トレース~科捜研の男~

ドラマ『トレース~科捜研の男~ 第1話』熱すぎる男が月9に登場!?あらすじやネタバレ、感想も!

 

この記事を読み始めるその前に・・

2019年 期待の秋クールドラマは!?夏クールドラマが続々と最終回を迎え、もうまもなく秋クールドラマがスタート! そんな秋クールドラマの中から、あなたが期待しているドラマを...
2019 秋クールドラマ 投票 アンケート ランキング
【2019年 秋クールドラマ】あなたのイチオシ俳優・女優は?2019年の秋クールドラマが続々と始まっています。 そんなワケで今回の記事では「2019年秋クールドラマ 好きな俳優・女優 総選挙」を...

 

 

2019年1月7日夜9時、フジテレビでドラマ『トレース~科捜研の男~』の放送がスタートしました!

初回は90分スペシャルで見応えありましたね♪

 

人気漫画「トレース科捜研方位研究員の追想」が原作で、

単行本は5巻まで出ており、

2019年1月19日最新刊6巻販売予定。

 

 

ドラマと原作の違いも気になるところです。

 

ドラマ『トレース~科捜研の男~』のくわしい情報はこちらです。

トレース 科捜研の男 錦戸亮 新木優子 船越英一郎 あらすじ キャスト 放送開始
ドラマ『トレース~科捜研の男~』のキャストは錦戸亮!新木優子!船越英一郎!あらすじ・放送開始はいつ?どーも☆ゆずです!! 師走になりました!! 大掃除しなきゃ!! というワケで(?)今回の記事ではドラマ『トレース~科捜研の...

ドラマ『トレース~科捜研の男~ 第1話』のあらすじ!

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。

公式サイトより引用

ドラマ『トレース~科捜研の男~ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます※

アイドルのイベント会場で、

犬が切断された左手を咥え乱入するシーンから始まる。

 

科捜研法医研究所に、

虎丸良平(船越英一郎)が鑑識結果を聞きにやってくる。

そこにこの日が初出社の新人科捜研法医研究員

沢口ノンナ(新木優子)の姿も。

 

鑑定結果は珪藻とマンガンが検出される。

結果を聞き虎丸は、多摩川を捜索しに向かおうとするが、

科捜研法医研究員 真野礼二(錦戸 亮)は

「川を探しても意味がない」と一言。

 

「小僧、俺の捜査方法に口を出すのか!?」

虎丸はそう真野をにらみつけると、

多摩川へ捜索に向かった。

真野は鑑定結果から、マンガンが高濃度で含まれる

簾川鉱山のふもとに位置する日原川に注目。

 

海塚律子(小雪)の指示で、

ノンナは真野に同行し現場に向かう。

 

現場到着後、すぐにノンナがバラバラ遺体を発見。

近くにはピンクの花が落ちていた。

 

初めて死臭を嗅いだノンナは嘔吐してしまう。

 

 

ただちに、司法解剖が行われた。

結果、包丁で刺されたことによる失血死と確認された。

また、生前DVを受けていたことも明らかになった。

 

警察署に、被害者の母親 五十嵐千鶴(森口瑤子)と

父親 五十嵐康信(吹越満)が訪れる。

DNA検査の結果、被害者と親子と証明され、

千鶴の娘の五十嵐美加(菅野莉央)と判明。

 

千鶴は康信と美加が5歳の時に再婚しており、

康信と美加は血縁関係は無い

 

康信はテレビに出演する程の

著名な教育評論家でもある。

また、美加の腕に火傷の痕があった。

 

小さいころに間違って

熱いシチューをかぶってしまったらしい。

 

 

ノンナは科捜研部署の飲み会に参加。

同僚は皆、自由に動く真野を嫌っている様子。

 

ノンナが出社すると、真野は既に仕事中。

ノンナに遺体の横にあったピンクの

プリムラの花を鑑定依頼するように指示。

 

 

被害者、美加には越智という婚約者がいた。

事件当日、二人で安ホテルに宿泊していることから、

越智が疑われる。

 

警視庁捜査一課の刑事 猪瀬祐人(矢本悠馬)は、

「美加は、DVから逃げようとしていた。

越智は、それをかぎつけて、追いかけて行ったんだ。」

 

その声を聞いた真野の脳裏に、

血だらけの包丁・首吊りの映像が浮かぶ。

過去に何かの事件があったようだ。

警察は、婚約者 越智を疑うも、

越智は潔白を主張。

 

二人で宿泊したホテルの浴室を徹底捜査。

ルミノール検査で現場に残された血痕を探す。

しかし、結果は何も見つからなかった。

 

真野は、ホテルの部屋の鑑定も

行ってもいいか虎丸に尋ねるも

「科捜研は言われたことだけやればいい。

越智は本ボシじゃない。これは俺の感だ。」

そう言い残し、部屋を出ていく。

 

 

真野は、虎丸の言葉を無視して捜索を始める。

すると、何かを見つけたようだ。

 

科捜研に、部屋にあった電話・湯呑・ハンガーなど、

ありとあらゆる物を持ち込み調べる。

 

 

そのころ虎丸は、警視庁捜査一課長の

江波清志(篠井英介)に

「優秀だと期待していたが、遅い。

これじゃあ牛じゃないか。」

と嫌味を言われていた。

 

夜中まで作業を続ける真野とノンナ。

真野はノンナにカップ麺を作る。

 

死臭を嗅ぎ今も食欲の無いノンナに、

「君が見つけたのは人間だ。

数日前までは、君と同じ様に生きていた。

見つけてくれて、感謝しているはずだよ。」

それを聞き、食べ始めるノンナ。

 

翌朝、真野は手がかりを

見つけたことを虎丸に伝える。

 

 

美加が、宿泊した部屋から、

プリムラの花の花粉が見つかる。

 

この花は、この間鑑定に出していた、

遺体の近くに落ちていた花と一致。

そして、部屋から千鶴の髪の毛も発見。

 

すぐに、虎丸と猪瀬は千鶴に会いに行く。

 

千鶴は、美加にホテルに呼び出されて鍵を渡され

「私が戻るまで部屋から出るな」と言われた。

しかし、美加はその後戻らなかった。

と説明した。

その後、自宅マンションの

防犯カメラを確認すると、

美加と父親の康信の二人が

中に入っていく姿を確認。

 

そして、マンションから美加が

出ていく姿は確認されていない。

 

隣人の証言からDVをしていたのも

父親であると判明。

 

虎丸は

「犯人は、父親で間違いない」

「あいつは、偽善面した悪党だ。これは俺の勘だ。」

と続けた。

 

すると、真野は

「気持ち悪い。証拠も無いのに勝手な思い込みだ。

あなたの勘はあてにならない。」

と一言。

 

その言葉に激怒した虎丸は、

近くにあった椅子を蹴とばし

真野に詰め寄り怒鳴る。

 

律子に、

「こいつを外せ。明日から、

こいつ(ノンナ)1人で来い。」

とノンナを指名した。

 

真野は、ふと見たテレビニュースに千鶴の腕が映り、

そこには美加の腕にあった火傷と似た火傷の痕が…

 

真野はピンとくる。

本屋まで走ると、週刊民潮を手に取り、事件の記事を読む。

 

 

虎丸は、美加の自宅マンションを家宅捜査する。

その際、ノンナが同行。

 

バスルーム内を徹底して捜査し血痕を探すが、

血液反応は出なかった。

 

落胆する虎丸はマンションを後にする。

残ったノンナは、千鶴に

「あの日何があったんですか?話してくください。」

と詰め寄り、火傷の痕が証拠だと千鶴の腕を掴む。

 

ノンナは昨晩、真野から千鶴と美加の

火傷の痕のことを聞かされていたのだ。

 

「ご主人が、シチューを美加さんにかけたのでは?

あなたはそれをかばったんでしょ?」

ノンナは熱くなり千鶴に詰め寄る。

 

そこに虎丸が現れ、ノンナを連れ出し説教をする。

翌朝、千鶴は血痕の付いた灰皿を警察署に持って行く。

そして、事件当日の証言をする。

 

自宅に戻ると、美加の姿は無く部屋には康信1人。

部屋の中はめちゃくちゃに荒らされていた。

康信は千鶴に部屋を片づけろと殴る。

千鶴は血の付いた灰皿を見つけ、とっさに隠した。

 

ノンナは急いで灰皿の血痕を調べる。

結果、美加の血液と一致。

 

虎丸はすぐに康信を取り調べるが、

康信は犯行を否認。

犯人確定の証拠が足りなかった。

 

真野は、マンションの廊下を

検査させてほしいと要望を出す。

 

虎丸は反対するが、

律子の口添えで真野は捜査に戻すことに。

 

 

自宅マンションの部屋の前の廊下を検査すると、

血痕を発見。

その証拠を元に、

犯人を特定し真相が明らかになった。

 

長い間康信は、

千鶴と美加にDVを与えていた。

 

美加は就職と同時に家を出ると、

越智と出会いプロポーズされる。

 

それを母親に伝え、

「私は、お母さんをこの家に残して、

1人だけ幸せになれない。一緒に逃げよう。」

 

しかし、千鶴は「無理よ。」と泣くだけ。

 

母親の説得を諦めた美加は、

母親をホテルに呼び出し、

その隙に自宅を訪れ、父親に会う。

 

美加は泣きながら、

「私とお母さんに近寄らないで。」と言う。

 

すると、逆上した父親は、美加を灰皿で殴りつける。

 

美加は、頭に傷を負うも

「今後、私達に関わればあなたを訴えます。」

そう言ってその場を立ち去る。

部屋から出ると、隣人 飛田に背後から掴まれ

飛田の部屋に引きずり込まれてしまう。

 

飛田は美加の部屋を以前から盗聴していた。

 

そこから聞こえてくる、DVされている音、

飛田自身も父親から虐待されていた過去を持つため、

共感し親しみを感じていた。

 

美加に

「僕は君を分かってあげられる。

同じ魂を持っているのだから。

どこにも行っちゃダメだよ。」

泣きながら美加を抱きしめた。

 

しかし、隙を見て逃げようとする美加。

それに気づいた飛田は、

「どうして?」と泣きだし包丁で刺し殺してしまう。

 

 

プリムラの花の真相も明らかに。

あの花は、美加が好きな花で

マンション廊下で大事に育てていた。

 

それを見ていた飛田は、死体を埋めた後、

花をたむけたのであった。

 

ノンナと真野が千鶴に会いに行くと、

千鶴は康信をDVで訴え離婚することを伝える。

 

真野の

「美加さんは、お母さんを地獄から救い出すために

産まれてきたんじゃないでしょうか」

と言う言葉に千鶴は泣き崩れる。

 

ノンナの

「最後に正義は勝つんですね。お疲れ様です。」

と言う言葉に、真野の脳裏に

血だらけの包丁・首吊りの映像がまた浮かぶ。

 

その頃、刑事部長に壇 浩輝(千原ジュニア)が就任する。

熱すぎる男、船越英一郎が月9に登場!

刑事 虎丸良平(船越英一郎)のキャラ濃いですね~。

主役より目立っていたような(笑)

 

「怒り過ぎ!!」

そう思った方もいたかもしれませんね。

 

調べたところ、原作漫画の虎丸のキャラとは

だいぶ違うみたいですね!

 

私としては、真野と虎丸があまりにも対象的なので、

ドラマとしてはメリハリがあってイイかな~と観ていて思いました♪

 

しかし、最終回まであのテンションでいくのかな・・?

気になるところです(笑)

ドラマ『トレース~科捜研の男~ 第1話』を見たみんなの感想は?

こういう事件もの好きだから楽しみにしてた

船越さんの方が主役みたいな登場の仕方( ;∀;)

船越英一郎の存在感 
主役どっちかわかんない

15分観ただけだけど… 

直感的にこのドラマ面白い!って思った!

船越さんの刑事が古臭くてうるさいのは 主人公の錦戸を引き立てるためだろうね 
嫌な役をオーバーに演じてる

公務員とは思えないほど事務所おしゃれ〜

船越さん好きだけど、、怒鳴らんでくれい

この原作漫画好きだから、世界観を変えないで欲しかった

こんなに仕事、没頭する上司と仕事したい 
大事なことが学べそう

穏やかに喋ってる時の錦戸かっこいいな

※人物画像はイメージです。

ドラマ『トレース~科捜研の男~ 第1話』熱すぎる男が月9に登場!?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

第1話終わりましたねー。

犯人は意外な人物でした!

 

そして真野の

「考えうる全てを追求するんだ。必ず証拠がある。
それは被害者が残した思いだ。
それを見つけるのが科捜研の仕事だ!」

仕事に全力投球する姿はかっこいいですね♪

 

また、真野の過去に何があったのか気になります!

そこに壇浩輝がどう関わってくるのでしょうか?

目が離せません。

 

第2話では誤認逮捕!?

どんな驚きの展開が待っているのでしょう。

ABOUT ME
レオ
レオ
こんにちは!サイト運営者&編集長のレオと申します!ドラマニア倶楽部は「ドラマ好きのドラマ好きによるドラマ好きのためのサイト」です。訪れたついでにコメントを残して頂けたら嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA