私のおじさん~WATAOJI~

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』キレイな店員さんはダレ?あらすじやネタバレ、感想も!

2019年1月11日金曜よる11時15分から、
ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』
テレビ朝日で放送スタートしました。

 

ちょっと遅い時間から始まるドラマですが、
次の日が休みということで
夜更かしをして見た方もいると思います♪

 

私のおじさん…とドラマのタイトルからして
とても気になっていたので
放送開始を楽しみにしていました。

 

 

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』の
くわしい情報はこちらをご覧ください♪

https://dramania.club/wataoji-introduction/ ‎

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』のあらすじ!

恋に破れ、働き口も無くし、人生崖っぷちの一ノ瀬ひかり(岡田結実)が就職したのは、制作会社『テレドリーム』。超過酷ロケで有名なバラエティ番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりは、裸足に革靴の適当プロデューサー・泉雅也(田辺誠一)の雑な指示で、さっそくロケ現場へ。
 しかしそこには、理不尽すぎるデブチーフADの出渕輝彦(小手伸也)、働き方改革を盾にするイマドキADの九条隼人(戸塚純貴)、通称ババアのお局APの馬場桃花(青木さやか)、そしてやり手だが“超クソ男”の番組ディレクター・千葉迅(城田優)といった、ヤバすぎる面々と出逢いがあった…。

 無理難題ばかり押し付けられ、一生懸命頑張っても怒られるばかり。「もう辞めてやる!」とトイレの個室に泣きながら駆け込むと、「おじさんが慰めてあげようか?」という声が。おそるおそる振り向くと、便器に座って微笑むおじさん(遠藤憲一)の姿が…。
 え、変態!?ストーカー!?と絶叫するひかりに、おじさんは自らを「妖精」と名乗り…?

 その日から、ひかりにしか見えないらしき“妖精おじさん”は、会社でもプライベートでも四六時中そばにぴったりと張り付き、何かにつけて横から愚痴や文句を挟んでくるようになる。そして、言いたいことも言えず、何事も笑ってやり過ごすひかりに「嬉しくないのに、なんで笑ってるの?ムカついたんじゃないの?」と言い放ち…?

我慢ばかりで疲れ切ったすべての日本人に送る―
忖度0の痛快社会派コメディ、ここに開幕!

公式サイトより引用

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』ネタバレ解説!

※以下、ドラマのネタバレを含みます

朝、会社の机で寝ている一ノ瀬ひかり(岡田結実)は
おじさん(遠藤憲一)に起こされます。

赤いシュシュをつけている一ノ瀬に
「かわいいと思っているでしょう」
などとおじさんは一ノ瀬をからかい、

「時間大丈夫?」
と言って消えるのでした。

寝坊で遅刻しそうな一ノ瀬は
慌てて出かけるのでした。

 

この2人の出会いは
1週間前にさかのぼります。

一ノ瀬はこの日からテレドリームという
バラエティー制作会社で
働くことになりました。

 

プロデューサーの泉雅也(田辺誠一)から
「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」という
バラエティー番組に配属されることを
伝えられました。

 

その後、会社案内をしてもらいます。

 

 

給湯室に案内された帰りに
一ノ瀬は階段でバナナを食べている
おじさんを見かけました。

 

「あのー」と声をかけるのですが、
気づいたらおじさんはいなくなっていました…。

泉にはおじさんは見えていないようでした。

 

 

さて一ノ瀬は早速ロケ地に向かいます。

チーフADの出渕輝彦(小手伸也)に
挨拶をしますが、

小声で早口、何を言っているのか
わからない上に偉そうな態度です。

出渕は九条隼人(戸塚純貴)に
一ノ瀬の指導をするように言いますが、
九条は教える気がないようです。

 

このロケでは激辛企画をやっている模様です。

番組MCの芸人パウダー(JP)の
サインが欲しいとファンに頼まれた

一ノ瀬はAPの馬場桃花(青木さやか)に
聞いてみるも嫌味を言われてしまいます。

 

ファンにサインを断ると、
態度が一変しクレーマーになってしまいました。

そこにディレクターの千葉迅(城田優)が現れ、
「素敵ですね」の一言で
クレーマーをメロメロにし、
番組にも協力してもらえました。

 

ハイヒールでこけてしまい
カメラを倒してしまった一ノ瀬は千葉に
「帰れ!」と言われてしまいます。

 

ショックを受けてトイレに入ると
「おじさんがなぐさめてあげようか?」
とさっきのおじさんがトイレにいました。

「痴漢だ」と叫ぶ一ノ瀬に
「妖精だよ」とおじさんは言うのでした。

 

「妖精だからいろいろわかる」
と、

「婚約者に振られたため、
テレビが好きでもないのに
テレビ局に就職した」

と言い当て消えました。

次の日、一ノ瀬が出勤すると
そこにはおじさんがいました。

「ストーカーですか!?」
と驚いていると、
出渕、九条、馬場が出勤してきました。

「独り言はやめてくれない?」
と馬場に言われてしまいます。

 

おじさんと話していたことを
説明しようとすると、

おじさんは一ノ瀬に
「君にしか見えないよ」
と言いました。

 

それを証明するために突然、
おじさんはダンスをしながら
消えたり出てきたりして見せますが、
他の人は無反応です。

 

どうやら本当に他の人には
おじさんは見えていないみたいです。

 

そこへ千葉も出勤し、一ノ瀬に
「取材交渉をしてこい」と言います。

一ノ瀬はがんばって1件のお店から
取材OKをもらいました。

 

取材OKのことを出渕などに
伝える一ノ瀬ですが他の人の反応は薄く、

更に激辛調味料の
買い出しをしてくるように言われました。

 

 

一ノ瀬はやっとのことで
買い出しを終えて会社に戻ると、

「面白くないから」
という理由で

激辛調味料はいらなくなったと
九条から伝えられます。

その代わり唐辛子を
1000個買ってくるように言われました。

 

いろいろなお店を回り
唐辛子を集めている一ノ瀬に、

「唐辛子がいらなくなった」
との連絡が入りました。

 

 

真っ暗な職場に戻る一ノ瀬。

そこに千葉も来て、
2人で驚くあまり
唐辛子をばらまいてしまいます。

 

落とした唐辛子を片付けながら、
「意味なかったなー」
とつぶやく一ノ瀬。

すると、千葉に
「この仕事は意味ないことばかりだ、
お前に向いてない」

と言われてしまいます。

 

一ノ瀬は過去に婚約者や就職の面接でも
同じようなことを言われたのを思い出しました。

一ノ瀬は帰宅し辞表について調べていると、
おじさんが現れました。

職場だけでなく自宅にも出てくるようです。

驚く一ノ瀬にお構いなしでくつろぐおじさん。

 

「私ってつまんない?」
とおじさんに尋ねると、

「つまんない」
と言われてしまいます。

 

しかし笑顔でごまかす一ノ瀬に、

「何でむかついたのに笑ってんの?」
とおじさんが言いました。

その言葉を聞いて、
次々に仕事のグチがこぼれます…。

 

「仕事はくだらないことの
積み重ねじゃないかな」

とおじさんはなぐさめるのでした。

 

 

次の日、一ノ瀬は退職届を持って
会社の前に立っています。

そこへ泉が現れて
「この仕事はくだらないでしょ?
でもそれが面白い」

と言いました。

 

泉に連絡が入り一ノ瀬が現場に向かうと、
昨日取材OKだと言っていたお店が
閉まっていたのです。

インタビューのアンケートで
上がった他のお店はどこも取材NGだったため、
他の店をあたろうとするADたちに対し、

「それじゃインタビューの意味がない。
俺たちが諦めたらそこで終わりだ。」

と自分の意志を曲げない千葉。

 

お店の取材交渉からやり直しです。

お店を探し歩いていると、
昨日取材NGと言われたお店の前に来ました。

 

千葉にも
「そこは取材拒否で有名だから」
と言われたので、

帰ろうとする一ノ瀬を
おじさんが無理やり店内に入れ、
取材交渉させました。

 

店主に取材を申し込もうとするも、
すぐに拒否されます。

一度取材を受けた時に
嫌な思いをしたようです。

 

千葉にも手を引っ張られ
帰ろうとする一ノ瀬を、

おじさんが逆の手を引っ張り
帰らせないようにしました。

 

 

奥さんと離れて暮らす店主に対し
おじさんに言われるまま、

「テレビに出て、奥さんに元気な姿を
見せて喜ばせましょう」

と一ノ瀬は提案します。

そこへ、店主の孫娘が現れ
「かわいい」
と一ノ瀬のシュシュを指さし言いました。

 

物で釣ろうと千葉が一ノ瀬に
シュシュをあげるように言ったため、

元婚約者に買ってもらった大事なシュシュを
泣く泣くあげることにします。

 

この必死なやりとりを見ていた店主は
笑って取材OKを出すのでした。

本番で、パウダーが食べる前に
テストとして100辛カレーを
試食することになった一ノ瀬。

 

間食したら意味あるのかと思いつつも、
仕事はくだらないことの積み重ね、
仕事はくだらない、でもそれが面白い、
俺たちが諦めたらそこで終わりだ

というおじさんたちの言葉を思い出し、
見事完食しました。

おじさんとハイタッチをして喜んでいると、
なんと一ノ瀬のブラが取れるという
アクシデントがあり、
そのおかげで場が盛り上がりました。

そして無事に本番がスタートしました。

居酒屋で収録した番組を見ながら
飲んでいる一ノ瀬とおじさん。

そこへ店主から
「妻が喜んでいた。ありがとう」
というメールが届き、一ノ瀬は喜びます。

「はい、カシオレ」
と居酒屋の店員・来夢(玉田志織)は
おじさんの前にカシスオレンジを置きました。

おじさんが見えているのでしょうか。

 

上機嫌で帰っている一ノ瀬とおじさん。

そこで千葉に会い、
一ノ瀬は赤いシュシュをもらいました。

千葉が
「元カレなんて忘れろよ」
とかっこいいこと言い、

いい雰囲気になるかと思いきや、
そのシュシュが安物だったことから
一ノ瀬は千葉に絡み始めるのでした。

 

 

冒頭の場面の続きです。

千葉に渡すテープを持って、
一ノ瀬は急いでいます。

おじさんはぎっくり腰になり
追いかけるのを断念しました。

 

一ノ瀬は
「昨日はすみませんでした」
と千葉の部屋に入りますが
姿がありません。

外に出ると一ノ瀬とおじさんは
濃厚なキスをする千葉と
キレイな女性の姿を見てしまいました。

 

「私やっぱりやめようかな、おじさん」
と一ノ瀬は言うのでした…。

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』キレイな店員さんはダレ?

居酒屋の店員役の女優さん
キレイな方でしたね。

ほんの少しの登場でしたが
美人過ぎて目立ってました(笑)

この女優さんが気になったので、
ネットで調べてみました。

 

ということで調べた結果、
店員・来夢役の女優さんは玉田志織さん
ということがわかりました。

 

2017年の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で
審査員特別賞に選ばれた玉田さんは、
なんとこのドラマで女優デビューだそうです。

 

玉田さんの初々しい演技に注目ですねー♪

個人的にはもっと出番を
増やしてほしいなと思います(笑)

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』を見たみんなの感想は?

エンケン、かわいい

城田優かっこいいなあ

遠藤憲一さすがw 妖精がこの人だから面白い!

岡田結実ちゃん 演技上手だった

エンケンさん、デスノートのデュークみたいだw

いーなぁ私もおじさん欲しい

わたおじ おもしろかった!

ゆいちゃん、コメディうまい

来夢って子可愛い。

エンケンさんがキュンキュンしてて可愛い

※人物画像はイメージです。

ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~ 第1話』キレイな店員さんはダレ?あらすじやネタバレ、感想も!まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

テレビ制作が舞台のお話ですが
とても過酷な現場なのがよくわかりました。

「テレビの裏側ってあんな感じなのかなー」
とリアリティーのあるドラマでしたね。

 

遠藤憲一さん演じるおじさんが
とてもかわいくて癒されました^^

「私にもおじさんが来てくれないかなー」
と思ってしまいました(笑)

 

個性的なキャラが多いドラマなので、
これからも面白い展開があるのかなと
ワクワクしています。

 

ちなみに次回は、一ノ瀬さんが
APの馬場さんにいびられる模様です…。

彼女がいつお局になったのか
明かされるようですよー♪

 

岡田結実さんと青木さやかさんが
一体どんなやり取りをするのか楽しみですね^^

見逃してしまったドラマを安全に無料視聴する方法

2019 春ドラマ 無料視聴 見逃し配信 VOD
【2019年 夏クール ドラマ】見逃し配信の無料視聴方法&VOD情報まとめ!2019年 夏クールドラマの見逃し配信を無料視聴する方法をまとめた記事です。...
ABOUT ME
ココア
ココア
ジャンル問わずどんなドラマも大好きなココアと申します(^^) ドラマを観ているときが至福のときです♪ お気に入りのドラマは「逃げ恥」です。 よろしくお願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA