドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』のネタバレ記事をまとめています。...

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第7話』のあらすじ!

マジテックの債権を手に入れたナオミ・トミナガ(真矢ミキ)!マジテックは3億円の債務が返済できない限り、ホライズンに買収される危機的状況に。さらに英興技巧の社長に就任したテイラー氏(グレッグ・デール)は、マジテックを特許侵害で提訴する準備に入ったと会見で発表。追い詰められていくマジテック…。
芝野(玉木宏)は買収の裏にある真の狙いを探るが、そこにはハゲタカの恐ろしい計画が待ち受けていた!

公式サイトより引用

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第7話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

芝野(玉木宏)の奮闘もむなしく、ホライズンキャピタルは下町信金からマジテックの債権を買うことに成功。

期日までに2億5000万円を返済しないと、マジテックはホライズンに買収されてしまうことになる。

混乱するマジテックに1本の電話が入る。

 

「マジテックが訴えられるとニュースでやっているが本当なのか?」

工場組合の理事長からだった。

 

浅子(貫地谷しほり)が慌ててテレビをつけると、英興技巧の新社長がテレビでマジテックを特許権侵害で訴えると記者会見を開いていた。

マジテックには説明を求める問い合わせの電話が殺到し皆対応に追われる。

真相を確認しようとマスコミが押し掛ける。

ちょうどそこへマジテックの皆の似顔絵を届けに希実(宝辺花帆美)が母奈津美(野波麻帆)と一緒に到着した。

 

マスコミは希実を見つけると、マジテックの製品を使ってCMに出てる女の子だよね?話を聞かせてくださいと二人を囲む。

騒ぎに気付いた芝野と望(戸塚純貴)がそれを遮り、今日のところは帰ってくださいとマスコミを追い返した。

 

 

記者会見を終えた英興技巧の新社長はホライズンの社長・ナオミ(真矢ミキ)のもとを訪れた。

次は何をしたらいいか指示してください、とナオミに声をかけるが、マスコミへの根回しも終わったので東京見物でもして楽しんでいってくださいと笑顔で返した。

 

 

マスコミが帰って後、マジテックでは希実を囲み雑談をする。

マスコミまで使って、ホライズンは何を狙っているのだろう。

おそらくマジテックが持つ特許だろう。

でも、特許を手にして一体何をするつもりなんだろう。

考えても考えても答えは見えないが、特許は使い方次第では巨額の富を生むものだと芝野は言う。

 

切羽詰まる様子の皆を見て希実が何かあったのと心配そうに尋ねる。

心配しなくて大丈夫だと声をかけ、皆それぞれ状況がハッキリするまでなるべくいつも通り動こうと声をかけあった。

翌日芝野は下町信金を尋ねるがマジテックの件は本店預かりになったため支店では詳細はわからないと言われてしまう。

村尾(眞島秀和)はどこにいるのだと尋ねるが、曖昧な返答である。

村尾はちょうどその頃本店の理事長室にいた。

 

理事長に退職届を提出し私の退職金はちゃんと支払われるんですよねと尋ねる。

多大な損害を出した君にきちんと支払われるとでも思っているのかね皮肉をいわれるが、決済をしたのは理事長だ、きちんと支払わないと秘密をばらすと村尾は脅す。

銀行をクビになった君を助けたのにこんなやり方をするのかと理事長は言うが、先輩後輩だとか昔からのつながりだとかくだらない人間関係にしばられていては生きていけない時代だと村尾はいう。

 

有給休暇を消化して辞めますのでその間に退職金の手配はよろしくお願いしますね、と言う村尾に対し、理事長は「天罰が下るぞ」とつぶやく。

 

それを聞いて村尾は爆笑する。

「天罰だなんて昭和の人間ですね。」

 

 

下町信金を出た村尾はその足で直美の元へ向かった。

残りの成功報酬を受け取るためだ。

成功報酬は3億だと事前に話していたが渡された準備された小切手を見ると金額が2億5000万になっていた。

話が違うじゃないかと詰め寄るが、5千万を先に渡しているので残りの成功報酬は2億5000万だと突っぱねられる。

いるの?いらないの?凄まれ、村尾は引かざるを得なかった。

さすがハゲタカですねと嫌味を言い小切手をとり、去ろうする村尾に「あなたに会うのは今日が最後かもしれないわね。きっと悔しがるわねリベンジされたミスター芝野は。」とナオミが言う。

ナオミは大企業のCROから町工場に転職した芝野に興味があると言うが、村尾は、一言で言うと芝野は偽善者だと吐き捨て去っていった。

 

 

芝野が工場に戻ると、ホライズンキャピタルの顧問弁護士が警告書を持って訪れていた。

速やかにマジテックガードの製造を中止し、謝罪をすること。

損害賠償として3億円を要求することを伝え弁護士は帰っていった。

法外な金額だと驚くが、特許の内容によってはありえない話ではないと久万田は言う。

 

アメリカではクリエイティブコモンズという考えがあり、良い技術は皆で使って社会に役立てようと言う考えも広まっているが・・・

日本ではまだその考えの浸透はなくもったいないとつぶやく。

 

なぜホライズンはそこまでしてマジテックを欲しがっているのだろうか?

それさえわかれば手の打ちようがあるのに・・・芝野は頭を悩ます。

「芝野さんお願いします。親父が作った会社を守ってください!」

浅子と望は芝野に頭を下げる。

それを見て桶本(國本隼)が静かに口を開く。

「そうじゃないだろうみんなで守っていくだろう。皆でやれることを一つ一つやっていこう。」

桶本が皆に声をかける。

桶本の言葉に皆の士気高まり自然と拍手がわき起こる。

頑張ろう頑張ろう涙を流しながら皆拍手をする。

 

 

夜外回りを終えた芝野が工場に戻ると1人の人影があった。

村尾である。

スプラ社と契約を結ぼうとしていた時から全てあなたが裏で動いていたんですね、と芝野が声をかける。

すると村尾は「そうじゃない。もっとずっと前からだ。」と笑う。

 

「因果応報って知ってますか。11年前俺はあんたに引導渡され全てを失った。11年前の俺と同じように今度はあんたが屈辱を味わうんだ。」

「私はまだマジテックを諦めていません。」

「いつまでもそんな偽善者男の皮を被っていられるかな…。今更どうやったってマジテックを救うことはできないとあなたならわかっているはずだ。金は全てを変える。あなたは本当にお金に困ったことがないからそんなこと言っていられるんだ。」

「金に振り回される人間は本物のバンカーじゃない」

「だからやめてきたよ」と村尾が遮る。

 

「やっと11年前の借りが返せた。俺の完全勝利だ!」

そう言って高笑いしながら村尾は去っていった。

 

 

翌日、芝野はナオミのもとを訪れるが受付で取り次いでもらえず困っていた。

そこへたまたま秘書(渡辺邦斗)が通りがかり、声をかける。

 

直美は出張中なので用件は私が伺いますと言う。

特許権は無断使用ではないと経緯を説明するが、今の時代、口約束だなんて通用するわけがない。

ましてや当事者同士が亡くなっている今、証明するものも何もない、と一蹴されてしまう。

 

去り際、秘書は「終わりですよ。マジテックも、あなたも。」そう中国語でつぶやく。

「後悔しますよ。私を敵にまわしたことを。」芝野が中国語で返すと、秘書は驚いて一瞬振り向くが、芝野はそのまま足早に去っていった。

 

まだ正式に提訴されたわけではない。

マジテックを守り抜いていこう。

浅子も電話応対しながら言葉を噛みしめる。

 

 

久万田も動いていた。

海外の研究者と相談しながら、特許を使わない新しいマジテックガードの開発を模索していた。

久万田は図面を書き、桶本に送った。

受け取った桶本は、田丸と強力しながら試作品の作成にとりかかる。

望は理解を求めるべく取引先を1件1件まわり、事情を説明してまわる。

芝野は、以前努めていた三つ葉銀行を訪れ、融資の相談を持ちかける。

芝野の頼みに応えたい気持ちはあるが、今日本の金融機関でホライズンキャピタルを敵にまわすほど体力がある銀行はいないので受けることができないと断られてしまう。

だが、できる限りの協力はしたいので、ホライズンのプラットホーム計画の全貌と、特許を使ってナオミが何をしようとしているのかを、全力で探ると約束してくれた。

 

三つ葉の調査により、ナオミの出張先がワシントンであることを突き止めたが目的まではわからない。

 

ナオミはその頃、ワシントンで仮契約を交わしていた。

本契約は、リクエストした特許を手に入れた時だ、とナオミは堅く握手を交わす。

 

 

下町信金を退職した村尾は、あけみの店にいた。

先に行ってるから店を精算し終わったら来いよ、とあけみに札束を渡す。

「二人の新しい角出を祝って・・・チアーズ。」

浮かれる二人だった。

 

 

工場から帰宅しようとしようとした芝野の目に人影が映る。

帰国したばかりのナオミだった。

 

「なんで?」芝野は混乱する。

「数々のアメリカ企業と渡り合ってきた武勇伝を聞いていたから、この時をとっても楽しみにしていたの。」

「教えてください。ホライズンは特許を使って何をしようとしているんですか?本当の狙いは?」

「それを聞いてどうするの?」

「断固戦うつもりです。」

ナオミはそれを聞いて鼻で笑う。

 

今日来たのは、挨拶だという。

マジテックがどうしても欲しい、どうしても買わなければいけない。

債権も持っているからといって、株式のほとんど社長である藤村浅子が持っている。

債権を持っていても株を売る道理はないはずだ。

 

債権と引き替えに、株式の全てを譲渡するよう社長を説得してほしい。

できないなら、速やかに、3日以内に2億5,000万の返済を求める。

 

曙電気CROを捨てて町工場にいるのはなぜか?

ナオミに聞かれ、「物作りの大切さを教えてくれた恩人にむくいるためだ。」と答える。

ゲームだろう?

残念ながらゲームオーバー。

今度は私と一緒にチームを組んで、世界を相手にグローバルなゲームを楽しみましょう?

 

ゲームをする気はないし、お金でしか物を考えられないあなたとは組めない、と芝野は即答する。

 

「では、3日以内に返済しなさい。そしてマジテックもあなたも私のものになります。」

そう言い捨ててナオミは帰っていった。

 

 

翌朝、ナオミの要求を聞いて皆肩を落とすが、皆できる限りのことを全てやろうと檄を飛ばす。

桶本と田丸は部品の開発に精を出す。

 

芝野は特許を担保に融資してほしいと金融機関をまわる。

浅子と望は取引先に行き、支払いを前倒しにしてほしいと頼み込む。

少しはお金が集まったが、焼け石に水な金額だ・・・。

最後までやれることをやりきろう、皆何かを振り切るように動きまわる。

 

 

翌日、芝野は自身がCROをつとめた曙電気を訪れる。

大歓迎を受けるが、融資の件は難しいと断られてしまう。

そればかりか、この機会に曙電気に戻ってくれないかと言われ芝野は複雑な表情をうかべる。

 

 

帰り道、偶然希実に会う。

「希実のいつかボール投げできるようになるかな?投げてみたいなぁ。」

「できる、きっとできる。」

芝野は力強く言い切った。

 

嬉しそうな希実を見て、芝野は何かを考える。

工場に戻ると、中から賑やかな声が聞こえる。

たまには皆でご飯を食べようと浅子がカレーを作っていたのだ。

それを見て黙り込む芝野。

 

「そもそも、ホライズンがうちの特許に目をつけたのは、私がここに来たからじゃないか・・・」

呟く芝野。

「仮にそうだとしても、来てくれなかったらとっくに潰れていた。さぁ、飯食おう!」

桶本が声をかける。

 

賑やかに食事が進むが、突然田丸が泣き出す。

「この会社でずっと働きたい・・・」

それを見て、ずっと黙り込んでいた芝野が口を開く。

「名を捨てて実をとる、やどかり作戦をすすめた方がいいのではないか。」

完全に買収される前に、人とものをファブラボにうつし、被害を最小現にくいとめる作戦だ。

だがそうするとマジテックという会社はなくなってしまう。

 

「俺は誇りを教えてくれた芝野さんを尊敬していたのに!」

望が憤る。

「社名を捨てることは誇りを捨てることじゃない。会社を守るためだ。」

芝野は理解を求める。

「3ヶ月前なら仕方ないと思えていた。でも今は、父の会社を売り渡すなんて絶対にしたくない。放り出して逃げるようなことできません。」

浅子はいう。

 

「全て動きに気付けなかった私の責任です。望くん、浅子ちゃん、皆さん。申し訳ありませんでした。」

芝野は深々と頭を下げた。

 

そこへ三つ葉銀行から電話が入る。

ホライズンの狙いがわかったという報告だ。

ホライズンの狙いは、博士の特許を軍事利用することだった。

 

「博士の特許を人殺しになんて使わせない!」

桶本が図面を持って工場に向かう。

 

その直後、大きな物音が響く。

驚いて駆けつけると、桶本が倒れていた。

皆で声をかけるが反応がない。

 

ここで7話が終わる。

 

ネタバレの続きはコチラから↓

スパイラル 町工場の奇跡 第8話 最終話 最終回 あらすじ ネタバレ 感想
ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第8話(最終話)」村尾のスピンオフドラマが見たい!?あらすじやネタバレ、感想も!2019年、テレビ東京の春クールドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第8話(最終話)』のあらすじやネタバレ、ネットのみんなの反応や感想をまとめた記事です。...

ナオミの秘書・隅田を演じる渡辺邦斗の英語力が凄い!

これまでナオミの秘書としてちょこちょこ登場していた秘書の男性。

メガネといい髪型といい嫌みな奴だなぁ・・・と思いながら見ていましたが、今回は芝野との直接対決もありたくさん登場していましたね。

英語や中国語をペラペラと話していて、SNSでも秘書役の渡辺邦斗の英語が凄い!と話題になっていました。

演じる渡辺邦斗さんについて調べてみましたが、徳重聡さんがグランプリに選ばれた、21世紀の石原裕次郎オーディションで準グランプリに選ばれた方だったんですね!

10代の頃海外留学した経験があり、英語はもともとしゃべれるようですが、ご本人のコメントにもあるように今回相当練習されています。

努力家!

個人的には英語より中国語を話しているチャイナマフィアな感じがハマり役でいいなと思いました♪

 

今後注目していきたい俳優さんです♪

「スパイラル〜町工場の奇跡〜」6話、ご覧いただけましたか?

ホライズンキャピタルの英興技巧買収で窮地に追い込まれたマジテック。
この状況から逆転できるのか!?と手に汗握る展開でした。

そんな急展開の中、僕演じる隅田がアメリカから来た英興技巧の次期社長と英語で話す場面がありました。

僕は、10代の頃に海外留学したことがあるので英会話はできますが、
外資系ファンドのビジネスで使う英単語は、普段聞き慣れない言葉ばかり…。
現場ではスタッフから「英語の台詞、難しいいんじゃない?」とよく言われていて、
その度、涼しい顔で「なんてことないですよ!」と答えていましたが…、
日本語でも聞き慣れない専門用語を使ったビジネスワードが含まれている英語の台詞を覚えるのは、
普通の英語の台詞を覚えるより、一手間も二手間も掛かりました…ここだけの話(笑)。

でも新たな単語や表現を含め、改めて英語を勉強できる良い機会でした!

英語を話すシーンはまだまだ出てきます、そして他にも…。
隅田、要チェックです!

渡辺邦斗オフィシャルサイトより

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~ 第7話』を見たみんなの感想は?

村尾とトミナガに逆襲しないと気がすみませんね。 ホライズンと言えば鷲津政彦。 彼が出て来て一発逆転するとか・・・。(笑) それにしても、イヤな奴やらせたら天下一品ですね。 真矢みきさん。(笑)

絶体絶命のまま次回最終回?本当にどうなるの?私を敵に回して貴方は後悔すると宣言した玉木宏はカッコよかったのに。町工場の再建はゲームではない。特許の軍事利用を阻止せよ。今回も反撃出来なかったけど最終回で起死回生はあるのか?一体どういう結末になるんだ?

良すぎて何回も見返してる。人との繋がりを重んじた芝野と軽んじた村尾。最後に心から笑えるのはどちらか?ってことよね。人って独りでは生きていけないって思うから。 しかし何度観ても村尾劇場は圧巻の一言。ましましの切なさ滲み出るお芝居ほんま好き!村尾っち華々しく散ってくれー

今回も面白かったー! 村尾劇場さすがでしたwいやあ天誅くだって欲しいなぁ…。村尾のくずっぷりはさておき絶体絶命のマジテックがどう決断するか、最後まできちんと見守りたい。桶本さん大丈夫かなぁ…。

村尾の暴走が止まらねぇええ!明日から一ヶ月めざましの占いが最下位になれ!!!ついにナオミと直接対決、彼女の真の目的は軍事利用…?!って話壮大すぎない…?!と思っていたら(國村)じゅーーーーーーーん!!!!!!!!!!

 マジテックの債権をGETした外資。 のっとられた英興技巧が特許の侵害で三億を要求してきた。 シバノらは、あの手この手で対抗する。 そしてわかったこと一つ!それは、マジテックの技術の、 軍事利用。 そんなことはさせない!最終決戦はすぐそこだ。

とりあえず、マジテックはもうダメとしても、村尾は道づれにしたい……。

ここまでやられてしまったら、もう会社としては終りでしょうね。しかし人の幸せのために開発した技術が軍事に目を付けられる展開、現実でもありあり。「ハゲタカ」でも大空電機は軍事利用売却される話でしたもんね。

鷲津はキャスティングされてないのかなぁ。せめてヤドカリ作戦が藤村家の納得行く形で納まるといいのだけど。

マジテックはホライズンに買収されないで ハッピーエンドで終われば良いな。最終回が気になる。 ホライズン、軍事利用と聞いて綾野剛主演のハゲタカを連想してしまった。

今日の昼間、7話の芝野さんの中国語をリピしてた♪6話の英語も♪

この状況で次回最終回!?どうなるのか全くよめない!!とにかくハッピーエンド希望!!!

※人物画像はイメージです。

まとめ

踏んだり蹴ったりとはまさにこのことですね・・・。

全く勝てる要素を感じられない状況なのに、次が最終話だなんて!

 

ナオミは芝野を手に入れるために何やら交換条件を出すようですね。

マジテックを守るため、誇りを捨ててナオミに降伏するのか・・・

それともタイトル通りの大どんでん返しの奇跡が起こるのか!?

倒れてしまった桶本の容態も気になります。

 

色々あったけど奇跡が起こり、最後は丸くおさまり桶本も元気に復活する展開を心から願いながら、最終回の放送を待ちます!!

ABOUT ME
chiro
chiro
はじめまして!chiroです^ ^ 10代20代は恋愛・韓国ドラマにハマりましたが、30歳を超えてからヒューマンドラマが好きになりました。オススメは「1リットルの涙」「北の国から」です。よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA